一人暮らしの引越しの注意点を理解して、失敗しないようにしよう

一人暮らしの引越しの注意点を理解して、失敗しないようにしよう

一人暮らしの人が引越しする場合、やらなければいけないことがたくさんありますよね。
部屋は決まっていても、大変なのはそれからです。荷造りはいつから始めるべきか、当日までの準備はどうすればいいのかについて理解していないと、引っ越し当日に失敗してしまうかもしれません。

そんな事態にならないために、一人暮らしの引っ越しでの注意点について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

引っ越し先の掃除は入居する前にやっておくと良い訳と掃除方法

入居が決まった引っ越し先の掃除は必要なのでしょうか。 業者の方が念入りに掃除をしてくれているはずな...

一人暮らしの大掃除を手早く効率よくキレイにするコツとは

一人暮らしで大掃除をするとき、できれば時間をかけずに、そして効率よく掃除をしたいですよね。 一...

ユニットバスを掃除する!トイレ部分の床掃除のコツとは

ユニットバス。 トイレ部分の床の掃除ってどうしたらいいの? 便座の電気部分に気をつければ、ト...

クローゼットの収納術【一人暮らし】狭くても大丈夫!

クローゼットの収納術を身につければ、一人暮らしの狭い空間でも使い勝手がよく快適に過ごすことができます...

女性の一人暮らしの汚い部屋を綺麗にしまた来たいにするコツ

女性の一人暮らしで部屋が汚いと男性から言われたらショックですね。 そんなあなたの部屋は、すぐに綺麗...

大掃除をしよう!一人暮らしの家を掃除する時のコツや掃除方法

新しい年を迎える準備の一つに「大掃除」があります。一人暮らしをしていると、全て自分で掃除をしなく...

一人暮らしのお風呂・換気扇掃除の方法!手遅れになる前に掃除を

一人暮らしをしていると、なかなか本格的にお風呂の掃除をする機会もありませんよね。特に、お風呂の換...

掃除は毎日しよう!一人暮らしの女性向けの簡単な掃除方法を解説

一人暮らしで毎日帰ってくる時間も遅いと、女性でも掃除することが面倒に感じてしまいますよね。 ...

綺麗な部屋が男の理想!一人暮らしの女性の部屋を綺麗に保つ方法

男性が女性の一人暮らしの部屋に抱くイメージは「綺麗な部屋」だそうです。今まで一人暮らしをしていて、部...

一人暮らしは休日に掃除!掃除の手順と部屋の綺麗を保つ片付け法

一人暮らしをしている人の中には、平日は忙しくてなかなか掃除をする時間がないという人もいるのではないで...

部屋の掃除【ベッドの掃除方法】基本的なお手入れやカビ防止対策

部屋の掃除はよくしていても、ベッドの掃除となるとつい後回しになってしまいがちではありませんか? 一...

【一人暮らしの掃除頻度】男性の実態と理想の掃除頻度について

社会人になって初めて一人暮らしをする男性にとって、一般的に他の人はどのくらい部屋の掃除をしているのか...

一人暮らしにおすすめの掃除グッズ!最低限揃えたいもの

初めての一人暮らしをするという時には、いろいろな家具や家電、生活用品などたくさんの物の準備が必要です...

一人暮らしに掃除機はいらない?自分のライフスタイルに合わせて

一人暮らしなら、掃除機はいらないと感じますが、これは人それぞれの掃除に対する価値観によって、違うと思...

一人暮らしの掃除がはかどる順番を紹介。場所別でのポイントも

初めての一人暮らしで迎える初めての年末。 年末といえば色々ありますが、やってスッキリさせておきたい...

スポンサーリンク

一人暮らしの引越しのための荷造りをする上での注意点とは?

引っ越しの荷造りは早くから梱包すると失敗する

理想は引越しの一週間前くらい。
今使わないものから荷造りを始めるといいでしょう。
例えば季節外れの衣類や布団類などです。
梱包が終わったら、中身を見なくてもわかるようにマジックで記入しておきます。

引越し直前まで使用するものは引越し直後から必要となるもの

よって直前まで使用していたものはまとめてダンボールに入れておくと都合がいいでしょう。
最低限の食器やトイレットペーパーやティッシュ、洗面用具などです。
引越し時に使いそうなハサミや軍手、雑巾なども一緒に入れておくと安心です。

