風呂の水垢。長年蓄積された頑固な『ウロコ』を除去する方法

風呂の水垢。長年蓄積された頑固な『ウロコ』を除去する方法

風呂の水垢問題。
長年蓄積された頑固な『水垢』に悩まされている方は多いと思います。

そこで、今回はスタンダードな方法から、覚悟を決めて水垢と戦う方法までをご紹介いたします。

ここでご紹介する方法は、巷にあふれている方法では水垢を除去することができなかったという方に向けて、記載させていただきます。

ですから、かなりのリスクがあります。
とりあえず読んでください。

そして、安易に行動に移さずにリスクを考え熟考してくださいね。

もう一度言います。
今回ご紹介する方法は、お金も時間もリスクもかかります。

そのことを頭に入れて読み込んでくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【窓掃除のコツ】サッシは洗剤を使用しなくてもきれいになります

普段はなかなかできない窓のサッシの掃除。 しかし、サッシはホコリやゴミがたまりやすい場所であり、結...

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

【掃除のコツ】壁紙についた喫煙による黄ばみを落とすための方法

壁紙についてしまった黄ばみ。その原因は喫煙によるものが多いと言われています。 しかし、賃貸マン...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

車内の掃除のやり方と手順を徹底解説!女性でも簡単にできます

車内が汚いと、ドライブしていても気になってしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時は、夫...

車内掃除の時はシートの頑固な汚れも落とすことがポイントです

週末くらいしか車に乗ることがない人も多いかもしれませんが、思ったよりもシートは汚れています。そのため...

掃除頻度で悩む共働き夫婦へアドバイス!平日のサッと掃除がコツ

子供が小学校へ上がったタイミングで働きに出る女性も多いですが、共働きとなった今でも夫が全く掃除を手伝...

【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

窓のサッシの掃除は、年末の大掃除の時に行うという人も多いでしょう。 しかし、その時にはすでにカ...

畳の掃除に『重曹』は使えません!畳の正しい掃除方法について

畳を掃除するのに一番適しているのは『ホウキで掃く』ということです。 畳の目に沿って、ゆっくりと...

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではな...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

大掃除の窓拭きは簡単に済ませる事が出来るやり方とアイテム

大掃除する場所リストには、窓の掃除も入っていますか? 窓が何枚もあったり、大きな窓の場合はちょ...

掃除のやり方。壁紙についたヤニの落とし方と有効な洗剤と注意点

自宅で喫煙する方がいる場合は、壁や家具にヤニがつくことが気になりませんか? 特に白い壁の場合は...

スポンサーリンク

風呂の水垢には定番の「クエン酸」。スタンダードな掃除方法をおさらい

お風呂につく水垢、いつもの掃除では取り除くことができません。水垢をキレイにするためには、まずなぜ水垢がつくのか原因を知ることが大切です。

水垢の原因

水垢の正体は水道水に含まれるケイ素やカルシウム、マグネシウムです。水道水の水分が蒸発して乾燥するのに対して、これらの成分は蒸発せずにその場に残ってしまいます。これが毎日繰り返されると目に見える水垢へとなっていくのです。

水垢の掃除方法

汚れを落とすために必要なのは中和をさせること。これが汚れ落としの原理です。

水垢汚れのカルシウムは酸性の汚れになるので、中性にさせるためには酸性の洗剤、クエン酸などが有効に働きます。

しつこい水垢だとクエン酸水を吹き付けて擦るだけでは汚れが落ちにくいので、つけ置きあらいクエン酸パックがおすすめです。

クエン酸水にキッチンペーパーを浸して、気になる水垢部分に貼り付け、乾かないようにラップで覆います。しつこい水垢ならクエン酸の量、浸け置き時間を多くして調整しましょう。

放置した後はスポンジを使ってこすり洗いをし、水で洗い流し水分をしっかりと拭き取ります。これがスタンダードなしつこい水垢の掃除方法です。

巷に溢れる風呂の水垢対策をやり尽くしたあなたに。頑固な水垢にはクエン酸は効果ゼロ

水垢対策としてのクエン酸を試して、なおかつ水垢が落ちないという方、お家の水垢は相当頑固だと考えられます。

そこで一歩踏み込んだ水垢対策を紹介していきます。しかし、強力なクリーナーを使用するので使用方法には十分な注意が必要です。バスタブや床、壁に使用する際には自己責任で、傷める可能性があるということを十分に考慮して行ってください。

