一人暮らしの部屋のどこに掃除道具を収納?ベストな場所をご紹介

一人暮らしの部屋のどこに掃除道具を収納?ベストな場所をご紹介

一人暮らしのお部屋だと収納場所が少ないですよね。特に隠しておきたい掃除道具!どこに収納するのがベストなのでしょうか?

それは生活スタイルによっても違いがあります。掃除をまとめて一気に終わらせたい方なら、掃除の動線を考えスタートの位置に掃除道具を収納するのがベスト。

ついで掃除をしたいのなら、掃除用具は各場所の収納しておくのがベストです。

ぜひ記事を参考にして、掃除用具を自分の取り出しやすい場所に収納をしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の一人暮らしの部屋はなぜ汚いのか?そこに隠された心理とは

一人暮らしの彼氏の部屋に初めて行ったものの、その汚さに驚いてしまう人も多いといいます。 「...

一人暮らしの掃除がはかどる順番を紹介。場所別でのポイントも

初めての一人暮らしで迎える初めての年末。 年末といえば色々ありますが、やってスッキリさせておきたい...

引っ越し先の掃除は入居する前にやっておくと良い訳と掃除方法

入居が決まった引っ越し先の掃除は必要なのでしょうか。 業者の方が念入りに掃除をしてくれているはずな...

一人暮らしのお風呂・換気扇掃除の方法!手遅れになる前に掃除を

一人暮らしをしていると、なかなか本格的にお風呂の掃除をする機会もありませんよね。特に、お風呂の換...

一人暮らしの掃除で場所別のやり方とキレイな部屋を保つコツ

一人暮らしの掃除で、どの場所をどんな風に掃除をしたらいいのかやり方がわからないという人もいるでしょう...

一人暮らしの大掃除を手早く効率よくキレイにするコツとは

一人暮らしで大掃除をするとき、できれば時間をかけずに、そして効率よく掃除をしたいですよね。 一...

ダニを駆除するための一番簡単で効果的な方法を教えます

一人暮らしをしていると、ダニに刺されるかもしれないと不安になってしまう時もあるでしょう。 しか...

【ダニ対策方法】お気に入りの服をダニから守るためにできること

よく布団に発生すると言われるダニですが、お気に入りの服についてしまう可能性もあります。そしてダニがつ...

一人暮らしの掃除を代行してもらうときの方法や内容とは

一人暮らしで大変なことといえば掃除ではないでしょうか?代行に興味はあるけれど、人にお願いするのは...

一人暮らしの部屋をきれいに魅せるテクニックとオシャレアイテム

近々彼氏や友人が遊びにくる予定。一人暮らしなので部屋は狭いし洋服や小物も一杯。 でも部屋が汚いと思...

【一人暮らしの掃除術】水回りの掃除方法について徹底解説

初めての一人暮らし。今までは親がやってくれた掃除をいざ自分でしようと思ってもどう掃除していいのかわか...

一人暮らしの服の片付け術!手順とコツ・役立つ一工夫を紹介

一人暮らしの狭い部屋の中に、自分の洋服たちがいつの間にか溢れていたという経験をしたことがある人もいま...

一人暮らしの汚れを防止する方法とは?部屋をキレイに使うコツ

一人暮らしを始める時に、汚れを防止しておくと、引っ越しの際に敷金が多めに戻ってくるかも? 賃貸...

一人暮らしの掃除頻度、部屋を綺麗に保つために必要な最低頻度

一人暮らしをしていて帰宅時間が遅いと、掃除頻度も少なくなりがち。 とはいっても部屋を綺麗に...

一人暮らしの掃除頻度・毎日掃除をすることにはメリットがあった

一人暮らしをしている人の中には、毎日掃除をするのが面倒だと思っている人もいますよね。実際自分一人で生...

スポンサーリンク

一人暮らしの掃除道具は使用する場所ごとに収納

一人暮らしでも最低限の掃除道具は必要になってきます。掃除をする場所によって使う道具も違ってくるため、リビングや部屋用の掃除道具、玄関用、トイレ用、浴室用とそれぞれの掃除道具が必要です。
この掃除道具は思っている以上に多く、収納場所にも困ったりしますよね。特に一人暮らしだと部屋もそれほど広くなかったり、収納できる場所も少なかったりします。

一人暮らしでは掃除道具を1ヶ所にまとめて収納したくなりますが、それだと使うときに不便に感じてしまうでしょう。

掃除をする度に収納場所から取り出すのでは手間がかかり、掃除も億劫になってしまいます。

掃除道具を収納する場所はすぐに取り出せるところを選んでください。

掃除をする場所にそこで使う道具を収納します。
玄関で使うほうきは玄関に置いておくように、リビングで使う掃除道具もリビングやそのすぐ近くの場所に収納します。フローリング用のモップなら2本用意して1階と2階の両方に置いておいたり、粘着ローラーなら各部屋ごとにあっても良いでしょう。

