部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

梅雨の時期になると、部屋のカビ対策に悩む人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが「除湿機を使ったカビ対策」方法です。実は除湿機には3種類あり、それぞれ特徴があります。

今回は部屋のカビ対策のための除湿機の効果と選び方について説明します。それぞれのメリット・デメリットを理解して除湿機を選ぶようにしましょう。

また、除湿機の内部にもカビが発生することがあります。正しい使い方で部屋のカビ繁殖を防ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

書類の整理術を身につけ仕事をスムーズに。できるオトコの整理術

書類の整理術を身につければ、頭の中がスッキリします。 そうすると、やるべき仕事が見えてきて、よ...

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではな...

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

掃除を毎日続けることで得られる効果と続けるためのコツを解説

部屋はきれいにしておきたいと思ってはいても、毎日の掃除は面倒だと思っている人の方が多いでしょう。 ...

掃除のほこり取りにおすすめなのは?グッズと使い方について

掃除はほこりにはじまりほこりに終わります。 ほこり取りをしなければ、いくら掃除機を掛けても、拭...

スポンジにつけた洗剤はそのままでOK?スポンジの除菌方法

食器用洗剤の中には、スポンジの除菌もできるという洗剤もあります。それを聞くと、食器を洗ったあとのスポ...

サーキュレーター掃除で分解できない時の掃除方法とそのポイント

サーキュレーターを分解して掃除をしようと思ってもなかなか分解できないし、どこまで分解していいのかわか...

部屋の掃除を代行サービスに依頼する。単身でも家庭でも気軽に

部屋の掃除を代行してもらいたい! 現在、富裕層に限らず一般的な家庭でも家事代行サービスを利用す...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫! 大きなバケツは必要ありません...

風呂の洗剤を手作りする。ナチュラル洗剤から代用品まで

風呂用の洗剤ってたくさんありますよね? 防カビ・抗菌・皮脂汚れや、水垢スッキリ!皆さんは、どのよう...

重曹掃除で風呂釜を綺麗に!汚れが溜まりやすいパイプの掃除方法

お掃除アイテムとして有名な重曹は、風呂釜掃除にも最適! 追い焚きの時に、変な臭いや黒汚れがあり...

窓の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について解説します

いろいろな場所の掃除に使用できる便利なエコ洗剤「重曹」ですが、実は窓の掃除にも使うことができます。 ...

部屋のカビを防止する方法。カビを知って発生させないようにする

部屋に発生するカビ。 見つけては掃除するの繰り返しではなく、カビを発生させない環境づくりをしましょ...

玄関の掃除には新聞紙が使える。掃除の仕方や画期的な使い方

この前掃除したばかりなのに、もう汚れていると感じるのが玄関ではないでしょうか。 玄関はドロ汚れがあ...

スポンサーリンク

部屋のカビ対策となる除湿機の種類とその効果について

家の中に発生するカビは、風呂場などの水回りが多いですが、油断していると、室内にも出来ることがあります。

室内の湿度をコントロールする「除湿機」

カビが発生するのは、カビが好む条件が揃っているからです。

湿度が60%以上、気温が20~30度、カビの栄養源となるホコリや人の皮脂(垢やフケ)はカビが生息する好適条件

この条件が揃った時、カビはどこにでも発生するのです。

特に、湿度が高い梅雨時期にはカビの発生もピークになります。

部屋の室温や湿度が高いと、室内の壁などにカビが出来てしまうことも。

このようなカビの発生を防ぐためには、「除湿機」を上手く活用することが効果的です。
除湿機は、文字通り空気中の空気に含まれる過剰な水分を取り除き、湿度を下げてくれる機械です。

部屋の湿気を抑えたり、室内干しした洗濯物を乾かすために、除湿機を使うと効果を実感できます。

除湿機には、大きく分けて「コンプレッサー式」、「デシカント式(ゼオライト式)」、「ハイブリッド式」という3つの種類があります。

どれも除湿する効果は同じですが、仕組みに違いがあります。

除湿機に空気清浄機をプラスすると、より効果のあるカビ対策ができます

カビを発生させないためには、除湿機を使って部屋の空気を除湿することが大切ですが、湿度を下げても、部屋がホコリでいっぱいだったら、湿度が高まるとカビが再び発生する可能性が高まります。

