パソコン処分のための正しいデータ消去方法について理解しよう

パソコン処分のための正しいデータ消去方法について理解しよう

古いパソコンを処分するときに必要なデータ消去。しかし、詳しい方法についてはよくわからない人も多いようです。

しかし、パソコンは個人情報の宝庫となっているためきちんとデータ消去を行わないと大変なことになりかねません。

今回は自分でできるパソコンのデータ消去方法について説明します。まずは正しい方法について理解しましょう。

忙しくて時間がない場合、自分で行うのが不安な場合は思い切って業者に依頼しましょう。業者に依頼する場合のメリットについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

庭の掃除で落ち葉を効率よく集める便利アイテムやコツと活用法

庭掃除で落ち葉を効率よく簡単にキレイに集めるには、自分に合った道具を使うことも大切です。 集めた落...

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

お風呂の水垢に重曹が効果的な理由と具体的な掃除方法について

お風呂の水垢はアルカリ性の汚れですが、実は同じアルカリ性の重曹を使って掃除することができます。それは...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

お掃除バケツこそおしゃれな物に!おしゃれバケツでやる気アップ

インテリア性の高いおしゃれバケツが今人気となっています。 あなたの家にはどんなバケツがありますか?...

クローゼットの収納術!すぐ試したいアレコレ100均アイテム!

クローゼットの収納術! あの、100均アイテムを使えば、クローゼットの中がスッキリしますよ! ...

【掃除手袋】のおすすめ。手荒れ防止だけじゃない手袋の使い方

掃除をする時に、ゴム手袋を使いますか? 最近の洗剤は洗浄力が高く、手の皮脂もすっかりキレイに落とし...

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

浴槽のカビをキレイにするには重曹と酸素系漂白剤がおすすめ

浴槽のエプロン、外したことはありますか? 掃除しているのに、次々に発生する浴室の『カビ』 ど...

落ち葉掃除に便利な道具とその使い方のコツについて解説します

庭に落ちている落ち葉。掃除することを面倒に感じる人も多いでしょう。 しかし、落ち葉掃除に便利な...

レンジ掃除にはクエン酸を使おう!その効果と注意点について

いろいろな掃除に使用できるクエン酸ですが、レンジを掃除する時でも活躍します。 中でも水垢などの...

電子レンジの掃除は「酢水」がおすすめ!その方法を徹底解説

毎日使用する電子レンジ。そのため、拭き掃除をしても汚れが完全に落とせないこともあるでしょう。 ...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

トイレ詰まりを今すぐ溶かす方法を解説!まずは水とお湯を使おう

トイレの詰まりはトイレトラブルの中でも一番多いものですが、実際に起こってしまうとどうやって対処すれば...

下水詰まりの主な原因とは?水もれの原因になるため早めの対処を

トイレの水が流れにくいといった下水詰まりトラブル。 下水詰まりを解消するには、詰まりの原因を特定し...

スポンサーリンク

パソコンを処分するためのデータ消去方法

古いパソコンから、新しいパソコンに切り替えるときに、古いパソコンのデーター消去について、どう処分していいのかわからないと困っている方がいると思います。個人情報も含まれていますし、パソコンのデータ消去をどうしたら良いか悩みます。

専門家に頼むと余計なお金がかかってしまいますよね。でも、あなたの古いパソコン、まだ使える状況であれば、「データ消去専門のソフトウエア」を利用して、個人情報など、あなたの気になる情報を消去して捨てることもできます。

そのデータ消去ソフトですが、無料のものもあれば、有料のものもあります。無料のものでも十分パソコンのデータ消去に対応できます。ただ、有料のものの方が、必要なデータ消去のスピードの速さが違うことがあります。「どうせなら」と思うのなら、有料のものを購入するのも良いと思います。

「パソコンのゴミ箱に捨てれば良いのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、それでは、他のプロの方が簡単にあなたの個人情報を復元できるので、その方法は適切ではありません。あくまでも、無料や有料のデータ消去専門のソフトウエアに頼っていきましょう。

壊れたパソコンのデータ消去方法について

パソコンを長年使用していると、パソコンが壊れてしまい、修理専用窓口に電話しても、「そのパソコンはもう処分するしかありません」と言われてしまいます。ではどうしたら良いのか。気になるのがデータ消去です。壊れたパソコンの場合は、どうやって対応して行ったらよいのでしょうか。

