一人暮らしの部屋の掃除のコツと簡単な方法について解説します

一人暮らしの部屋の掃除のコツと簡単な方法について解説します

一人暮らしだと、どうしても食べることが先で部屋の掃除が後回しになってしまいますよね。

でも、そのままにしている一人暮らしでもいつの間にか部屋は汚くなっていってしまいます。

一人暮らしの部屋の掃除は何から始めればよいのでしょうか?掃除のコツやポイントは何なのでしょうか?

一人暮らしの人必見!簡単にできる部屋の掃除のコツについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋の臭いの原因を理解して、いい匂いのする部屋に変えよう

一人暮らしをしていると、なんだか部屋が臭いと感じることもあるでしょう。 しかし、その臭いの原因...

【子供部屋の掃除方法】子供に掃除させるコツを教えます

いつもおもちゃでいっぱいの子供部屋。「片付けなさい。」と言ってもなかなか子供が自分から掃除してくれな...

タンス収納は仕切り方がコツ!そのアイデアをご紹介します

タンスにきちんとたたんで洋服を入れたはずなのに、いつの間にかぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。...

部屋のカビ対策を紹介。カビを作らない為に出来る事と除去方法

部屋の角にカビを見つけた。何となく部屋中がカビ臭い。という部屋の中に発生した嫌なカビにお困りではあり...

整理整頓について。部屋を秩序的に保ちたいのなら何をするべきか

整理整頓は、人生の課題ですよね。 一人暮らしの部屋だと、ある程度の範囲自分の意志でものをコント...

ズボラでもできる掃除術。掃除のヒントやマイルールの作り方とは

掃除は面倒、苦手、あまりしないというズボラさん。 ズボラでもできる掃除のポイントがありました。...

ダニ駆除シートの効果とメリット・デメリットについて徹底解説

ダニ対策方法の一つとしてダニ駆除シートの使用を考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、気...

片付け・収納のプロに学ぶ『整理整頓術』今の自分を見つめ直して

片付けや収納のプロに学ぶ『整理整頓術』。 でも、どんなに優れた方法でも、自分の思考が整理整頓で...

クロスの掃除に洗剤は使えるの?クロス掃除に適した洗剤

クロス掃除にはどんな洗剤を使えばよいのでしょうか? 日本の住宅では7割近く使われている『ビニー...

部屋の掃除を業者に頼むといくら?事前にしておくべきコトとは

部屋の掃除を業者に頼むときには、どのような流れとなるのでしょうか? 業者に部屋の掃除を頼む...

部屋を綺麗に保つコツ。最低限以下までモノを減らす意識を持つ

部屋を綺麗に保つコツ。 部屋を綺麗な状態で使い続けたい。 やろうと思わなくても、片付いた状態がキ...

掃除の手順を確認!毎日の掃除が負担にならない掃除方法を解説

毎日毎日家の掃除をしていると、「今日は掃除をするのが面倒」と思う事もありますよね。とはいえ、日々...

整理整頓とは?整理の意味・整頓の意味と上手に片付けをするコツ

「整理整頓」という言葉を聞いたことはありますよね。整理整頓とは、一体どんな意味の言葉なのか、ご存...

部屋の掃除ができない人の特徴と掃除下手でもできる掃除方法

あなたの部屋はいつもキレイな状態ですか?多くの方は「いいえ」と答えるのではないでしょうか。 部屋の...

寝室の理想的な掃除頻度とおすすめの掃除方法を徹底解説

寝室は寝るだけだし、汚れも目立たないからとあまり掃除をしないという人の方が多いかもしれません。 ...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋の掃除はコツがわかれば簡単です

掃除をしようと思っていきなり掃除機をかけていませんか?

まずは、掃除機をかけやすいように床に散乱しているものを片付けます。

出しっぱなしの洋服もクローゼットやタンスにしまいます。

掃除を始める時は基本、上から下にむかって掃除していきましょう。

上部にあるエアコンや背の高い家具や家電のホコリをとり、最後に床の部分の掃除になります。

家具の掃除の仕方を紹介します。
はたきでホコリをとりますが、はたきはあまり持っていないでしょう。
ホコリ取りのワイパーが便利ですが無い場合は、雑巾で拭きましょう。
テレビの後ろにはホコリがすぐにたまります。
割り箸にいらない布やティッシュを巻き付けて拭くと便利です。ほどけてしまうので、輪ゴムで巻いてとめると便利ですよ。

