部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。
いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはないでしょう。

判断力があっても、それを行動に移す力がなければなりません。

部屋が綺麗な人はきっと、部屋を綺麗にしようと努力しているのではなく、生活しやすい空間に整えようと意識している人ではないのでしょうか?

それらが、生活空間を整え、仕事やプライベートに現れてくるのでしょう。

部屋が綺麗な人に共通して見られることや、実際に部屋を見なくても「この人のお部屋は綺麗なんだろうな」と感じられる人の特徴などをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面倒な窓掃除!外側の窓を上手に掃除する方法やおすすめアイテム

掃除の中でも特に億劫と感じる窓の掃除。 特に外側の窓ガラスを掃除する時には、重い腰を上げて取り...

玄関の掃除に重曹を使ってピカピカにする方法とキレイを保つコツ

玄関の掃除には重曹がオススメです。重曹なら小さなお子さんが居る家庭でも安心して使うことができます。 ...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

玄関で掃除機を使いたいときは?ノズルを変えて掃除しましょう

玄関の掃除も掃除機を使いたいけれど室内と同じノズルでかけるのは抵抗がありますよね。 しかし、掃...

掃除の頻度。どこまでを掃除とするの?主婦の家事について

掃除の頻度とか、掃除の時間とか、掃除の工程とか… 主婦(結婚している女性)なら、掃除をしないと...

一人暮らし。掃除機をかける頻度は。適正な回数を知りたい!

一人暮らしだと、仕事に行っている間は部屋に誰もいません。 仕事から帰ってきて、寝るまでの時間はどの...

階段の掃除。一段一段モップで掃除する方法が一番

階段の段数だけ角がある階段。 たくさんの四隅にはホコリがしっかりとたまります。 階段をキレイ...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

大掃除の窓拭きは簡単に済ませる事が出来るやり方とアイテム

大掃除する場所リストには、窓の掃除も入っていますか? 窓が何枚もあったり、大きな窓の場合はちょ...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策シート『忌避タイプ』と『誘引タイプ』についてご紹介します。 また、シートを敷いただけで...

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

タイルの掃除。お風呂場のタイル目地をキレイにする方法

タイルの掃除は大変ですが、見て見ぬふりをすると、取り返しの付かないことになってしまいます。 お...

スポンサーリンク

部屋の綺麗な人に共通して言えること

収納上手より捨て上手がポイント

ネットや雑誌を見ていると、モデルルームのようなキレイな部屋で生活している人がいて「いいな」と憧れたり、羨ましく思うこともありますよね。

私も、以前はそんなキレイ部屋女子と自分の部屋の惨状と比べては、「きっとネットや雑誌に出るためにキレイにしているだけで本当は散らかっているに違いない」などと都合の良い解釈をしたりして、現実から目を背けていました。

でも、実際にキレイに片付いた部屋で生活している人はたくさんいます。

その人たちの多くは、自分なりのルールや考えに基づいて部屋をキレイにキープしています。

ポイントは、「物を溜め込まない」ということです。

例えば、何か新しい物を一個買ったら家にある不要な物を捨てるなど、自分なりのルールを徹底している人が多いようです。

物は、買い続けているとどんどん溜まっていき、当然ながら部屋の場所を取ります。

物が多い状態でも収納が出来ていれば部屋をキレイに保つことも出来そうと思いがちですが、実際は、収納する時に物がギュウギュウに詰め込まれている状態よりも、余裕がある方が部屋はキレイに見えます。

部屋がキレイな人は、収納をどうしようかと考えるよりも、いかに物を捨てるかということに重点を置いている人が多いということが言えます。

部屋が綺麗な人に見られる特徴

面倒な事を後回しにしない人は部屋が綺麗?

部屋をキレイにできない原因は色々な理由が考えられますが、大きな理由としては「掃除が苦手」ということも一つの理由に挙げられるのではないでしょうか。

散らかった部屋をキレイにしたいという気持ちはありつつも、どこから手をつけたら良いのかわからないため、部屋が片付けられないという人もいるでしょう。

部屋がキレイな人というのは、当然、掃除をすることが日課に組み込まれていたり、習慣化されているという人が多いようです。

部屋の隅にゴミが溜まっているのを見つけたら、すぐに掃除をするか、それとも「今度掃除する時にまとめてしよう」と後回しにするかで、大きく変わります。

当然、後者の方法だと、部屋はどんどん汚れていく一方です。

ゴミを見つけたらすぐに掃除するなど、やれることをすぐにでも行動に移せるような人ほど、部屋がキレイであることが多いということが言えます。

その他にも、仕事を効率よくテキパキこなし、自分のスケジュール管理がしっかり出来ている人も、自宅がキレイに整っているという人が多いという特徴があります。

部屋をキレイにするというのは、頑張れば誰にでも出来ますが、そのキレイさをキープし続けるのは、「管理」が重要です。

毎日の掃除や片付けを習慣付けることで、はじめて部屋はキレイに保つことが出来るのです。

部屋が綺麗そう!実際に部屋を見なくても部屋が綺麗な人の特徴

物を大事にする人や無駄遣いをしない人は部屋が綺麗

その人となりを見れば、その人が普段どんな生活を送っているのかがわかることもありますよね。

部屋がキレイな人というのは、心にも余裕があります。

キレイな空間で生活していると、物を大切にしようという心が生まれます。

そのため、持ち歩く物が少なかったり、お金の無駄遣いをしない人は、部屋もキレイなことが多いです。

また、普段の動作にも無駄がなく、テキパキと効率よく動ける人も、部屋がキレイな人の特徴です。

物事を効率よく進めることが出来るということは、頭の中で段取りを計算しているということ。

そう考えると、家の中でも家事の順番や掃除の順番をどうしたら効率が良いかということを考え、日頃から掃除をしているということが想像できます。

部屋が綺麗な人は輝いている!

自分自身を大切に出来ている人は輝いている

人は見た目で判断してはいけないなんてことも言われていますが、見た目でその人の性格や生活スタイルが見えてくることもありますよね。

部屋がキレイな人というのは、部屋ばかりではなく、その人自身が輝いているような光を感じることもあります。

その理由としては、部屋がキレイなことによって生まれる心のゆとりです。

その人自身の性格もありますが、そもそも部屋がキレイな人というのは、身だしなみもキレイに整っていることが多く、それは単に着飾ったり見た目を良くするためではなく、自分自身を大切にしているということです。

自分自身を大切に出来る人は、同じように周りの物や人も大切に出来ることが多いので、いつもにこやかで周りに優しさを与えるような人からは、明るいオーラを感じられます。

部屋が綺麗な人はお肌も綺麗なのが特徴

散らかった部屋にはハウスダストの影響が

体質的な事は除き、一般的に部屋がキレイな人は、肌もツヤがありキレイなことが多いです。

その理由としては、室内のハウスダストがあります。

ハウスダストとは、その名の通り家の中のホコリです。

掃除を怠っていると、ハウスダストが増え、部屋の空気を汚染します。

ハウスダストの怖いところは、家の中のホコリの他にも、花粉やダニの死骸と言った目に見えない小さなゴミが集まっているということです。

これらの細かいほこりは、放置していると、人の体内に入り、アレルギーが発症する原因となったり、肌荒れを引き起こすこともあります。

ハウスダストが皮脂と混ざり合うことによって毛穴が詰まり、ニキビや吹き出物が出来てしまうのです。

このハウスダストをなくすためには、なんと言ってもこまめな掃除です。

部屋のキレイさは、このような意外なところにも現れますので、掃除をしっかりして自分自身もキレイにしたいですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事