汚家を掃除するときの方法とは?ポイントやコツを紹介します

汚家を掃除するときの方法とは?ポイントやコツを紹介します

汚家の掃除をするときにはどんな準備が必要なのでしょうか?そして、掃除を始めるならどこから?

自分の意思で、汚家を掃除するのであればまだ希望がありますがもしそうではなく家族や親戚の汚家を掃除しなくてはいけないときにはこうして掃除を進めていきましょう。

掃除ができない、はかどらないときには人の手を借りるのもひとつの方法かもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

書類の整理に悩まされない!家庭の書類の管理方法

書類が上手に整理できなくて、うんざりしていませんか? 紙って増えますよね? チラシやDM...

物を捨てる技術【断捨離】は心の余裕をつくり人を成長させる

物を捨てる技術を一言で表すと断捨離になりますが、これはだた単に物を捨てるということではありません。 ...

整理整頓のコツ!キッチンは使いやすさを考えてスッキリと収納

キッチンにはたくさんの物がありますよね。 調味料や食料品のストック、調理に使うアイテムも引き出しを...

物を捨てられない親の心理を理解して、一緒に片付けを始めよう

久しぶりに実家に帰ると、家の中が物でいっぱいになっていることがありますよね。 特に親が高齢にな...

まだ使えるものを捨てるメリットは?捨てることで得られること

部屋の中を掃除してもなかなか綺麗に片付かないという人もいますよね。そんな人は「まだ使えるものを捨てる...

掃除が上手な人の特徴とは?家がキレイな人がしているコト

掃除が上手な人の特徴として、こんなことがあげられます。 掃除が出来ない人からすると、不思議に思える...

部屋の掃除頻度、リビング・キッチンなどの理想的な掃除頻度とは

部屋の掃除はどのくらいの頻度が理想的なのか、考えたことがあるでしょうか。 人によって掃除頻...

捨てる・掃除する引き寄せの法則で運気をアップ!断捨離の方法

「断捨離」という言葉を聞いたことがある人もいますよね。実際に自分の部屋がなかなか片付かない・物がたく...

整理整頓とは?整理の意味・整頓の意味と上手に片付けをするコツ

「整理整頓」という言葉を聞いたことはありますよね。整理整頓とは、一体どんな意味の言葉なのか、ご存...

部屋の臭いの原因を理解して、いい匂いのする部屋に変えよう

一人暮らしをしていると、なんだか部屋が臭いと感じることもあるでしょう。 しかし、その臭いの原因...

壁も掃除。掃除方法やほこりの取り方、便利なアイテムを紹介

ほこりといえば電化製品や床や家具についているというイメージがありますが、壁や天井にもほこりはついてい...

部屋の換気は冬こそ効果的な方法やメリットと必要な時間とは

部屋の換気は冬でも大切です。 しかし、窓を開けて換気すると冬は寒いですし、逆にそれによって暖房費が...

掃除の手順を確認!毎日の掃除が負担にならない掃除方法を解説

毎日毎日家の掃除をしていると、「今日は掃除をするのが面倒」と思う事もありますよね。とはいえ、日々...

もっと物を減らしたいと何でも捨てるのではなくゴールを決めよう

もっと物を減らしたい、家中の物を断捨離したい! 片付けているうちに、どんどん物を捨ててしまう人が増...

片付けは不要なものを捨てることから始めよう!運気も上昇します

運気を上げるためにはいらない物を捨てて片付けることが大切だと言われていますが、捨てる物の基準がわから...