パソコンが壊れている場合ですが、電源も入らない場合、または、電源を押してもパソコンから何か音がする場合は、ハードディスクを取り出してデータ消去する必要があります。その場合、特殊な装置で強磁気を利用してデータ消去をする必要があるので、家庭では残念ながら対応ができない状態になってきます。

パソコンが壊れているとはいえ、ウィンドウズは起動している場合、または電源はつきメーカーロゴはでるけれど、ウィンドウズは起動しない場合、上記でも説明した、データ消去ソフトを使用して消すことができます。パソコンの初期化CDにそのデータ消去が添付されていることがあるので、それを使用すれば、無料でデータ消去をすることができます。お店で購入すると、有料になります。

パソコンを初期化してもデータ消去はできません

これまで使用してきたパソコンのデータについて、「初期化してしまえば、データ消去できる」と思っている方いませんか?一見、パソコンの画面をみたら、個人情報が消されているので、大丈夫そうに見えますが、残念ながら、その考え方は間違っています。

どうしてでしょうか。

初期化の状態は、購入した時と同じ状態にしているだけなので、後からあなたが個人的にインストールしたものを全て消去できる訳ではありません。画面上では、個人情報を消去できた様に見えますが、内部ではしっかり残っている状態になります。

その状態でデーターを復元すると、しっかりデータは残されていますので、初期化だけではデータ消去には対応できないのが、事実になります。

仮に「初期化したから大丈夫」と思っていても、実際はあなたの個人情報は残っています。その情報が悪用される事もありますから、注意が必要です。ですので、初期化ではデータ消去はできない、しっかりと別ルートでデータ消去をする必要があることを頭に入れておきましょう。

パソコンを処分したい!データ消去をする前にやるべきこと

パソコンがまだ動く状態であれば、そのパソコンからデータ消去をする事はまだ可能です。やった、それじゃパソコンのデータ消去が可能だ!そう思われるかもしれませんが、少し注意が必要になります。古いパソコンからデータ消去をする、その前に、適切な準備が必要です。

どんなことをしていけば良いでしょうか。

データのバックアップをとっておく

長年使用してきたパソコンこそ、「是非残して置きたいデータ」が存在すると思います。写真であったり、大学生であったら論文、社会人であったら、仕事でリサーチしたものなど、様々な情報が存在します。一旦データを消去すると、今度は復元が難しくなります。データ消去をする前に、失いたくないデータは、CDやDVDなどに残して大切なデータを残しておくようにしておきましょう。

パソコンの処分やデータ消去に不安を感じる人は業者に依頼しよう

パソコンを新しい機種に変えたりする時、古いパソコンのデータ消去をどうするのか。自分でできない、いくら説明を聞いても、自分でやって、失敗して、個人情報が漏れるのも嫌だと感じている人もいます。

そんな時は、専門の業者に依頼してみたらいかがですか?

メーカーに依頼する、パソコンショップ、データ消去サービスのある会社に依頼する、やり方は様々になってきます。

  1. メーカーに依頼する場合、リサイクルマークがついているパソコンは、無料で引き取ってくれる場合があります。あなたのパソコンにそのマークがあるかどうか確かめてみて下さい。もしかしたら、無料で取扱可能かもしれません。
  2. パソコンショップの場合は、有料になりますが、対応可能になります。いくら位するのか、聞いてみて処分してもらいましょう。
  3. データ消去サービスのある会社に依頼するメリットは、「買取のサービス」がある所です。パソコンの状態が良い場合は、データ消去に加え、買取もしてくれる為、経済的になります。「リサイクル」という考え方がある為ですよね。引っ越しにプラスしたサービスになっている所もあるようです。是非利用してみてはいかがでしょうか。

パソコンは、古いものから新しいものに切り替えると、データ消去が気になります。パソコンがまだ起動する状態であれば、データ消去ソフトを利用して個人情報を消すことができます。注意したいのは、初期化の状態です。画面上では個人情報が消えたようになっていますが、実際は隠れているだけですぐ復元が可能になります。「初期化すれば大丈夫」と思っている人は、適切な対処にはなりませんので、注意が必要になります。「説明されてもわからない」と感じる人もいると思うので、不安であれば、専門業者に任せて、個人情報など、データ消去をしてもらいましょう。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事