外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使う洗剤はどんな洗剤でもいいのか気になるところです。

汚れをしっかり落とそうと研磨剤を使ったり、強い成分が含まれている洗剤を使いたくもなりますが、果たしてそれらを使っても外壁に支障がないのかも心配です。

外壁掃除に使う洗剤の選び方、外壁掃除のコツについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除が楽になるホコリ対策!ホコリを減らす方法と掃除のコツ

毎日部屋を掃除しているのに、なぜだか減らないホコリ。 ホコリを減らすためには、どのような対策が効果...

掃除の決定版!ホコリ取りの裏技を知れば室内がスッキリします

掃除をしているのに、たまりますよねホコリって。 床に落ちているホコリを掃除しているだけでは、ホ...

【レンジ掃除のコツ】頑固な焦げを簡単に落とす方法をご紹介

レンジは主婦にとっては欠かせないものの一つですが、しっかりと掃除する時間がない人の方が多いのではない...

掃除のやり方。壁紙についたヤニの落とし方と有効な洗剤と注意点

自宅で喫煙する方がいる場合は、壁や家具にヤニがつくことが気になりませんか? 特に白い壁の場合は...

雨戸掃除は自宅にある洗剤一滴垂らすだけで汚れ落ちがアップ

雨戸を掃除する際、どんな洗剤を使おうかで悩んでしまいますが、特別な洗剤は必要ありません。自宅にある洗...

電子レンジの掃除はセスキ炭酸ソーダ1つで簡単キレイに!

セスキ炭酸ソーダを知っていますか? 100均でも手に入るこのセスキ炭酸ソーダですが、電子レンジを掃...

掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除には順番があります。 床を掃除するアイテムといえば ・掃除機 ・ホウキ ・フロアモッ...

庭木の手入れを業者へ依頼する場合の費用や注意点について解説

お庭が自慢の一軒家に住んでいても、庭木の手入れを自分で行うことは大変です。仕事をしている人であればな...

布団に掃除機をかけてダニを吸い取るのは有効?ダニの駆除方法

毎日使用する布団は清潔な状態に保ちたいものです。 掃除機をかけてダニを吸い取ることで、ダニの駆除が...

冷蔵庫掃除は重曹で決まり!安心安全な重曹で冷蔵庫内もピカピカ

大掃除を前に、「そろそろ冷蔵庫掃除もしないと…」という方も多いのではないでしょうか。冷蔵庫掃除で使う...

レンジ掃除にはクエン酸を使おう!その効果と注意点について

いろいろな掃除に使用できるクエン酸ですが、レンジを掃除する時でも活躍します。 中でも水垢などの...

部屋の臭いを消す芳香剤は置き場所がポイント!芳香剤選びのコツ

気になる部屋の臭いを今すぐ消したい!そんな時に効果的なのが「芳香剤」です。 最近は店頭に色々な...

部屋を片付けられない人の心理と特徴!苦手でも片付けられる方法

部屋を片付けられない人も世の中にはたくさんいます。片付けができる人から見れば、一体どんな心理で片付け...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

窓の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について解説します

いろいろな場所の掃除に使用できる便利なエコ洗剤「重曹」ですが、実は窓の掃除にも使うことができます。 ...

スポンサーリンク

外壁掃除に使う洗剤は、家にある中性洗剤でも落とすことが可能

戸建てに住んでいると住宅の外壁の汚れが気になることがありますよね。耐久性の高い外壁やセルフクリーニング機能のある外壁もありますが、外壁は雨や風にさらされているため、埃や排気ガス、サビやコケ、雨だれなどで汚れてしまいます。新築から5年も経つと外壁の黒ずみも目立ち始めます。外壁を掃除をすることで建物の見た目がよくなり、建物を長持ちさせることもできます。

外壁の掃除をする場合、家にある中性洗剤でも落とすことができます。
【準備するもの】

  • ホース
  • バケツ
  • 中性洗
  • ブラシ

【掃除の仕方】

  1. ホースで水をかけ泥など葉っぱなど大きなゴミを落とす。汚れは下に流れるの上の階から下へゆっくり洗い流します。
  2. 中性洗剤をバケツの中に入れ、薄めブラシで擦る。強く擦らないようにします。
    コケや藻の汚れはブラシで優しくこすり落とします。2階部分の作業をする場合は高所用のブラシを使用することをおすすめします。
  3. ホースで洗剤を洗い流す。

注意することは力を入れすぎないこと。力を入れすぎると塗装が剥がれてしまいます。

外壁の落ちない汚れを掃除したい場合は、外壁専門の洗剤が効果的!

