面倒な窓掃除!外側の窓を上手に掃除する方法やおすすめアイテム

面倒な窓掃除!外側の窓を上手に掃除する方法やおすすめアイテム

掃除の中でも特に億劫と感じる窓の掃除。

特に外側の窓ガラスを掃除する時には、重い腰を上げて取り掛かるなんてこともあるのではないでしょうか。

今回ここでは、外側の窓ガラスの掃除方法についてご紹介していきたいと思います。

上手に掃除するコツを覚えて、きれいなピカピカの窓にしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

リモコン掃除にボンドを使用する方法と注意点について解説

家族みんなが触るリモコンは、気が付かないうちに手垢などの汚れがついてしまっています。そのため、リモコ...

五徳掃除に適した洗剤とは?洗剤を使い分けていつも綺麗に!

キッチン掃除で手を付けたくない箇所のひとつに「五徳」があります。 五徳を掃除する時は、汚れ具合によ...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

浴槽のカビは掃除のコツと使い方の工夫や予防で快適キレイを保つ

浴槽のカビは簡単に掃除をするだけでは落としきれないことがあります。カビをきれいに落とすためには掃除に...

重曹は掃除に欠かせない!トイレをピカピカにするための使い方

キッチンの掃除などに効果的な重曹ですが、実はトイレの掃除にも力を発揮します。 その理由は重曹の...

バルコニーの掃除について。マンションならではの注意点とは

バルコニーの掃除は室内の掃除よりも、大変です。 さらに、マンションなら、隣近所の住人への気遣い...

雨戸の掃除を簡単にする方法と注意点について徹底解説

ホコリなどによって意外と汚れている雨戸ですが、掃除するとなると面倒に感じる人も多いのではないでしょう...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

壁紙の掃除に使用する洗剤の選び方と掃除する時の注意点について

大掃除の時に壁紙の掃除をしようと思っても、どんな洗剤を使えばよいのか迷ってしまう人も多いのではないで...

壁のヤニを落とすにはどんな洗剤を使うべき?ヤニ掃除の方法

壁のヤニを掃除するときにはどのような洗剤を使ったらいいのでしょうか? できるだけヤニを落としたいけ...

おもちゃの収納ボックス。蓋付き?蓋なし?片付けやすいのは

おもちゃって、どんどん増えていきますよね。 キチンと、キレイに、しっかり分別して片付けられれば良い...

窓の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について解説します

いろいろな場所の掃除に使用できる便利なエコ洗剤「重曹」ですが、実は窓の掃除にも使うことができます。 ...

スポンサーリンク

窓ガラスを上手に掃除するポイントや方法について

窓ガラスの汚れは気になるけど、掃除をするとなると重い腰を上げて掃除をしなければいけないですよね。

窓ガラスの掃除するには掃除をする日を選びましょう。窓ガラス掃除は天気がいい日に掃除をしたくなりますが、晴れた日に掃除をすると、日差しでガラスがすぐに乾いてしまうので、拭きムラが出来てしまいます。そのため窓ガラスの掃除は曇りの湿度の高い日に掃除をするようにしましょう。窓ガラスを上手に掃除するポイントを紹介します。

  • 準備
    雨の日に窓ガラスを掃除するので天気予報の確認をしておきます。雨でも風が強い日に掃除をすると危険なので、静かな雨が降る日を選んで掃除をしましょう。掃除の道具は掃除をする前に必ず揃えておきます。
  • 汚れを取る
    窓ガラスの場所によって掃除の方法も違います。窓ガラスの内側、外側によっても異なります。外窓が車道に面していたり、砂や土、泥が入ってきやすい窓は水拭きをする前に乾いた新聞紙で汚れを取り除きましょう。最初から水拭きしてしまうと汚れがダマになり掃除がしにくくなります。汚れを取ることでキレイに掃除をすることができます。
  • 洗剤
    洗剤は窓ガラスに直接かけてしまうと、液が垂れてムラになってしまうので、雑巾につけてから窓を拭きます。
  • 乾拭き
    乾拭きが見た目がキレイになるポイントになります。窓ガラスはマイクロファイバークロスで拭き上げるとキレイになります。

