ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策シート『忌避タイプ』と『誘引タイプ』についてご紹介します。

また、シートを敷いただけでは完全なダニ対策とは言えません。

ダニが一番大好きなものって知っていますか?
答えは『湿気』です。

湿気・除湿対策をしなければ、いくらダニ対策としてシートを敷いても効果は期待できません。

湿気や除湿対策を行いつつ、寝具を清潔に保ち、さらにシートで対策をとるということになりますね。

ダニに対してはイロイロな対策がありますが、どのような対策も『除湿』と『清潔』の上に成り立つものです。

それでは、ダニ対策シートの解説と、ダニが居心地良いと感じさせない空間の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シンク掃除に使用するスポンジは「使い捨て」が一番です

食器を洗うスポンジとシンクの掃除に使うスポンジを使い分けていると、置き場所に困るという人も多いのでは...

No Image

ダニ対策のための布団乾燥機の使用頻度と正しい使い方について

布団のダニ対策方法の一つとして布団乾燥機は人気がありますが、実際に購入するとなると使用頻度や電気代は...

ワックスがけのコツとは?車にムラなくワックスを塗る方法

車のワックスがけにはコツがあります。 なんの知識もなくワックスがけを行うと、ムラができてしまい、か...

照明の掃除。簡単に掃除する方法から念入りに掃除する方法まで

照明器具や電球、蛍光灯などを掃除する方法をご紹介します。 照明器具は、高いところにありますから...

カルキ掃除をして加湿器を綺麗に!カルキにはクエン酸が効果的

加湿器の掃除は普段していますか? 掃除をしていない加湿器の場合、おそらく白いカルキがこびりついてい...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫! 大きなバケツは必要ありません...

便器の黒ずみを重曹で落とす!エコ洗剤を活用したトイレ掃除方法

便器に黒ずみ汚れができてしまうと、見た目も良くない上にとても不衛生なトイレの印象になってしまいます。...

庭の草むしりを簡単にしたい!草むしりのコツややり方を解説

庭に生えた雑草の草むしりを簡単に済ませる方法はないか、頭を悩ませている人もいますよね。 特に忙しく...

壁掃除はほこりを取ってから始めよう!簡単な掃除方法をご紹介

普段あまり掃除しない壁。しかし、気がつくとほこりがついていることも多いのではないでしょうか。 ...

水垢の掃除にはクエン酸!お風呂の水垢をキレイにする方法

水垢の掃除にはクエン酸ですよね。 お風呂の水垢に悩まされている人は多いと思います。 クエ...

電子レンジの掃除に酢を使う場合の効果や注意点を徹底解説

電子レンジの掃除には重曹が効果的だと言われていますが、実は酢で簡単に掃除することもできます。 ...

便器の黒ずみに効果のある洗剤とそれを使用した掃除方法を解説

掃除してもなかなか取れない便器の黒ずみ。どんな洗剤を使えば黒ずみを落とすことができるのか悩んでしまう...

掃除の決定版!ホコリ取りの裏技を知れば室内がスッキリします

掃除をしているのに、たまりますよねホコリって。 床に落ちているホコリを掃除しているだけでは、ホ...

掃除の新常識!ホコリ取りをするならフローリングには〇〇!

掃除をしても、してもチリ一つない状態にならない『ホコリ』 最近は、フローリング仕様の家が増えて...

スポンサーリンク

ダニ対策シート。ダニを寄せ付けない『忌避タイプ』

まずはじめにご紹介するのが、ダニが嫌がるニオイによってダニを寄せつけない『忌避タイプ』と呼ばれるダニ取りシートです。ダニはミントやハーブ系のニオイが苦手なので、その習性を利用して、ダニを近づけたくない場所にシートを貼ることにより、ダニを繁殖させにくい環境を作ることを目的として使われます。

忌避タイプのシートには主に植物由来の天然成分が使われているため、お子さんのぬいぐるみやまくらなどの、とくに殺虫剤を使いたくない場所でのダニ対策に適しています。ただし、ダニを寄せ付けないことを目的としてはいますが、ダニを捕まえたり駆除することは出来ませんので、ダニ自体は別の場所に逃げてどこかに潜んでいると考えた方が良いでしょう。あくまでも、ダニを寄せつけたくない場所にピンポイントで使うのがオススメです。

さらにこの忌避タイプのダニよけには、布団やクッションなどの布製品に吹きかけて使うスプレータイプもあります。

ダニ対策!シートにダニをおびき寄せる『誘引タイプ』

忌避タイプよりも効果的にダニを駆除出来るのが、『誘引タイプ』のダニ取りシートです。さらに誘引タイプのシートは『粘着タイプ』『乾燥タイプ』の2つの種類に分けることが出来ます。

