壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ!

一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。

フローリングなどの床の汚れは、日常的に気にしますが、壁って時間を掛けて少しづつ汚れていくので気が付かないんですよね。

今回は、重曹スプレーを使って、壁の汚れを掃除する方法をご紹介します。

明らかに目立つ汚れがなくても、重曹スプレーを吹きかけて、拭き掃除するとウエスにしっかりと汚れが付きますよ。

壁をスッキリキレイに掃除すると、部屋全体が光り輝いてキラキラしてきます。

重曹スプレーで、壁を掃除する方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドを処分する場合にかかる費用の相場と正しい処分方法

子供の成長によって古いベッドを処分しようと考えた場合、費用がとのくらいかかるのか気になる人の方が多い...

落ち葉掃除に便利な道具とその使い方のコツについて解説します

庭に落ちている落ち葉。掃除することを面倒に感じる人も多いでしょう。 しかし、落ち葉掃除に便利な...

部屋が綺麗だとなぜ落ち着かないのか、その裏に隠された心理

部屋が綺麗じゃないと落ち着かない!という人がいる一方で、部屋が綺麗だと落ち着かない!という人もいます...

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。 しかし、どんな手...

浴槽のカビは掃除のコツと使い方の工夫や予防で快適キレイを保つ

浴槽のカビは簡単に掃除をするだけでは落としきれないことがあります。カビをきれいに落とすためには掃除に...

畳掃除にはクエン酸が効果的!その掃除方法と注意点について

エコな掃除洗剤として人気のクエン酸ですが、実はカビ防止にもなるため畳の掃除にも使えます。 しか...

掃除の決定版!ホコリ取りの裏技を知れば室内がスッキリします

掃除をしているのに、たまりますよねホコリって。 床に落ちているホコリを掃除しているだけでは、ホ...

水垢の掃除にはクエン酸!お風呂の水垢をキレイにする方法

水垢の掃除にはクエン酸ですよね。 お風呂の水垢に悩まされている人は多いと思います。 クエ...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

片付けは収納アイデアとスッキリ快適に見せるコツで苦手も克服

片付けが苦手なら収納がしやすくなるアイデアがオススメです。ただし、そのアイデアをそのまま真似をするの...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

スポンジにつけた洗剤はそのままでOK?スポンジの除菌方法

食器用洗剤の中には、スポンジの除菌もできるという洗剤もあります。それを聞くと、食器を洗ったあとのスポ...

スポンサーリンク

壁を掃除するなら重曹スプレー!

掃除は、掃除機や水拭き、トイレやお風呂キッチンなど大まかな知識しかない方がいます。
そのような人にとって、壁の掃除はきっと疑問だらけですね。
「壁を掃除しなければいけない時がきたなんて…」と戸惑うでしょう。

一見汚れが目立ちにくい壁ですが、壁には静電気によってホコリがつきます。
目に見えないカビの胞子(菌)が舞って壁に付着しカビとなって現れます。
喫煙によってヤニで黄ばみ、手垢の皮脂が黒ずんできたりします。
窓やドアから入り込む、花粉や排気ガスなどによる汚れの蓄積で壁が汚れます。

このように壁に触れなくても日々生活しているだけでも壁は汚れるものなのです。

これらの壁の汚れを落とすために役立つ洗剤と言えば重曹です。
壁は水で洗い流すことができません。
重曹は拭き取るだけで良いすすぎ知らずの洗剤ですし、これらの汚れにとってもとても効果のある洗剤です。

壁の掃除だけではなく、キッチンのガス台やカーペットの汚れなど様々な用途に使用することができます。

水洗いできない場所にも使えて、粉末状ですので汚れの状態に合わせ濃度を変えることも可能です。

近年とても人気がある重曹ですが、初めて知った方は家庭に1つ置いておくととても便利です。

今まで気が付かなかった場所も重曹1つあると普段の掃除の項目に加わり、よりキレイな家で快適に過ごすことができますよ。

トイレの壁も重曹スプレーでキレイに掃除

トイレの壁ですが、驚かすわけではないのですが実は「菌だらけ…」なことが多いんですよ。
知っていましたか。
壁の汚れや黄ばみが目に見えないとなかなか気がつくことができません。

