落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

紅葉が終わった頃に庭を埋め尽くしてしまう落ち葉ですが、そのまま放置していては見た目が良くないし、かといって落ち葉掃除は面倒で手間がかかる作業です。

そんなあなたにおすすめなのが、「ブロワー」という電動工具です。
強い風力で落ち葉を吹き飛ばすことができますので、一気に落ち葉を片付けることができます。

ただし注意点がいくつかありますので、購入する前にブロワーの特徴や使い方について知っておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

壁紙掃除は重曹を上手く使うことで簡単に汚れを落とせる!

年末の大掃除やアパートやマンションの退去時など、壁紙の掃除をして綺麗にしたいなら、重曹を使ってみては...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

机を整理する収納術以外のアイデアを提案します

机の整理は必要ありません。 あなたの机にあるもので、毎日使うものだけを椅子の上にのせてみてくだ...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

リビングに掃除機の置き場所を作りたい!生活感が出ない収納方法

掃除機を使う頻度が高いリビングですが、掃除機の置き場所に困ったことありませんか? そのままむき出し...

畳の掃除方法。正しい掃除でダニを発生させないようにするには

畳の掃除方法は、フローリングとは異なります。 掃除機の掛け方や、拭き掃除の方法をフローリングと...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

畳の掃除に『重曹』は使えません!畳の正しい掃除方法について

畳を掃除するのに一番適しているのは『ホウキで掃く』ということです。 畳の目に沿って、ゆっくりと...

玄関で掃除機を使いたいときは?ノズルを変えて掃除しましょう

玄関の掃除も掃除機を使いたいけれど室内と同じノズルでかけるのは抵抗がありますよね。 しかし、掃...

【タイル掃除のコツ】キッチンタイルについた汚れの落とし方

タイルは掃除しやすい素材だと言われていますが、キッチンのタイルは油や水垢などいろいろな汚れがつく場所...

布団に掃除機をかける方法。効果的なかけ方とは

布団に掃除機をかけて、ダニやホコリを吸い取りましょう。 布団専用クリーナーではなく、布団のケアに掃...

庭の落ち葉を効率よく掃除する方法や掃除のポイントをご紹介

庭掃除で意外と厄介なのが落ち葉。竹箒を使った掃除方法がメジャーですが、地面が砂利だったり柔らかい土の...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

スポンサーリンク

落ち葉掃除の悩みを解決する電動工具ブロワーの特徴

自分の家の周辺に落ち葉があったら、「やだ、掃除しなきゃ」と思いますが、中々その気になれないので、簡単に掃除できるアイテムを探したりしていませんか?

そんなあなたの悩みを解決してくれるのが、電動工具ブロワーになります。

落ち葉掃除にも最適な電動工具ブロワーとは

ものすごい勢いで色んなゴミを吹き飛ばしてくれるのが、電動工具ブロワーになります。それほど大きなものではないので、子供でも持つことができ、気軽に持ち運ぶことができる掃除のアイテムになります。

「強い風」が電動工具ブロワーの良さになるので、落ち葉のお掃除以外の時にでも活躍してくれる機会になります。

落ち葉掃除だけではなく、パソコンについている埃も除去できるので、パソコンを持っている方も掃除道具として使っていけます。

使用方法も、トリガーを引くだけなので、誰でも簡単に使用できます。落ち葉掃除を簡単に済ませたいのであれば、掃除道具にいかがですか?

落ち葉掃除に最適なブロワー、種類は大きく分けて3つ

落ち葉掃除に役立つブロワーですが、そのブロワーにも種類が3つあります。それぞれのタイプについて説明するので、参考にして見て下さい。

  1. エンジン式
    燃料となるのが、その名の通り、エンジンになります。形も大きいものが多く、パワーもかなりあるものになります。その為、家の落ち葉掃除というよりは、広い範囲での落ち葉の掃除に役立つブロワーになります。
  2. 充電式
    充電する充電が付属されているだけ、少し重いブロワーになります。充電式という事もあり、使用する時間は限られており、あまりパワーは発揮できないタイプになります。
  3. AC電源式
    AC電源式の良さですが、小型で持ちやすいことにあります。場所を移動しても使用できますが、それには延長コードが必要になります。充電式よりはパワーのあるタイプになります。

