掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。
ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機から出る排気も気になるし、赤ちゃんを放置して掃除するのも不安だという方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんがいるご家庭の場合、どのくらいの掃除頻度がベストなのでしょうか。
掃除機をかける際に注意すべきことは?

一番は無理をしないこと。
家族の協力を得ながら、赤ちゃんが生活する部屋は綺麗にするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

壁のヤニを掃除する方法。しつこいヤニ汚れをキレイにするには

壁のヤニ掃除についてご紹介します。 ヤニの元を断つことが一番ですが、今すぐにやめても、壁につい...

カーペット向きの掃除機って?おすすめと見分け方について

カーペット向きの掃除機って、どんなタイプなのでしょうか? おすすめはキャニスター型?それともス...

【タイル掃除のコツ】トイレの床や壁についた汚れを落とす方法

トイレの便器の掃除は毎日していても、タイルの床や壁の掃除まではしない人の方が多いのでないでしょうか。...

箒掃除のコツ!掃除場所や箒の種類によって掃除方法も変わります

店頭には最新式の掃除機が並んでいますが、あえて箒での掃除をおすすめします。 コツさえつかめば掃...

重曹は掃除に欠かせない!トイレをピカピカにするための使い方

キッチンの掃除などに効果的な重曹ですが、実はトイレの掃除にも力を発揮します。 その理由は重曹の...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

玄関の掃除に重曹を使ってピカピカにする方法とキレイを保つコツ

玄関の掃除には重曹がオススメです。重曹なら小さなお子さんが居る家庭でも安心して使うことができます。 ...

風呂の水垢を綺麗に掃除!お風呂をピカピカにする掃除方法を解説

風呂の中の代表的な汚れが「水垢」です。綺麗に掃除をして、お風呂場を衛生的に保ちたいと考えている人もた...

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫! 大きなバケツは必要ありません...

レンジの掃除はセスキにおまかせ!セスキでの掃除方法とメリット

電子レンジの中の汚れを綺麗に掃除したい時は、セスキ炭酸ソーダを使った掃除がおすすめです。 電子...

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策シート『忌避タイプ』と『誘引タイプ』についてご紹介します。 また、シートを敷いただけで...

スポンサーリンク

掃除の頻度は?赤ちゃんが生活する部屋の掃除頻度

赤ちゃんがいる家庭では、お母さんは育児に四苦八苦していることでしょう。
オムツ替え、数時間おきの授乳、寝たと思ったら泣いたり、抱っこしたりととても大変です。
部屋がだんだん散らかってきたりホコリが溜まっていたりするのをわかっていながらも正直掃除をする暇や気力がないものです。

しかし、床に散らかっている物で赤ちゃんが誤飲してしまったり、怪我をしてしまったり、また溜まっているホコリやハウスダストを吸って体調面で悪影響がないか、心配はつきものです。

赤ちゃんがいる家庭の掃除の頻度はどのぐらいなのか、またこんなに掃除をサボってしまうのは自分だけなのか、気になりませんか。
多くの子育て中の方は、少し時間がある時に、気が向いたら「適度に」掃除をするそうです。
週に何回という決まりはなく、少し部屋が汚れてきたと思ってもストレスなく育児するためには目をつぶる部分を多いんだそうです。
そして気が向いたら少し時間がある時にササッとやる程度です。

赤ちゃんが主に生活する部屋はリビングまたは寝室ですね。
この2つは健康面や教育面に影響を及ぼしてしまわないようできるだけ小まめに掃除をして綺麗な環境を保ちたいのが理想です。
しかし、お母さんが無理をして倒れてしまっては大変日々がもっと大変になってしまいます。
赤ちゃんがいて気を張ってしまい、「掃除をしなければならない」というのにとらわれすぎて悩む方はたくさんいます。

赤ちゃんが小さいうちはお母さんの体も赤ちゃんと同じく大切です。
子育て中に掃除を怠ってしまうのはあなただけではありません。
無理な掃除のルールを作って自分を追い込むのはやめましょう。

掃除を手抜きするのもストレスなく掃除するための1つの方法です。

赤ちゃん家庭の掃除頻度、部屋や場所ごとに回数を決めている人が多い

赤ちゃんがいる家庭での掃除の頻度は「気が向いたら、時間がある時にササッと適度に」という家庭が多いです。

一般的に掃除は小まめにと多くの記事や雑誌で謳われていますが、それも赤ちゃんがいない家庭では1つの理想です。

しかし、この理想は子育て中の家庭にとってはとても難しいものです。
赤ちゃんがいつどこで寝るか、起きるか、泣くか、おむつ交換か、トラブルがあるかなんてわかりません。
何事も思い通りには行かない中で掃除を理想通りにこなせと言われても無理があります。それでも掃除は適度にしないと環境的に良くないものです。

 

