シューズクロークの掃除方法と上手な使い方をご紹介

シューズクロークの掃除方法と上手な使い方をご紹介

シューズクロークがお家についていると、靴をおくスペースが広いゆえに、沢山の靴を置いたままになってはいませんか?

気がつくと広いはずのシューズクロークが、靴でいっぱい!それでは掃除もしにくく、汚れもたまってしまいます。

そこで玄関にあるシューズクロークの掃除方法、靴の片付けやお手入れ方法、またシューズクロークの上手な使い方についてもご紹介をいたします。お家のクロークを使いにくいと感じている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【換気扇の掃除の仕方】トイレの場合の注意点について教えます

トイレの掃除はしていても、換気扇までは掃除しない人の方が多いと言われています。 しかし、換気扇...

階段の基本的な掃除の仕方とコツを覚えてピカピカにしましょう

毎日上り下りする階段ですが、毎日掃除するという人は少ないのではないでしょうか。 しかし、階段は...

流し台の掃除方法!サビを綺麗に掃除してピカピカのキッチンに

流し台にできてしまったサビ汚れ。綺麗に掃除をして、ピカピカのシンクを取り戻したいと思っている人もいる...

落ち葉掃除に便利な道具とその使い方のコツについて解説します

庭に落ちている落ち葉。掃除することを面倒に感じる人も多いでしょう。 しかし、落ち葉掃除に便利な...

神棚の掃除は夜でもいいの?神棚掃除の時間帯と掃除ポイント

大掃除の際に神棚を綺麗にしたくても、神棚担当の旦那さんが仕事が忙しく、夜しか掃除する時間がないという...

重曹は掃除に欠かせない!トイレをピカピカにするための使い方

キッチンの掃除などに効果的な重曹ですが、実はトイレの掃除にも力を発揮します。 その理由は重曹の...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

玄関掃除に使用する洗剤と運気を上げる掃除の方法をご紹介します

気の入り口とも言われている玄関。しかし、普段は掃き掃除くらいしかしないという人の方が多いのではないで...

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

梅雨の時期になると、部屋のカビ対策に悩む人も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが「...

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか? 大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているもので...

レンジ掃除はレモン汁の力で!レモンを使ったレンジ掃除のコツ

レンジ掃除にレモン汁が効果的だって知っていますか? 料理の温めや食材の解凍など、何かと使うこと...

モップ掃除のやり方とコツを解説!掃除機よりも簡単です

フローリングの床の掃除にはモップが良いと言われていますが、いろいろな種類があってどれを選べばよいのか...

壁紙の掃除にはセスキ!セスキ水で壁紙をスッキリきれいに拭き掃除

壁紙の掃除にはセスキ水がおすすめです。 その理由と、セスキ水で壁紙を掃除する方法をご紹介いたし...

スポンサーリンク

玄関のシューズクロークの掃除方法

シューズクロークがあるとたくさんの靴を収納することができて助かりますよね。家族が多いと靴の数も増えますし、玄関に収納したいものは靴だけに限りません。重要な収納スペースであるシューズクロークですが、物が多い分、掃除がおろそかになってしまいます。

シューズクロークは家の中でも汚れやすい場所

できれば毎日掃除をしておきたい場所でもあります。

まずは上の棚から掃除します

物をよけたら、棚の上のゴミやホコリを取り除きます。

シューズクロークははたきを使ってほこりを落とすだけではキレイになりません。玄関付近は外からの土埃も入って積もってしまいます。棚や棚の上に置いてある物は雑巾で拭いておきましょう。

靴を置いている棚も、靴を移動させて拭いてください

毎日やるのは大変なので、週に1~2回、又は汚れが目立ってきたら靴よけて拭くようにしてください。
シューズクロークに置いてある物もキレイに拭いていきます。

最後に床を掃除します

玄関と続いている部分は玄関で使っているほうきでごみや土を取り除いてください。床の部分はフローリングワイパーを使ってゴミやホコリなどを取り除きます。床は土や砂で黒ずんでいることもあります。

ドライシートを使って掃除をしたり掃除機をかけただけでは汚れを落とすことはできません。最後に水拭きをして仕上げるようにしましょう。

掃除がラクになるクロークの汚れ防止方法

シューズクロークは靴によって汚れてしまう場合が多いです。外を歩いた靴には土や泥、ゴミや草、花粉などいろいろな物が付着しています。靴を片付けたとき、その汚れによって棚が汚れたりゴミや土が床に落ちて汚してしまいます。

クローク内、靴を置く棚にはシートを敷く

直接靴を置いてしまうと、靴底の汚れによって棚はすぐに汚くなってしまいます。シートを敷いて棚が直接汚れることを防いでおきましょう。

シートが汚れたら、シートを外して外で払って土やゴミを落としておきます。その後、シートを拭いて黒ずみやシミを取り除いてください。

下駄箱用のシートでも良いですが、食器棚シートを使うのも良いでしょう。食器棚シートは抗菌消臭効果があるものや裏に滑り止め加工されていたりするので、靴の棚に敷くとずれたりすることなく衛生的に使うことができます。

