掃除が苦手な主婦に朗報!苦手な掃除もこれで克服できる

掃除が苦手な主婦に朗報!苦手な掃除もこれで克服できる

主婦なら掃除が得意、とは限りません。
当然掃除が苦手で、いつもしようしようとは思っているのになかなか実行できない…そんな方も多いのではないでしょうか。

掃除が苦手になってしまうのは、あなたが無意識に行っている行動、思考も関係しています。当てはまるのでは?

掃除が苦手な自分はもう卒業!
苦手な掃除を克服する方法についてご紹介します。
騙されたと思って、まずは実践してみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

リビングに掃除機の置き場所を作りたい!生活感が出ない収納方法

掃除機を使う頻度が高いリビングですが、掃除機の置き場所に困ったことありませんか? そのままむき出し...

バルコニーの掃除について。マンションならではの注意点とは

バルコニーの掃除は室内の掃除よりも、大変です。 さらに、マンションなら、隣近所の住人への気遣い...

掃除の基本。部屋を掃除する順番とキレイを保つコツについて

掃除の基本。 部屋を掃除するのに順番ってあるのでしょうか? 掃除をしても、キレイになった、片...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

スポンジにつけた洗剤はそのままでOK?スポンジの除菌方法

食器用洗剤の中には、スポンジの除菌もできるという洗剤もあります。それを聞くと、食器を洗ったあとのスポ...

掃除の頻度。どこまでを掃除とするの?主婦の家事について

掃除の頻度とか、掃除の時間とか、掃除の工程とか… 主婦(結婚している女性)なら、掃除をしないと...

埃掃除の秀逸アイテムといえば?床の埃から隙間の埃まで

埃にもいろいろな種類があります。 ホコリの種類と存在する場所によって、掃除に使うアイテムが変わ...

便器の黒ずみを重曹で落とす!エコ洗剤を活用したトイレ掃除方法

便器に黒ずみ汚れができてしまうと、見た目も良くない上にとても不衛生なトイレの印象になってしまいます。...

片付けが苦手でも大丈夫!収納のコツについて解説します

一人暮らしで物が少ないはずなのに、部屋を片付けることが苦手だと言う人は意外に多いのではないでしょうか...

【掃除手袋】のおすすめ。手荒れ防止だけじゃない手袋の使い方

掃除をする時に、ゴム手袋を使いますか? 最近の洗剤は洗浄力が高く、手の皮脂もすっかりキレイに落とし...

重曹は掃除に欠かせない!トイレをピカピカにするための使い方

キッチンの掃除などに効果的な重曹ですが、実はトイレの掃除にも力を発揮します。 その理由は重曹の...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

紅葉が終わった頃に庭を埋め尽くしてしまう落ち葉ですが、そのまま放置していては見た目が良くないし、かと...

スポンサーリンク

主婦なのに掃除が苦手!その原因は頑張ろうという思いが強いからからも

「主婦だから掃除ができて当たり前」「主婦はみんな掃除が得意」主婦以外の方のイメージの中にはこのようなイメージを持っている方が多くいます。

しかし、主婦でも掃除が苦手な主婦はたくさんいます。
結婚をして旦那や子供がいる以上、家庭を守るにはしなくてはならない部分ですので苦手な方でも頑張っています。
そのため、他の方からするとこのような印象を受けるのでしょう。

ですが、掃除が苦手な主婦にとっては苦手なものは苦手です。
毎日「がんばろう」と重い腰をあげていることでしょう。

掃除が苦手な主婦の意識の中に、「掃除をしなければ」「掃除をがんばらなければ」という思いがありますね。
これは無意識に掃除に対してのハードルが上がっています。
「掃除はがんばるもの→後回し、疲れる、集中力が続かない」このようなネガティブな思考になっていってしまいます。

実際に掃除が苦手ではない主婦にとっては「掃除をがんばろう」という意識はなく、毎日の習慣のようになっていることでしょう。
掃除の要領をつかみ、がんばり過ぎない程度に毎日掃除をし綺麗な環境を保ってるのでしょう。
本来、掃除はがんばらなくてもできることです。
このような掃除に対しての思いだけで、掃除が苦手になってしまっている方は多いかもしれません。

掃除苦手を克服するためには掃除に対してものハードルを下げることが1番の近道です。

  • 掃除はがんばらなくてもできる
  • 部屋のものを減らす、増やさない
  • 毎日部分的に(すこしづつ)掃除をしていく
  • 細かな掃除を習慣化していく
  • ものの定位置を決める

掃除に対して強い意気込みを持つ必要はなく、そして物への考え方を変えるだけで掃除が楽に、そして掃除がしやすい部屋になります。

掃除が苦手な主婦がまず実践したいのは、いらない物を捨てること

掃除が苦手な主婦に共通することがあります。
それは家の中のものが多いことです。

家の中にものが多くあると、収納しきれない、飾りきれない、片付けきれないという自体になっていませんか。
棚、タンス、引き出し、収納場所、片付けきれていない部分が多くあるでしょう。
このような部屋だと、どうせ入りきらない、片付けれない、という思いが強く「綺麗にしよう」という思いすらなくなってしまいます。
日々生活している中で意識しなくてもものはどんどん増えます。
綺麗にしようと思いが失われ、ものが知らず知らずのうちに増え続けるとどうなるでしょう。
想像することはみなさん同じですね。
突然来客がきても焦らずいられるようにするために、家族が住みやすい家にするために、そしてあなたの掃除苦手を克服するためには、まずいらない物を減らすことが大切です。
着なくなった服、壊れているもの、なぜ買ったか理由もわからなく放置してあるもの、使っていたけど使わなくなったもの、いらない物はたくさんあるはずです。

