レンジ掃除に重曹以外のものを使って頑固な汚れを落としましょう

レンジ掃除に重曹以外のものを使って頑固な汚れを落としましょう

キッチンや洗面台などいろいろな場所に使用できる「重曹」ですが、電子レンジの掃除 には重曹以外にもおすすめのものがあります。

例えば「酢」。酢の成分がレンジの中の汚れを溶かす効果があると言われています。

しかし、酢だけでは完全に汚れが落とせない可能性もあります。

今回は重曹以外のものを使ったレンジの掃除方法について説明します。また、頑固な汚れを落とす方法もご紹介します。

レンジの汚れの種類によって掃除方法は変わります。いろいろな方法を試してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹掃除で風呂釜を綺麗に!汚れが溜まりやすいパイプの掃除方法

お掃除アイテムとして有名な重曹は、風呂釜掃除にも最適! 追い焚きの時に、変な臭いや黒汚れがあり...

ゴミ箱の袋止めは手作りできる!誰でもできる手作りアイデア

ゴミ箱の袋止めを手作りできるって知っていますか? 大きなゴミ箱の場合は袋止めがついているもので...

【クローゼット収納術】バッグは立てて上手に収納しよう

通勤用バッグやトートバッグなどバッグも数が増えてくると置き場所に困ることもあるでしょう。 収納...

サッシの掃除は意外と簡単!サッシの掃除を日常に取り入れて

サッのシ掃除をしようとする時には、凸凹している部分がありカビも生えやすいし、砂埃や土汚れなど外の汚れ...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除には順番があります。 床を掃除するアイテムといえば ・掃除機 ・ホウキ ・フロアモッ...

便器の黄ばみの原因を理解して、効果のある方法で落としましょう

便器の掃除をしても、黄ばみが落ちなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 まずは黄ばみの...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

書類の基本の整理方法を理解して、仕事ができる人間になろう

営業の仕事をしていると、日中はデスクにいないので書類を整理する時間がないという人も多いでしょう。しか...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内は隙間も多く、ペットの臭いや子供たちの食べこぼしが車内に残り、自分たちではなかなか綺麗に掃除しに...

庭の草むしりを簡単にしたい!草むしりのコツややり方を解説

庭に生えた雑草の草むしりを簡単に済ませる方法はないか、頭を悩ませている人もいますよね。 特に忙しく...

風呂のブラシの収納の仕方はこれで解決。いつまでも清潔で長持ち

毎日使うお風呂の掃除ブラシ。どんな収納の仕方をしていますか? 床や棚の上にポンと置いた状態で、いつ...

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃...

スポンサーリンク

レンジの汚れを落とすために重曹以外で効果的なものは「酢」

ご家庭のさまざまな場所のお掃除に使えると評判の重曹ですが、場所によっては重曹以外のものを使ったほうが効果が高いことがあります。その代表的なものが「酢」です。
市販の洗剤の中には、酢に含まれる酸性成分を利用して汚れを落とすタイプのものがありますが、ご家庭にある酢を普段のお掃除に使用することも出来ます。酢に含まれる酢酸という成分が、レンジ内の汚れを溶かしてくれるだけでなく、除菌・消臭効果もあるので、レンジのように食品を調理する場所にはピッタリなお掃除方法です。

酢を使ったお掃除の仕方はいたって簡単です。
ただし、作業中はしばらくレンジを使うことが出来ないので、時間に余裕のある時に行いましょう。

【掃除のやり方】

  1. まずは耐熱容器に水250ml(カップ1杯強)に対して酢大さじ2程度を入れて混ぜ、ラップをせずにレンジで3分程温めたら、扉を閉めたままで30分程放置します。
  2. その後、レンジの庫内についた水蒸気をキッチンペーパーなどでキレイに拭き取り、扉を開けた状態でそのまま乾燥させます。

普段は扉を締め切ったままにしていることが多いレンジの中は、どうしても食品のニオイがこもりがちですが、酢の消臭パワーでニオイも取り除いてくれます。ただし、掃除中は酢の強いニオイが充満するため、この作業は換気しながら行うと良いでしょう。

レンジのひどい焦げ付き汚れなどに対しては、やはりアルカリ性である重曹を使って油汚れを分解して落とす方法をオススメします。先ほどご紹介したお掃除方法の中で、酢の代わりに重曹を大さじ1程度使うだけでOKです。