賃貸物件に住んで引越しを行う場合、旧居と新居を掃除する必要があり、掃除機が手放せません。

掃除機は一番最後に梱包し、最初に解梱する荷物を一緒にしておくといいでしょう。
また、旧居を出る時はゴミが出るものなので、ゴミ袋も何枚か残しておくと大変便利です。

荷物を早く梱包してしまいたい気持ちもわかりますが、部屋がダンボールだらけになってしまうと生活ができなくなってしまいます。
使わない物から準備に梱包していきましょう。

一人暮らしの引越しで当日までの準備における注意点をチェックしよう

引越しの際に粗大ごみや不用品の処分に困る場合

不用品の回収を専門に行っている業者に依頼するのも一つの方法ですが、大きなものほど費用がかかります。
不用品は、捨てる・売る・譲るの3つの方法がありますので、リサイクルショップや寄付などを検討するのもおすすめです。

また、一般的に引越しに必要なダンボールの個数は20個といわれています。
食料品店でダンボールをもらう方法もありますが、より安全で荷造りも便利な、引越し業者オリジナルの梱包資材を利用する方が安心かもしれません。

引越し二週間前ぐらいには、本や雑誌などを詰めていくと思いますが、本を詰める時は、自分で動かせる重さにするように、小さめのダンボールを選んで詰めていきましょう。
詰め込み過ぎると移動に苦労し入れ直すなど二度手間になります。

また、すぐには使わない食器類は、梱包資材を使って割れないように包みます。
上下の振動に弱いので、ダンボール隙間を埋めるように詰めて行くのがポイントです。

一人暮らしの引越し当日に見落としがちな注意点とは?

引越し当日は、家具が部屋に入らない

一番多いのが、冷蔵庫やベットといった大型家具家電のサイズによる失敗です。
家具や家電のサイズが新居に合うかどうかを調べても、肝心の搬入経路が狭くて入らないというケースが意外と多いのです。
通路が狭く搬入できないとなると、釣り上げて窓から入れるしかありません。
となると追加料金が発生するだけでなく、新たに手配するため当日搬入できない可能性もでてきます。

引越し前に必ず物件を下見

部屋だけでなく、通路の横幅や天井までの高さ、各箇所の対角線の長さも測っておくべきでしょう。

引越し当日は汗をかくため、夜落ち着いた頃にお風呂に入りたくなります。
そのためにも事前に新居でガスを使えるように手配しなくてはなりません。
開栓作業は、入居者の立会いのもとガス会社が行いますので、特に冬場の暖房器具が使う時期は前もって連絡をしておきましょう。
また、意外と見落としがちなのがガス器具です。
ガスコンロを持ち込む場合も多いですが、都市ガス・プロパンガスかでガス器具も異なります。確認しましょう。

一人暮らしの引越しの時にはインターネットの手続きも忘れずに

引越しの際はネット回線の移設手続きも忘れてはいけません。
インターネット回線業者とプロバイダの2つの会社で住所変更手続きを行わなくてはいけないため、場合によっては工事が必要になります。
立会工事でなければ急ぐ必要はありませんが、ネットが使えるかどうかは分からず時間を要することもあるため、早めに手続きを済ませておく方が安心でしょう。

もし契約している会社を変更する場合、インターネット回線の契約を代行して行ってくれる代理店を利用することでキャッシュバックを受けられる事もありますので、それらを利用するのもいいでしょう。
いずれにしても、今までの回線業者・プロバイダと解約し、新規契約をする必要性があります。
新規契約による高額なキャッシュバックも視野に、ネット回線の移設手続きを行うといいでしょう。

引越しのための荷造りが終わったら、家具などの配置を考えよう

引越しで本当に大変なのは、新居に荷物を入れてから

引越し後の片付けにはポイントがあります。
まず先に設置したいのが、冷蔵庫やベット、タンスといった大型家具・家電です。
新居の下見をした際に、どこに何を置くかを予め決め、その配置を引越し業者へ渡しておくとスムーズに進みます。

方法としてまず手に入れておきたいのが「間取り図」です。
間取り図は不動産会社にお願いすれば手に入れることができます。
寸法の記載がない場合は、現地へ行って確認するか、不動産会社に確認するといいでしょう。
間取り図が小さい場合は拡大コピーがおすすめです。そして家具・家電の配置を決めますが、サイズ確認も同時に行うと良いでしょう。
配置が決まったらそれらを書き込み、それを引越し業者に渡せばOK。
後はプロに任せて搬入をお願いするだけです。

一人暮らしの掃除のコツカテゴリの最新記事