一人暮らしだから掃除しないのはNG?デメリットと簡単掃除方法

一人暮らしだから掃除しないのはNG?デメリットと簡単掃除方法

一人暮らしだから部屋が散らかっていても誰にも迷惑はかけないし、掃除しないでも特に問題はないと考えている男性もいますよね。掃除自体が得意ではないという人もいるのではないでしょうか。

一人で生活している家ですから、確かに自分の好きなように生活をしても問題はないでしょう。でも、掃除をしていないことや部屋が散らかっていることには、デメリットもあります。デメリットを確認して、掃除に取り組めるようにしましょう。

部屋の掃除をするのが苦手だという人のために、簡単な掃除方法や部屋を綺麗に見せるコツについてもご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの女性の部屋の掃除頻度と簡単な掃除方法を教えます

一人暮らしの部屋はそれほど汚れないとはいえ、女性なら毎日掃除をしている人の方が多いのか、気になるとい...

掃除の順番は、一人暮らしであっても「上から下」が基本です

初めて一人暮らしをしている人は、掃除をしようと思ってもどこから始めたらいいのか迷ってしまうのではない...

一人暮らしの掃除がめんどくさいと感じなくなる方法を教えます

一人暮らしをしていると、掃除することが「めんどくさい。」と感じてしまいますよね。 誰に迷惑をか...

一人暮らしの部屋の掃除のコツと簡単な方法について解説します

一人暮らしだと、どうしても食べることが先で部屋の掃除が後回しになってしまいますよね。 でも...

掃除は毎日しよう!一人暮らしの女性向けの簡単な掃除方法を解説

一人暮らしで毎日帰ってくる時間も遅いと、女性でも掃除することが面倒に感じてしまいますよね。 ...

一人暮らしの引越しの注意点を理解して、失敗しないようにしよう

一人暮らしの人が引越しする場合、やらなければいけないことがたくさんありますよね。 部屋は決まってい...

一人暮らしは休日に掃除!掃除の手順と部屋の綺麗を保つ片付け法

一人暮らしをしている人の中には、平日は忙しくてなかなか掃除をする時間がないという人もいるのではないで...

一人暮らしの部屋をきれいに魅せるテクニックとオシャレアイテム

近々彼氏や友人が遊びにくる予定。一人暮らしなので部屋は狭いし洋服や小物も一杯。 でも部屋が汚いと思...

一人暮らしの掃除道具収納方法!狭い部屋でも大丈夫な収納のコツ

一人暮らしの狭い部屋にどうやって掃除道具を収納したら良いのか頭を悩ませている人もいますよね。床に掃除...

一人暮らしの掃除で場所別のやり方とキレイな部屋を保つコツ

一人暮らしの掃除で、どの場所をどんな風に掃除をしたらいいのかやり方がわからないという人もいるでしょう...

女性の一人暮らしの汚い部屋を綺麗にしまた来たいにするコツ

女性の一人暮らしで部屋が汚いと男性から言われたらショックですね。 そんなあなたの部屋は、すぐに綺麗...

ユニットバスを掃除する!トイレ部分の床掃除のコツとは

ユニットバス。 トイレ部分の床の掃除ってどうしたらいいの? 便座の電気部分に気をつければ、ト...

部屋の掃除【ベッドの掃除方法】基本的なお手入れやカビ防止対策

部屋の掃除はよくしていても、ベッドの掃除となるとつい後回しになってしまいがちではありませんか? 一...

綺麗な部屋が男の理想!一人暮らしの女性の部屋を綺麗に保つ方法

男性が女性の一人暮らしの部屋に抱くイメージは「綺麗な部屋」だそうです。今まで一人暮らしをしていて、部...

【一人暮らしの掃除術】水回りの掃除方法について徹底解説

初めての一人暮らし。今までは親がやってくれた掃除をいざ自分でしようと思ってもどう掃除していいのかわか...

スポンサーリンク

掃除しないことで考えられるデメリット

実家で暮らしていた時には、親から「部屋の掃除しなさい!」などと口うるさく言われて嫌々やっていた掃除も、ひとり暮らしの部屋ではどれだけ散らかって汚くしていようが、文句を言う人はいません。

自分だけの城である部屋は、自分が王様です。

その部屋の中でこの先を快適に過ごすのも、ウンザリしながら過ごすのも、すべては王様である自分次第といったところです。

部屋が汚い人の共通点として、誰も最初から「これから部屋を汚くしてやるぞ~!」と思い散らかす人はいないということ。

入居した時は、キレイだった部屋も、仕事やプライベートで忙しい日々の中で掃除をするヒマがなく、放おっておいたらゴミだらけになってしまったという人が多いのです。

でも、「このままの部屋じゃヤバイ!」と思ったあなたは、部屋がキレイになる可能性が高いです。

汚部屋に住む人の多くは、自分の部屋が汚部屋であるという自覚がないからです。

どうにかしたいという気持ちがあるということは、良くなる可能性が高いということ。

部屋が汚いということは、心理的にも落ち着きませんし、ストレスになります。

掃除をしないことによって起こるデメリットはそればかりではありません。

ほこりだらけの空気によって、健康被害をもたらす可能性もあります。

また、物が多すぎることによって、探す時間がとられることや、ストックがあるのに、同じ物をまた買ってしまうなどの時間的、経済的なデメリットもあります。

部屋を掃除して、デメリットをなくし、メリットだらけの部屋に変身させましょう。

掃除しないのをやめて簡単にできる掃除に変えてみよう

掃除のやる気がなかなか出ない人や、掃除自体が嫌いな人も多いのではないでしょうか。
掃除にマイナスなイメージがある人は、掃除の仕方が分からないというのも、原因のひとつです。

