天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコリがたまってしまうので、定期的に掃除を行う必要があります。

そこで今回は、天井掃除に便利なグッズをご紹介します。今回ご紹介するグッズを使用すれば、簡単に掃除することができます。

また、キッチンの天井の汚れはなかなか落ちないかもしれません。そういう場合は「重曹」を使いましょう。その掃除方法についても説明します。

掃除の基本は「上から下」。リビングの掃除をする場合は天井から始めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

便器の掃除に必要な洗剤はこれだけ!頑固な汚れも落とせます

便器に黄ばみや黒ずみがついたまま放置してしまうと、掃除してもなかなか落とせずイライラしてしまう人も多...

バルコニーの掃除について。マンションならではの注意点とは

バルコニーの掃除は室内の掃除よりも、大変です。 さらに、マンションなら、隣近所の住人への気遣い...

おもちゃの収納ボックス。蓋付き?蓋なし?片付けやすいのは

おもちゃって、どんどん増えていきますよね。 キチンと、キレイに、しっかり分別して片付けられれば良い...

壁紙掃除は重曹を上手く使うことで簡単に汚れを落とせる!

年末の大掃除やアパートやマンションの退去時など、壁紙の掃除をして綺麗にしたいなら、重曹を使ってみては...

タイルの掃除。お風呂場のタイル目地をキレイにする方法

タイルの掃除は大変ですが、見て見ぬふりをすると、取り返しの付かないことになってしまいます。 お...

冷蔵庫の掃除に使える洗剤は?掃除の頻度と日々のお手入れ方法

冷蔵庫の掃除にはどんな洗剤を使えばいいかお悩みの方もいるのではないでしょうか。 冷蔵庫の中には...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

電子レンジの掃除にレモンを使うとピカピカになります

電子レンジは料理には欠かせないものですが、掃除はおろそかになってしまうことも多いのではないでしょうか...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

部屋の掃除を代行サービスに依頼する。単身でも家庭でも気軽に

部屋の掃除を代行してもらいたい! 現在、富裕層に限らず一般的な家庭でも家事代行サービスを利用す...

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃...

部屋の換気時間はどのくらい?換気時間と正しい換気の方法

部屋の換気をしようと思っても、寒い冬場はあまり長い時間窓を開けておきたくないものです。 換気の効果...

庭の草むしりを業者に依頼する場合の費用や注意点について解説

せっかく庭があっても、雑草はいつの間にか伸びてくるもの。 ちょっと草むしりをしていないと庭が雑草で...

クーラー掃除を自分で行うには?掃除方法とそのポイント

クーラーの掃除を業者に依頼するのではなく、自分で掃除をしようと考えている方も多いのではないでしょうか...

スポンサーリンク

天井掃除に便利なグッズと掃除方法をご紹介します

毎日のように掃除するきれい好きの方でも、見落としがちなのが「天井」です。
私のように掃除嫌いの方なら、気づいても見て見ぬふりをしているかもしれませんね。

そもそも天井は手の届かない場所ですから、掃除の仕方もよくわからないと言う方も多いことでしょう。
脚立などを使って手で拭くのは、あまりにも過酷すぎますよね。

天井を掃除するときにおすすめなのが「フローリングモップ」

柄が長いので天井まで届きますし、軽いので持ち上げるのも楽です。
思いのほかしっかりとシートもセット出来るので、逆さまでも十分役立ちます。

ヤニなどの掃除までは出来ませんが、天井のホコリはローリング用のお掃除シートでもスッキリと掃除がすることができます。
フローリングモップは掃除できる面も大きいですし、天井には障害物が無いので一気に掃除できますよ。

フローリングモップ使用時の注意点

実際やってみるとわかりますが、思いのほか沢山のホコリが落ちてきます。
ですから、マスクは必須です。

汚れが取れない天井を掃除する時におすすめの洗剤

天井をフローリングモップ用のシートで掃除していると、それでは取れない汚れを見つけてしまうこともあります。
普段はあまり気にしていないので目に付きませんが、いざ掃除すると細かい汚れも気になるものですよね。

