【掃除のコツ】フローリング掃除におすすめの掃除方法と洗剤

【掃除のコツ】フローリング掃除におすすめの掃除方法と洗剤

フローリングの掃除にはワイパーが便利ですが、ドライシートだけではなかなか汚れをとることもできないでしょう。

しかし、フローリングを傷めないためにどんな洗剤を使って掃除すべきなのか、悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フローリングの掃除におすすめの洗剤や掃除方法について説明します。落としにくい黒ずみを取る掃除方法についてもご紹介します。

また、きれいなフローリングを維持するための掃除頻度についても説明します。水拭きは毎日行う必要はありませんが、ワイパーを使用してホコリは毎朝取るようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジの掃除にレモンを使うとピカピカになります

電子レンジは料理には欠かせないものですが、掃除はおろそかになってしまうことも多いのではないでしょうか...

庭の草むしりを簡単にしたい!草むしりのコツややり方を解説

庭に生えた雑草の草むしりを簡単に済ませる方法はないか、頭を悩ませている人もいますよね。 特に忙しく...

掃除のやり方。壁紙についたヤニの落とし方と有効な洗剤と注意点

自宅で喫煙する方がいる場合は、壁や家具にヤニがつくことが気になりませんか? 特に白い壁の場合は...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

下水の臭いが上がってくるときは業者に頼むべき?対処方法を紹介

洗濯機を置いている脱衣所から下水の臭いがしてくるときは業者に頼んだほうがいいのでしょうか? 臭...

壁紙掃除は重曹を上手く使うことで簡単に汚れを落とせる!

年末の大掃除やアパートやマンションの退去時など、壁紙の掃除をして綺麗にしたいなら、重曹を使ってみては...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

片付けは収納アイデアとスッキリ快適に見せるコツで苦手も克服

片付けが苦手なら収納がしやすくなるアイデアがオススメです。ただし、そのアイデアをそのまま真似をするの...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

【レンジ掃除のコツ】頑固な焦げを簡単に落とす方法をご紹介

レンジは主婦にとっては欠かせないものの一つですが、しっかりと掃除する時間がない人の方が多いのではない...

浴槽の掃除方法は?簡単にできる浴槽掃除の方法や手順を解説

忙しい毎日を過ごしていると、お風呂の浴槽掃除を簡単に済ませたいと考えることもありますよね。浴槽掃除は...

クローゼットの収納術!すぐ試したいアレコレ100均アイテム!

クローゼットの収納術! あの、100均アイテムを使えば、クローゼットの中がスッキリしますよ! ...

便器の黒ずみを重曹で落とす!エコ洗剤を活用したトイレ掃除方法

便器に黒ずみ汚れができてしまうと、見た目も良くない上にとても不衛生なトイレの印象になってしまいます。...

部屋の臭いを消す芳香剤は置き場所がポイント!芳香剤選びのコツ

気になる部屋の臭いを今すぐ消したい!そんな時に効果的なのが「芳香剤」です。 最近は店頭に色々な...

スポンサーリンク

フローリングをきれいにするためのおすすめの掃除方法について

フローリングワイパーでササッと掃除をしただけでは、ホコリや髪の毛は除去できても、フローリングの隙間に入り込んだ細かいゴミなどを取り除くことはできません。かと言っていきなり掃除機をかけてしまうと、溜まったホコリを舞い上げてしまうので、この掃除方法もおすすめできません。

基本的なフローリングの掃除方法をご紹介します

  1. ドライシートでホコリや髪の毛を取り除く
  2. ゆっくりと丁寧に掃除機をかける
  3. 水拭きをする
  4.  乾拭きをする

まずはフローリングワイパーにドライシートを装着して、フローリング全体のホコリや髪の毛を取り除きます。次にいよいよ掃除機をかけるわけですが、ここで肝心なのが「ゆっくりと時間をかけて掃除機のヘッドを動かすこと」です。これはカーペットなどの掃除にも共通して言えることですが、掃除機の吸引力を最大限に生かすためには、ゆっくりと時間をかけて吸い込んだほうが良いのです。力強くゴシゴシと押し付けると、吸引力が弱まるだけでなく、フローリングを傷つけてしまう恐れがありますので絶対にやめましょう。

毎日のお掃除であれば、ここまででも十分ですが、フローリングをなるべくキレイな状態で保つためには、さらに定期的に水拭きをして汚れを取り除いておく必要があります。フローリングは水に弱いので、硬く絞った雑巾かフローリングワイパー用のウエットシートを使って、なるべく短時間で拭き終わるようにしましょう。水拭きが終わったら、できれば乾拭きをして水分を残さないようにします。