家庭の中に男性の家族が多かったり、小さな男の子のお子さんがいる場合は特に気にしなければいけない部分です。

男性は立ってトイレを使用しますが、尿しぶきや便器からの跳ね返しなどで汚れが便器外とはね便器の横の壁は特に汚れる部分であります。

尿による黄ばみの蓄積もそうですが、尿しぶきが乾く間にホコリなどが付着し、その繰り返しを行うことで汚れが目立つようになり、より頑固な汚れの完成です。

トイレは汚れがシビアな部分ですので目を背けたい部分ではありますが、だからこそ清潔さを保ち気持ち良い空間にしたい部分でもあります。

このような現実を知っておくことでトイレの掃除の頻度もあがり、日頃から掃除をこまめにこころがけることができますよね。

トイレ掃除には重曹スプレーとクエン酸スプレーのダブル使いで綺麗にしていきましょう。

トイレの壁の尿汚れはアルカリ性ですので酸性のクエン酸が効果を示してくれます。
また除菌効果も期待できる洗剤ですので安心です。

ですが消臭力に欠ける部分がありますので、クエン酸を使用して拭き取りしっかり乾燥させたあとに重曹スプレーで消臭していくと良いですよ。

トイレの便器内でも黒ずみや、尿石、水垢など汚れの性質が異なりますので、汚れの性質によって重曹やクエン酸か使い分けるととても綺麗に掃除することができます。

キッチンの壁には油汚れが!重曹パックでしっかり掃除

キッチンの壁はベトベトしがちになります。
なぜなら、毎日調理に使用する油や料理からでる調味料が混ざった水分が熱と共に蒸発すしキッチン周りの壁に付着しベトベトしてしまいます。
何も混ざらないただの水であればそれほどベタベタすることはありません。

このようなベタベタした汚れは濃度を高めにした重曹水を作り、汚れた部分に吹き掛けます。
吹きかけたあとキッチンペーパーを貼りつけ十分に重曹水を湿らせるか、ラップなどを使用します。
どちらか1つでも良いですいし、キッチンペーパーの上にラップで蓋をしても構いません。
汚れの状態によってどうするかは検討してみると良いでしょう。
このようにパック状態にし少し時間を置くと汚れが落ちやすくなりますよ。

それでも汚れが落ちない場合は何度か繰り返したり、浸け置く時間を長めにしたり、重曹の濃度を調節してみることをオススメします。

リビングの壁はたっぷりと空気汚れを吸い込んでいます

トイレの壁やキッチン周りの壁が汚れやすい事に関して紹介してきましたが、そこだけ掃除して安心するにはまだ早いです。
リビングの壁も十分に汚れやすい事を覚えておきましょう。

小さな子どもがベタベタと壁に手をつくだけでも手垢(皮脂)汚れがつきます。
皮脂だけでなく、空気と一緒に舞っているカビ菌、ホコリ、ゴミ、花粉、ヤニ(喫煙者がいれば)など様々な汚れが壁に付着し、さらにそのような汚れは壁の中へと入り込んでしまいます。

少しでも壁の表面だけに留めたければ、小まめに掃除をするしか方法はないのです。

壁の汚れといっても上の方は汚いと感じない方も多いかと思いますが、壁の上の方こそ空気に流れて汚れがたどりつきやすい場所といえますので、壁の上の方は汚れていないという考えは間違いです。
上でも下でも空気の流れによってそれなりに汚れが付着します。

手の届かない範囲はクイックルワイパーを使用すると掃除がしやすくなりますよ。

汚れを壁の中までできるだけ浸透させないよう小まめな掃除を心がけましょう。

壁が汚れる原因の一つ『外から流れる室内への空気』

前述でも説明しました通り、家の中の壁の汚れは家の中の汚れだけが原因ではありません。
夏は網戸にしておく時間が長いです。
家の玄関のドアは家族が多いだけ1日に何度も開け閉めします。
そして、家の中から外へとつながる換気口がありますよね。

これらの外の汚い空気が中へと入り込んでしまう通路が必ずあります。
だからといって、窓やドアを開けない、換気口を閉じておくことは難しいですよね。
しかし、外の汚い空気が家へと入り込んでくる反面、家の中にこもっている汚い空気を外へ出すこともできますので、窓やドア、換気口を開けて空気の入れ替えにもなるのです。
これらはなくてはならない空気の流れ道でもあるんですよ。

できるだけ、汚い空気を家の中に留めないためには換気口の小まめな掃除や定期的な網戸の掃除を行う必要はあります。

換気口や網戸が汚れてゴミが詰まっていいると空気の入れ替えの妨げになります。
換気口に関しては換気するという本来の働きが上手く出来ずに、より働こうと電気代だけが無駄に消費してしまいます。

家庭によっては24時間換気機能がありますが、せっかくの機能も掃除不足で宝の持ち腐れなんてことにならないよう、換気口のフィルターや周りのゴミを掃除していく必要がありますよ。

壁が汚れないよう外からの空気の流れ道になる部分の掃除も大切だということがわかりますね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事