まず1つ目の方法がアルコール系、石油系洗浄剤を使用する方法です。
業務用洗浄スプレーのパーツクリーナーなら、頑固な汚れも落とすことができます。

鏡や金属などに使用することは可能なので、鏡の水垢汚れに有効です。

しかしその他の場所、使われている素材によっては溶剤で変質してしまう場合もあります。
長時間の漬け置きなどは決してしないこと、そして使用する場合は目立たない場所で試してから使用をしましょう。

またアルコール、石油系の溶剤、洗剤は火気厳禁です!可燃性が高いので火の気のある場所では絶対に使用をしないでください。

風呂の水垢が頑固すぎるなら、サンドペーパーで削り落とすという方法も

頑固な汚れを取り除く方法として一般的なのが削り落とす方法です。研磨剤が含まれているクレンザーもこの方法が利用されています。歯磨き粉を汚れ落としに使用するの同じですね。

しかし、クレンザーなどの研磨剤を使用しても落ちない汚れを削り取る場合、さらに強力な方法としてサンドペーパーがあります。

本来の目的としてはザラザラとした凹凸を削り取り、なめらかにするというものですが、汚れも小さな凹凸に代わりはないので、削り取ってキレイにすることが可能というわけです。

サンドペーパーを使用する場合の注意点

汚れを落とすことができますが、同時に傷を付けてしまいます。浴室で使用する場合は、使った場所が全て傷がついてしまうことになりますので、汚れが取れても今度は細かな傷に汚れが入り込みやすくなってしまいます。またコーティーングがされている場合、汚れと同時にコーティングも削り落としてしまいますので、汚れやすくなる可能性があるということも覚えておいてください。

水場での使用になりますので、耐水サンドペーパーを使用することも注意点の一つです。

その他にも目の粗さにも十分に注意をしましょう。目が荒いと削り取る力は大きくなりますが、傷も大きく深く付きやすくなってしまいます。水垢掃除に使用するなら目の細かいサンドペーパーを使用してください。番号が大きくなるほど目が細かくなっていますので、参考にしてください。

風呂の水垢が頑固なら『ポリッシャー』を使ってみる

お風呂場の水垢落とし、頑固な汚れに強力な洗剤や研磨剤を使用する方法をご紹介しましたが、メリットが大きい反面デメリットも十分に頭に入れて、注意をして使用しなければいけないことがわかりました。

そこで今度は費用はかかりますが、手軽に汚れを落とす方法を御紹介いたします。

プロの方も使用しているポリッシャーです。
ポリッシャーは電気を使用するので、力を入れてゴシゴシとこすり洗いをする必要がなく、頑固な汚れを落とすことができる便利な商品です。

また電動バスポリッシャーというような、浴室専用のものが販売されています。

充電式、電池式、持ちての長さを調節できるタイプなど、電動バスポリッシャーと言っても特徴は様々ですので、ご家庭のニーズに合わせてお選びください。

普段からポリッシャーを使用していれば、頑固な汚れになることも防げて、掃除もラクラク!まさに一石二鳥の商品です。

防水性や重さなども使い勝手には重要なポイントですので、しっかりと確認することをお忘れなく。

手に入りやすいお風呂の洗剤で水垢をとることができなかったら

沢山の水垢落としがスーパーやホームセンターにいくと目に付きます。
特に大掃除シーズンになると、普段は販売していないような商品も棚に並びます。

しかし色々試してみても、お家の水垢に効果があまりなかった場合、効果はあったけど落とし切ることができない場合など、一度思い切って業者さんにお願いして、汚れをキレイにする方法を試してみてはいかがでしょうか。

こちらもポリッシャー同様に費用はかかりますが、浴室の傷や安全性、労力などを考えると費用に見合ったものだと考えられるでしょう。

また一度キレイにしてもらうことが出来れば、普段のお手入れ次第で保つことが可能です。

手に入りやすいお風呂用洗剤でも無理だった頑固な汚れも、プロの方ならキレイにしてくれることは間違いありません。

無理をしすぎずに、このような方法もあるということを十分に頭に入れて、お風呂の頑固な水垢落としを考えてみてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事