フローリングについた黒ずみを落とすためのおすすめの掃除方法

水拭きしただけでは、どうしても取り切れない黒ずみ汚れが残ってしまった場合には、食器用の中性洗剤を使って拭き掃除をするのがおすすめです。フローリングの黒ずみ汚れの主な原因は、足裏の皮脂汚れなので、とくに裸足で過ごすことが多いご家庭では、普段からこまめに掃除しておきたいところです。

水1リットルに対して中性洗剤小さじ1程度を入れた水に雑巾を浸して硬く絞ったら、木目に沿ってフローリング全体を拭いていきます。黒ずみの目立つところは特に時間をかけて念入りに拭き取ることで、気になる黒ずみもキレイにすることができます。

この程度の中性洗剤の使用量でしたら、仕上げに水拭きをする必要はありませんが、とくに小さなお子さんがいるご家庭では、念の為に最後に水拭きをすることをおすすめします。

フローリングの掃除におすすめの洗剤について

フローリングの掃除をする際には、なるべくフローリングを痛めない洗剤を選ぶ必要があります。さまざまな場所のお掃除に使えると評判の重曹やクエン酸・セスキ炭酸ソーダといったナチュラル洗剤ですが、フローリングの掃除に使用してしまうと、ワックスが剥げてしまったり、フローリングが白っぽく変色してしまう可能性があるので、安易に使用するのはやめましょう。

フローリングの汚れを落とすには、中性洗剤や弱アルカリ性の洗剤を選ぶのがおすすめです。水拭きだけでは落としきれなかった汚れは、洗剤を使って早めに落としてしまいましょう。手軽に使える洗剤としては、スプレータイプのものやフローリングワイパー用のお掃除シートがあると便利です。

  • スプレータイプ
    汚れた箇所に直接吹き掛けて使用できるスプレータイプの洗剤は、フローリング以外の場所のさまざまな掃除にも役立つので、ご家庭に1つはあると重宝します。汚れを取り除くのと同時に除菌ができるタイプや、フローリングのツヤ出しができるタイプもあります。
  • シートタイプ
    フローリングワイパーに装着して使用することが出来るシートタイプなら、より手軽にお掃除することができます。スプレータイプに比べると少し割高で、なおかつ用途が限られてしまいますが、屈まずに掃除をできるという手軽さは嬉しいですね。

フローリングの掃除が面倒な場合が業者に依頼するという方法も

とくに小さなお子さんのいるご家庭では、なかなかしっかりとお掃除する時間が取れなかったり、どうしても自分で掃除しただけではフローリングの汚れが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような場合には、職場などと同様に業者にフローリング掃除を依頼するという方法もおすすめです。定期的に業者に掃除してもらうことで、自分で掃除したのとは比べ物にならないほど、ピカピカの状態に仕上げてもらうことができます。

業者にフローリング掃除を依頼するメリット

  • 重たい家具も動かしてフローリング全体をキレイにしてくれる
  • プロ用の洗剤でどんな汚れも確実に落としてくれる
  • ワックスがけでフローリングがピカピカに仕上がる

人によっては定期的にワックスがけを行うというマメな方もいらっしゃいますが、なかなかプロが行うようには上手くいきませんよね。数年に1回でもプロにお願いすることで、フローリングを傷つけることなく新品同様の輝きを蘇らせることができるでしょう。

フローリングの理想の掃除頻度について

なるべくフローリングをキレイな状態のままで保つには、やはり毎日掃除をするのが理想ですが、忙しい中で掃除にばかり時間をかけてはいられませんよね。

ですがやはり、床に溜まったホコリなどをそのままにしておくのは、健康面からいってもおすすめはできません。必要以上にホコリを溜めないようにするためには、毎日のお掃除はフローリングワイパーでササッと済ませ、水拭きなどのしっかりとしたお掃除は2週間に一度程度行うと良いでしょう。

一見しただけではさほど汚れていないように見えても、実際に拭き掃除をすると予想以上に汚れているものです。あまりに頻繁に水拭きを行うと、フローリングの材質を痛める原因にもなるので、むしろやりすぎには注意が必要です。

フローリング掃除の基本は、とにかくホコリや汚れを溜めないこと!これを意識して、無理なくキレイな状態を保ちたいものですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事