ガラスの掃除を新聞紙でする方法とコツ、注意点についてご紹介

ガラスの掃除を新聞紙でする方法とコツ、注意点についてご紹介

ガラスの掃除を新聞紙でやってみましょう!

今のように簡単便利なお掃除グッズがなかった時代、お掃除アイテムと言えば新聞紙でした。

新聞紙にはインクが使われています。
その、インクの油分が程よく窓ガラス掃除に効果を発揮してくれるのです。

それでは、新聞紙を使った、窓ガラスの掃除の方法と、コツ、さらには注意する点についてご説明いたします。

最後まで読んで是非、窓ガラスの掃除に活かしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓ガラスの掃除に使用するおすすめの道具とその方法を解説します

年末の大掃除の時に窓ガラスの掃除をしようと考える人も多いでしょう。 しかし、窓ガラスの内側と外...

網戸の掃除を簡単にササッと済ませてしまう方法について

網戸の掃除を簡単に! 網戸を外さずに、ホースと水も使わないで掃除をするには、どのような方法が一...

カビ掃除をする時に窓枠を洗えない時のカビ除去法について

カビ掃除のポイントは2つ。 ・見えているカビを除去する ・見えていない菌を防ぐ という...

ガラス掃除を簡単に!あなたは水あり?水なし?自分流を探して

ガラスがピカピカだと、部屋全体が輝いて見えて気持ちがいいですよね。 でも、大変なんですよね、窓...

網戸の掃除方法!簡単なホコリ取り方法でスッキリきれいに

網戸の掃除は、気になっていてもなかなか手が回らない場所ではないでしょうか。 特によく開ける窓の網戸...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

大掃除の窓拭きにおすすめの洗剤と洗剤以外の道具・掃除法を解説

窓の大掃除と聞くと、大変だというイメージを抱く人もいるのではないでしょうか。窓拭きをするときは、汚れ...

網戸掃除に便利なグッズを紹介!これで汚れはきれいに落とせます

なかなか掃除できない網戸。そして、気がつくと汚れが目立って気になってくるのではないでしょうか。 ...

窓ガラスの掃除にセスキを使おう!その効果と掃除方法について

家中の掃除には重曹が役に立つと言われていますが、実は窓ガラスの掃除にはセスキ炭酸ソーダの方が効果的と...

サッシ掃除にも役立つ!スチームクリーナーの使い方と注意点

頑固な汚れはスチームで!そんな情報を耳にすることがあります。特に年末の大掃除時期には便利な掃除グッズ...

窓拭き掃除が簡単になる新聞紙を使って窓をピカピカにする方法

年に一度の大掃除のタイミングで窓拭きをするという方も多いと思います。でも窓拭きは時間が掛かり、面倒な...

【網戸の掃除方法】つけたままでも簡単にできる方法を教えます

網戸の汚れが気になるものの、外してから掃除することは面倒だと感じる人も多いでしょう。 しかし、...

網戸の掃除をお風呂場で行う方法と日常的なお手入れのコツとは

網戸の汚れが目立ってくると、思い切って窓から外して掃除しようと考える人も多いのではないでしょうか。 ...

【窓拭きのコツ】中性洗剤や新聞紙を使って窓をキレイにする方法

窓の掃除は、やろうやろうと思ってもなかなか掃除できない場所の一つですよね。窓の汚れに気付いていても「...

窓ガラスの掃除に使用する洗剤と簡単な掃除方法について解説

窓ガラスの掃除はどうしても後回しになってしまいがちですが、その間に汚れも目立ってくるでしょう。 ...

スポンサーリンク

ガラスを掃除する時には『新聞紙』を使うって言うけど、どうして?

昔の方はよく新聞紙で窓を拭いたものですが、近年では洗剤やスポンジ、便利な窓拭きアイテムの種類が豊富に揃い、窓ガラスの掃除に新聞紙を使う人は極わずかでしょう。

結婚を機に窓ガラス掃除をはじめて行うという方は、新聞紙を使ってまず基本の掃除から窓ガラスの掃除のノウハウを勉強していきましょう。

洗剤や他のアイテムを使うと、それはもちろん効果はあります。
しかし新聞紙は洗剤もいらず。
水とバケツを準備するだけで手軽に出来てしまうし、コスパもかかりません。

なぜ窓ガラスの新聞紙が良いのかというと、よくタオルなどで窓を拭くとタオルの繊維が残って付着してしまいますが、新聞紙の繊維は他に紙に比べて粗く、拭き終わりに繊維が窓に残ることがありません。
また新聞紙のインクが汚れを吸収してくれて、なおかつ艶を出すガラスクリーナーと同じ働きをしてくれます。
逆に汚れがつくというイメージを持つ人が多いですが、その逆なんて驚きませんか。
そして紙は水分を吸ってくれますよね。
掃除で出た水分をタオルなどで拭き取る必要はなく、拭き取り仕上げも新聞紙のみでできてしまうのです。

窓ガラス掃除に必要な道具を揃え、掃除用具を置くスペースをとる心配もないですね。

このようなことから、窓ガラス掃除のノウハウを知らない初心者にとっては新聞紙を使うことがオススメなのです。

新聞紙を使ったガラス掃除のやり方とコツについて

新聞紙を使った窓ガラス掃除は至ってシンプルです。
コツなどを交えて説明していきます。

【準備するもの】

  • 新聞紙(多めにあると良いでしょう)
  • ぬるま湯(バケツでも洗面器など)
  • ゴミ袋(使った新聞紙をまとめてすぐ捨てられるように)

