【窓拭きのコツ】中性洗剤や新聞紙を使って窓をキレイにする方法

【窓拭きのコツ】中性洗剤や新聞紙を使って窓をキレイにする方法

窓の掃除は、やろうやろうと思ってもなかなか掃除できない場所の一つですよね。窓の汚れに気付いていても「大掃除のタイミングで窓拭きをしよう」とついつい後回しにしがちです。
そこで、窓の掃除のコツや、簡単に掃除ができる新聞紙を使う方法をご紹介します。
中性洗剤を使うことが多い窓の掃除ですが、不要になった新聞紙を使う方法もお手軽です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓拭き掃除が簡単になる新聞紙を使って窓をピカピカにする方法

年に一度の大掃除のタイミングで窓拭きをするという方も多いと思います。でも窓拭きは時間が掛かり、面倒な...

【網戸の掃除方法】つけたままでも簡単にできる方法を教えます

網戸の汚れが気になるものの、外してから掃除することは面倒だと感じる人も多いでしょう。 しかし、...

窓ガラスの掃除に使用するおすすめの道具とその方法を解説します

年末の大掃除の時に窓ガラスの掃除をしようと考える人も多いでしょう。 しかし、窓ガラスの内側と外...

ガラス掃除を簡単に!あなたは水あり?水なし?自分流を探して

ガラスがピカピカだと、部屋全体が輝いて見えて気持ちがいいですよね。 でも、大変なんですよね、窓...

ガラスの掃除を新聞紙でする方法とコツ、注意点についてご紹介

ガラスの掃除を新聞紙でやってみましょう! 今のように簡単便利なお掃除グッズがなかった時代、お掃...

網戸掃除に便利なグッズを紹介!これで汚れはきれいに落とせます

なかなか掃除できない網戸。そして、気がつくと汚れが目立って気になってくるのではないでしょうか。 ...

網戸の掃除をお風呂場で行う方法と日常的なお手入れのコツとは

網戸の汚れが目立ってくると、思い切って窓から外して掃除しようと考える人も多いのではないでしょうか。 ...

サッシ掃除にも役立つ!スチームクリーナーの使い方と注意点

頑固な汚れはスチームで!そんな情報を耳にすることがあります。特に年末の大掃除時期には便利な掃除グッズ...

窓ガラスの掃除に使用する洗剤と簡単な掃除方法について解説

窓ガラスの掃除はどうしても後回しになってしまいがちですが、その間に汚れも目立ってくるでしょう。 ...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

カビ掃除をする時に窓枠を洗えない時のカビ除去法について

カビ掃除のポイントは2つ。 ・見えているカビを除去する ・見えていない菌を防ぐ という...

網戸の掃除を簡単にササッと済ませてしまう方法について

網戸の掃除を簡単に! 網戸を外さずに、ホースと水も使わないで掃除をするには、どのような方法が一...

大掃除の窓拭きにおすすめの洗剤と洗剤以外の道具・掃除法を解説

窓の大掃除と聞くと、大変だというイメージを抱く人もいるのではないでしょうか。窓拭きをするときは、汚れ...

網戸の掃除方法!簡単なホコリ取り方法でスッキリきれいに

網戸の掃除は、気になっていてもなかなか手が回らない場所ではないでしょうか。 特によく開ける窓の網戸...

ガラスの掃除にも重曹って使えるの?汚れを知って掃除しよう

ガラス掃除にも重曹を使うことができます! ですが、サッシの素材や、汚れの種類によって使えないこ...

スポンサーリンク

軽い汚れなら中性洗剤は使わずにタオルで窓拭きするのがコツ

窓拭きは掃除の中でも大掛かりな掃除の1つですね。
そのため汚れが気になっててもついつい後回しにしてしまうことが多いでしょう。

窓拭きは窓の汚れの状態に合わせて掃除する

窓の掃除には中性洗剤を使用すると良いとされていますが、軽い汚れなら中性洗剤はいりません。
洗剤がなくても掃除ができるなんて、それだけでやる気がでてきませんか。

必要な物はタオル2枚のみです。タオルの繊維で窓の汚れを綺麗に落とすことができるのです。

タオルで窓拭きをするコツ

水拭き

  1. タオル1枚は濡らしてしっかりと水気をきります。
  2. 上からコの字に隙間なく拭いていきます。
  3. タオルの面が汚れたら綺麗な面にして拭いていきましょう。

乾拭き

  1. 水拭きをし終わったら乾拭き用のタオルで乾拭きをしていきます。
  2. 水拭きで拭いた水跡が残らないよう、スピーディーに作業をする必要があります。
  3. 円を描くように、吹き残しがないよう窓の水分を拭き取っていきます。

