一人暮らしの汚れを防止する方法とは?部屋をキレイに使うコツ

一人暮らしの汚れを防止する方法とは?部屋をキレイに使うコツ

一人暮らしを始める時に、汚れを防止しておくと、引っ越しの際に敷金が多めに戻ってくるかも?

賃貸物件は『原状回復』が基本ですから、お部屋を借りた時の状態で退室しなければなりません。

借りる時に、汚れやすい場所や、傷つきやすい場所を保護しておくと、退室する時に部屋を痛めずに済むかもしれません。

住み始める前にできることや、住んでいる時に気をつけることなどをまとめてみました。
是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの部屋のどこに掃除道具を収納?ベストな場所をご紹介

一人暮らしのお部屋だと収納場所が少ないですよね。特に隠しておきたい掃除道具!どこに収納するのがベスト...

一人暮らしは掃除機の音に注意!運転音が出来るだけ小さな物を

一人暮らしで注意したいのが騒音トラブルですが、盲点なのが掃除機の音です。 一人暮らしの場合、安...

男の一人暮らしの部屋はなぜ汚いのか?そこに隠された心理とは

一人暮らしの彼氏の部屋に初めて行ったものの、その汚さに驚いてしまう人も多いといいます。 「...

一人暮らしの部屋をきれいに魅せるテクニックとオシャレアイテム

近々彼氏や友人が遊びにくる予定。一人暮らしなので部屋は狭いし洋服や小物も一杯。 でも部屋が汚いと思...

一人暮らしの掃除がはかどる順番を紹介。場所別でのポイントも

初めての一人暮らしで迎える初めての年末。 年末といえば色々ありますが、やってスッキリさせておきたい...

【一人暮らしの掃除頻度】男性の実態と理想の掃除頻度について

社会人になって初めて一人暮らしをする男性にとって、一般的に他の人はどのくらい部屋の掃除をしているのか...

一人暮らしの掃除道具収納方法!狭い部屋でも大丈夫な収納のコツ

一人暮らしの狭い部屋にどうやって掃除道具を収納したら良いのか頭を悩ませている人もいますよね。床に掃除...

綺麗な部屋が男の理想!一人暮らしの女性の部屋を綺麗に保つ方法

男性が女性の一人暮らしの部屋に抱くイメージは「綺麗な部屋」だそうです。今まで一人暮らしをしていて、部...

ユニットバスを掃除する!トイレ部分の床掃除のコツとは

ユニットバス。 トイレ部分の床の掃除ってどうしたらいいの? 便座の電気部分に気をつければ、ト...

一人暮らしは休日に掃除!掃除の手順と部屋の綺麗を保つ片付け法

一人暮らしをしている人の中には、平日は忙しくてなかなか掃除をする時間がないという人もいるのではないで...

引っ越し先の掃除は入居する前にやっておくと良い訳と掃除方法

入居が決まった引っ越し先の掃除は必要なのでしょうか。 業者の方が念入りに掃除をしてくれているはずな...

一人暮らしに掃除機はいらない?自分のライフスタイルに合わせて

一人暮らしなら、掃除機はいらないと感じますが、これは人それぞれの掃除に対する価値観によって、違うと思...

一人暮らしのお風呂・換気扇掃除の方法!手遅れになる前に掃除を

一人暮らしをしていると、なかなか本格的にお風呂の掃除をする機会もありませんよね。特に、お風呂の換...

ダニを駆除するための一番簡単で効果的な方法を教えます

一人暮らしをしていると、ダニに刺されるかもしれないと不安になってしまう時もあるでしょう。 しか...

一人暮らしの人のための掃除機の収納アイデアをご紹介します

一人暮らしをしていると、掃除機をどこに収納しようか悩む人も多いと言います。 部屋に出しておく方...

