窓の掃除で使う洗剤。内側と外側の汚れの違いと掃除方法について

窓の掃除で使う洗剤。内側と外側の汚れの違いと掃除方法について

窓の掃除にはどんな洗剤を使うとよいのでしょうか?

窓ガラスは、室内と外側で汚れが違います。

汚れの違いに適した洗剤を使いましょう。

また、窓ガラスの掃除には適した天気があることをご存知ですか?

窓ガラスがピカピカになると、部屋全体が明るくなります。

是非、窓の掃除をして、ピカピカを実感してみてください。

それでは、窓の掃除について、ご説明いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

クロスの掃除には【セスキ】正しい掃除方法について解説します

いろいろな場所の掃除に使えるエコな洗剤「セスキ」ですが、クロスについた汚れにも効果的です。 中...

リビングに掃除機の置き場所を作りたい!生活感が出ない収納方法

掃除機を使う頻度が高いリビングですが、掃除機の置き場所に困ったことありませんか? そのままむき出し...

鏡の掃除には重曹!その効果と掃除方法について説明します

毎日の掃除に重曹を使っている人もたくさんいますが、実は鏡の掃除にも重曹が役に立ちます。中でも手垢など...

掃除を毎日続けることで得られる効果と続けるためのコツを解説

部屋はきれいにしておきたいと思ってはいても、毎日の掃除は面倒だと思っている人の方が多いでしょう。 ...

サーキュレーター掃除で分解できない時の掃除方法とそのポイント

サーキュレーターを分解して掃除をしようと思ってもなかなか分解できないし、どこまで分解していいのかわか...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

掃除のほこり取りにおすすめなのは?グッズと使い方について

掃除はほこりにはじまりほこりに終わります。 ほこり取りをしなければ、いくら掃除機を掛けても、拭...

電子レンジの掃除はセスキ炭酸ソーダ1つで簡単キレイに!

セスキ炭酸ソーダを知っていますか? 100均でも手に入るこのセスキ炭酸ソーダですが、電子レンジを掃...

布団に掃除機を掛けたい!いろいろなノズルでダニ退治

布団に掃除機を掛け、ダニを吸い取りたい! でも、掃除機のヘッドをそのまま布団に押し付けても、ダ...

洋服を片付けたい人必見!洋服を捨てることで運気が上がります

どんどん増え続ける洋服。片付けようと決めても、どの洋服を捨てるべきなのか悩む女性も多いのではないでし...

玄関で掃除機を使いたいときは?ノズルを変えて掃除しましょう

玄関の掃除も掃除機を使いたいけれど室内と同じノズルでかけるのは抵抗がありますよね。 しかし、掃...

下水の臭い。考えられる原因と自分でできる対策

下水の臭いが部屋中に充満! 不快な臭いとともに生活はできません。 そして、臭うということ...

壁のヤニを落とすにはどんな洗剤を使うべき?ヤニ掃除の方法

壁のヤニを掃除するときにはどのような洗剤を使ったらいいのでしょうか? できるだけヤニを落としたいけ...

落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

紅葉が終わった頃に庭を埋め尽くしてしまう落ち葉ですが、そのまま放置していては見た目が良くないし、かと...

スポンサーリンク

窓の掃除。内側と外側で汚れが違う。汚れの種類について

主婦の方でも、窓の掃除を定期的にすることを心がけている人もいます。
窓を掃除するとなると、どんな洗剤が必要なのか、どんなものがお勧めになのか洗剤を選ぶ前に、窓の掃除の内側と外側で汚れが違う種類について勉強していきましょう。

窓の内側の汚れ

主に、部屋の汚れがついてしまいます。
その中でも、ホコリ、手アカ、カビなどがついてしまうのですが、ホコリと水分が合体すると、とりにくい汚れになってしまいます。
お子さんがいる家庭では、お子さんの手アカが窓についてしまうので、その汚れを定期的に拭いてあげると、しつこい汚れにならずに済みます。

窓の外側の汚れ

外的な要素の雨や風によって窓に付着する土や砂などが考えられます。
それらの汚れを取らないと、汚れが落ちづらくなってしまうので、こまめな掃除が必要になります。

窓の掃除をするのに適した天気

窓の汚れが気になっていても、なかなか掃除をする気になれなかったり、いつしたら良いのだろう?と疑問に思うことはありませんか?

