鏡の掃除を簡単に!汚れの種類に合わせた掃除で簡単に鏡の掃除を

鏡の掃除を簡単に!汚れの種類に合わせた掃除で簡単に鏡の掃除を

「鏡についた手垢や水垢汚れを綺麗に掃除したい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。簡単に掃除することができれば、とっても助かります。

鏡に付着する汚れにはいくつかの種類があり、汚れの種類に合わせた方法で掃除をすれば、簡単で綺麗に掃除をすることができるようです。

ここでは、鏡の油汚れや水垢汚れを掃除する方法についてご紹介します。汚れに合った掃除の方法をチェックして、鏡をピカピカにしましょう。

また、鏡の綺麗を保つ方法についてもご紹介しますので、そちらも併せて確認してみてください。

毎日のちょっとした一手間で、鏡の掃除を簡単にすることができます。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

下水詰まりを解消できる道具とは?困った時のお助け道具をご紹介

トイレの水が流れないといった下水の詰まり。 一度はなんとか自力で解消できても、今後に備えて、下水詰...

リビングに掃除機の置き場所を作りたい!生活感が出ない収納方法

掃除機を使う頻度が高いリビングですが、掃除機の置き場所に困ったことありませんか? そのままむき出し...

流し台を掃除する時に便利な洗剤を汚れの種類別に紹介します

流し台はいつもピカピカにしていたいもの。しかし、気がつくと水垢が残ってしまって、輝きも失われてしまっ...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか? 大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているもので...

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

電子レンジの掃除にレモンを使うとピカピカになります

電子レンジは料理には欠かせないものですが、掃除はおろそかになってしまうことも多いのではないでしょうか...

庭の掃除で落ち葉を効率よく集める便利アイテムやコツと活用法

庭掃除で落ち葉を効率よく簡単にキレイに集めるには、自分に合った道具を使うことも大切です。 集めた落...

部屋の換気時間はどのくらい?換気時間と正しい換気の方法

部屋の換気をしようと思っても、寒い冬場はあまり長い時間窓を開けておきたくないものです。 換気の効果...

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

便器の黒ずみはクエン酸パワーで綺麗に!消臭除菌効果も

便器にできた黒ずみ。 目にするだけで嫌な気分になりますが、黒ずみはクエン酸で綺麗に取り除くことがで...

浴槽のカビが取れないときの対処法やカビ取りのコツと予防対策

浴槽のカビが取れないときは、つい洗剤をつけてはゴシゴシとこすってしまいませんか? しかし、カビ取り...

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。 しかし、どんな手...

スポンサーリンク

鏡についた手垢や皮脂などの油汚れは重曹で簡単に掃除できる

メイクをしているときに細かい所が見えなくて、指にファンデーションなどの汚れがついたまま鏡を触ってしまっていることもありますよね。
汚れていない指で触ったとしても、鏡には手垢として汚れがついてしまいます。

ファンデーションや手垢などの油汚れは酸性の性質を持っています。
酸性の汚れはアルカリ性の洗剤で掃除をするときれいに落とすことができます。

重曹はアルカリ性の洗剤なので、鏡の油汚れは重曹で掃除をすると良いです。

鏡の手垢などの汚れを掃除する方法ですが、重曹を水に溶かした重曹水にキッチンペーパーを浸し、そのまま鏡を拭きます。
ゴシゴシとこすらなくても簡単に汚れを落とすことができますよ!
キッチンペーパーで軽く拭いた後は乾いた布で拭きましょう。

「こんなに簡単に汚れが落ちるなら水垢もきれいにすることができそう!」と思う方もいるかと思いますが、汚れの性質によって洗剤を変えなければきれいに落とすことができないこともあります。

水垢はアルカリ性の重曹ではきれいにすることができません。
続いては水垢汚れの掃除方法をご紹介します。

鏡の水垢汚れはクエン酸で簡単掃除

鏡にこびりついた水垢汚れがなかなか落ちない!という経験をした方は多くいるのではないでしょうか。
水垢汚れを中性洗剤やアルカリ性の洗剤を使って、落とそうとしている方は間違いです!

