五徳掃除に適した洗剤とは?洗剤を使い分けていつも綺麗に!

五徳掃除に適した洗剤とは?洗剤を使い分けていつも綺麗に!

キッチン掃除で手を付けたくない箇所のひとつに「五徳」があります。
五徳を掃除する時は、汚れ具合によって洗剤を使い分けることが大切だということを知っていますか?

では、五徳を掃除する際はどのような洗剤を使うべきなのでしょうか。
軽い汚れの場合は?汚れが酷い場合は?

汚れが目立ちにくい、ホーロー素材の五徳の掃除方法をメインにご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガスコンロは掃除方法が重要!頑固な汚れも綺麗になる掃除方法

油汚れで困るガスコンロは、掃除方法や掃除グッズ、手順だけでなく、汚れの箇所や材質に合わせた洗剤、お掃...

トイレ詰まりを今すぐ溶かす方法を解説!まずは水とお湯を使おう

トイレの詰まりはトイレトラブルの中でも一番多いものですが、実際に起こってしまうとどうやって対処すれば...

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。 でも、何か...

書類の基本の整理方法を理解して、仕事ができる人間になろう

営業の仕事をしていると、日中はデスクにいないので書類を整理する時間がないという人も多いでしょう。しか...

片付けが苦手でも大丈夫!収納のコツについて解説します

一人暮らしで物が少ないはずなのに、部屋を片付けることが苦手だと言う人は意外に多いのではないでしょうか...

酸性とアルカリ性を混ぜる効果とは?掃除に使う時のコツと注意点

掃除でよく使われる成分に「酸性」と「アルカリ性」がありますが、この2つの成分を混ぜるとどうなるのか、...

庭の落ち葉を効率よく掃除する方法や掃除のポイントをご紹介

庭掃除で意外と厄介なのが落ち葉。竹箒を使った掃除方法がメジャーですが、地面が砂利だったり柔らかい土の...

掃除の順番は曜日別に。効率よく家中まんべんなく掃除できる方法

掃除の順番を見つけて、効率的で負担にならない自分流の掃除方法を探しましょう。 曜日ごとに掃除す...

流し台の掃除方法!サビを綺麗に掃除してピカピカのキッチンに

流し台にできてしまったサビ汚れ。綺麗に掃除をして、ピカピカのシンクを取り戻したいと思っている人もいる...

雨戸の掃除を簡単にする方法と注意点について徹底解説

ホコリなどによって意外と汚れている雨戸ですが、掃除するとなると面倒に感じる人も多いのではないでしょう...

シューズクロークの掃除方法と上手な使い方をご紹介

シューズクロークがお家についていると、靴をおくスペースが広いゆえに、沢山の靴を置いたままになってはい...

掃除で面倒な床はモップで解決!モップの選び方、使い方のコツ

フローリングの床を掃除する時に役立つのが「モップ」です。 立ったまま床掃除ができますし、最近は様々...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

机を整理する収納術以外のアイデアを提案します

机の整理は必要ありません。 あなたの机にあるもので、毎日使うものだけを椅子の上にのせてみてくだ...

布団に掃除機をかけてダニを吸い取るのは有効?ダニの駆除方法

毎日使用する布団は清潔な状態に保ちたいものです。 掃除機をかけてダニを吸い取ることで、ダニの駆除が...

スポンサーリンク

五徳の汚れが軽い場合は、中性洗剤で落とすことができる

毎日使うコンロはこまめに掃除しておかないとすぐに汚れが蓄積してしまいます。ついつい後回しにしがちな五徳も、汚れが軽いうちなら洗うのも比較的簡単で短時間できれいになります。

汚してしまってからすぐに洗うのであれば、通常のキッチン用の中性洗剤で十分です。

食後、食器や鍋類を洗ったら、ついでに五徳もさっと洗うことを習慣づけてしまえば汚れを蓄積することもなく、毎日きれいなコンロを使うことができますよ。

面倒だと思うかもしれませんが、すっかり汚れがこびりついてしまってからアレコレ手を尽くしてきれいにするより、さっと洗える方が楽なもの。

洗い物の最後にシンクを流すのと同じく、五徳も毎日の片付けの中でさっと洗うようにしましょう。

汚れが酷い五徳掃除にはアルカリ性洗剤がベスト

結局、毎日洗うことは難しく、気がつけば油と焦げ付きで真っ黒ギトギト。

そんな五徳をきれいにするのに忙しい主婦の味方になるのが、アルカリ性のキッチン用洗剤です。

酸性の油汚れに対してアルカリ性の洗剤を使い、化学反応によってガチガチに固まった汚れを緩めて落ちやすくします。

市販のアルカリ性洗剤を使って五徳の汚れを落とす方法

スプレー式の洗剤ならコンロの上に五徳を置いて洗剤を掛ければ、コンロも一緒に掃除できます。五徳は形状によって細かい部分もあるので、まんべんなく洗剤の泡で覆うようにかけましょう。