バケツや中性洗剤、窓拭き専用アイテムもいらずにタオル2枚で窓拭き掃除ができるなんて、最初からわかっていればもっとこまめに窓拭きをしていたことでしょう。

大きな汚れがついて掃除が大変にならないよう、汚れが軽いうちに窓拭きをこまめにすることをオススメします。

中性洗剤を使った窓拭きの手順とコツ

中性洗剤を使った窓拭きの手順

  1. 乾燥した窓掃除専用ブラシで窓ガラスやサッシのゴミや汚れを軽く落とす
  2. バケツに溜めた水に中性洗剤を数滴いれる
  3. 洗剤液につけたスポンジで窓を掃除していく
  4. スクイージーやタオルで水気を拭き取る
  5. 水跡が残らないように乾拭きをする

中性洗剤を使った窓拭きのコツ

中性洗剤を入れすぎない

アワアワになって洗剤を落とすことが大変になります。
また洗剤の成分が窓に残りやすく白い跡となり返って汚れて見えてしまいます。

円を描くように

スポンジで汚れを落とす際は円を描くように汚れを落としていきます。

素早く作業をする

水分が乾いてしまうと拭き跡が残ってしまうため、水分が乾ききる前に乾拭きまで終えなければいけません。
そのため素早さが大切です。

窓拭きに中性洗剤よりコスパが良い新聞紙を使う方法

窓拭きに中性洗剤を使うとなんだか大掛かりですよね。
洗剤の泡やヌメリをしっかり落としたり、乾拭きも洗剤の成分が残らないよう心がけたり、中性洗剤を使用することで汚れは落としやすくなりますが、心がけなければいけないことも増えていきますね。

もっと楽に掃除ができて、中性洗剤よりコスパが良い方法がないか、気になりますよね。
実はあります。主婦にとっておきのそんな方法が。

新聞紙は窓拭きに最適なアイテム

毎日溜まる新聞が掃除アイテムに変わるなんてありがたいことですね。

新聞紙のインクが窓の汚れを分解し汚れを落としやすくしてくれます。
更に、艶出し効果やくもり止め効果があるというのですから驚きですよね。

新聞紙を使った窓拭きの方法

  • バケツ4分の1程度にぬるま湯をいれる
  • 新聞紙を窓拭きしやすい大きさにちぎって丸める
  • 上から円を描くように窓拭きを行う
  • 乾いた新聞紙で乾拭きをする

新聞紙を使った窓拭きのコツ

  • 窓拭きに使う分の新聞紙をあらかじめ丸めておく
  • ゴミ袋を用意し、使い終わった新聞紙はその都度捨てる
  • 丸めた新聞紙は角がたたないよう丸める、汚れの状態によっては角で擦るととれやすくなる
  • 新聞紙は多めに用意しておく

新聞紙で窓拭きをキレイに仕上げるコツ

窓拭きの一工夫

最初に使う分の新聞紙を丸めておく

野球ボールくらいの大きさを目安にすると掃除がしやすいです。

円を描くように拭くことを忘れずに

円を描くように窓拭きをすることで、同じ場所を複数回通るため汚れが落ちやすくなります。

窓拭きにはぬるま湯を使う

窓拭きに限らず汚れは水よりもぬるま湯をつかたほうが汚れが落ちやすいです。

ゴム手袋をつける

新聞紙のインクが手について黒くなるので手袋をつけると良いです。
手は黒くなるけど、艶出しやくもり止め効果があり窓拭きには絶大な効果があります。

中性洗剤を使わずに窓拭きができるなんて、とっても便利ですね。

面倒なサッシの掃除方法

窓拭きで面倒なのがサッシの部分。
毎日空気の入れ替えに窓を開けるたびに汚れが気になる部分ですね。
サッシの掃除の仕方を覚えてこまめに掃除をしてキレイに保ちましょう。

サッシの掃除の仕方

  1. 掃除機でたまったホコリやゴミを吸う
  2. 使い古しの歯ブラシまたは切込みを入れたスポンジで汚れを擦る
    ※汚れの状態によって水のみでも良いし、薄めた中性洗剤を使っても良い
  3. 拭きとる
    細かな部分なので上手く拭き取れないかもしれないが、できる限りの水分をとる
    ※スポンジを使う場合は縦4本、横5本カッターで切り込みを入れる(細かく切り込みをいれることで、細かいサッシの部分の汚れまで行き届くようになる)

窓の掃除カテゴリの最新記事