部屋にある換気扇の掃除。キッチン以外の換気システムについて

部屋にある換気扇の掃除。キッチン以外の換気システムについて

部屋の換気扇。
換気システムや換気口・排気口、意識していなかったけれど、数えると結構な数あります。
さらに、掃除をしよう思うと、天井や天井付近についていることが多く、外したり掃除するのが大変そうでもあります。

ですが、見てみないふりをするわけにもいきません。

今回は、キッチンの換気扇ではなく、各部屋についている換気扇の掃除方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

便器の黒ずみに効果のある洗剤とそれを使用した掃除方法を解説

掃除してもなかなか取れない便器の黒ずみ。どんな洗剤を使えば黒ずみを落とすことができるのか悩んでしまう...

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

浴槽のカビをキレイにするには重曹と酸素系漂白剤がおすすめ

浴槽のエプロン、外したことはありますか? 掃除しているのに、次々に発生する浴室の『カビ』 ど...

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使...

浴槽のカビが取れないときの対処法やカビ取りのコツと予防対策

浴槽のカビが取れないときは、つい洗剤をつけてはゴシゴシとこすってしまいませんか? しかし、カビ取り...

浴槽掃除に必要な洗剤は、重曹を使った手作り洗剤で簡単綺麗に!

浴槽を洗う時、市販されている洗剤を使って洗っているという方が多いのではないでしょうか。ただ、汚れ落ち...

階段の掃除。一段一段モップで掃除する方法が一番

階段の段数だけ角がある階段。 たくさんの四隅にはホコリがしっかりとたまります。 階段をキレイ...

洗剤を使いやすくポンプ式に。100均の「使える」詰め替え容器

買ったままの食器用洗剤はキッチンに置いておいても、生活感が気になるという方もいると思います。洗剤類の...

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

カーペット向きの掃除機って?おすすめと見分け方について

カーペット向きの掃除機って、どんなタイプなのでしょうか? おすすめはキャニスター型?それともス...

マウスを掃除!手垢を簡単綺麗に落とす方法と掃除する際の注意点

パソコンのマウスにこびりついた手垢。 掃除をして綺麗にしたいものですが、マウスも精密機械ですし、ど...

便器の黄ばみにはクエン酸。スッキリ清潔トイレの作り方

いつの間にか便器にできる黄ばみ。 この黄ばみの正体を知っていますか? この便器の黄ばみには、...

タンスへの収納数がアップする洋服のたたみ方と収納術をご紹介

洋服がどんどん増えていくと、タンスに全部収納できなくなってくることもあるでしょう。 そんな時は...

スポンサーリンク

部屋に換気扇や換気口がついている理由

24時間換気システムが義務付けられるようになったのはどうしてかご存知ですか?

日本では、新しい家に引越してから、家の建造物に使われている物や、家具などから出る有害物質(接着剤や塗料、ホルムアルデヒドなど)が原因で起こる「シックハウス症候群」の発生が増加したということから、シックハウス症候群を予防するために、2003年に法が改正され、すべての住宅において「24時間換気システム」を取り入れることが義務付けられました。

24時間換気システムとは、文字通り、1日中部屋の空気を換気・循環することで、新鮮な空気に入れ替える機能のことです。

一般的に、家の換気というと、台所の換気を思い浮かべますが、台所の換気と、この24時間換気システムは別物です。

24時間換気システムは、あくまでも室内の空気を循環させるという目的があります。

昔の家は、窓を開けて換気することが一般的でしたが、今は、家自体が高気密になっているということから、自然換気が難しいということも24時間換気システムが義務付けられるようになった理由のひとつです。

部屋の換気扇を掃除する方法

最初のうちは気にならなかったけど、住み始めて何年か経つうちに、換気口の周りの黒い汚れが気になるようになったという人もいます。

換気口は、常に外の空気を取り入れているところなので、汚れが付いてしまう場所です。

換気口のフィルターが汚れているのかも

換気口に外の空気がそのまま入ってくるという訳ではなく、換気口の中にフィルターが入っていて、そこで空気中の汚れなどは浄化してくれるようになっていますが、フィルターが汚れてしまうと、汚れを吸収できなくなり、換気口周りに汚れが付いてしまうということもあります。

換気口のフィルターの寿命は、一般的には半年ほどです。

定期的に取り替えることで、新鮮な空気を吸い込めるようになります。

換気口の掃除に必要な物

換気口を掃除するためには、換気口の周りに付いた汚れを落とすためのブラシや、マイクロファイバークロスなどの雑巾を用意しましょう。

フィルターに付いている汚れは、ほとんど外の空気に含まれている物なので、台所の換気扇のように油汚れでびっしりということはありません。

そのため、汚れがそれほどなければ、フィルターに付いたホコリを掃除機で吸い込むだけでもホコリが取り除けることもあります。

換気口周りに付いた汚れは、ブラシで掻き出してから、水拭きすると落ちやすいです。

取りにくい汚れは、中性洗剤を入れた溶液で、拭き取りましょう。

外した換気口の部品は、まとめて水洗いし、しっかりと乾燥させて、元に戻します。

トイレの換気扇も掃除しましょう

あまり気にすることがないトイレの換気扇。定期的に掃除していますか?

