テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

新しいテレビを買うことになった場合、古いテレビは家電リサイクル法の対象となっているため正しく処分しなければなりません。

一番簡単なのは新しいテレビを購入する販売店に依頼することですが、運搬料もかかるため高額となります。

そこで今回は、指定場所へテレビを持ち込みして処分してもらう方法について説明します。この方法であれば運搬料がかからないので、安くなります。

しかし、指定場所が遠い、または手続きが面倒だと感じる人もいるかもしれません。そんな人のための処分方法についても説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寝室の理想的な掃除頻度とおすすめの掃除方法を徹底解説

寝室は寝るだけだし、汚れも目立たないからとあまり掃除をしないという人の方が多いかもしれません。 ...

部屋のカビ臭い臭いは重曹の消臭剤で除去!臭いの原因と予防方法

部屋の中にカビ臭い臭いが充満していたら、毎日嫌な気分で生活をしなくてはなりません。お部屋に消臭剤を置...

タンスの処分は無料でできるのか。不要なタンスの処分方法

引っ越しで不要になったタンスの処分にお困りの方はいませんか? 大きなタンスはフリマアプリなどでも売...

掃除が苦手な人必見!基本的な部屋の掃除方法とコツをご紹介

部屋の掃除をしようと思っていても掃除が苦手で、いつの間にか部屋が汚くなってしまったという人も多いと言...

部屋の正しい換気方法を理解して、過ごしやすい空間にしましょう

部屋の窓を開けて部屋を換気し新鮮な空気を吸うと、気分的にもスッキリすると感じる人も多いでしょう。 ...

部屋が臭い。原因不明ならまずは布製品をクリーンに

部屋が何となく臭い。 臭いの発生源がわからず、原因不明ならまずは部屋にある『布製品』をクリーニ...

部屋の掃除はどこから始める?効率よく部屋をきれいにしよう

いつの間にか汚くなってきた部屋の掃除をいざ始めようと思っても、どこから手をつけていいのか迷ってし...

布団の処分費用を無料にする方法と注意点について解説します

新しい布団を買おうと思っても、古い布団をどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。 ...

一人暮らしの部屋の掃除のコツと簡単な方法について解説します

一人暮らしだと、どうしても食べることが先で部屋の掃除が後回しになってしまいますよね。 でも...

【壁紙の掃除の基本】カビが発生してしまった壁紙を掃除する方法

壁紙の掃除についての基本はいくつかあります。 ですが、カビを除去する方法と、普通の壁紙掃除は違いま...

片付け・収納のプロに学ぶ『整理整頓術』今の自分を見つめ直して

片付けや収納のプロに学ぶ『整理整頓術』。 でも、どんなに優れた方法でも、自分の思考が整理整頓で...

カーペットのクリーニング方法。セルフでキレイを保つには

カーペットのクリーニング方法について。 カーペットを自分でクリーニングするにはどうしたらよいの...

部屋の掃除をしたくないときにやる気を出す方法を紹介します

部屋の掃除をしようとは思っていてもなかなかやる気が出ないときには、どのようにしてやる気を出したら...

和室掃除の基本。毎日簡単に掃き掃除とホコリ取りをしましょう

和室の掃除、考えるだけで億劫になってもう、締め切ったままもう何ヶ月も掃除してないかも。 和室は、畳...

畳の掃除機掛けの理想的な頻度を紹介。掃除機のかけ方やコツ

フローリングの床の場合はほこりがたまってきたらすぐにわかりますが、畳の場合はどうでしょう。 掃除機...