スポンサーリンク

一人暮らしで汚れを防止する!まずは床と壁を保護しよう

一人暮らしであってもフローリングの床は意外に汚れます。そのため、こまめに掃除しておくことが大切になります。

そのためにおすすめなグッズは、床用ワックスの中でもフローリングワイパーに装着するだけで使えるシートタイプのものです。これであれば、立ったまま掃除することができるので、とてもラクなのです。

もちろん見た目にもきれいになりつやつやになりますが、傷がつきにくくなります。また、汚れ防止にもなるのです。

掃除機をかけることは面倒でも、フローリングワイパーなら気軽に軽い力で掃除することができるので苦にならないでしょう。

また、壁もホコリなどがつきやすくなっています。そのため、市販の壁紙用のシートを使うことによって、ホコリがつくことやキズを予防することができます。

一人暮らしの汚れについて。こまめに掃除をすることが一番の汚れ防止策

ガステーブルや電子レンジの周りも汚れやすい場所と言えるでしょう。また、油汚れなどはそのままにしておくと、汚れが落ちにくくなってしまいます。

そのため、調理が終わったらすぐに拭いておくようにしましょう。そうすることで汚れも取れやすく、きれいなままの状態を維持することができます。

電子レンジの周りや壁は、調理が終わったらさっと水拭きしておきましょう。電子レンジの下の床にも油が飛んていることがあります。忘れずに拭いておくようにしましょう。

シンク周りについては、水あかがつかないように水拭きしましょう。排水口の生ゴミは貯めずに毎回捨てるようにした方が悪臭が出ません。

汚れを放置してしまうと、取れにくくなってしまい、掃除も大変になってしまいます。そうなると面倒になり掃除しなくなってしまうかもしれません。

そんなことにならないように、汚れが軽いうちにこまめに掃除するようにしましょう。

一人暮らしを始める時に汚れを防止しておきたい!浴槽の防カビは必須!

一人暮らしの部屋を決めようと訪れた時はきれいな浴室でも、使っていくうちにどうしてもカビは生えてしまいます。

そのため、一人暮らしを始める時に浴室の防カビ対策をしておきましょう。

浴室は、温度も湿度も上がり、体から出る汚れはまさに栄養分!カビが発生する前に対策することが大切です。カビにとっては宝庫となります。

そこでおすすめのものが「くん煙タイプの浴室用防カビ剤」です。塩素系のカビ取り剤を使う人もいますが、くん煙剤を定期的に使えば、塩素系のカビ取り剤は使わなくてもよいでしょう。

使い方ですが、まず「くん煙タイプの浴室用防カビ剤」を浴室にセットします。壁や床が濡れていても使うことができます。

煙が出てきたことを確認できたら、浴室の扉を閉めましょう。そのまま90分以上放置します。その後30分換気すれば終わりです。

放置時間は90分以上となっているので、その間に買い物などちょっと外出しても問題ありません。1~2ヶ月に1回を目安に防カビ対策をするようにしましょう。

一人暮らしで絶対に汚れを防止するべき『ヤニ』

壁の汚れで一番気になるのは「喫煙によるヤニ」ではないでしょうか?

もし引っ越しするとなると、「ヤニ」が原因の壁の汚れは原状回復を求められることになります。

もうすでにヤニによる汚れが壁についてしまっているのであれば、今から重曹を使って壁をきれいにしましょう。

やり方は簡単です。まず水と重曹を9:1の割合でで混ぜます。そして雑巾につけてヤニで汚れた部分を拭くだけです。

ただし、畳や木材に使うと変性してしまう可能性があるので、色落ちしないかテストしてから掃除を始めた方がいいかもしれません。

掃除が面倒だと言う人は、掃除よりもお金はかかりますが、空気清浄機を購入しましょう。ヤニが壁につくことを防げます。

空気清浄機は部屋の広さによっても価格は違いますが、引っ越しの時に壁を張り替えるよりは安く済むでしょう。

【賃貸物件】原状回復のガイドラインとポイントについて

ヤニが原因の壁の汚れは原状回復が求められると説明しましたが、原状回復については国土交通省から一般的な基準としてガイドラインが出されています。

そこには「原状回復の定義」などについて書かれていますが、トラブルとなってしまうの契約の時にしっかりと確認していないことが原因のようです。

そのためアパートなどの賃貸物件を契約する場合は、貸し主と借り主両方が原状回復のガイドラインとポイントについて確認しておくことが大切になります。

きちんと確認をとっておけば、退去する時に問題が起こることはないでしょう。

しかし、実際には貸し主に不利となっているところも多いため、借り主がよくわかっていないことをいいことにトラブルが起こってしまうこともあるようです。

原状回復のガイドラインは法的な強制力はないようですが、契約する時には基準となるものなのでしっかりと確認するようにしましょう。

一人暮らしの掃除のコツカテゴリの最新記事