フローリングモップ用のシートで落ちない汚れには、重曹水を

水500mlに対して重曹を大さじ1入れて、しっかりと溶かします。
雑巾に出来上がった重曹水を含ませてしっかと絞ったら、掃除開始です。

脚立をお持ちの場合には、雑巾を使って直接拭き取るのが最も効果的です。脚立が無いなら、フローリングモップを使いましょう。

フローリングモップには、雑巾も使用可能なタイプもある

もし、シート専用のモップの場合でも雑巾をセットできるかもしれません。我が家のフローリングモップは大丈夫でした。
しかし、正規の使い方ではないので、あくまでも自己責任でお願いします。

これからフローリングモップを用意する人は、雑巾も使えるタイプがおすすめです。

天井掃除と一緒に照明器具も掃除しましょう

せっかく天井掃除に着手したなら、照明器具もピカピカにしたいですよね。

照明器具には沢山のホコリがついているはずです。
しかし、まるまる1年放置していたなら、払うだけではなかなか綺麗にならないはずです。

照明器具の掃除で活躍するのが、古くなった靴下

高い位置で作業するので、手はできるだけ自由な方が安心できますよね。
靴下を手にはめて拭き掃除すると、雑巾を落とすような心配も無く、掃除に集中出来ますよ。

汚れが酷くてなかなか綺麗にならない時には、中性洗剤を薄めたものを少量使えば、殆どの場合綺麗になるはずです。

中性洗剤を使った時には、必ず仕上げに水拭きすること

水拭きしないとゴミが付着しやすくなったり、黄ばみの元になってしまいます。

照明を綺麗にすると、部屋が明るくなったように感じるはずです。
1年間照明の掃除をしないと、リビングなら20%程明るさに違いが出ると言われます。

天井掃除におすすめの掃除グッズ「モップ」のメリット

天井掃除に便利だとおすすめしたフローリングモップですが、実は様々な種類がありますよね。

その中でも、もっともおすすめなのは交換用クロスがついているタイプのモップです。

シートタイプのモップは手軽で衛生的ですが、ゴミを取る能力で比較するなら、マイクロファイバーなどのクロスの方に軍配が上がると思います。

シートタイプもクロスタイプも、ホコリだけならどちらも同じくらい取れると思います。
しかし、家の中のゴミはホコリだけではありませんよね。
髪の毛や糸くず、砂や調味料のような小さなゴミもあります。

そういったいろいろなゴミに対応できるのは、やはり少し毛足のあるクロスタイプです。

また、クロスタイプは洗えば何度でも使えるので経済的です。
メーカーによっては水を入れたボトルをセット出来たり、ヘッドの可動域が広かったりと、様々な工夫がされている点もメリットです。

便利な掃除グッズを使って年に2回は天井の掃除をしましょう

いろいろなお掃除グッズがありますが、その中でもフローリングモップは一押しです。
床はもちろん、ご紹介したように天井の掃除も可能です。

天井掃除はリビングだけではなく浴室でも効果を発揮する

浴室の天井にはカビが発生していることも多いのですが、目立たないので放置されていることも多々あります。
浴室の天井のカビを掃除する時には、フローリングモップにアルコール除菌用のスプレーを吹きかけてから掃除しましょう。

それでも取れない頑固な黒カビには、カビ取り洗剤を染み込ませて吹きましょう。
ジェルタイプの方が垂れる心配は少ないです。

カビ取り洗剤を使った後は、しっかりと水拭きしてください

また、洗剤が目に入ったり皮膚については大変です。しっかりと保護してから行いましょう。

天井は手が届かないので、どうしても後回しになりがちですが、フローリングモップを使えば意外と簡単に掃除することが出来ます。
部屋の天井なら年に2回程度、浴室は月に1回を目安にお掃除しましょう。

お掃除は上から下へ向かってが基本です。
天井掃除の後には、壁や家具、最後に床の掃除も忘れず行ってくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事