外側の窓の汚れの原因とは?上手な掃除

内側の窓の掃除をすると外側の窓の掃除も一緒にすることが多いです。しかし外側の窓にはベランダなどがない場合掃除をすることが出来ませんよね。しかし汚れがとても気になることがあります。

外側の窓ガラスには、排気ガスや土埃などがつきてかなりの汚れがついています。頑固な汚れではないので、水拭きをするたけでキレイになります。足場がない場合は道具を使い窓ガラスを掃除する方法しかありません。

その道具はワイパー式と磁石式の2種類になります。ワイパー式は長い柄のついたワイパーで窓を掃除する方法です。地面から高い窓に伸ばして使います。下から伸ばして掃除をするため、あまり高い所についている窓には使うことが出来ません。

磁石式は、磁石のついたクリーナーで外側と内側から窓ガラスを挟んで、内側を動かすと、外側の窓ガラスもキレイになります。しかし厚い窓には磁石がきちんとくっつかず使えなかったり、大きな窓は掃除が大変な場合もあります。掃除のコツはゆっくり動かすことです。

手の届かない外側の窓掃除の方法

窓の掃除は手の届く場所はすぐにキレイにすることが出来ますが、手の届かない2階や足場のないマンションなどはどのように外側の窓ガラスの掃除をするとキレイになるのでしょうか。戸建ての場合は脚立に登って掃除をする方法もありますが、バランスを崩してしまう可能性もあり危険です。

手の届かない窓ガラスの拭き方を紹介します。
クイックルワイパーの柄を使うと高い所にも簡単に手が届きます。柄のシートを取り付ける部分にスポンジを輪ゴムで止める。スポンジに水や洗剤をなどをつけて窓の外側を拭きます。汚れが取れたらスポンジを洗い、水気を取って仕上げていきます。次に乾拭きをします。乾拭きの場合は雑巾を取り付け拭きます。

外側の窓の掃除にも新聞紙がおすすめ?その理由について

窓ガラスの汚れは内側の汚れと外側の汚れは汚れ方が違います。外側の汚れは花粉や砂、泥、雨や車の排気ガスが原因になることもあります。砂やゴミなどの汚れは風によって窓ガラスについてしまいます。汚れをそのままの状態にしておくと、汚れが固まってしまい落ちにくくなります。そのためこまめに掃除をすることをおすすめします。

窓ガラスを掃除するには新聞紙を使いましょう。新聞紙はインクが使われてるためインクが油分や手垢などの成分を分解してくれる作用があり、洗剤を使わなくても窓をキレイにすることができます。インクによって曇り止めや艶出しの効果も期待することができます。使い方は簡単です。新聞紙一面をくしゃくしゃに丸めて窓を拭くだけです。水気がない場合は少し濡らした新聞紙で拭き、その後に乾いた新聞紙で乾拭きをするとキレイになります。

面倒な窓掃除も水だけで汚れが落ちる!あると便利なおすすめグッズ

窓の掃除は面倒なので掃除をする回数も少ないですよね。面倒な窓掃除は水だけでも汚れが落ちるのです。窓ガラスも網戸も水で濡らしてから掃除をしましょう。

窓は埃や砂などの汚れが多く、油汚れが少ないので水で洗い流せます。ガラス用の洗剤を使うと膜が張ってしまうので水だけにすると汚れがキレイになります。

窓掃除におすすめのグッズは、洗車ブラシ、アルカリ電解水、スクイジー、スポンジです。まずは網戸から掃除を始めます。網戸を掃除する時は外側から行います。窓も濡れるので網戸を掃除してから窓ガラスの掃除をするようにしましょう。

網戸の掃除には洗車ブラシがおすすめです。広範囲の網戸掃除にはとても便利です。次にスポンジに水を含ませ、網戸を濡らしアルカリ電解水を網戸全体に広げます。スポンジは下から上に拭き上げるのがコツです。最後に硬くしぼった雑巾で外側と内側を水拭きをします。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事