赤ちゃんがいる家庭での掃除の仕方は、週に何回どこを掃除するというのを決めている方が多いです。

週に何回という感覚は人ぞれぞれです。
赤ちゃんでも手のかかる子、そうでない子、様々です。
毎日掃除はできないけどせめて週に何回は掃除をしようと無理な程度に部屋ごとに回数を決めて掃除をしていくようにしてみましょう。

赤ちゃんが主に生活するリビングや寝室は掃除の回数を増やしてなるべく綺麗な環境を保てると良いですね。

赤ちゃんがいると掃除機をかける頻度は減る!掃除機が週1のママにおすすめのお掃除方法

赤ちゃんがいる家庭の掃除の頻度にこれといった決まりやルールはありません。

その生活スタイル、赤ちゃんの様子、あ母さんの余裕度などによって差はでてきます。
だからといって、「掃除をしなくても良い」ということではありません。
無理のない程度に、自分ありのペースで掃除をしていくことがベストです。
赤ちゃんの子育て中の主婦の中で「必ずこの日にここを掃除をしなければならない」という考えに執着している方も多いです。
その考えに固執することは、思い通りにいかなくなった時に自分自身を苦しめてしまいます。
それでなくても何事も思い通りにならない育児です。
育児に関して多少のストレスを感じてくる上に掃除のストレスもとなると苦しいですよね。

掃除に関しては力を抜いて無理のない程度にしていきましょう。
数あるストレスの中から掃除のストレスを抜くだけでもかなり楽になりますよ。

赤ちゃんがいる家庭で特に減る掃除といえば、掃除機です。
なぜなら、赤ちゃんは寝たと思っても少しの物音で起きてしまうものです。
せっかく赤ちゃんが寝てくれる昼寝などに時間が掃除するチャンスでもありますが、お母さんの唯一の休息時間でもあります。

掃除機の音で赤ちゃんが起きてしまっては休息も一瞬で終わってしまいますね。
それに起きていても赤ちゃんがいながら掃除機をかけるのは難しいため、自然に掃除機のかける頻度が少なくなります。
また、赤ちゃんが掃除機の音を怖がって泣いてしまうという場合もあります。

掃除機は週1回程度週末にかけて、その他はお掃除ワイパー、コロコロ、水拭き、など音がでないアイテムを取り入れて掃除を行っています。

この使い分けも子育て中ならではのお母さんの知恵でもありますね。

赤ちゃんがいる家庭が掃除機をかける時の注意点

赤ちゃんがいる家庭で掃除機をかける時、掃除機をかける際に舞うホコリや掃除機から出る排気が気になってしまう方も多くいらっしゃると思います。

掃除機をかける時はなるべく換気をして空気の入れ替えを行いながらします。

そしてハイハイするくらいの赤ちゃんですと掃除機をかけるお母さんを追いかけて遊んでしまう赤ちゃんもいますが、なるべく排気が行われる掃除機の真後ろには赤ちゃんがこないように注意してください。
掃除機の排気を直に吸ってしまうからです。

また掃除機をかける時は赤ちゃんがいる部屋を移動して先にカーテンレールや棚の上のホコリを落として床に散るのをまって掃除機をかけましょう。

掃除機をかける時はなるべく、ホコリや排気を赤ちゃんが直に大量に吸ってしまわないような配慮が必要です。

赤ちゃんがいる部屋は出来る範囲で掃除を行い、清潔を保つことが大切

赤ちゃんの子育てをしている家庭での掃除は、毎日欠かさずきっちりやる必要はありません。
掃除をして綺麗に保つ事はもちろん子育てする上でとても大切なことですが、今最も大切なことはお母さん自身の精神や健康面に悪影響ない程度に日々の生活をこなすことです。それは紛れもなく赤ちゃんのためになるからです。

お母さんが日々の掃除に疲れ笑顔を消えてしまうと赤ちゃんに伝わります。
お母さんと赤ちゃんは何でも通じ合う不思議な関係がお腹の中にいるときからあるのです。

お母さんの負担にはならないような掃除の頻度と方法を取り入れ、なるべく赤ちゃんが生活する部屋を中心に掃除を行っていきましょう。

「ながら掃除」という方法を聞いたことがありますか。
何かをしながら掃除をついでにすることです。
お風呂やトイレは入りながら最後に掃除をして出てくるそれだけで掃除が終わってしまいます。
キッチンは使用しながらササッとシンクを洗ったりガスコンロの周りを拭くだけで汚れが溜まりません。
赤ちゃんをおんぶして昼寝の寝かしつけしながらお掃除ワイパーで動きながら寝かしてみましょう。

このような「ながら掃除」は掃除をする時間をわざわざとっているわけではないので、時短にもなり、何より育児や家事、生活の中に掃除を取り込んでいるだけなので、赤ちゃんを育てるお母さんの負担もすくなくなりますよ。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事