窓拭き掃除が簡単になる新聞紙を使って窓をピカピカにする方法

窓拭き掃除が簡単になる新聞紙を使って窓をピカピカにする方法

年に一度の大掃除のタイミングで窓拭きをするという方も多いと思います。でも窓拭きは時間が掛かり、面倒なイメージを持っている方も多いと思います。そんな面倒な窓拭きの掃除には、家にある新聞紙を使って、掃除をするのがおすすめです。
そこで、新聞紙を使って窓をピカピカにする掃除方法をご紹介します。この方法ならお子様に手伝ってもらう時にも簡単で安心。窓がキレイになると、家の中も明るく感じます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

網戸の掃除をお風呂場で行う方法と日常的なお手入れのコツとは

網戸の汚れが目立ってくると、思い切って窓から外して掃除しようと考える人も多いのではないでしょうか。 ...

カビ掃除をする時に窓枠を洗えない時のカビ除去法について

カビ掃除のポイントは2つ。 ・見えているカビを除去する ・見えていない菌を防ぐ という...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

大掃除の窓拭きにおすすめの洗剤と洗剤以外の道具・掃除法を解説

窓の大掃除と聞くと、大変だというイメージを抱く人もいるのではないでしょうか。窓拭きをするときは、汚れ...

網戸掃除に便利なグッズを紹介!これで汚れはきれいに落とせます

なかなか掃除できない網戸。そして、気がつくと汚れが目立って気になってくるのではないでしょうか。 ...

【窓拭きのコツ】中性洗剤や新聞紙を使って窓をキレイにする方法

窓の掃除は、やろうやろうと思ってもなかなか掃除できない場所の一つですよね。窓の汚れに気付いていても「...

【網戸の掃除方法】つけたままでも簡単にできる方法を教えます

網戸の汚れが気になるものの、外してから掃除することは面倒だと感じる人も多いでしょう。 しかし、...

ガラスの掃除を新聞紙でする方法とコツ、注意点についてご紹介

ガラスの掃除を新聞紙でやってみましょう! 今のように簡単便利なお掃除グッズがなかった時代、お掃...

窓ガラスの掃除にセスキを使おう!その効果と掃除方法について

家中の掃除には重曹が役に立つと言われていますが、実は窓ガラスの掃除にはセスキ炭酸ソーダの方が効果的と...

サッシ掃除にも役立つ!スチームクリーナーの使い方と注意点

頑固な汚れはスチームで!そんな情報を耳にすることがあります。特に年末の大掃除時期には便利な掃除グッズ...

網戸の掃除方法!簡単なホコリ取り方法でスッキリきれいに

網戸の掃除は、気になっていてもなかなか手が回らない場所ではないでしょうか。 特によく開ける窓の網戸...

窓ガラスの掃除に使用する洗剤と簡単な掃除方法について解説

窓ガラスの掃除はどうしても後回しになってしまいがちですが、その間に汚れも目立ってくるでしょう。 ...

ガラスの掃除にも重曹って使えるの?汚れを知って掃除しよう

ガラス掃除にも重曹を使うことができます! ですが、サッシの素材や、汚れの種類によって使えないこ...

網戸の掃除を簡単にササッと済ませてしまう方法について

網戸の掃除を簡単に! 網戸を外さずに、ホースと水も使わないで掃除をするには、どのような方法が一...

窓ガラスの掃除に使用するおすすめの道具とその方法を解説します

年末の大掃除の時に窓ガラスの掃除をしようと考える人も多いでしょう。 しかし、窓ガラスの内側と外...

スポンサーリンク

面倒な窓拭き掃除は新聞紙で簡単に。新聞紙が適している理由

新聞紙は柔らかい

他の紙質に比べて柔らかく丸めやす、破った時に少し毛羽立つように繊維が粗い紙質のため細かなほこりや汚れを取りやすく掃除がしやすい柔らかさのため掃除に使うと便利です。

新聞を印刷するときのインクが掃除に最適

文字や絵を印刷する時の新聞のインクには適度な油分が含まれているため汚れを取りやすくするうえ、窓にツヤを出すことができます。

仕上げに新聞紙を使うと楽

ぬれた新聞紙である程度窓の汚れを落としたら、乾いた新聞紙を使って水滴や汚れを拭くとさらにツヤの効果が出て、毛羽立つことがないため繊維を残すことなく綺麗に仕上げる事ができます。