カビ対策として「湿度」と「空気中のホコリ」の両方に効果的な物

カビの栄養分となるホコリは、取り除いておきましょう。

掃除機でゴミを吸い取るという方法でも良いですが、除湿機の他に空気清浄機を併用するという方法もおすすめです。

除湿機と空気清浄機を一緒に使うことによって、部屋の湿度を下げながら、空気を浄化してきれいにしてくれますので、カビが発生する可能性が低くなります。

カビは、私達が思っているより繁殖力が強いので、好条件であればどこにでも繁殖してしまう厄介なものです。

除湿機と空気清浄機を使うことで、絶対にカビを発生させないということはありませんが、少なくともカビの繁殖を抑えることは出来ます。

カビ対策のために部屋で除湿機を使う場合の注意点

現代の高気密住宅は、昔の家のように窓から入ってくる隙間風に悩まされることもなく、快適に暮らせますよね。

でも、一方で高気密な作りであることが原因で起こることもあります。

高気密住宅では、カビが好む湿気も留まる

それは、湿気を含んだ空気や、ホコリも、換気をしなければ出ていかないということです。

周りを四方の壁に囲まれた密室を連想してみてください。

換気出来なければ、空気の循環もないため、どんどん空気が汚れていくことが容易に想像出来ますよね。

特に湿気は、水分が含まれていて重いため、下の方に溜まりやすいという傾向があります。

マンションでは一階が湿気が溜まりやすいと言われています。

湿気対策に除湿機を使う時は部屋の空気が動く場所に置く

扇風機を使って、空気の流れを作ることも効果的です。

部屋にカビを作らないように、室内の空気を循環することが大切です。

カビ対策のための除湿機の選び方について

市販の除湿機には、様々なメーカーからたくさんの物が出ているため、購入する時には悩んでしまいますよね。

そんな時は、除湿機をどんな用途に使うのかを重視してみましょう。

除湿機の用途や除湿能力をチェック

除湿機の中には、衣類乾燥に特化している物や、除湿可能面積の広さに違いがある物など、種類が色々あります。

特に、衣類乾燥をメインにしている除湿機の中には、部屋干しによって増殖する細菌を抑制する除菌機能や脱臭効果のある物もあります。

排水タンクが付いている除湿機では、除湿された水がタンク満タンになれば自動的に運転を停止するため、長時間除湿機をかけたり広めの部屋で使う場合は、除湿機の排水タンクは小さい物よりも容量が大きい物を選ぶこともポイントです。

除湿機を活用することによって、室内干しの洗濯物を効率よく乾燥させることができますが、その他にも部屋の湿気を取ってくれるので、部屋の中に発生するカビや最近を防止することができます。

年間通して、除湿機を活用し、快適な住環境にしたいですね。

部屋で使用する除湿機の内部にもカビが発生しないようにしよう

除湿機の中でも、「コンプレッサー方式」の除湿機は、部屋の湿った空気を内部の冷却装置によって冷やして水に戻す仕組みなので、冷却装置には水滴が付きやすくなっています。

そのため、付いた水滴を放置していると、そこからカビが発生してしまうこともあるのです。

除湿機の機能に”内部乾燥”などが無い場合は、除湿機の「送風」機能を使うことで、内部を乾燥させることができます。

湿気が多い時期が終わり、除湿機を物置にしまう時には、必ず除湿機の内部をしっかり乾燥させてからしまうようにしましょう。

内部にカビが生えたまま使い始めると、カビの胞子が除湿機から出る風と一緒に空気中に放出されてしまうことになります。

せっかく部屋の除湿をしようと除湿機を使っても、カビがバラまかれることになるのは避けたいですよね。

長く除湿機を使うためには、定期的な除湿機のメンテナンスも必要です。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事