これらを捨てるだけでもかなりのものが減るでしょう。
そして収納スペースに余裕を持つことも出来ます。
不要なものを捨てることはメリットだらけです。
そうすることで部屋も心もスッキリし、散らかった状態になることもなく掃除がしやすくなるんですよ。

掃除が苦手な主婦は毎日のササッと掃除で苦手な掃除も克服できる

掃除が苦手な主婦は、家中の掃除を一気に1回で終わらそうとする傾向があります。
掃除が好きな主婦にとってもこれはかなりの負担です。

逆に掃除が苦手と思ってない主婦の多くは毎日少しずつ掃除をしていきます。
そして気になった部分は後回しにするのではなくその都度掃除をしています。
この習慣付けができている方が多いです。
いざ、掃除をしようとしても普段の習慣付けが効いて、頑固な汚れがついている部分も少なく掃除がとても楽にできます。

ちょっとした汚れは簡単に拭き掃除で終われても、頑固な汚れは掃除道具や洗剤、そして擦ったりとなにかと負担になります。
楽にササッと掃除することはできなくなりますし、普段掃除していない部分が多く掃除する箇所も必然的に多くなってしまいます。

掃除が苦手と思っている人とそうではない人の差はそこに大きく違いがあります。

毎日のササッと掃除で家の中の状態がこんなにも大きく変わるなら、日頃からササッと掃除を心がけていきたいと思う方がほとんどでしょう。

この習慣付けができたらあなたも掃除が苦手な人間ではありませんよ。
掃除に対して強く心構えをするのは辞めて、毎日ササッと少しづつ掃除をし、そして気になったらその都度掃除拭き掃除をすればいいだけです。

綺麗な部屋を保つためには1回で一気に全てを終わらせる必要はありません。
掃除に対しての強い心構えは捨て、気楽な気持ちで掃除をしていきましょう。

掃除が苦手でも、トイレ掃除とゴミを捨てる作業だけは毎日行うのがベスト

掃除が苦手な主婦でも少なくとも毎日しなければならない事があります。
「しなければならない」というよりかは「しておいたほうがベスト」という表現がふさわしいかもしれません。

  • トイレ掃除
    複数の家族が毎日数回排泄をする場所のトイレは非常に汚れやすい臭いやすい場所です。掃除が苦手でもトイレは毎日掃除を心がけましょう。
    汚れやすい場所だからこそ特に綺麗に保ちたい部分でもあります。
  • ゴミの処理
    毎日ゴミ収集車がゴミを集めにきます。
    その日のゴミ出しを忘れたらゴミ箱からゴミが溢れかえり、そして生ゴミの臭いも発生してしまいます。
    ゴミは溜めないように地域のルールに沿ってゴミ出しは毎日しましょう。
  • その日の汚れはその日に
    毎日の調理や食事で出た汚れや食器は溜めて次の日に持ち越してしまう方が多いです。
    これは掃除が苦手と思ってしまう1つの原因です。
    その日のうちに出た汚れはその日のうちに始末して、次の日気持ちよく朝を迎えられるようにしましょう。
  • 郵便物の整理
    郵便物には毎日新聞や広告チラシ、通知書など届いていませんか。
    目を通したらその都度必要なものと不要なものにわけて整理していきましょう。
    毎日届く紙類は少量でも、それが毎日溜まると収納場所から溢れかえります。

上記の4つの項目は少なくとも毎日した方が良い掃除です。
これらの毎日した方が良い掃除を怠ってしまうと1週間、1ヶ月もすれば家の中は酷いことになるでしょう。
結婚している以上、家族が住みやすい環境を作るのもあなたの仕事の1部です。
掃除が苦手でも最小限のことは毎日してくださいね。

苦手な掃除も、床に物を置かない、物の定位置を決めることで掃除しやすい部屋に生まれ変わる

掃除がしやすくなる家作りをしよう

床にものを置かない

床にものが散らかっていることで、掃除をするにも片付けから始めなければいけなくなります。
片付けをするだけでも随分と体力を使いますので掃除を始める前に疲れ切ってしまうと掃除まで行き届きません。
床の物を片付けて掃除をした気分になってしまうこともあるでしょう。
そうならないように床にものを置かないようにしましょう。

ものの定位置を決める

ものの定位置を決めて、ものがグチャグチャにならないように心がけましょう。
出したものは元の位置に戻すことで部屋は散らかりません。

整理をしてものを減らし収納スペースを作ることでものの定位置を決めることができますし、床に物を置く必要もなくなります。
掃除しやすい家に生まれ変わらせるよう、ものを無駄に増やさないことが大切ですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事