汚れ物を洗濯しなくて済む

窓拭きを新聞紙で行うと、雑巾を使った後の洗濯の手間を省くことができます。掃除し終わった後はそのまま捨てる事ができるため簡単に終える事ができます。

新聞紙を使った窓拭きのコツと注意点

窓の汚れによっては先に水拭きが必要

砂埃や汚れによって手で触った感触がざらざらしていたり、窓が白い場合はそのまま拭き始めても汚れを伸ばしてしまうだけで、汚れが固まってしまったり窓に傷が付いたりしてしまいます。ある程度の水分を使って頑固な汚れを落としてからはじめましょう。

窓拭きはゴム手袋を付けて行う

素手のまま行ってしまうと新聞紙のインクが手についてしまい、次の作業の際に触ったものが黒くなってしまうことがあります。ゴム手や軍手を付けて掃除を始めましょう。

新聞紙のインクが壁につかないように注意

外の窓拭きも、家の中の窓拭きも窓以外の部分にインクが付いてしまうと取れにくくなります。窓のように凹凸がない素材以外のものに付くとインクが伸びてしまったり掃除が大変になるので注意しましょう。

窓拭き掃除は水分に注意

汚れの度合いによって含ませる水分を変えるといいのですが、あまり多く含ませてしまうと汚れが下に流れてしまいそれがインクを含んだ水だと付着した時に取れにくくなってしまいます。水分を多く使いたいときは下まで流れていかないよう、乾いた新聞紙を当ててせき止めると安心して掃除をする事ができます。

新聞紙を使って窓拭きを簡単キレイにする方法

窓拭きに用意する物

  • 新聞紙 1日分
  • バケツに40度くらいのお湯
  • ゴム手袋
  • ビニール袋(買い物に使うくらいの大きさ)
  • 乾いた新聞紙

窓拭きの手順

  1. ゴム手袋をはいて新聞紙の見開き1枚分を軽く丸めます。それを1日分全部作りましょう。
  2. バケツに用意したぬるま湯の中に丸めた新聞紙を入れてしっかり水を含ませます。しっかり絞ってできた窓拭き用新聞紙は袋に入れておきましょう。角や細かい部分を拭くための小さいタイプを作ると便利です。
  3. 汚れの度合いによって使いやすく、しっかり絞ったタイプとたっぷり含んだタイプを作って用意すると使いやすいでしょう。
  4. 窓の上の角から蛇行しながら窓拭きし下に向かっていきましょう。水の量が多い場合は他の部分に付かないように乾いた新聞紙で受けながら拭くと良いでしょう。
  5. 窓の水分が乾ききらないうちにふんわりと丸めた乾いた新聞紙を使って拭いて仕上げましょう。

網戸の汚れを簡単に落とす掃除方法

網戸の汚れは窓に比べてあまり目につきませんが、軽く触れただけで黒くなってしまうことがあります。

編戸の掃除には新聞紙を使う事はおすすめしません。インクが絡んで付きやすくなってしまったり、新聞紙がこすれてボロボロになってしまうため他の方法で掃除をしましょう。

掃除するものが小さく平らなものでないと網戸に負担がかかってしまい、たわみが生じてしまいます。表面が平らで大きな範囲にあたるもので掃除をしましょう。

引っかからない素材のもので拭く

網戸の編み目に引っかかってしまうと破けてしまう事があるため布を使っても柔らかくあまり毛羽立たない素材の布を使って掃除をしましょう。

高い部分まで届くアイテムを使う

網戸全体を掃除する時は上の角の部分まで届く伸縮性のある物を使って拭くと便利です。
これらの要望を網羅したフローリングワイパーを使って網戸を掃除すると安心して綺麗に掃除をする事ができます。

窓拭き掃除におすすめの天気

窓拭きは天候を選ぶ

湿気が多い曇りの日が最適です。カラッと晴れた日だと、窓の水分が蒸発しやすく汚れを拭き取る前に乾いてしまうため湿気が多い日の窓拭きはおすすめです。窓を拭いても雨が降ってしまいそうで気が引けてしまいますが汚れの取れ方はかなり変わってきます。湿気の多い曇りの日は外の窓を掃除し、家の中の窓の掃除は雨の日に行うなど分けて掃除をすると簡単に進められるでしょう。

車の窓には使わないでください。家の窓を新聞紙を使って掃除し乾いた部分を見ると、新聞紙の油分で虹色に膜ができているのを確認する事ができます。車の窓に使ってしまうと雨の日や雨の日の夜の対向車のライトの反射で見づらくなってしまいます。車の窓や、ミラー、ヘルメットのフェイスの部分には決して使わないでください。

窓の掃除カテゴリの最新記事