外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使う洗剤はどんな洗剤でもいいのか気になるところです。

汚れをしっかり落とそうと研磨剤を使ったり、強い成分が含まれている洗剤を使いたくもなりますが、果たしてそれらを使っても外壁に支障がないのかも心配です。

外壁掃除に使う洗剤の選び方、外壁掃除のコツについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジの掃除にレモンを使うとピカピカになります

電子レンジは料理には欠かせないものですが、掃除はおろそかになってしまうことも多いのではないでしょうか...

書類の整理術を身につけ仕事をスムーズに。できるオトコの整理術

書類の整理術を身につければ、頭の中がスッキリします。 そうすると、やるべき仕事が見えてきて、よ...

お風呂の大掃除はエプロンまでしっかりと!そのやり方を解説

年末の大掃除の時は、お風呂も徹底的にきれいにしようと考える人も多いのではないでしょうか。 しか...

掃除が苦手な主婦に朗報!苦手な掃除もこれで克服できる

主婦なら掃除が得意、とは限りません。 当然掃除が苦手で、いつもしようしようとは思っているのになかな...

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

シンク掃除に使用するスポンジは「使い捨て」が一番です

食器を洗うスポンジとシンクの掃除に使うスポンジを使い分けていると、置き場所に困るという人も多いのでは...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

面倒な窓掃除!外側の窓を上手に掃除する方法やおすすめアイテム

掃除の中でも特に億劫と感じる窓の掃除。 特に外側の窓ガラスを掃除する時には、重い腰を上げて取り...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

玄関で掃除機を使いたいときは?ノズルを変えて掃除しましょう

玄関の掃除も掃除機を使いたいけれど室内と同じノズルでかけるのは抵抗がありますよね。 しかし、掃...

風呂の大掃除をするのに必要な洗剤、道具について

風呂の大掃除に必要な洗剤や道具を紹介します。 浴室のパーツ別で汚れが違います。 お風呂場の掃...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

トイレ詰まりを今すぐ溶かす方法を解説!まずは水とお湯を使おう

トイレの詰まりはトイレトラブルの中でも一番多いものですが、実際に起こってしまうとどうやって対処すれば...

下水の臭い。考えられる原因と自分でできる対策

下水の臭いが部屋中に充満! 不快な臭いとともに生活はできません。 そして、臭うということ...

スポンサーリンク

外壁掃除に使う洗剤は、家にある中性洗剤でも落とすことが可能

戸建てに住んでいると住宅の外壁の汚れが気になることがありますよね。耐久性の高い外壁やセルフクリーニング機能のある外壁もありますが、外壁は雨や風にさらされているため、埃や排気ガス、サビやコケ、雨だれなどで汚れてしまいます。新築から5年も経つと外壁の黒ずみも目立ち始めます。外壁を掃除をすることで建物の見た目がよくなり、建物を長持ちさせることもできます。

外壁の掃除をする場合、家にある中性洗剤でも落とすことができます。
【準備するもの】

  • ホース
  • バケツ
  • 中性洗
  • ブラシ

【掃除の仕方】

  1. ホースで水をかけ泥など葉っぱなど大きなゴミを落とす。汚れは下に流れるの上の階から下へゆっくり洗い流します。
  2. 中性洗剤をバケツの中に入れ、薄めブラシで擦る。強く擦らないようにします。
    コケや藻の汚れはブラシで優しくこすり落とします。2階部分の作業をする場合は高所用のブラシを使用することをおすすめします。
  3. ホースで洗剤を洗い流す。

注意することは力を入れすぎないこと。力を入れすぎると塗装が剥がれてしまいます。

外壁の落ちない汚れを掃除したい場合は、外壁専門の洗剤が効果的!

外壁やベランダに細長い筋のように黒ずんだ、汚れを見つけたことがありますよね。それは雨水が流れ込んだ後に発生する雨だれです。新しい家でも雨だれが目立つこともあります。雨だれをそのままの状態にすると汚れはどんどん広がってしまいます。そのため雨だれを見つけたら早めに対処することをおすすめします。

排気ガスや埃、藻、コケ、カビ、雨だれなどは自分で汚れを落とすことが出来ます。ホースを使い汚れを落とし、スポンジで外壁の汚れを落とします。この方法でも落ちない場合は洗剤を使います。バケツに中性洗剤を溶かし、スポンジ含ませて外壁を擦ります。外壁用クリーナーが市販されているので、専用のクリーナーを使うことで頑固な汚れを落とすことが出来ます。

自分で雨だれを掃除する場合は、風が強い日は掃除をしないことです。風が強いとすぐに汚れがついてしまう可能性があります。天気のいい穏やかな日を選んで掃除をしましょう。

外壁掃除に向かない洗剤もある?外壁掃除のコツ

持ち家の場合メンテナンスが必要になってきます。そのうちの1つが外壁です。築年数と共に外壁の汚れも気になってくることが多いです。みなさんはどのように掃除を行っていますか?業者に依頼するとかなり高額な費用がかかってしまうので、自分で掃除をしている人も多いですよね。しかし外壁掃除に向かない洗剤もあること知っていますか?

外壁掃除のコツを紹介します。

  • 晴れた天気のいい日に行う
    晴れた日に掃除を行うと埃などがつきにくくなります。
  • 優しく洗浄する
    コーキング目地は水圧に弱いので劣化してしまいます。コーキング目地部分は優しく洗浄しましょう。
  • 洗剤で外壁を擦る
    汚れの落ちなかった外壁の汚れや、高い場所は長い柄のついたブラシで外壁洗浄剤をつけて擦ります。洗浄剤で外壁を掃除したら水で洗浄剤と汚れをしっかり洗い流します。洗浄剤が残っていると、変色や外壁を傷める原因になるのでしっかり洗い流しましょう。
  • 研磨剤は使わない
    コケや藻など頑固な汚れにはクレンザーなどの研磨剤を使用してしまいがちですが、外壁の素材も削れてしまいます。そのため表面が劣化してしまうので絶対に使用しないようにしましょう。

外壁掃除を間違うと、かえって家を傷つけてしまうことも

外壁が汚れていると外観を損なうばかりでなく、雨漏りやカビのトラブルになることもあります。そのため外壁は定期的に掃除を行いましょう。しかし掃、除の方法を間違えてしまうと逆に家を傷つけてしまう可能性もあるので注意しましょう。どんな外壁にも高圧洗浄機が使えると思いがちですが、すべての素材に高圧洗浄が使えるわけではありません。

まず高圧洗浄機を使った掃除の方法です。圧力の弱い場所に高圧洗浄機を使い掃除をすると家が傷ついてしまいます。また高圧洗浄で多いトラブルの1つが高圧洗浄機はとても大きな音がでます。素人が高圧洗浄を行う場合、プロに比べると作業時間も長くなるので音の出る時間も長くなってしまいます。そのため近隣へ迷惑がかかってしまう可能性も考えられます。又水が飛び散ったりすることもあるので外壁の掃除を行う場合は近隣への配慮も必要になります。

徹底的に外壁掃除をしたいなら業者に依頼した方が安心

自分では外壁の掃除が難しいと感じる場合は無理をしないで、専門の業者にお願いすることをおすすめします。お金はかかってしまいますが、外壁の掃除を綺麗に行ってくれます。
高い場所の掃除には危険も伴うので専門の業者にお願いしましょう。まず外壁掃除を行う際は、何件もの業者から見積を取ることをおすすめします。しっかり作業内容と料金を確認して契約をしましょう。

定期的に外壁の掃除をすることで見た目も綺麗ですし、耐久度も長持ちします。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事