外壁やベランダに細長い筋のように黒ずんだ、汚れを見つけたことがありますよね。それは雨水が流れ込んだ後に発生する雨だれです。新しい家でも雨だれが目立つこともあります。雨だれをそのままの状態にすると汚れはどんどん広がってしまいます。そのため雨だれを見つけたら早めに対処することをおすすめします。

排気ガスや埃、藻、コケ、カビ、雨だれなどは自分で汚れを落とすことが出来ます。ホースを使い汚れを落とし、スポンジで外壁の汚れを落とします。この方法でも落ちない場合は洗剤を使います。バケツに中性洗剤を溶かし、スポンジ含ませて外壁を擦ります。外壁用クリーナーが市販されているので、専用のクリーナーを使うことで頑固な汚れを落とすことが出来ます。

自分で雨だれを掃除する場合は、風が強い日は掃除をしないことです。風が強いとすぐに汚れがついてしまう可能性があります。天気のいい穏やかな日を選んで掃除をしましょう。

外壁掃除に向かない洗剤もある?外壁掃除のコツ

持ち家の場合メンテナンスが必要になってきます。そのうちの1つが外壁です。築年数と共に外壁の汚れも気になってくることが多いです。みなさんはどのように掃除を行っていますか?業者に依頼するとかなり高額な費用がかかってしまうので、自分で掃除をしている人も多いですよね。しかし外壁掃除に向かない洗剤もあること知っていますか?

外壁掃除のコツを紹介します。

  • 晴れた天気のいい日に行う
    晴れた日に掃除を行うと埃などがつきにくくなります。
  • 優しく洗浄する
    コーキング目地は水圧に弱いので劣化してしまいます。コーキング目地部分は優しく洗浄しましょう。
  • 洗剤で外壁を擦る
    汚れの落ちなかった外壁の汚れや、高い場所は長い柄のついたブラシで外壁洗浄剤をつけて擦ります。洗浄剤で外壁を掃除したら水で洗浄剤と汚れをしっかり洗い流します。洗浄剤が残っていると、変色や外壁を傷める原因になるのでしっかり洗い流しましょう。
  • 研磨剤は使わない
    コケや藻など頑固な汚れにはクレンザーなどの研磨剤を使用してしまいがちですが、外壁の素材も削れてしまいます。そのため表面が劣化してしまうので絶対に使用しないようにしましょう。

外壁掃除を間違うと、かえって家を傷つけてしまうことも

外壁が汚れていると外観を損なうばかりでなく、雨漏りやカビのトラブルになることもあります。そのため外壁は定期的に掃除を行いましょう。しかし掃、除の方法を間違えてしまうと逆に家を傷つけてしまう可能性もあるので注意しましょう。どんな外壁にも高圧洗浄機が使えると思いがちですが、すべての素材に高圧洗浄が使えるわけではありません。

まず高圧洗浄機を使った掃除の方法です。圧力の弱い場所に高圧洗浄機を使い掃除をすると家が傷ついてしまいます。また高圧洗浄で多いトラブルの1つが高圧洗浄機はとても大きな音がでます。素人が高圧洗浄を行う場合、プロに比べると作業時間も長くなるので音の出る時間も長くなってしまいます。そのため近隣へ迷惑がかかってしまう可能性も考えられます。又水が飛び散ったりすることもあるので外壁の掃除を行う場合は近隣への配慮も必要になります。

徹底的に外壁掃除をしたいなら業者に依頼した方が安心

自分では外壁の掃除が難しいと感じる場合は無理をしないで、専門の業者にお願いすることをおすすめします。お金はかかってしまいますが、外壁の掃除を綺麗に行ってくれます。
高い場所の掃除には危険も伴うので専門の業者にお願いしましょう。まず外壁掃除を行う際は、何件もの業者から見積を取ることをおすすめします。しっかり作業内容と料金を確認して契約をしましょう。

定期的に外壁の掃除をすることで見た目も綺麗ですし、耐久度も長持ちします。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事