テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

新しいテレビを買うことになった場合、古いテレビは家電リサイクル法の対象となっているため正しく処分しなければなりません。

一番簡単なのは新しいテレビを購入する販売店に依頼することですが、運搬料もかかるため高額となります。

そこで今回は、指定場所へテレビを持ち込みして処分してもらう方法について説明します。この方法であれば運搬料がかからないので、安くなります。

しかし、指定場所が遠い、または手続きが面倒だと感じる人もいるかもしれません。そんな人のための処分方法についても説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【部屋をきれいにする方法】中学生の子供のために親ができること

子供が中学生にもなれば、勉強に集中できるように部屋をきれいにしてあげたいと思いますよね。 ...

テレビを処分するには「リサイクル料」という費用がかかります

テレビは粗大ごみとして処分することができません。 家電リサイクル法によりリサイクル費用を支払わ...

掃除や片付けに困り業者に依頼したい場合のポイントと注意点

部屋の掃除や片付けが苦手で、一人で手に負えない状態にまでなった場合は、業者に依頼してお任せしてしまう...

ダニ駆除シートの効果とメリット・デメリットについて徹底解説

ダニ対策方法の一つとしてダニ駆除シートの使用を考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、気...

断捨離は長期戦でも効率的に!継続的に成功させるコツとは

断捨離をやってみると長期戦になり、思っていた以上にストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。 ...

整理整頓のコツ!キッチンは使いやすさを考えてスッキリと収納

キッチンにはたくさんの物がありますよね。 調味料や食料品のストック、調理に使うアイテムも引き出しを...

実家の片付けで出てきた不用品の処分方法と注意点について解説

なかなか家の中にあるものを捨てられない親に代わって、不用品などの片付けを手伝うこともありますよね...

一人暮らしの部屋の掃除のコツと簡単な方法について解説します

一人暮らしだと、どうしても食べることが先で部屋の掃除が後回しになってしまいますよね。 でも...

カーペットに掃除機をかけると出る白い粉はハウスダスト

カーペットに掃除機をかけると、謎の粉が回収されると思います。 これは、単純に『ハウスダスト』ですね...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

部屋の生活感を消すために!生活感のないリビングの作り方

ネットで見かけるステキやお部屋やインテリア雑誌で紹介されている部屋は、同じ主婦でも生活感がなく、おし...

部屋の換気を行う効果は?正しい換気の方法と時間の目安を解説

寒い時期は部屋の中に冷たい空気を取り入れたくないと考えがちですが、そんなときこそ換気が効果的です。換...

掃除を楽しくする方法!面倒な掃除を楽しくして部屋を掃除しよう

掃除をするのが面倒でどうしても重い腰が上がらないという人もいますよね。掃除を楽しくする方法が分か...

部屋が臭い!カビが発生している場所を探して除菌しましょう

部屋の掃除をしているはずなのに、なんだかカビ臭いと感じることはありませんか。それは部屋のとこかにカビ...

部屋にカビが発生する原因を理解して、正しい予防をしましょう

いつの間にか部屋の中に発生したカビ。しかし、詳しい原因まではよくわからない人の方が多いのではないでし...

スポンサーリンク

テレビを処分する時にかかる費用は持ち込みの方が安くなります

テレビの処分をする場合は家電リサイクル法に沿って処分する必要があります。

テレビの処分にはリサイクル料金と収集・運搬料金がかかる

リサイクル料金は、処分に出したテレビからまた使える部品や材料を取り出し再び資源をリサイクルする際にかかる料金です。
この料金はメーカーによって異なりますが必ずかかってしまう費用です。