  • 粘着シートタイプ
    ダニが好むニオイでおびき寄せ、生きたまま粘着シートで捕獲するタイプは、布団やカーペットなどの奥に潜むダニも捕獲することが出来るので、ダニ対策としては非常に有効です。ただし、商品によっては粘着力が不十分なものもあるため、ホームページやパッケージなどを参考に、なるべく信頼のおけるデータが公表されている製品を選ぶことをオススメします。
  • 乾燥タイプ
    同じ誘引タイプでも、生きたダニを粘着シートで動かなくさせる方法とは別に、捕獲したダニを特殊な素材を使って脱水状態にさせることによって乾燥させて、ダニを駆除する製品もあります。その他の種類よりもコストはかかりますが、その分だけより確実にダニを駆除する効果が高いです。

どちらも布団やカーペットなどの下に設置するだけなので、ダニ対策の手始めにオススメです。

ダニ対策にシートを併用すると効果的

ダニは高温多湿を好み、とくに室温20~30℃で湿度60~80%の条件下で最も繁殖しやすいと言われています。

家庭内でもとくにダニが繁殖しやすい布団やマットレスなどの寝具類も、湿気を含んだ状態のままにしていると、ダニの温床となりやすいので、きちんと水分を除去することがダニ対策の第一歩となります。

人間の体温と寝ている間にかいた汗により、布団の中は湿気が溜まりやすくなります。ダニが繁殖しにくい環境にするには、定期的に布団を干してこもった熱と湿気を逃がす必要があるのですが、なかなか頻繁に干すことは難しいですよね。

布団を干す代わりに除湿シートを使うことで、効果的に水分を吸収してくれるので、梅雨時などの布団を外干し出来ない時期にもあると便利です。

ベッドマットレスの下に敷いて使う場合は、頻繁にシートを干す手間を考えると、給水量の多いタイプを選ぶと良いでしょう。敷布団の下に敷いて使う場合は、もう少しお手頃なタイプを使って、こまめに干すという方法もあります。

ダニ対策として、布団やカーペットにこまめに掃除機を掛けましょう

残念ながら生きているダニは、ほぼ掃除機で吸い取ることが出来ません。ですが、ダニの死骸やフンなどをそのまま放置していると、喘息や皮膚疾患などのアレルギー症状を引き起こしかねません。布団に掃除機をかけることにより、それらのアレルゲンを除去することも、ダニ対策としては非常に有効だと言えます。

ダニが多く潜む布団には、専用のクリーナーや掃除機ノズルを使用するに越したことはありませんが、それらを忘れた頃に時々使うくらいなら、普段お使いの掃除機をこまめにかけた方が、より効果は高いでしょう。また、カーペットや絨毯も同様に、出来るだけこまめに掃除機をかけることによって、ダニが繁殖しづらい環境を作ることが重要となります。

掃除機をかける際は、なるべくゆっくりとヘッドを動かします。縦方向にかけ終わったら今度は横方向と、時間をかけて念入りに掃除していきます。

掃除機によるダニ対策とともに、忘れてはならないのが布団カバーやシーツを定期的に交換することです。週一回程度は洗濯することで、ダニのエサとなるフケや皮脂汚れを溜めないようにしましょう。

ダニ対策にはとにかく『清潔空間』

畳やフローリングの床にホコリが溜まっていると、さらにダニが繁殖しやすくなりますので、ホコリを溜めないことも立派なダニ対策と言えるでしょう。そのためには、出来るだけ毎日掃除をして、室内を清潔に保っておく必要があります。

初めにいきなり掃除機をかけてしまうと、掃除機の排気によって空気中にホコリが舞い上がってしまうため、まずは掃除機を掛ける前に、フローリングワイパーやモップを使って床のホコリを取り除きます。この作業が終わったら、掃除機の出番です。先程取り切れなかったゴミを掃除機で吸い取りましょう。とくにカーペットや絨毯は念入りに。

ホコリがつきにくくなる裏技としては、柔軟剤を使った拭き掃除がオススメです。洗面器やバケツに水を張って、柔軟剤を数滴垂らします。雑巾やタオルを浸して硬く絞ったら、あとはそのまま水拭きをするだけです。
柔軟剤にはホコリを寄せ付けない効果があるので、静電気によるホコリがつきにくくなります。

清潔な空間を維持して、ダニを増殖させない環境づくりを目指しましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事