しつこい汚れの場合は5分から10分ほど置いてからクロスなどで拭き取ります。

重曹を使って五徳の汚れを落とす方法

油を含んだ焦げ付きにはアルカリ性が有効です。合成洗剤を使いたくない場合は、重曹やセスキも汚れ落としとして使えます。

軽い汚れなら100mlのぬるま湯に、重曹小さじ1を溶かしてスプレーして使いましょう。

ひどい焦げ付きがある場合は、五徳がすっぽり入るサイズの容器でお湯に重曹を溶かして漬け置きする方法があります。

50~60度のお湯1リットルに大さじ1杯程度の重曹を入れたものに五徳を漬け込んでください。1時間程度で汚れが浮いてくるのでこすり洗いしましょう。

五徳を一度温めてからアルカリ性洗剤で掃除することで汚れは落ちやすくなる

多くの五徳はホーロー素材で作られています。ホーローは耐熱性があり丈夫なため、鍋やヤカンの素材としても親しまれています。

汚れが目立たないよう黒の物が多く、そのため逆に汚れが蓄積するまで気づかない場合があります。

この汚れを落とすためには、前述したとおりアルカリ性の洗剤が有効です。セスキや重曹も同様です。

汚れがそれほどひどくないうちであれば、塩素系漂白剤も効果があります。

これらのアルカリ性洗剤を吹き付ける、もしくは一定時間浸すなどすると汚れは柔らかくなるので、ヘラのようなもので削ぎ落とすようにして油や焦げ付きを剥がしましょう。

プリペイドカードのような薄いプラスチックカードのようなものがおすすめです。

五徳についたしつこい汚れは「アルカリ性で浮かせて落とす」ということを覚えておきましょう。

五徳は夕食後に食器と一緒に丸洗いするのがおすすめ

最初にも紹介したように、五徳の汚れは蓄積してこびりつく前に落としてしまうのが一番です。

五徳は油の汚れに空気中のホコリなどがくっいたり、調理中の食材や調味料がこびりいて更に焦げついたりと、何十にも固まって頑固になってしまうからです。

最近のコンロは掃除が簡単にできるよう設計されているため、毎日の掃除もさほど苦にならずに済むはず。

毎日、夕食後の食器洗いの最後に洗い桶などで丸洗いしてもいいですね。

また、油汚れは寒いほど固くなり、気温があがると柔らかく緩みます。コンロで料理をした直後は、五徳も温まっているので狙い目です。やけどには十分注意してください。

五徳を外したコンロは拭き掃除がしやすい状態ですから、バーナー周りなどもクロスでさっと拭いておくと言いでしょう

掃除しやすい五徳に!綺麗になった五徳をキープするには

毎日使うものだから、いくらきれいにしてもすぐに汚れてしまうのは五徳の宿命。それでも、できるだけ長くきれいな状態を保ちたいものです。

お掃除のプロも、掃除上手な主婦も、口を揃えるのが「毎日のこまめな手入れ・掃除」ということ。

やっぱりそれが一番近道なのです。

料理を終えてコンロのバーナー部付近が触れる程度に冷めてきたら、まだ温かいうちに重曹スプレーをかけてさっと拭き取りましょう。

重曹スプレーは作り置きして、いつでも使えるようにキッチンに常備するといいですよ。

意外な方法としては、汚れを落としてきれいになった五徳にはサラダ油を薄く刷り込むように塗っておくと汚れの防止になるのです。

もし汚れても、するっと汚れが落ちやすくなります。

汚れがついてすぐに掃除しないとコンロの火であぶられて、より頑固なこびり付き汚れがついてしまう五徳。

それほど目につく場所ではないかもしれませんが、やはりきれいな状態で使いたいですね。

一度プロの清掃業者にお願いしてキッチンをまるごとピカピカにしてもらってから、きれいをキープするように頑張るというのもいいかもしれませんよ。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事