窓の掃除をする日は天気の良い日にと考えがちですが、実は雨の日や湿度が高い日は、窓の掃除をするのに最適な日なのです。

雨の日に窓の掃除が良い理由

実は、天気が良い日は空気が乾燥しているので、窓についた汚れを落とすことが困難なのです。

雨が良く降る時期は、窓についた汚れが落ちやすく、掃除をするには最適な状態になります。

雨の日は汚れが浮くので、窓ガラスについた汚れを簡単に落とすことができるのです。

窓ガラスの掃除。よごれに適した洗剤とは

窓を掃除するには、水分がある状態、雨が振っている状態が適していることがわかりましたよね。
今度は、窓を掃除するとしても、できるだけ酷い汚れにしない為に、予防方法に適した洗剤の役割を果たすものを紹介していきます。

柔軟剤を使用する

洗濯に使う柔軟剤ですが、洗濯だけではなく、窓を掃除する時の洗剤としても活躍してくれます。

  1. 水と柔軟剤を100:1の割合で混ぜていきます。
  2. タオルなどに染み込ませ固く絞った後に、ガラスを拭いていきます。
  3. 拭いたあとはスクイジーで上から下に拭いていきます。

水分残っていると、拭いた後に水が残って跡になってしまいます。
タオルに染み込ませた後は、できるだけ水分を取るようにして下さい。

リンスを使用する

掃除した後に、窓ガラスにリンスを染み込ませたティッシュで窓を拭いていきます。
乾いたら、乾燥したタオルで拭き取っていきます。
リンスを使用することで、汚れがつきにくくなる効果が期待できます。

窓の掃除を簡単に済ませたいのなら、洗剤が染み込んだシートを使ってみる

窓の掃除をすることを考えると、億劫になることも多々ありますよね。
窓の掃除が簡単になる、何か良い洗剤があれば教えて欲しいと思うことありませんか?
そんなお悩みのあなたには、洗剤が染み込んだシートがおすすめです!

具体的には、「激落ち、ウェットシート窓用」など、その他にもアイテムは様々あります。
窓掃除をするのも大きい窓だと、全部掃除しなくてはいけないと思うと余計気が重いと思いますが、洗剤が染み込んだシートは厚手になっており、汚れがみるみるうちに落ちていきます。
しかし、汚れを拭いたあと白く筋が残ってしまうことがあるので、さらにスクイージー 水切りワイパーを使うと 窓ガラスがピカピカになりますよ!

是非試してみてはいかがでしょうか。

窓の掃除で洗剤を使わない方法もあります

先程の記事にも触れましたが、窓の掃除を洗剤を使わずにスクイージー 水切りワイパーを使った掃除方法もあります。
スクイージー にはゴムが使用されており、そのゴムの働きによって窓にこびりついているゴミを確実にとってくれます。

プロも使用している位ですので、窓の掃除を楽にしたい、洗剤もなるべく使用せずに済ませたいのであれば、スクイージーを使用するというのも手です。

一回拭いただけで綺麗になるので、とても便利な道具でおすすめです。

100円ショップでも購入できるので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

窓の掃除は面倒で、いつしたら良いのだろうなどの疑問がいくつか出てきます。
効果的な洗剤を使って、楽に作業を終了したいと思う人もいると思います。

上記では、天気がどんな時だと窓の掃除をしやすいのか、また、汚れの予防法としては、柔軟剤やリンスを使用すると良いというアイディアや洗剤を使わずにスクイージーを使用するというのも、より楽に掃除をできるお役立ち方法を紹介してきました。

掃除をする時に参考にしてみて下さい。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事