仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。
しかし、どんな手続きが必要なのか、またどのくらいの費用がかかるのか詳しく知らない人も方が多いのではないでしょうか。

今回は仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて説明します。処分する前には必ず仏壇供養が必要になります。そのため、処分以外にお布施の費用もかかる場合があります。

また、処分した後でもお墓参りに行くことを忘れないようにしましょう。供養する気持ちを持ち続けることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除のやり方。壁紙についたヤニの落とし方と有効な洗剤と注意点

自宅で喫煙する方がいる場合は、壁や家具にヤニがつくことが気になりませんか? 特に白い壁の場合は...

仏壇の掃除の仕方を知りたい。仏壇を掃除してご先祖様に感謝を

仏壇とどのように付き合えばよいのか。 急に、仏壇との暮らしが始まると、仏壇に対して抵抗感を抱いてし...

庭の草むしりを簡単に行うためのコツと便利な道具を紹介します

庭付きの一軒家に憧れて購入したものの、手入れをしないうちに雑草だらけになってしまった人も多いのではな...

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

便器についてしまった頑固な黒ずみの効果的な落とし方を解説

便器についてしまった黒ずみ。そのまま放置しておいて落とせなくなってしまったことに悩んでいる人も多いこ...

玄関にほうきとちりとりを収納すると便利!収納のアイデアを紹介

玄関にほうきとちりとりを置くと、お客様が来たときの視線が気になってしまうことがあります。 玄関...

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

掃除の順番は曜日別に。効率よく家中まんべんなく掃除できる方法

掃除の順番を見つけて、効率的で負担にならない自分流の掃除方法を探しましょう。 曜日ごとに掃除す...

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

重曹を使った掃除!重曹スプレーの作り方と使用する場合の注意点

重曹を使った掃除方法は色々ありますが、一番手軽で掃除しやすいのは、やはり重曹スプレーを使った掃除方法...

壁の掃除に重曹を使いたい!デイリーから大掃除まで。重曹大研究

壁の掃除も重曹におまかせ! 一般的な壁紙クロスなら、重曹スプレーで汚れを落とすことができます。...

【レンジ掃除のコツ】臭い取りに効果的な方法を解説します

日常生活に欠かせないレンジですが、毎日使っているといつの間にか汚れていることに気がつくこともあるので...

プラスチックのゴミ箱の臭いを取る方法と臭いを吸着させないコツ

キッチンに置くゴミ箱の素材で多いプラスチックですが、難点は臭いを吸着しやすいことです。 生ゴミを入...

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

スポンサーリンク

仏壇処分の前に必要な仏壇供養にかかる費用について

仏壇を処分しようとする際、間違ってもいきなり解体して、地域のゴミ収集に出すという方法は取らないで下さい。

仏壇を処理する前に行うこと

仏壇供養という儀式が必要で、仏壇の中に宿った先祖の魂を天に返す意味があるそうです。これを行うことにより、仏壇は単なる「箱」になると言えるのだそうです。

仏壇供養にかかる費用は、「仏壇供養のお布施金額」と「仏壇本体の廃棄費用」の2つ

ここではまず、仏壇供養にかかるお布施の金額の相場について調べていきます。

お布施とは、仏事の際にお坊さんに対して渡す謝礼のこと。
仏壇供養の場合のお布施の相場は、だいたい10,000円~50,000円くらいで、この範囲で家庭でできる限りの気持ちを示せば良いということになっているようです。

あくまでも相場なので、宗教によっての上下はあるかと思いますが、経済的に余裕がない場合は少額でも問題ありません。

心配な方は、「他の方はどのくらいされているのか」と直接お坊さんに相談したほうが、お互いに後からトラブルになるようなこともなく安心して供養することができます。

仏壇を処分する時にかかる費用は依頼先によって違います

お布施金額の相場については先ほど述べた通りになりますが、次に「仏壇本体の廃棄費用」について説明していきたいと思います。

「仏壇本体の廃棄費用」は依頼先によって異なり、その費用もさまざまです。
費用相場については、一概にはお話できないのでそれぞれ確認して納得のいく金額の所にお願いするのが一番良い方法だと思います。

仏壇本体の廃棄を請け負ってくれる場所

寺院に引き取ってもらう

仏壇供養の後、そのまま引き取ってもらえるので、安心しておまかせできる方法の一つです。

仏具店に引き取ってもらう

仏具店に引き取ってもらう場合は、宗教の教派を気にすることなく依頼できる点がメリットですが、費用は高くつくことが多いようです。
古い仏壇の引き取りサービスを行っているお店もあるようなので、近くに仏具店がある場合は確認してみると良いでしょう。

地域の粗大ゴミに出す

地域のゴミ収集のルールによりますが、細かく分解されたものであれば、燃えるゴミや金属ゴミとして出せる場合があるようです。
粗大ゴミで出す場合には、大きさによって金額が異なりますので各自治体に確認が必要です。

仏壇処分を業者に依頼する場合の流れと費用について

仏壇の引き取りを専門に行っている業者も存在するようです。
業者に依頼するときには、ほとんどの業者が引き取りからのサービスになるようなので、依頼前に仏壇供養の儀式は済ませておきましょう。

仏壇の回収方法については、業者により異なりますが仏壇を宅配で送る場合が多いようです。
宅配業者が運んでくれるので、仏具を取り出しておくだけの手間で良いのがメリット。

ただ、専門の業者に依頼する場合にはトラブル防止のために、事前の費用確認など念入りに行う必要があるようです。

仏壇を処分する前に注意すること

仏壇本体を処分する時には事前に2つのことを確認しましょう。

仏壇の遺影はどうするか決める

仏壇の上に飾られていることの多い遺影ですが、仏壇供養に合わせて遺影の扱いに悩む家庭は多いようです。
「処分」する場合には、仏壇と同様にお性根供養が必要になります。供養が終われば遺影はただの写真になりますが、ゴミにするのではなく焚き上げをしてもらう方法が一般的です。
「そのまま飾る」こともできます。この場合はお性根供養は必要ないので、特に理由がない場合はそのまま飾っておくほうが良いかもしれません。

仏壇の引き出しの中身を確認する

仏壇の引き出しは、使っていた人にしか何が入っているかわからないものです。
そのため、引き出しの確認をしなければいけないということを、知らない人も多いです。引き出しの中には、亡くなった方の思い出の品が入っていることも多いです。
仏壇本体を処分する前には、忘れずにチェックしておきましょう。

仏壇を処分した後でも供養を忘れずに

流れに沿って仏壇を処分することができれば、ご先祖様もきっと、喜んでくれていることと思います。
しかし、家から仏壇がなくなったからといって、供養しなくてもよくなったというわけでは決してありません。仏壇がなくなり、毎日の供養ができなくなったからこそ、供養する気持ちはより一層強く持ちましょう。

お墓参り
仏壇処分後の一番いい供養方法がお墓参りです。
故人の命日やお盆、お彼岸、年末年始など、毎年決まった時期には家族でお墓参りをするようにしましょう。
また、お墓参りしてはいけない時期はありません。お参りをしたくなったらいつでもお墓に行ってご先祖様の供養をしましょう。

永代供養
お墓が遠くにある場合には、定期的なお墓参りは難しいので、お寺に供養してもらうこともできます。

手元供養
遺骨を手元に置く供養方法です。遺品などを手元に置くことも、立派な供養になるそうです。

仏壇を処分した後、大切なのは供養する気持ちを持つことです。供養する気持ちさえあれば、どんな方法でもご先祖様に届くことでしょう。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事