電子レンジの掃除は「酢水」がおすすめ!その方法を徹底解説

電子レンジの掃除は「酢水」がおすすめ!その方法を徹底解説

毎日使用する電子レンジ。そのため、拭き掃除をしても汚れが完全に落とせないこともあるでしょう。

そこでおすすめなのが「酢水」を使った掃除方法です。食べ物を扱う電子レンジだからこそ、洗剤ではなく酢水を使ってみましょう。

今回は酢水を使った電子レンジの掃除方法とその効果について説明します。方法はとても簡単なので、ちょっと手が空いた時に行うことができます。

ただし、電子レンジのどんな汚れでも落とせるとは限りません。酢水を使っても落とせない頑固な汚れを落とす方法についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

部屋が綺麗だとなぜ落ち着かないのか、その裏に隠された心理

部屋が綺麗じゃないと落ち着かない!という人がいる一方で、部屋が綺麗だと落ち着かない!という人もいます...

【タイルの掃除方法とコツ】玄関の土汚れにも重曹が使えます

玄関タイルは土などの汚れがつきやすい場所ですが、どんな洗剤を使って掃除すればいいのかわからない人の方...

五徳掃除に適した洗剤とは?洗剤を使い分けていつも綺麗に!

キッチン掃除で手を付けたくない箇所のひとつに「五徳」があります。 五徳を掃除する時は、汚れ具合によ...

風呂の換気扇から異音がする原因と対処法!換気扇の掃除方法

風呂の換気扇から異音がしたら、一体何が原因なのか不安になる人もいるのではないでしょうか。異音がする時...

シンクのぬめりはこの掃除で綺麗に!シンク掃除のコツ

シンクの掃除でできれば手を付けたくないのが、排水口のぬめりです。 臭いもするし、何よりドロドロした...

玄関にほうきを収納。生活感を出さないほうきの収納方法

玄関掃除の必須アイテム『ほうき』 玄関に出しっぱなしにするのではなく、きちんと収納したいですよ...

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ! 一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。...

電子レンジ掃除で厄介な焦げ付きをしっかり綺麗に落とす方法

電子レンジ掃除で厄介なのが、なんといっても「焦げ付き」です。 布巾でこすってもなかなか落ちませんし...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

便器の掃除は重曹の研磨作用でゴシゴシ綺麗に!トイレ掃除の方法

小さなお子さんがいるご家庭では、市販の洗浄力の強い洗剤で便器の掃除をすることが不安に感じることもある...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

スポンサーリンク

酢水で電子レンジを掃除する方法とその効果について

市販のキッチン用洗剤やお掃除シートの中には、酢の成分が配合された製品がたくさんあります。まずは酢水を使った電子レンジの簡単な掃除方法をご紹介しましょう。

掃除に使う酢水の割合は、酢1に対して水4~5ほどです。耐熱性のカップ半分強の水に酢大さじ2杯程度で十分でしょう。そのままラップをかけずに3分ほど温めたあと、扉を閉めたままで30分ほど放置します。先ほどの酢水にキッチンペーパーを浸して、庫内を拭いていくだけで、ほとんどの汚れはキレイに落とすことができます。

酢水を温めることで庫内に発生した水蒸気が、汚れを浮き上がらせてくれるため、強くこすらなくても汚れを落とすことができるというわけです。ただし、この方法ですべての汚れを落としきることは難しいため、頑固にこびりついた汚れが残ってしまった場合には、温める時間を伸ばしたり、何度か繰り返して掃除してみてください。

酢水を使っても落とせない頑固な電子レンジの汚れを落とす方法

電子レンジ内に付着した黒ずみ汚れの正体は、食品を温めた際に飛び散った油汚れや汁などです。これらをそのままにして使用することで、ひどい焦げ付き汚れとなった場合は、酢水を使って掃除しただけではなかなかキレイに落としきることはできません。焦げ付き汚れのような酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤を使うのが効果的です。

電子レンジのように洗剤を使うことに抵抗のある場所にもオススメなのが、重曹を使ったお掃除方法です。弱アルカリ性である重曹を使うことにより、頑固な焦げ付き汚れを浮かせて取り除くことができます。

耐熱容器に先ほどの酢水と同じように、重曹1に対して水4の割合で重曹水を作り、そのまま3分程温めます。扉を開けずに30分ほど放置したら、キッチンペーパーで庫内の水滴を拭き取ります。重曹の成分が残らないように水拭きをしたあとは、しっかりと乾拭きをして庫内を乾燥させます。

酢水を使って電子レンジを掃除する場合は「換気」しましょう

酢水を使って電子レンジの掃除を行う際には、いくつかの注意点があります。

必ず換気しながら行う

酢には洗浄効果とともに、消臭効果もあります。酢水を使って掃除をすることで、電子レンジの消臭も期待できる反面、酢を温めたことによりさらに酢のニオイが強くなるため、人によっては掃除中に気分が悪くなることも。
キッチンのように狭い場所で酢水を使って電子レンジの掃除をする際には、必ず換気しながら行いましょう。掃除後もしばらくは窓を開けたままにしたり、換気扇をつけておくように心がけましょう。あまり酢のニオイが得意ではない方は、お掃除の際にマスクを着用すると良いでしょう。

酢の種類を確認する

電子レンジの掃除に向いているのは、いわゆる「醸造酢」のような糖分が含まれていない酢です。誤って「すし酢」などを使ってしまうと、キレイにするどころか糖分で逆にベタベタとしてしまう可能性が高いので、きちんと表示を確認してから使いましょう。

電子レンジの本体の掃除もお忘れなく

電子レンジの汚れの大半は庫内に付いたベタベタ汚れですが、本体の外側に付いた汚れもそのままにしてはいけません。とはいえ、庫内の汚れ方に比べると、外側は主にホコリや手垢などの軽い汚れ程度なので、比較的簡単に汚れを落とすことができます。

軽く汚れている程度であれば、水で湿らせて硬く絞ったフキンなどで拭くだけでOK。少し汚れが目立つ場合のみ、水で薄めた食器用中性洗剤を使って拭き掃除をします。洗剤や水分が残らないように、その後しっかりと水拭きと乾拭きをしてください。

タッチパネルの部分に付いた手垢は、柔らかい布を使って優しく拭き取ります。誤作動を防ぐためにも、あらかじめコンセントは抜いておきましょう。

電子レンジの側面や背面、コンセント周りなどにホコリが溜まると、故障の原因にもなりますので、普段のお掃除のついでにこまめにホコリを取り除いておくのも忘れずに。

電子レンジの掃除をラクにするためのコツ

電子レンジに限らず、掃除をラクにするためのコツはやはり、汚れをこびりつかせないようにすることです。

汚れたらすぐにキレイに拭き取る

汚れた後はとにかくすぐに拭き取っておく。これを徹底するだけでも、確実にこびりつき汚れを防ぐ効果があります。汚れが冷えて固まる前に、サッと拭き取る習慣をつけましょう。

必ずラップをする

水気の多い食品や、比較的粘り気のある食品が温まったことにより、庫内に飛び散る可能性がありますので、必ずラップをかけるようにしましょう。

長時間熱を加える際には、時々様子を見る

温めすぎたことによって吹きこぼれたり飛び散ったりしてしまうのを防ぐためには、時々扉を開けて中の様子を確認したり、中身をひっくり返したりしながらまんべんなく温めるようにしましょう。

酢水や重曹を使ってこまめに掃除をするのはもちろん、やはり日頃からなるべく汚れをこびりつかせないように意識するのも大切です。電子レンジは口に入れる物を調理する道具ですから、なるべくキレイな状態を保ちたいものですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事