簡単な拭き掃除や洗い物は出来るという人は、効率的な掃除の仕方を習得することによって、掃除が「嫌なこと」から「楽しいこと」に変わることがあります。

ファミリータイプの住まいと違い、ひとり暮らしの部屋の良い所は、広さが限定されているということです。

一般的なひとり暮らしの部屋は、メインの部屋の他、台所、風呂、トイレ、玄関が付いている間取りが多いと思います。

部屋中の大掃除をしようと思えば、1~2日もあれば出来るほどの広さです。

掃除は、まとめてするよりも、日頃からのマメな掃除をすることが簡単に出来る秘訣です。

いっぺんに掃除しようとすると、必然的に部屋に溜まるほこりの量も掃除していない時間が増えるほど多くなります。

掃除の面倒臭さを解消するためにも、気になるゴミやほこりは毎日取ってキレイな部屋を保つことは大切なポイントです。

掃除を面倒と感じる人は、テレビを見ながらや、ラジオを聞きながらの「ながら掃除」がおすすめです。

何かをしながらコロコロでゴミをとったり、フローリングワイパーでほこりを取るなど、無理のない範囲で出来る軽い掃除が、掃除を習慣化するコツです。

一人暮らしの男性は夜に掃除をするといい

仕事をしていると、平日は忙しくて自由な時間を作ることは難しい人も多いのではないでしょうか。

中でも朝は、起床して、身支度して、朝食を摂ってとしなくてはいけないことがたくさんあり、時間的に余裕がないことがあります。

平日は、疲れて掃除ができない人もたくさんいると思いますが、掃除をしないことが続いてしまうと、部屋はますます汚くなり、掃除する意欲も減ってしまうという悪循環に陥ってしまうことも。

毎日を快適に過ごすためにも、部屋の掃除はマメに行うようにしましょう。

働いているひとり暮らしの男性に、おすすめの掃除時間は「夜」です。

夜は疲れて帰って寝るだけだから、掃除をする余裕なんてないと思う人もいるかもしれません。

でも、夜に掃除や片付けをして部屋をスッキリさせることによって、朝を気持ちよく迎えることができるというメリットがあります。

朝、目が覚めてスッキリ整頓された部屋だったら、それだけで気分が良く1日を過ごすことができるでしょう。

夜に掃除をすると言っても、きっちりとした「掃除時間」を作る必要はありません。

日によって帰宅時間や疲れ具合も違いますので、自分が無理なく出来る範囲でサッと掃除することが大切です。

夜掃除では、目についた汚れはそのままにしておかないということがポイントです。

トイレの便座についた汚れや浴槽のざらつきなど、今まで気になっていてもあえて無視していた部分は、即座に落とすようにしましょう。

汚れは、時間が経つと共に取れにくくなってしまいます。

トイレの拭き掃除に便利なウェットシートや、浴槽の水垢取り用の洗剤など、その場所に応じた便利な掃除アイテムを用意しておき、気付いた時にすぐ掃除が出来るようにしておきましょう。

一人暮らしは掃除をする曜日を決めて掃除をしてみよう

掃除は、まとめてするよりも、日頃からマメに掃除をすることが部屋をキレイに保つ秘訣ということをご紹介してきました。

でも、分かってはいても特に今まで掃除する習慣がなかった人にとって、毎日掃除するということはプレッシャーに感じてしまうこともあります。

特に、実家暮らしから、はじめてひとり暮らしをした人は、生活をしていく上でしなくてはいけない家事は、掃除だけではありません。

食事を作ったり、洗濯をしたり、といった今まで親がやってくれていた家事を全部自分一人がこなさなくてはいけません。

やるべき家事がたくさんある中で、他の家事よりどうしても後回しになってしまいがちなのが「掃除」です。

他の家事、例えば洗濯をしないと次の日に着ていく服がないといった困ることが出てきますが、掃除はしなくても特に生活に支障は出ないことが多いからです。

掃除をしないことによって「部屋、汚いな~」とウンザリしてしまうことがあっても、別にゴミが落ちているからといって生活には困らないですよね。

でも、掃除を後回しにしてしまうと、ツケは大きくなって後からやってきます。

毎日の掃除は無理という人には、掃除する曜日を決めるという方法がおすすめです。

最初は掃除出来ていても、飽きて掃除しなくなるというのは避けたいことです。

掃除を習慣化するためにも、最低週1回は掃除する曜日を作り、他の家事と同様に自然と生活の中に組み込むようにして掃除を続けましょう。

しっかり掃除しないで一人暮らしの部屋を綺麗に見せるコツ

一人暮らしをしている男性で、掃除が大好きという人は少ないでしょう。

頻度に差はあると思いますが、何かしらの掃除をしている男性が多いと思いますが、中には全く掃除をしていないという男性もいると思います。

そんなときに、もし気になる女性が突然部屋に来ることになったら困りますよね。

できれば余裕で気になる女性をあげられるような部屋にしておくことが理想だと思います。

汚い部屋というのは、物が散乱しているということだけではありません。

ほこりが舞っているようなほこりっぽい部屋も、汚い部屋に入ります。

ほこりは、部屋を汚く見せるだけではなく、健康面でも悪い影響を与えることがあります。

ほこりは、部屋の隅に溜まっていたり、物の上に積もっていることが多いため、このほこりを除去するだけで、部屋の印象はスッキリします。

特に、部屋の四隅を重点的に掃除することで、部屋が見違えて見えますよ。

そして、床に置いてある不要な物を取り除きましょう。

床の面積が広くなれば、部屋を広く感じられ、スッキリとした印象になります。

物の定位置を決め、出したらしまうということを習慣付けることも大切です。

一人暮らしの掃除のコツカテゴリの最新記事