落ち葉掃除に便利な電動ブロワーの効果的な使い方と意外な欠点

落ち葉掃除に役立つ電動ブロワーですが、それにも効果的な使い方があります。

遠くから使用すること、また、一箇所に落ち葉をかき集めるように使用すると、より効果的に掃除をすることができます。

ただ、電動ブロワーにもデメリットがあります。どんなデメリットかというと、一箇所に落ち葉をかき集めたとしても、風で別の方向に飛ばしてしまう可能性があるからです。

その為、ブロワーだけではなく、他の掃除のアイテムを利用して、掃除をすることによって、落ち葉をより効果的に集めて掃除していくことができると思います。

電動ブロワーであっても、強い風を出すタイプではなく、吸い上げるタイプもでてきているので、そのタイプを利用して落ち葉掃除をしていくと、より簡単に掃除をすることができると思います。吸い込むタイプの方がお勧めなのかもしれませんね。

購入する事を考えているのであれば、電動ブロワーは音がする機械なので、近所迷惑になるかもしれない事を覚悟しておいて下さい。購入する際に音が静かなものを選ぶこと、使用する時間を考えておきましょう。また、カーボンブラシを交換する必要がある機械です。交換は一人でもできますが、その事も心に留めておきましょう。

落ち葉掃除にブロワーを使用する際の注意点

落ち葉を掃除する時に便利な掃除道具として紹介できるブロワーですが、そんなブロワーにも使用する際に注意点があります。

水に弱い

ブロワーですが、水には弱い機械になります。その為、落ち葉を掃除する時でも、水がかからないように注意すること、水たまりがあるところの落ち葉の掃除はなるべく避けた方が故障の原因にもならないと思います。

服が巻き込まれる可能性がある

風の強さを売りにしているので、その風が逆にマイナスになり、使用している時に、ゆるい服を着ているとブロワーに巻き込まれてしまう可能性があります。自分の服がブロワーに吸い込まれないように注意しましょう。

風が出る場所を塞がない

使用している時に風が出る場所を塞いでしまうと、それはそれで故障原因になります。その為、使用する際は、風が出る所を塞がないようにして故障させないようにしましょう。

落ち葉掃除は天気にも注意!

落ち葉掃除ですが、掃除をするのに適切な天気も関連してきます。

良い天気の時にする

理由ですが、落ち葉の掃除は乾いた状態ですると、より簡単に掃除をすることができます。先程も紹介しましたが、ブロワーも水には弱い機械になりますので、雨が降っている時にはお勧めにはなりません。

落ち葉も水分を含んでいると、中々一箇所に集まりにくい事もありますから、雨の日は避けて、天気の日に効率よく掃除をしていきましょう。

また、集めた落ち葉で焚き火などはしないでおきましょう。理由ですが、元々落ち葉は空中に舞い上がりやすい特徴があるので、一旦火をつけてしまうと、火事を起こす原因になってしまいます。

落ち葉で焚き火をするのは危険ですので、辞めましょう。また、何気に小石は燃えないゴミなど、種類によって分別をしなくてはいけません。落ち葉をかき集めても、枝や小石を分けて、燃える日、燃えない日に分けてゴミに出しましょう。

落ち葉を掃除するには、ブロワーが便利な掃除のアイテムになることを紹介してきました。利用してみたいと思いましたか?使用するとしても、雨の日はさけて、天気の良い日に落ち葉掃除をしていって下さい。また、ブロワーは水に弱い機械ですので、水がある所の使用は控えて下さい。

便利なブロワーではありますが、その力のせいか、一箇所に集めてもまたその力で落ち葉を別の場所に吹き飛ばしてしまうデメリットもあります。着ている服を巻き込んでしまう可能性もありますから、使用する時は、ブロワーのデメリットも考えて、効率よく使用していきましょう。他の掃除用具とも合わせて掃除をしていくのも良い考え方だと思います。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事