部屋ごとにそこで使う掃除道具があると、汚れに気がついたときにすぐ掃除をすることができます。

一人暮らしでスペースがない場合は掃除道具は空きスペースに収納

一人暮らしの部屋だと収納スペースも限られてくるため、掃除道具を収納できるような余裕がないこともあるでしょう。掃除道具はできれば隠して収納したいところですが、掃除道具専用のクローゼットや棚を確保するのも難しい場合がありますよね。

掃除機などはそれなりのスペースも必要になってきますが、ハンディモップや粘着ローラー、はたきのような小さめの掃除道具ならちょっとした空きスペースでも十分です。

一人暮らしなら家の中の隅っこなどにちょっとした空きスペースを見つけ、そこを掃除道具の収納場所にしましょう。

小さめの掃除道具には引っ掛けるための紐がついていることが多いです。部屋の空きスペースの壁にフックをとりつけて、小さめの掃除道具を吊り下げて収納します。壁にフックをとりつけるのが難しい場合もありますよね。その場合は、貼って剥がすことができる両面シールをフックの裏に貼ってから壁に貼り付けると良いです。
または突っ張り棒を取り付けて、S字フックを使うことで吊り下げる収納ができます。

小さめの掃除道具ならカゴやボックスを使って収納することもできます。

インテリアに合わせて籐の籠やワイヤーボックスなどを選んで、その中に粘着ローラーやスペアテープなどを収納します。見た目が気になる場合はカゴの上に好きな柄のクロスをかけて目隠しをしてください。

一人暮らしの掃除道具、最適な収納場所とは

掃除道具の収納するときは掃除をする場所ごとに、掃除で使う道具をまとめて収納するようにしてください。掃除を始めようと思った時に一度で掃除道具を用意できますし、すぐに取り出すことができると気になったときに気軽に掃除ができます。
リビングで使う道具ならリビングに、玄関を掃除する道具は玄関に収納します。ちょっとしたハンディモップなら部屋ごとに置いておくと、汚れが気になったらすぐに使うことができて便利です。

リビングは掃除道具が目につくと気になるので、隠しておきたいですよね。リビングにある引き出し付きのや扉つきの家具の中に、掃除道具専用の引き出しや棚を用意してください。そこに掃除道具をまとめて入れて隠して収納します。掃除道具の他にも、掃除に使う消耗品も一緒に入れておくと便利です。粘着ローラーの替シートやフローリングシートの予備を入れておくと、必要になったときにすぐに取り出せて、在庫もわかりやすくなります。

一人暮らしの部屋に掃除道具を収納する場所がなかったら

一人暮らしの部屋だとあまり広くはないため、収納スペースには他の物でいっぱいになっていて、掃除道具まで収納することが難しい場合もあります。

掃除道具を隠して収納できないのであれば、見せる収納にしてしまいましょう。

掃除道具もインテリアの雰囲気を損なわないような、生活感のないオシャレなデザインのものがたくさんあります。掃除道具を購入するときにちょっと気をつけて、シンプルで掃除道具とは思えないような物や、見せてもかわいいいデザイン性の高い物を選んでください。

洗剤のボトルなどは派手なパッケージのものが多く、出しっぱなしにしておくと生活感があふれてしまいがちです。そのような物にはシンプルな容器を用意して、詰め替えてから使うようにしましょう。この場合、同じ容器で統一することがポイントです。見分けがつかなくならないように、ラベルを作って貼っておくと良いです。

ファイルボックスも便利なアイテムです。同じデザインのファイルボックスをいくつか用意して、その中に掃除用のスプレーボトルやハンディモップなどを収納します。替えのシートなども一緒に収納しておきましょう。ファイルボックスを並べて置いておいても見苦しくありません。中に掃除道具が入っているとは思いもしませんよね。

掃除をしていく順番を考えて掃除道具の収納を考えてみよう

掃除道具の収納は、掃除のしやすさも考えて収納することも大切です。

掃除する場所で使う道具はもちろん、どこから掃除を始めてどこで終わるのか、一連の流れを考えて収納すると良いでしょう。

掃除をするときは玄関やトイレなどの狭い場所から始めて、最後に広めのリビングで終わるような流れが良いです。玄関から掃除を始めるのなら、掃除道具は玄関や玄関に近いところに収納すると、掃除を始めるときに掃除道具を取りに行く手間を省くことができます。気軽に掃除を始められる状態にしておくことがポイントです。

小さめのハンディモップや粘着ローラーなら部屋ごとに収納しておくと便利ですが、掃除機などの大きな物や1つしかない掃除道具なら、掃除を始める場所かもしくは一番よく使う場所に収納するようにしましょう。すぐに取り出すことができるような収納方法も大切です。クローゼットなどの奥にしまいこまずに、掃除道具は手前に収納するようにしてください。

部屋をいつもきれいにしておくには、汚れに気がついた時に対処するのが一番です。掃除道具はすぐに使える状態にしておきましょう。

一人暮らしの掃除のコツカテゴリの最新記事