水垢は水道水に含まれている成分が固まってしまったもので、アルカリ性の汚れです。
アルカリ性の汚れにアルカリ性の洗剤を使って落とそうとしても落ちないのです。
アルカリ性の水垢には酸性の洗剤を使って掃除をしましょう。

水垢汚れにはクエン酸が効果的です。

クエン酸を水で薄めたものをスプレーボトルに入れ、水垢汚れに吹き付けます。
吹き付けたクエン酸水が乾かないようにラップをその上から貼り付け、パックします。
3時間ほど放置した後、スポンジでこすり洗いをして水垢を落としていきます。
最後に乾いた布で乾拭きしましょう。

水垢の掃除方法は以上です。
クエン酸水は酸性なので、洗い残しがあると素材を傷めてしまう場合があります。
しっかりと掃除をするように心がけましょう。

油汚れが付着した鏡の掃除には新聞紙も簡単で便利

新聞紙を使って掃除をすることも、汚れをきれいに落とすことができます。

なぜ新聞紙なのかというと、新聞紙に使われているインクには汚れを吸着する働きがあり、さらに薄い膜ができて汚れをつきにくくする働きもあり、鏡掃除をするのにとても優れているためなのです。

新聞紙を使った掃除方法は、新聞紙を半分に切ってくしゃくしゃと丸めたものを水で軽く湿らせます。
湿らせた新聞紙で鏡についた汚れを全体的に拭き取り、残っている新聞紙で水気を乾拭きすると掃除終了です。

新聞紙は読み終わったら古紙回収に出してしまうことがほとんどですが、鏡や窓の汚れ掃除をするのにとても活躍するアイテムだということがおわかりいただけたかと思います。
洗剤などを使わずに掃除することができるのでエコですし、お金を使わずに掃除ができるので経済的にもエコですよね。
また、手間をかけずに簡単に掃除をすることができるのも良いです。

今まで読んだ新聞紙をそのまま古紙回収に出していた方は、ぜひ鏡や窓掃除に活用してみてください。

綺麗な鏡を保って掃除を簡単にするには

折角鏡をきれいに掃除したのに、数日も経たないうちにピカピカだった鏡に汚れがついていた…とガッカリした方も多くいるかと思います。

ピカピカに掃除した鏡をきれいなまま保っておくための予防法はあるのでしょうか?

鏡はほこりがつきやすいので、柔軟剤を使って掃除することがきれいな鏡を保つのに効果的です。
柔軟剤は静電気を防止する効果があるため、柔軟剤を使って鏡掃除をすることでほこりがつきにくくなるのです。

掃除方法は、容器に水と柔軟剤を数滴入れ、タオルに染み込ませます。
タオルを絞り、鏡を拭いて終了です。
これだけで静電気を防止しほこりがつきにくくなります。

また、シェービングクリームを鏡に塗ってタオルなどで拭き取ることで鏡の表面に油膜ができるため汚れがつきにくく、さらに鏡が曇るのを防止する効果もあります。

上記でご紹介した新聞紙を使って掃除をすることでも汚れをつきにくくする効果があります。

水回りの鏡は水滴をこまめに拭き取ることで綺麗を保てる

水回りの鏡は水滴をこまめに拭き取ることで、きれいを保つことができます。

鏡が曇ってしまう原因は石鹸カスなどの汚れが鏡に付着したまま乾いてしまうことなので、鏡に石鹸やシャンプーなどの泡が飛んでしまったら必ず洗い流してきれいにするようにしましょう。

石鹸カスだけではなく水滴も鏡についたまま乾いてしまうと水垢汚れとなってしまうので、お風呂に入った後は鏡に付いた水滴をスクイージーなどで拭き取ると汚れによる曇りを防ぐことができます。

汚れが酷くなる前に、毎日こまめに掃除をすることできれいを保つことができるのです。

汚れが酷くなってから掃除をするととても手間になってしまうので、毎日5分程度こまめに掃除をしておくことで大掃除をする手間が省けるのです。

いかがでしたか?
一度鏡をきれいに掃除をした後、きれいな状態を保つためにはこまめにお手入れをすることが大切なのです。
毎日一手間かけることで大変な思いをして掃除をする必要がなくなるのです。

ぜひ上記の掃除方法を試してみてください。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事