引っ越し前に掃除業者を呼ぶ必要はある?原状回復の意味を知ろう

引っ越し前に掃除業者を呼ぶ必要はある?原状回復の意味を知ろう

引っ越し前にこれまで住んできた部屋を掃除すると思いますが、掃除業者を呼んでしっかり部屋を綺麗にすべきかどうかで悩むことがあります。
原状回復が必要だと言われてしまうと、どこまで掃除が必要なのか、後で何かしら費用を請求されてしまうのでは…と不安に思うのです。
それならば掃除業者を呼んで、事前に部屋を綺麗にしてもらおうと考えてしまうのですが、果たして業者を呼んでまで掃除をする必要があるのでしょうか。
損をしないよう、最後までぜひお読みください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タンスの処分は無料でできるのか。不要なタンスの処分方法

引っ越しで不要になったタンスの処分にお困りの方はいませんか? 大きなタンスはフリマアプリなどでも売...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

タンスを処分するには解体しかないの?タンスの処分方法について

タンスの処分に頭を悩ませている人は多くいます。 昔ながらのタンスは重たくて、そう簡単に家の外に...

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。 しかし、どんな手...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

引越しに出たゴミが当日までに間に合わない場合の対処法

予定を立てて引越しの準備をしていても、引越し当日までにゴミ処分が間に合わないということもあるでしょう...

テレビを処分するには「リサイクル料」という費用がかかります

テレビは粗大ごみとして処分することができません。 家電リサイクル法によりリサイクル費用を支払わ...

部屋の掃除を業者に頼むといくら?事前にしておくべきコトとは

部屋の掃除を業者に頼むときには、どのような流れとなるのでしょうか? 業者に部屋の掃除を頼む...

布団の処分費用を無料にする方法と注意点について解説します

新しい布団を買おうと思っても、古い布団をどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。 ...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

ミニマリストを目指したい独身男性が最低限必要なものとは

最低限のものしか持たないで生きるミニマリスト。そういう生活を送りたい独身男性が増えていると言われ...

ベッドを処分する場合にかかる費用の相場と正しい処分方法

子供の成長によって古いベッドを処分しようと考えた場合、費用がとのくらいかかるのか気になる人の方が多い...

No Image

エアコンの処分を無料で行う業者に注意!正しい処分方法とは

新しくエアコンを買い替える場合、不要となったエアコンを処分するための費用が高いことに驚く人も多いので...

パソコン処分のための正しいデータ消去方法について理解しよう

古いパソコンを処分するときに必要なデータ消去。しかし、詳しい方法についてはよくわからない人も多いよう...

テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

新しいテレビを買うことになった場合、古いテレビは家電リサイクル法の対象となっているため正しく処分しな...

スポンサーリンク

引っ越し前に掃除業者を呼んで部屋をきれいにする必要はあるのか

引っ越しが決まるとそれに伴って自宅の「掃除」をしなければいけませんが、賃貸住宅の場合だと「原状回復が目安」とされていますし、どの程度掃除をすれば良いのか悩みますよね。

掃除業者に頼んで徹底的にキレイに掃除をした方が良いのか?それとも自分で可能な限りで掃除をするのが良いのか?

気になることでしょう。

答えからお伝えすると基本的には掃除業者を呼ぶまでの掃除をする必要はありません。

一般的に物件の管理会社は入居者が部屋を去った後に部屋のクリーニングを専門業者に依頼します

もちろん全ての管理会社が部屋のクリーニングを専門業者に依頼しているとは限りませんが、再度違う人に入居して貰うということを考えればそうした掃除を依頼している可能性が高いでしょう。
そのためあなたがわざわざ業者を呼んで掃除をしてもらったとしても、その掃除は意味のないものとなってしまう可能性が高いのです。
ただ、管理会社との物件入居時の契約内容によっては退去時に別途掃除料金が必要となっているケースもありますので、一度契約書を確認してみると良いかもしれません。