【掃除のやり方】

  1.  新聞紙を使いやすい大きさに破り、使いそうな分だけグチャグチャに丸めていきます。
    掃除の作業をしながらその都度丸めるより、あらかじめ丸めておいたほうが掃除の効率がよくなります。
    拭き取り仕上げ用にも使うので全て水に濡らすわけではありません。考えて使用していくと良いですね。
  2. 新聞紙をぬるま湯につけ十分に絞ります。
  3.  ぬるま湯が垂れないように、上から下へと順に擦っていきます。
    この時、濡れた新聞紙で擦った部分の水分をすぐに、濡れていない新聞紙で拭き取らないと汚れと水跡がそのまま乾いて残ってしまいます。
  4. 最後に窓枠などの黒ずんだ汚れなどを拭き取ります。

洗剤やすすぎもいらず至ってシンプルで簡単ではありますが、根気がいる作業になります
汚れの状態によってはぬるま湯ではなく、セスキスプレーや重曹スプレーを用いてもかまいません。

窓ガラスの掃除に新聞紙を丸めて使わない方法

新聞紙を使って窓ガラスを掃除する時は、みなさんだいたい新聞紙をグチャグチャに丸めて使います。

しかし、アパートや借家に住んでいる方がよく心配するのが新聞紙とはいえ、グチャグチャにした時に角が立ち、窓ガラスを傷つけてしまわないかということです。

グチャグチャにした新聞紙はのちに水で濡らしますので、そこまで角もするどいものではありませんが、心配と感じる時には、一手間加えてみる方法をとってください。

グチャグチャにした新聞紙の角がたたないくらい、シワシワにしてください。
それでも心配でしたら、シワシワにした新聞紙を広げて使いやすい大きさまで畳んでつかいましょう。

使う全ての新聞紙をシワシワにし広げて畳むのは大変ですが、窓ガラスが傷つく心配もなく安心です。

網戸の掃除にも新聞紙

窓ガラスの掃除をしたことのないのと同時に、網戸の掃除もしたことはないのではないでしょうか。
網戸には外の排気ガスや、風で舞ってきた目に見れないチリや砂埃、泥などが付着し黒ずみます。
その上に雨が振ると、網戸が濡れ汚れた水気が乾燥します。
それを繰り返すことにより、窓の汚れはどんどん蓄積されていきます。

レースのカーテンが網戸に擦れたときや、なんとなく網戸を触って手が汚れたりすることがあるでしょう。
それは網戸が汚れている証拠です。

網戸は毎日見ているようで、あまりよく見ていません。
そもそも網戸が汚れてくると網戸の色は黒ずんできます。
一気に黒ずむのではなく徐々に汚れていきますので、あまり変化に気が付きにくいのです。
窓ガラスの汚れが気になったら網戸も汚れています。
この際一緒に掃除を済ませましょう。

網戸も同じく新聞紙を活用し、網戸を外さずに掃除ができるのでとても簡単です。

【網戸の掃除で準備するもの】

  • 新聞紙
  • 掃除機
  • ガムテープ
  • ゴミ袋

【掃除手順】

  1.  網戸の外側に新聞紙をガムテープで貼り付けます。
    掃除機で吸った時に網戸の穴から、掃除機の空気が抜けてしまうのを防ぐためです。
  2.  網戸に付着した埃やゴミを内側から、掃除機をかけて吸い取っていきます。
    外側から新聞紙を貼ることで、外側のゴミも吸い取ることができるようになります。
  3.  使い終わったゴミはゴミ袋にまとめてすてます。

【注意点】
この後に網戸を拭いて、網戸の黒ずみを取る場合は曇った日が最適です。
網戸をしっかり乾燥させるには、天気の良い日が良いのですが乾くのが早いがゆえ、掃除したあとの水気が固まり再び汚れとなって目立ってきてしまいます。
そのため、ゆっくり乾燥する曇りの日が最適と言われています。
掃除後、少し時間がたったらちゃんと乾燥しているか確かめましょう。
生乾きはカビの原因になってしまいます。
また掃除機をかける時は網戸が外れないように優しく行い、掃除機のヘッドはブラシタイプを使うとスムーズにゴミが吸い取れるでしょう。

新聞紙で窓拭きをする時には、必ずゴム手袋を

窓ガラスを掃除する時は、ゴム手袋を履くことをオススメします。
なぜなら、新聞紙のインクが手につき黒ずんでしまうのと、窓ガラスの汚れが手につかないようにするためです。

場所に限らず、掃除する時はゴム手袋を履くと良いですよ。
今回の窓ガラスの掃除方法に限っては洗剤は使いませんが、洗剤は直接肌につくと肌が荒れる可能性があります。

そして汚れも、カビ、黒ずみ、油汚れ、尿石、などどの汚れに関しても綺麗なものではありません。
素手で平気な人もいるかもしれませんが、なるべく人体に影響がないように掃除したいものですよね。
ゴム手袋の他にマスクやゴーグル、など汚れや洗剤の成分が極力人体に入り込まないように対策を行うと良いでしょう。

あとは必ず換気をしながら、掃除をすることです。
掃除をする時にでる埃やハウスダスト、カビはいずれもアレルゲンです。
いつ誰がその影響を受けるかわかりません。

このような対策をしたり、洗剤を使用する際は必ず注意事項や取扱説明を読んで使用してくださいね。

この洗剤を使わず新聞紙を使った掃除方法は、このような掃除に対して知識がない人が気軽にできる掃除方法の1つだと思います。
そこから実践をする中で知識を得て、洗剤や掃除アイテムを使っていくと効率が良いのではないでしょうか。

窓の掃除カテゴリの最新記事