普段から酢を使って簡単にお掃除しておくことで、汚れがこびりつくのも防ぐことが出来ます。

レンジについた焦げを重曹以外のものを使って掃除する方法

レンジについた焦げ付き汚れに対しては、重曹以外にもこんなものを使って落とすことが出来ます。
【用意するもの】

  • 食器用洗剤
  • スポンジ・タオル

【掃除のやり方】

  1. 食器用洗剤をスポンジに含ませて、焦げ付いた部分を軽く擦ります。ここでは汚れを落とすというよりも、洗剤を塗りつける程度でかまいません。
  2. 軽く濡らしたタオルをレンジで30秒程温めたあと、タオルは取り出さずにそのまま先ほどのスポンジで焦げ付いた部分を擦ります。洗剤を付けて温めたことで、焦げ付いた油汚れが浮きあがり、スポンジでこするだけでもラクに汚れを落とすことが出来ます。
  3. 最後に、先ほど温めたタオルを使って洗剤を拭き取るだけで終了です。

わざわざ専用の洗剤を使わなくても、ご家庭にあるものだけでお掃除が簡単に出来るのは嬉しいですね。

レンジの頑固な汚れに使える意外なもの

ガンコにこびりついてなかなか取れないレンジの汚れに対しては、歯磨き粉を使ってお掃除をする方法もあります。歯磨き粉にはクレンザーなどと同じように研磨剤の成分が含まれているため、レンジのようにあまり洗剤を使いたく場所に使うのにも適しています。

使い古しの歯ブラシなどに歯磨き粉をつけて、汚れのひどい部分を丁寧に擦っていきます。汚れが取れたら、濡れたフキンなどでしっかりと歯磨き粉を拭き取りましょう。

それでも落ちないようなしつこい汚れは、使わなくなったポイントカードなどを使って擦り落とすという方法もあります。適度な硬さと弾力があるポイントカードは、歯ブラシと並んでレンジ以外のお掃除にも使う事が出来る優秀なアイテムです。レンジの庫内が乾燥した状態の時ではなく、使用後に庫内に水蒸気が付着したタイミングで、汚れを緩ませてから行うと良いでしょう。

どちらの掃除方法も、あまり強く擦りすぎてしまうと、庫内に傷をつけてしまう恐れがあるのでご注意ください。

重曹以外にもレンシ掃除におすすめな100均グッズがあります

100均のお掃除グッズコーナで販売されているクエン酸や重曹以外にも、キッチンのお掃除に使えるアイテムはたくさんあります。その中でもオススメなのが、電子レンジ専用の洗浄剤です。洗浄剤とスポンジがセットになっており、洗浄剤を含ませたスポンジをレンジで温め、そのまま汚れの気になる場所を擦るだけで、簡単に汚れを落とすことが出来ます。レンジ掃除に使ったスポンジやフキンを洗う手間もなく、使い捨てに出来るので楽チンですよ。

レンジの外側のお掃除には、マイクロファイバークロスがあると便利です。レンジ庫内に比べるとさほど汚れもひどくないので、水で濡らして硬く絞ったマイクロファイバークロスで拭くだけでも、たいていの汚れは簡単に取り除くことが出来ます。こちらも100均で購入することが出来ますので、あらゆる場所のお掃除用に何枚かストックしてあると便利ですね。

レンジの汚れの種類によって掃除に使用する洗剤を変えましょう

レンジにこびりついた汚れは主に2種類あり、食品を加熱した際に飛び散った油汚れとタンパク質です。酸性である油汚れと、アルカリ性であるタンパク質の汚れを、1つの洗剤でキレイに落とすのは難しいので、汚れの種類に合わせて洗剤を使い分けることで、より効果的に汚れを落とすことが出来るのです。

酸性の油汚れに対してはアルカリ性の洗剤を、反対にアルカリ性のタンパク質汚れに対しては酸性の洗剤を使うことで、汚れを中和して落とすのが、一番賢い掃除方法です。たとえば、アルカリ性である重曹を使って落としきれなかった汚れも、酸性の酢やクエン酸を使うことでキレイに落ちる可能性が高いということです。

どちらも汚れたらすぐに掃除をすれば、拭き取るだけで簡単に汚れを落とすことが出来るのですが、それらは時間を置くほどに汚れが蓄積してより落としにくくなるので、定期的にキレイにしておく必要があります。また、レンジの汚れを放置することで、発煙や発火の恐れもありますので、やはりキレイな状態を保つに越したことはありませんよね。

日頃から「汚れたらすぐに掃除する」を実践することで、レンジを清潔に保ちたいものですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事