業者を呼ぶ必要はない?引っ越し前の掃除ポイント

引っ越し時に伴う掃除は、自分が可能な限りで行える範囲のもので問題ないということをお伝えしましたが、掃除の仕方によっては別途掃除代金を請求されることがあります。
そのようなことにならないようにするためには「掃除のポイント」を抑えておくことが大切です。

掃除のポイント2つ

水回り

浴室、洗面所、キッチン、トイレ等の水を使う場所の掃除は念入りに行いましょう。特に水垢には要注意です。
水垢は長期間放置したものであればそう簡単に落ちるものではありませんので、時間をかけて地道に落とす必要があります。

壁や床

壁や床は手や足の垢が付着しやすい場所のひとつです。
特に、床は定期的な掃除を意識していなければ黒く汚れていることも多いので、よくチェックするようにしましょう。
また自宅で毎日料理をしていれば、油が床や壁に飛び跳ねていることが考えられますので、より念入りな掃除を心がけることが大切です。

掃除は基本的に「年末の大掃除」を目安に行うと良いでしょう。普段の生活で溜まった汚れを落とすことを意識して掃除してみて下さいね。

引っ越しが大変で、掃除までどうしても手が回らないのでれば業者に依頼するのも方法の一つ

引っ越し時には様々な準備が必要になりますから、中には「掃除にかける時間が無い」というような場合もあるでしょう。
もしも、掃除に時間をとることが出来ないのであれば、その時は掃除業者を利用するのもひとつの方法です。

ただ掃除業者を利用するとなると必ず「お金」が掛かってきます。
実際に掛かる費用は業者にもよりますので一概には言えませんが、可能な限りで掃除は済ませておくことをオススメします。

手間の掛かる浴室やトイレ、コンロ回りは業者に任せてそれ以外は自分で掃除をするなど、出来る限り自分で出来ることは済ませておくと費用を抑えることができるでしょう。

また、引っ越しが多くなる時期や年末などは掃除業者も混雑していることが考えられますので、掃除業者を利用する決めた場合には早めに予約を取ることが大切です。

引っ越し時の掃除で気になる「原状回復」の定義とは

一方で、賃貸住宅に住む際によく耳にする「原状回復」という言葉ですが、原状回復とは一体どのような状態のことなのか気になったことはないでしょうか。

一般的には「生活する上で仕方なく起こったもの」であれば問題ないと言われています。具体例をあげると以下のようなことがあります。

  • 窓から入る日差しに床や壁の日焼け
  • 冷蔵庫やソファ等の家具配置の際に起こる配置跡
  • ポスターやカレンダーを貼る際の画鋲の跡 など。

その反面で以下のようなことは入居者の負担となります。

  • キッチンの油汚れや水回りの水垢汚れなど掃除不足によるもの
  • ペットによる壁紙等の損傷
  • 故意的による破損(家具をぶつけて傷つけた、エアコン設置に伴い壁に穴を空けた等)

このように普通に生活をしている上で発生したものについては問題ないとされていますが、その線引きは管理会社によっても異なるようです。

引っ越し前に行いたい、気になる汚れの掃除方法

気になる汚れの掃除方法について紹介します。

換気扇の掃除

換気扇の主な汚れは「油」です。
そんな油汚れにはアルカリ性の洗剤がオススメです。
専用の洗剤を使うのはもちろんのこと重曹でも代用することが可能です。

重曹を使った換気扇の掃除方法

まずは桶やバケツにお湯と適量の重曹を入れます。
その中に換気扇のパーツを漬け置きし少し時間を置いたらスポンジ等で洗います。
また、取り外すことができないパーツは、重曹水を雑巾等に染み込ませて拭き取ると良いでしょう。

浴室の掃除

浴室の汚れは主に「カビ」と「水垢」に分かれます。
カビであれば専用の漂白剤を使い、水垢であれば酸性の洗剤やクエン酸を使うのが効果的です。
掃除方法は上記同様に、基本的には浸け置き後にスポンジ等で擦って汚れを落としましょう。
また、クエン酸と水を混ぜたクエン酸水は、キッチン回りやトイレの水垢汚れにもオススメですのでひとつ用意しておくと良いでしょう。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事