トイレの換気扇も汚れています

毎日使うトイレは、換気扇もよく使うため、一見汚れていないように見えても換気扇の中にはホコリが溜まっていることもあります。

換気扇にホコリが溜まると、中から異音がしたり、振動音がするケースもあります。

換気扇のタイプにも色々ありますが、プロペラタイプの換気扇などでも自分で外して掃除することができます。

自分で外すのは自信がないという場合は、足場を固定して、掃除機の細いノズルを換気扇に入れ、ゴミを吸い取るという方法がおすすめです。

浴室の換気扇も掃除しましょう

浴室にも必ず換気扇が付いています。

浴室の換気扇は、浴室の湿度を下げるため付けっぱなしにしているという人も多いのではないでしょうか。

浴室の換気扇を掃除する時の注意点

浴室の換気扇にホコリが溜まってしまうと、中の空気を上手く吸えなくなるため、浴室にカビが生えやすくなったり、換気扇の寿命が下がってしまうこともあります。

浴室の換気扇もトイレと同様に外して掃除することも可能です。

でも、多くの家では、浴室の換気扇は天井に付いているため、換気扇の掃除をする時には足場を組むときに滑らないように注意することが大切です。

浴室に水が残っていると足を滑らせて転倒してしまうことも。

また、浴室の換気扇は電化製品なので、水がかかるのはNGです。

感電や故障の恐れもありますので、浴室の換気扇を外す時には、必ず電源を落とし、風呂場の水気を完全に拭き取ってから行うようにしましょう。

部屋の換気扇って思ったよりもたくさんあります。掃除に困ったらプロに相談するという方法も

24時間換気システムが導入されている家は、通常の台所やトイレ、浴室の他に換気扇が部屋ごとにあるため、すべての換気扇を掃除しようと思うと、思っていたよりもたくさんの換気扇の数に挫折してしまう人もいるかもしれません。

特に、天井に付いている換気扇の掃除は、脚立に登ったりしなくては手が届かないため、無理に掃除をしようと思うと、思わぬ怪我をしてしまうこともあります。

換気扇の掃除をプロに依頼する

天井に付いている換気扇の掃除は、無理をせず掃除のプロに依頼するという方法もありますよ。

換気扇をきれいにすることで、換気扇の寿命を延ばすことになります。

また、換気扇が適切に作動することで、部屋に入ってくる空気がきちんと浄化されるため、家の中の環境が高まるということも。

換気扇をきれいにすることによって、考えられるメリットはたくさんありますよ。

冬は寒いので締めてもよいのでしょうか

換気扇を開けて換気していると外の冷たい空気が入ってくるので冬の間は締めてしまいたいという人も多くいるのではないでしょうか?冬の間の換気扇はどうしたらいいのでしょうか?

基本的には閉めるのはNG 一時的ならOK

24時間換気システムは、暑い日や寒い日も関係なく、1年中換気して、部屋の空気を循環させるというのが基本です。

本来、換気口は開けっ放しで使うということは法律上でも定められていることです。

寒いからと言って換気扇を塞いでしまうと、外の空気を取り込めないので、24時間換気システムの働きも停滞してしまいます。

それでも、気温が低くて寒い日に、外からの冷たい空気が部屋に入ってくるのはツライものがありますよね。

寒くて眠れないくらいの寒さであれば、一時的に部屋の換気を止めるという方法もあります。

ただし、起きたら必ずスイッチをオンにして換気をするようにしましょう。

給気口にはフィルターがついています

外から入ってくる空気に含まれるほこりやちりなどは、換気口に付いているフィルターがほこりを取って浄化した空気が家に取り込まれます。

フィルターもお手入れをしてきれいにする

フィルターにほこりがたくさん付いてしまうと、掃除機にゴミがたまった状態のようになり、吸い込みの効率が悪くなってしまいます。

フィルターは定期的に交換して新しい物にすることが推奨されています。

交換期限まで時間がある場合には、フィルターについているホコリを掃除機で吸い取ると、また吸い込む力があがることもあります。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事