処分に出す際の収集・運搬費用は自分で持ち込みをすることで節約することができる

電気店などの小売店に引き取ってもらう場合は運搬料金がかかりますが、自分で指定取引場所にもっていく場合は運搬費がかからないのです。

そのため、少しでも費用を減らしたい場合は自分で持ち込みして処分することを検討してみてはいかがでしょうか。

指定場所へ持ち込みしてテレビを処分してもらう場合の手続き方法

では指定取引所へ持ち込みしてテレビを処分する手順についてお伝えしていきます。

まずはじめに、自分の処分したいテレビのメーカー名や大きさについて把握しておきましょう。

テレビの大きさやメーカーによってリサイクル料金が変わる

把握をしたら、次に家電リサイクル券センターの公式ホームページでリサイクル料金がどのくらいかかるのか調べてみましょう。

料金がわかれば、郵便局でリサイクル料金の振り込み手続きを行っていきます。
窓口でリサイクル料金を払いたいと伝えれば振込用紙を貰えます。

リサイクル料金があっているのか不安な場合は、郵便局の担当者さんに聞けばリサイクル料金を調べてくれるようです。

支払いをする場合はリサイクル料金と振込手数料が発生しますのでご注意ください。

支払いが終了すれば、支払い後の振込用紙をもって指定取引場所へテレビを持ち込みすれば完了です。

指定取引場所は家電リサイクル券センターの公式ホームページで確認することができますので調べておいてくださいね。

テレビを処分するのではなく、売却する利点とは

テレビを処分するのにはリサイクル料金や運搬料金がなどがかかってしまいますよね。
捨てるものに対してお金をだすのはもったいないと感じる人も多いのではないでしょう。

テレビを売るメリット

そこでテレビを買い取り専門店などに売却するという方法があります。

もしテレビを買い取りしてもらえれば処分する際にかかる費用を節約できるどころかお金も入れることができるのです。

大きいテレビの場合自宅から持ち込みしなくても、査定や売却をしてくれる業者もありますので是非利用してください。

売却する場合はリサイクル券を書いたり運搬する必要がないので手間をかけずに処分することができるのでお勧めです。

テレビを買い取ってもらえないケースも有る

しかしテレビを買い取りしてもらえる物も限られています。
新しい型番のテレビの場合は引き取ってもらえる可能性が高いですが、テレビの状態が悪くて壊れているものや古い型番のテレビなどは買取してもらうのは難しいでしょう。

テレビの処分を無料で行う回収業者には注意しよう

家電リサイクル法で決められている品目を回収する業者には基本的に一般廃棄物収集運搬業の許可が必要になります。

しかし、中にはそういった許可を取らずに無許可で回収を行っている業者が増えているようなので注意が必要です。

テレビの処分には本来費用がかかるのが原則

テレビを無料で引き取ってくれるという回収業者には特に注意が必要でしょう。

本来であれば家電リサイクル券を発行する為処分先がわかりますが、無料回収の場合はリサイクル券を発行する必要がないのでどこに処分したのかが明確ではありません。

そのため、山奥などに不法投棄している場合もあるのです。
そうすると火災が起きたりと環境破壊へと繋がってしまうのです。

そして、業者によっては無料で引き取ると言ってあとから莫大な請求をしてくる悪徳業者もあるようです。

そういったことに巻き込まれないようにも注意して回収業者はしっかりと選ぶようにしてください。

テレビの持ち込み処分が面倒なら自治体へ依頼しよう

テレビの処分料金を安くするためには、自分で指定取引所へ持ち込むことで運搬費を節約できるとお伝えしました。

しかし、やはり費用を節約できますが手間はかかりますので、テレビの回収を依頼する場合で費用を押さえたいという人は自治体に処分を依頼するという方法がおすすめです。

自治体で処分を依頼する場合

テレビ販売店や不用品回収業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

自治体が処分を行ってくれるので、安全で適切な方法で処分をしてくれるのでトラブルに巻き込まれることがないのもよいですよね。

安くテレビを処分することができますが、事前に郵便局でリサイクル料金を振り込みをする必要があったり、収集してもらうための予約を取る必要があります。

また、家の外にテレビを運び出す必要もあるので少し手間がかかります。

料金を少し抑えられるのであれば手間や時間をかけてもよいという人におすすめの方法です。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事