スポンサーリンク

テレビを処分する時にかかる費用は持ち込みの方が安くなります

テレビの処分をする場合は家電リサイクル法に沿って処分する必要があります。

テレビの処分にはリサイクル料金と収集・運搬料金がかかる

リサイクル料金は、処分に出したテレビからまた使える部品や材料を取り出し再び資源をリサイクルする際にかかる料金です。
この料金はメーカーによって異なりますが必ずかかってしまう費用です。

処分に出す際の収集・運搬費用は自分で持ち込みをすることで節約することができる

電気店などの小売店に引き取ってもらう場合は運搬料金がかかりますが、自分で指定取引場所にもっていく場合は運搬費がかからないのです。

そのため、少しでも費用を減らしたい場合は自分で持ち込みして処分することを検討してみてはいかがでしょうか。

指定場所へ持ち込みしてテレビを処分してもらう場合の手続き方法

では指定取引所へ持ち込みしてテレビを処分する手順についてお伝えしていきます。

まずはじめに、自分の処分したいテレビのメーカー名や大きさについて把握しておきましょう。

テレビの大きさやメーカーによってリサイクル料金が変わる

把握をしたら、次に家電リサイクル券センターの公式ホームページでリサイクル料金がどのくらいかかるのか調べてみましょう。

料金がわかれば、郵便局でリサイクル料金の振り込み手続きを行っていきます。
窓口でリサイクル料金を払いたいと伝えれば振込用紙を貰えます。

リサイクル料金があっているのか不安な場合は、郵便局の担当者さんに聞けばリサイクル料金を調べてくれるようです。

支払いをする場合はリサイクル料金と振込手数料が発生しますのでご注意ください。

支払いが終了すれば、支払い後の振込用紙をもって指定取引場所へテレビを持ち込みすれば完了です。

指定取引場所は家電リサイクル券センターの公式ホームページで確認することができますので調べておいてくださいね。

テレビを処分するのではなく、売却する利点とは

テレビを処分するのにはリサイクル料金や運搬料金がなどがかかってしまいますよね。
捨てるものに対してお金をだすのはもったいないと感じる人も多いのではないでしょう。

テレビを売るメリット

そこでテレビを買い取り専門店などに売却するという方法があります。

もしテレビを買い取りしてもらえれば処分する際にかかる費用を節約できるどころかお金も入れることができるのです。

大きいテレビの場合自宅から持ち込みしなくても、査定や売却をしてくれる業者もありますので是非利用してください。

売却する場合はリサイクル券を書いたり運搬する必要がないので手間をかけずに処分することができるのでお勧めです。

テレビを買い取ってもらえないケースも有る

しかしテレビを買い取りしてもらえる物も限られています。
新しい型番のテレビの場合は引き取ってもらえる可能性が高いですが、テレビの状態が悪くて壊れているものや古い型番のテレビなどは買取してもらうのは難しいでしょう。

テレビの処分を無料で行う回収業者には注意しよう

家電リサイクル法で決められている品目を回収する業者には基本的に一般廃棄物収集運搬業の許可が必要になります。

しかし、中にはそういった許可を取らずに無許可で回収を行っている業者が増えているようなので注意が必要です。

テレビの処分には本来費用がかかるのが原則

テレビを無料で引き取ってくれるという回収業者には特に注意が必要でしょう。

本来であれば家電リサイクル券を発行する為処分先がわかりますが、無料回収の場合はリサイクル券を発行する必要がないのでどこに処分したのかが明確ではありません。

そのため、山奥などに不法投棄している場合もあるのです。
そうすると火災が起きたりと環境破壊へと繋がってしまうのです。

そして、業者によっては無料で引き取ると言ってあとから莫大な請求をしてくる悪徳業者もあるようです。

そういったことに巻き込まれないようにも注意して回収業者はしっかりと選ぶようにしてください。

テレビの持ち込み処分が面倒なら自治体へ依頼しよう

テレビの処分料金を安くするためには、自分で指定取引所へ持ち込むことで運搬費を節約できるとお伝えしました。

しかし、やはり費用を節約できますが手間はかかりますので、テレビの回収を依頼する場合で費用を押さえたいという人は自治体に処分を依頼するという方法がおすすめです。

自治体で処分を依頼する場合

テレビ販売店や不用品回収業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

自治体が処分を行ってくれるので、安全で適切な方法で処分をしてくれるのでトラブルに巻き込まれることがないのもよいですよね。

安くテレビを処分することができますが、事前に郵便局でリサイクル料金を振り込みをする必要があったり、収集してもらうための予約を取る必要があります。

また、家の外にテレビを運び出す必要もあるので少し手間がかかります。

料金を少し抑えられるのであれば手間や時間をかけてもよいという人におすすめの方法です。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事