引っ越し先の掃除は入居する前にやっておくと良い訳と掃除方法

引っ越し先の掃除は入居する前にやっておくと良い訳と掃除方法

入居が決まった引っ越し先の掃除は必要なのでしょうか。
業者の方が念入りに掃除をしてくれているはずなので、特に掃除をする必要は無いとお考えではないでしょうか?

実は入居する前に掃除をしておいたほうがいいといいますが、なぜなのでしょう。まずは気になる理由についてご紹介します。

理由がわかったところで、掃除をしておいたほうが良い場所や掃除の仕方についても紹介していきます。
床や壁はもちろん水周りの掃除も大切です。

また最初にチェックしておくと良い箇所や、チェックのポイントも確認しておくことをオススメします。

これでスムーズな引っ越しが出来ることでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの掃除がめんどくさいと感じなくなる方法を教えます

一人暮らしをしていると、掃除することが「めんどくさい。」と感じてしまいますよね。 誰に迷惑をか...

一人暮らしの玄関が臭い!臭いの原因と対策・掃除方法を紹介

一人暮らしをしている人の中には、玄関の臭いについて頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。玄関...

一人暮らしの女性の部屋の掃除頻度と簡単な掃除方法を教えます

一人暮らしの部屋はそれほど汚れないとはいえ、女性なら毎日掃除をしている人の方が多いのか、気になるとい...

一人暮らしの服の片付け術!手順とコツ・役立つ一工夫を紹介

一人暮らしの狭い部屋の中に、自分の洋服たちがいつの間にか溢れていたという経験をしたことがある人もいま...

一人暮らしだから掃除しないのはNG?デメリットと簡単掃除方法

一人暮らしだから部屋が散らかっていても誰にも迷惑はかけないし、掃除しないでも特に問題はないと考えてい...

一人暮らしの掃除を代行してもらうときの方法や内容とは

一人暮らしで大変なことといえば掃除ではないでしょうか?代行に興味はあるけれど、人にお願いするのは...

一人暮らしの女性も掃除業者を活用!メリットと業者の選び方

一人暮らしをしている女性の中には、掃除をすることが苦手でなかなか自分で家の中を綺麗に掃除できないとい...

一人暮らしの掃除で場所別のやり方とキレイな部屋を保つコツ

一人暮らしの掃除で、どの場所をどんな風に掃除をしたらいいのかやり方がわからないという人もいるでしょう...

一人暮らしの掃除道具収納方法!狭い部屋でも大丈夫な収納のコツ

一人暮らしの狭い部屋にどうやって掃除道具を収納したら良いのか頭を悩ませている人もいますよね。床に掃除...

大掃除をしよう!一人暮らしの家を掃除する時のコツや掃除方法

新しい年を迎える準備の一つに「大掃除」があります。一人暮らしをしていると、全て自分で掃除をしなく...

一人暮らしの掃除がはかどる順番を紹介。場所別でのポイントも

初めての一人暮らしで迎える初めての年末。 年末といえば色々ありますが、やってスッキリさせておきたい...

【一人暮らしの掃除術】水回りの掃除方法について徹底解説

初めての一人暮らし。今までは親がやってくれた掃除をいざ自分でしようと思ってもどう掃除していいのかわか...

一人暮らしで必要になる元手と元手を少しでも抑える方法

一人暮らしをする際に必要な元手。 とはいっても大体いくらぐらい必要なのか、いまいちピンとこない人も...

一人暮らしの人のための掃除機の収納アイデアをご紹介します

一人暮らしをしていると、掃除機をどこに収納しようか悩む人も多いと言います。 部屋に出しておく方...

一人暮らしは休日に掃除!掃除の手順と部屋の綺麗を保つ片付け法

一人暮らしをしている人の中には、平日は忙しくてなかなか掃除をする時間がないという人もいるのではないで...

スポンサーリンク

引っ越し前に掃除をしながら入居先の情報をゲット

引っ越しが決まると、新しい新居に荷物を運ぶために、まずは今の荷物をまとめたり整理することから始まります。

引っ越し業者に荷物の運び出しを依頼するにしても、荷物の整理は自分で行う人が多いのではないでしょうか。

引っ越し前後は掃除などやるべきことが山積みです

引っ越しでは、今の家の荷物のほとんどを新しい家に搬入するため、引っ越し前の準備に時間を取られがちで、新居の掃除までは考えていないという人もいるのでは。

その理由としては、入居前に業者が部屋のクリーニングをしていることが一般的だからということがあります。

「業者がクリーニングしてくれているのだから、後は荷物を運ぶだけ」などと考えていると、引っ越し後に足りない物が見つかったり、トラブルが起きるという可能性もあるのです。

 

引越し後の新居の掃除をしておいた方が良い理由

引っ越し前の家の間取りと引越し後の間取りがまったく同じということは普通はありませんよね。

そのため、新居に荷物を入れる前に、今ある荷物をどのように配置するのかを前もって決めておく必要があります。

新居の掃除をする時に、部屋の広さを実際に確認することで、家具の配置も分かりますし、カーテンや照明などのすぐ使う物も大きさを測り、引っ越し当日までに買っておくことができます。

また、いくら新居がクリーニング済みとはいえ、業者の掃除の仕方によっては掃除の程度に違いがあります。

クリーニング済の部屋が汚れているということは考えにくいですが、それ以外にトイレや水回りがきちんと使えているかというチェックを先にしておくことも必要です。

引っ越し当日は、荷物の搬入や片付けに追われてバタバタしがちです。

余裕のある時に、チェックしておくことで入居後のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

入居する前に引っ越し先の掃除が必要なワケ

賃貸物件を契約したことがある方は、退去する際に部屋の掃除が大変だったという経験がありませんか?