スポンサーリンク

汚家を掃除するときの第一歩

ゴミ袋を用意しましょう。たくさん用意しましょう。
ゴミ袋は2枚重ねにして使うことを、オススメします。

汚家ですから、ゴミ袋10個くらいで済むはずはありません。

ゴミ袋50個100個作る位の覚悟と想像力で掃除を始めましょう。

目の前にあるものはすべてゴミだと思いましょう。

使う使わない基準ではなく、分別の基準でどんどんゴミ袋に入れていきましょう。

床が見えるまで、分別作業を繰り返し、目の前にあるものをゴミ袋に入れていくのです。
考えてはいけません。
とにかく、分別作業をすすめていくのです。

汚家の中の物を完全に出し切ってから掃除をします。

まずは、汚家にあるものをすべてゴミ袋に入れる気持で作業を進めてください。

とにかく、目につくモノすべてゴミ袋の中に入れる気持ちで作業しましょう。

汚家の掃除はまず仕分け!ゴミ袋とダンボールを用意しよう

ペットボトルやスナック菓子の袋など、明らかにゴミだとわかるものはゴミ袋に入れてゴミに出します。

汚家には雑誌が積み重ねられていることが多いです。
紙ゴミ系はさっさとゴミ袋に入れてしまいましょう。

さらに、悪臭を放っている下着やタオルなどもまとめてゴミ袋に入れましょう。

  • 紙類
  • 布類
  • 電気系
  • 明らかなゴミ

汚家には大きく分けてこの4種類のモノたちがひしめき合っていると思います。

これらを大きく分類して、とにかくゴミ袋に入れていきましょう。

ゴミ袋に入れてすぐにゴミ処分場に持っていくわけではありません。
とりあえず、モノたちを分類するという気持ちで、どんどんゴミ袋に入れていきましょう。
異常な空間にいると正常な判断ができなくなってきてしまいます。
ですから、シンプルに物事を考えるようにしましょう。

紙・布類・電化製品系・ゴミ。この4種類をとにかくひたすらゴミ袋に入れていくようにしましょう。

汚家の掃除をするときの心得

今の家なら、作り付けのクローゼットや収納がありますが、昔の家にはあまりありませんよね?

ですから、収納家具を増やしてどんどんモノを貯め込むということをしてしまいがちです。

使わないものの収納場所をお金をかけて作りがちなのです。

収納家具を購入して、使わないものを収納する。
それが、一つ二つと増えていき、足の踏み場もないくらいに収納ケースや収納家具が収められた汚家が出来上がってしまうのです。

お金と時間をかけて不要なものを取っておく不毛さに、本人は絶対に気づくことはありません。

人間というのは、不思議なものです。
日常使うものは、質の悪いものを使い、いつ壊れても汚してもいいなんて思いながら使い、いただきものの高価なものは大切にしまっておくんですよね。
でも、そうしたいのだからそうしているのです。

ものは使ってなんぼだといくら言っても、本人がそう思っていないのですから、どうしようもありません。

まずは、明らかにわかる『ゴミ』を処分することから始めましょう。

汚家の掃除がどうしてもできないときには引っ越しも視野に入れよう

汚家を片付けたい!

数年離れて暮らしていたら、実家がとんでもないことになってしまった。

そのような時は、家を片付けるというよりも家を処分することも視野に入れましょう。

父親や母親だけ取り残された一軒家。
年老いた者に一軒家の管理は難しいのです。

もちろん、住み慣れた場所から離れることは容易ではありませんし、次に住む場所のことを考えると現実的ではないかもしれません。

ですが、家が家として機能しないのならそういったことも考えなければならないのかもしれません。

親と喧嘩しながら家を片付けるよりも、覚悟を決めて業者に任せるという選択もあります。

モノがぎっしりと詰まっている一軒家で暮らすことが親にとって幸せなことだと思いますか?

親がどのように考えているのかを、聞いてみましょう。
あなたの意見は絶対に言ってはいけません。
まずは親がどう思い、何を感じているのかを吐き出させてあげてください。

あなたが意見を言い、拒否すればするほど心が閉ざされていきます。

汚家にしないためには掃除よりも他人の目線

散らかす。
片付けられない。
汚い。
汚れている。

この基準って、人それぞれだと思います。

自分は気にならなくても、第三者の目から見るととんでもない汚部屋だったりしますしね。

モノが多いことがダメということではありません。
使わないものをとっておく必要があるのかどうかを自分に問いてほしいのです。

でも『周りの基準』というのがどのようなものかを知りたいですよね?

今は、実家の片付けなども赤裸々に写真に収めブログを書いている方もたくさんいらっしゃいます。
日本にとどまらず、海外でも、片付けられない家族がリアリティー番組として紹介されていたりもします。

他の人の現状を見つめると、自分にはない片付けの基準がはっきりしてくるかもしれません。

掃除でものを捨てるコツカテゴリの最新記事