スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか?
そのままトイレに置いておくのは見た目や汚れも気になりますし、かと言って一度使ったスッポンを家の物置に置いておくのも気が引けます。

では、トイレに使った後のスッポンはどこに収納するべきなのでしょうか。

収納方法は色々ありますが、一番は使いたい時にすぐに取り出せることです。
あまり物置の奥深くにしまってしまうと、どこにしまったか分からなくなるのでご注意を!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お風呂の水垢をクエン酸で落とす方法と落ちない場合の対処法

お風呂の汚れと言えば「水垢」が代表的ですが、掃除しても取れない場合もあります。 そんな時は「ク...

玄関の掃除には新聞紙が使える。掃除の仕方や画期的な使い方

この前掃除したばかりなのに、もう汚れていると感じるのが玄関ではないでしょうか。 玄関はドロ汚れがあ...

部屋を片付けられない人の心理と特徴!苦手でも片付けられる方法

部屋を片付けられない人も世の中にはたくさんいます。片付けができる人から見れば、一体どんな心理で片付け...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

デスクの整理整頓におすすめのグッズと収納のコツを教えます

毎日仕事に追われていると、デスクの上や引き出しの中を整理整頓をする時間もないという人も多いのではない...

布団に掃除機をかける方法。効果的なかけ方とは

布団に掃除機をかけて、ダニやホコリを吸い取りましょう。 布団専用クリーナーではなく、布団のケアに掃...

車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内は隙間も多く、ペットの臭いや子供たちの食べこぼしが車内に残り、自分たちではなかなか綺麗に掃除しに...

片付けベタでもすっきり収納できる方法!キッチンの収納ルール

キッチンにはたくさんのものがあり、収納にお困りの方も多いと思います。キッチンの限られたスペースを有効...

お風呂の洗剤がなくても代用できるものとその掃除方法

お風呂の掃除をしようと思った時に専用の洗剤を切らしていることに気づくと、掃除することをあきらめてしま...

バルコニー掃除に最適な洗剤とは?洗剤の選び方と掃除の手順

見て見ぬふりをしてきたバルコニーの掃除。 鳥のフンなどの汚れは洗剤を使って綺麗にするしかないとわか...

庭木の手入れを業者へ依頼する場合の費用や注意点について解説

お庭が自慢の一軒家に住んでいても、庭木の手入れを自分で行うことは大変です。仕事をしている人であればな...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

浴槽掃除に必要な洗剤は、重曹を使った手作り洗剤で簡単綺麗に!

浴槽を洗う時、市販されている洗剤を使って洗っているという方が多いのではないでしょうか。ただ、汚れ落ち...

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃...

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使...

スポンサーリンク

スッポンの収納場所、困った時にすぐに取り出したいならトイレの裏がおすすめ

スッポンは万が一のお助け道具

トイレが詰まると、パニックになってしまいますよね。

流しても流れていかない水。
反対に逆流してしまう心配もありますが、素人判断では便器を分解するのも、はばかられます。

私は、1年の間で2回もトイレが詰まったことがあります。

流しちゃいけない物を流した記憶もなく、できることと言えば少しずつ「流す」ボタンを押すことだけ…。

それでもまったく詰まりが解消されず、仕方なく業者さんに来てもらったところ、5分ほどの作業であっさり流れたのです!

使ったのは、スッポンだけ。

この時、思いました。「スッポンは常備しておくべきだ」と。

スッポンって、正式名称はラバーカップというオシャレな言い方もあるようですが、スッポンの方が馴染みがありますね。

スッポンは、トイレの便器に押し付けて、引き上げた時の吸引力を使って詰まりを解消する道具です。

業者さんに聞いた話では、スッポンを使う時は勢いよくスッポンスッポンやるよりも、ゆっくりと押し込んでから力を入れて引くのが効果的とのことでした。

知らないと、パニック状態でスピード重視でやってしまうそうなので、参考になりました。
このスッポンは万が一の時に活躍してくれるお助け道具ですが、困るのが収納場所という方も多いのでは?

トイレの水に入れて使うスッポンは、収納する時はキレイに水洗いし、レジ袋などでスッポン部分を覆ったら、トイレのタンク裏に隠して収納するのがおすすめです。

スッポン部分を下にしておけば、目に付かないですし、万が一の時にはすぐに取り出して使うことが出来ます。

普段使うことがないスッポンは、トイレに置くのではなく物置の奥に収納するのもアリ

物置の奥にスッポンを収納するメリット

トイレが詰まるのは、気を付けて使っていればそう頻繁にあるものではありませんよね。
使用頻度がそれほど高くないスッポンをトイレに収納するのは抵抗があるという人もいるかもしれません。

そのような方は、物置の奥に収納する方法がおすすめです。

スッポンの収納場所さえ覚えていれば、トイレが詰まっても焦ることはありませんよね。
スッポンの部分は、袋でしっかり梱包していれば、見たくない部分は目に入ることがありません。

収納場所に困るスッポンは、一度トイレに使ったのは捨てて、新たに新品を購入しておくのも考え方のひとつ

スッポンは消耗品と割り切る

トイレが詰まった時に、急いでスッポンを買いに行った経験がある人もいるのではないでしょうか。

スッポンは、ホームセンターやスーパーなどで置いていることが多いですが、100均にも置いていることがあります。

お店によっては、100均ではなく、200~300円ということもありますが、数百円でスッポンが購入できるのは助かりますよね。

スッポンの収納場所に困る場合は、スッポンを消耗品と割り切って、使い終わったら捨て新しい物を買う方法もおすすめです。

そうすれば、普段見たくないスッポンを目にしなくても良いので、気分よくトイレを使うことができます。

スッポンを取り扱うお店によっては、スッポンのカップの大きさや形状が異なることがあります。

自宅のトイレで使える形状かを確認してから購入すると安心ですね。

ケース付きのスッポンを購入すれば収納にも困らない

カバー付きのスッポンを使うメリット

トイレのブラシは、ブラシ部分が見えないようにケースに入っていますよね。

スッポンもカバー付きの物がありますので、このような物を選ぶことで、収納場所に困らないですし、一見トイレブラシのようにも見えるので、目立ちにくいのがメリットです。
スッポンの先端部分が床から浮いて収納できるので、清潔に保管しておくことも出来ます。

使い終わったスッポンのお手入れ方法

スッポンのお手入れ方法

スッポンを使い終わったら、どのようにお手入れするのが良いのでしょうか。

スッポンの先端部分にはトイレの汚水が付いているので、掃除するのに躊躇してしまうことがありますよね。

スッポンは、基本的に水で軽くすすぐだけでOKです。

外で水が使えれば一番良いですが、使えない時には浴槽などですすぐと良いでしょう。

水ですすがずに放置してしまうと、スッポンから臭いが出たり、虫が発生するという最悪の事態にもなりかねません。

水洗いした後は、しっかり水気を切るまで乾燥させ、立てて収納しましょう。

トイレが詰まる原因

トイレ詰まりの原因の多くは、トイレットペーパーの流しすぎです。

特に、最近のトイレは節水型なので、水の量も最低限の量に設定されています。

そんな状態で、トイレットペーパーをたくさん流してしまうと、流れる水が少なく、水圧が弱くなるため、排水管の途中でトイレットペーパーが目詰まりしてしまうのです。

トイレの正しい使い方を知り、詰まらせないようにしましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事