賃貸物件は、部屋を借りているため、退去時には「原状回復」が基本です。

賃貸物件を解約する時、部屋に傷が付いたり汚してしまった場合、修繕費を敷金から引かれるため、できるだけきれいに使う工夫や、退去時に汚れを拭き取ることなどが必要になります。

引っ越し前の掃除も必要ですが、引越し先の新居の掃除も忘れずに

引っ越しする新居の掃除は、必要がないと思いがちですが、後のことを考えると、新居の掃除をすることは大切なことです。

賃貸物件の場合は、特に入居時に付いた汚れは入居者の責任になるので、退去する時には弁償する責任が発生します。

新居に、荷物を運び入れる前に傷や汚れがあった場合、そのまま放置してしまうと、自分が付けたことになり、修繕費を払わなければいけないことになります。

事前に新居の掃除を行うことで、入居前にある傷は写真に撮るなどして証拠として残しておくことができます。

また、それまで使われていない部屋だったとしても、時間があけばほこりが落ちて部屋が汚れていることもあります。

せっかくの新居は、ほこりが少ない空間で気持ちよく暮らしたいもの。

荷物を入れる前だからこそ、部屋の隅々までキレイにできますので、新居の掃除も忘れずに行いましょう。

入居前の引っ越し先の掃除で最初にやりたい事

まずは空気の入れ替えを

新居という響きから、部屋はピカピカでホコリもない状態を連想しますが、閉め切った空間では、ホコリが混じった空気で意外と汚れている物です。

新居を掃除する前に、まずは部屋の窓を開けて、新鮮な空気を取り込みましょう。

新居が新築の場合も同様に行いましょう。

特に新築の家やリフォーム後の場合は、シックハウス症候群の原因ともなり得る建材などから出る化学物質が室内にこもっていることもあります。

換気をしっかり行うことで、室内の空気を循環させ、キレイな空気にしましょう。

掃除機と水拭きで床をキレイに

荷物が搬入されていない状態こそ、部屋の隅々までしっかりと掃除が出来るチャンスです。

大きな家具は置いたら再度動かすことが難しいので、荷物を運び入れる前に床全体を掃除機でキレイにした後、固く絞った雑巾で床を拭き上げましょう。

トイレや風呂場もチェック

新築だと気になりませんが、中古物件の場合は、いくらクリーニング業者が入っているとは言え、これから毎日使用するトイレや風呂場などは、自分の手で掃除して気持ち良く使いたいですよね。

排水口も汚れが残っていないか、チェックしておくのもおすすめです。

引っ越し先の水周りの掃除もしっかりと

入居前のクリーニングとは

一般的に、賃貸物件における部屋のクリーニングは、借り主が前もって支払っている敷金などから相殺される形で行われます。

ほとんどの場合、次の入居者が普通に生活できる程度の掃除なので、何日もかけた念入りなクリーニングではないため、細かい汚れまでは落ちないこともあります。

水周りの掃除は自分で行う

入居前のクリーニングに安心することなく、水周りは自分で掃除をするくらいの意気込みで掃除することで、気持ち良く住むことができます。

特に、キッチンや風呂場についた水垢やカビ、トイレの汚れなどは事前にチェックして、汚れがあればできるだけ落としておくと良いでしょう。

トイレの仕様もチェック

水の無駄をなくすために「節水型トイレ」が主流になっています。

節水型トイレは、水の節約にもなりますが、水流が通常のトイレよりも弱いため、使い方を誤ると、トイレが詰まってしまうというトラブルも多いようです。

節水型のトイレを初めて使う場合は、まめに流すようにしたり、取扱説明書をしっかり読んでおきましょう。

引っ越し先の掃除の状態などのチェック方法

新居なのに「臭い」がする時は

築年数にかかわらず、部屋に入った時に下水のような臭いがする場合は、その部屋が長い期間空いていた可能性が高いです。

通常であれば、下水の排水管にはS字カーブがあり、そこに溜まった水が下水から上がってくる臭いや害虫を抑える役目をしています。

その部屋が空き家になっていた期間が長い場合、排水トラップの水が蒸発している可能性があります。

一般的には、入居して水を通常通り流していれば臭いはなくなりますが、臭いが消えない場合は、不動産会社や大家さんに相談してみることも必要です。

入居前のクリーニングの状態を知るには

実際に、クリーニングに立ち会わなければ、どこをどのように掃除したのかはわかりませんよね。

場合によっては、クリーニング業者を入れずに大家さんが掃除をするということもあります。

多少の手間はかかっても、コツさえつかめば難しい掃除はないからです。

一般的なクリーニング業者に掃除を依頼する場合は、戸棚の中や上までも掃除していることが多いので、入居前のクリーニング状態を知るためには、戸棚の上をチェックしてみると分かることがありますよ。

もしホコリが溜まっている場合は、入居前のクリーニングは簡単な物と思い、気になるとこをは荷物を入れる前に自分で掃除するようにしましょう。

一人暮らしの掃除のコツカテゴリの最新記事