照明器具も掃除しましょう。
カサの部分は雑巾で拭きますが、汚れが取れない場合は住宅用の洗剤をつけると落ちやすくなります。
プラスチックの物なら水洗いが簡単な方法です。洗ったらよく乾してくださいね。

床の掃除は、掃除機をかけた後に雑巾で水拭きします。住宅用の洗剤を使う場合は色落ちに注意してください。

一人暮らしの部屋の掃除はクロスから始めるのがコツです

毎日やっておきたいのは物を出しっぱなしにしないことです。

洋服は畳んでタンスにしまう、ハンガーに掛ける場合はクローゼットにしまうといいでしょう。
小物や雑貨なども収納する場所を決めて、使ったあとはしまうようにすると散らかりません。

本や雑誌類も読みっぱなしにしないと整頓しやすいですし、片付いてみえますよ。

ホコリが目に付いた時、掃除機をかけるほどでもない場合はハンディモップがあると便利です。
常に手に取れる位置にあると、気が付いた時にサッと掃除が出来ますね。

大きなゴミは拾ってゴミ箱にすて、ホコリなどはハンディモップでとることができます。
クロスの掃除も忘れやすところですが掃除しておきましょう。

平のように見えますが、凹凸がありホコリがたまりやすいのです。しっかり絞った雑巾でふくといいですね。

掃除の順番は同じく掃除機をかける前にしましょう。

仕事で忙しい一人暮らしの人が部屋の掃除をする場合のコツとは?

一人暮らしの場合は掃除は自分でするしかありませんね。
残業で帰りが遅かったり、疲れている場合掃除はどうしても後回しになってしまいますね。

そしてどんどん散らかっていきよごれも溜まっていき、掃除が大変になるという流れになっていきます。

掃除は時間を掛けて一気にする必要は無いのです。

夜の少しの時間たとえば5分でもいいですので、一箇所の部分を掃除します。
毎日場所を変えて掃除していくと部屋全体がキレイになっていきます。

夜の掃除を習慣にさせる為に簡単に使える掃除道具があるといいですね。

住宅掃除用の洗剤やスプレー、メラミンスポンジやブラシや雑巾などはよく使います。
他に便利なアイテムは、フローリングワイパーやハンディモップなど色々な種類があります。

夜の時間帯に掃除をすることで、朝を気持ちよく迎えることができますね。
朝スッキリすることで、仕事に行くときの気分も違って来るのではないでしょうか。

汚れは後回しにしないで気が付いた時にササッと拭き取ると、汚れが落ちやすいですよ。

一人暮らしでもトイレの掃除は忘れずにしよう

掃除の中で面倒なのが、トイレ掃除ではないでしょうか。
毎日使うのでどんどん汚れは付いています。
一人暮らしでもトイレ掃除はしましょう。

トイレ専用のゴム手袋を用意するといいですが、無い場合は透明のビニール袋をはめて掃除をすると直接手につくことがないので気になる方にはオススメです。

バケツに水を張り中性洗剤を数滴入れます。ドライシートを浸して便器を拭いていきます。
便器の内側には見えない汚れがびっしりです。特に男性の場合は飛び跳ね汚れがつきやすい場所です。
また床や壁にも飛び跳ね汚れは付いていますので、掃除のときは忘れずに拭いてください。

トイレペーパーを使って掃除をする人もいますが、大量にトイレットペーパーを流すとトイレが詰まってしまう場合があるので注意が必要です。

一人暮らしの部屋をきれいにしたら、その状態のまま維持しよう

キレイになった部屋はなるべくその状態をキープしましょう。

物を増やさないこともキレイが続く秘訣です。
しばらく使っていない物も思い切って捨ててしまいましょう。

毎日ちょこっと掃除するポイントを紹介します。

床に物を置かないこと。使った物は片付けること。物の収納場所も決めておくこと。
後回しにしないで、気がついた時になるのがポイントです。

キッチンの中にコップや食器などが置いたままになっていませんか?
同じく使った後はすぐに洗うようにしましょう。
結局は後で洗うことになるので、洗ってしまいましょう。
洗ったキッチンのシンクや台の上の水気は拭いておきましょう。濡れたままだと水垢やカビの原因になってしまい、汚れを落とすのが大変になります。

一人暮らしの掃除のコツカテゴリの最新記事