靴の棚に敷くシートもいろいろなデザインのものが販売されています。シンプルな白やベージュのシートだと清潔感があり、汚れに気が付きやすいので掃除のタイミングもわかりやすくなります。

汚れを目立たせたくないのなら黒いシートがおすすめ

アルファベット柄や動物柄、水玉やチェック柄などバリエーションも豊富です。ご自宅のインテリアに合わせて楽しむこともできます。

シートの代わりに人工芝を使うのも面白いですよ。人工芝を棚のサイズにカットして使います。泥汚れが目立ってきたら外して外で払い落とすことができますし、水洗いもできますよね。造花などを使ってアレンジするのも良いでしょう。

クロークの掃除をしたら靴もスッキリと

シューズクロークの掃除をするときは、時には靴の整理もするようにしてください。靴は放っておくとどんどん増えていく一方です。中にはしばらく履いていないものや、かなりくたびれている靴もあるでしょう。お子さんがいる家庭なら、お子さんの成長によってサイズが合わなくなった靴もあるはずです。

古びた靴でシューズクロークの見た目も悪くなる

サイズが合わない靴や傷んだ靴はもちろんですが、しばらく履いていない靴やこれから先も履くことがないと思われる靴は処分してしまいましょう。

シーズンオフの靴は靴箱に入れて片付ける

よく履く靴だけをシューズクロークの棚に収納するようにします。衣替えの時期は洋服と同じく、靴の入れ替えをするようにしてください。

くたびれた靴はそれだけでシューズクロークの見た目を悪くしてしまいます。履いた靴は汚れを落とし、軽くでもいいので手入れをしてから片付けるようにしてください。

靴を棚に置くときは必ず向きを揃えて、一定の間隔をあけて靴を並べて収納します。棚いっぱいに靴を並べるのではなく、靴の数を減らして余裕のある収納をすると、シューズクロークもすっきりします。収納の数を少なくして物を減らすことで掃除もしやすくなりますよ。

クロークの掃除と一緒にシーズンオフの靴のお手入れをしよう

シューズクロークにはシーズンオフの靴も出したままにしていませんか。シューズクロークの掃除をするときには靴の整理もして、シーズンオフの靴は次に履く時期まで片付けておきましょう。

シーズンオフの靴を片付ける前に、必ず靴のお手入れをしてください。汚れがついたまましまってしまうと靴の傷みを早めてしまいます。きちんとお手入れをすることで靴も良い状態のまま長く使うことができます。

靴のお手入れの仕方

1.まずは靴についている汚れを落とします

靴用のブラシを使って靴の表面についている汚れを落としていきます。縫い目やシワの部分には汚れが詰まっていますので、かき出すようにして汚れを取り除いてください。

靴の表面のおおまかな汚れを取り除いたら、クリーナーを使って更に汚れを取り除きます。靴用のウェスにクリーナーをとり、靴に薄く延ばしてたら、汚れを拭き取っていきます。

2.靴の汚れをとってキレイな状態になったら、靴用のクリームを塗ります

薄く延ばして靴全体に塗りこんでください。

3.最後にブラッシングをしながら余分なクリームを落とし、磨きます

革靴にはシューキーパーを使うようにしてください。甲の部分についたシワが伸びて形を崩すことなく保管ができます。

シューズクロークの便利な活用方法

シューズクロークは下駄箱のように収納する物のサイズが限られないため、大抵の物を収納することができます。外で使う大きめの物でも収納することができますよね。

クロークに収納できるもの

子供用品

小さなお子さんがいるご家庭なら、ベビーカーの収納場所に頭を悩ます人も多いでしょう。毎日使う人なら出したままにしておきたいですが、折りたたんでもそれなりの大きさがあります。狭い玄関に置いておくと邪魔になりますし、見た目も気になりますよね。シューズクロークはベビーカーや三輪車なども収納することができます。

スポーツアイテム

外でやるスポーツの道具を収納することもできますよね。野球グローブやサッカーボール、テニスラケットなどを収納すると便利です。棚やフックを用意して、お子さんが自分で取り出すことができるようにすると良いでしょう。
ゴルフをやる人ならゴルフバッグの置いておくこともできます。ゴルフバッグは大きくて収納が不便な物のひとつです。シューズクロークに置いておくと玄関でクラブを磨くこともできますよね。

雨具

置き場所としても便利です。シューズクロークにポールを取り付けると、雨で濡れたレインコートを干しておくことができます。

シューズクロークは玄関に置く物や外で使う物の収納に大変便利です。ですが、外からの汚れを引っ張ってくるため、掃除が大変な場所でもあります。定期的に掃除をしながら整理もして、すっきりと使いやすくしてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事