部屋の掃除を業者に頼むといくら?事前にしておくべきコトとは

部屋の掃除を業者に頼むといくら?事前にしておくべきコトとは

部屋の掃除を業者に頼むときには、どのような流れとなるのでしょうか?

業者に部屋の掃除を頼むときには、事前にどこまでしてくれるのか確認をしておくことが大切のようです。

料金も、業者によって違いがあるのでいくつかの見積もりを取っておくといいでしょう。部屋の掃除を業者に頼む前にはこんなことに気をつけましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋にカビが発生する原因を理解して、正しい予防をしましょう

いつの間にか部屋の中に発生したカビ。しかし、詳しい原因まではよくわからない人の方が多いのではないでし...

ダニ駆除を業者に依頼した場合の料金相場やメリットについて

ダニ駆除について考えた場合、自分でするよりも専門の業者に頼んだ方が良いと思うこともあるでしょう。 ...

クロスの掃除に洗剤は使えるの?クロス掃除に適した洗剤

クロス掃除にはどんな洗剤を使えばよいのでしょうか? 日本の住宅では7割近く使われている『ビニー...

整理整頓とは?整理の意味・整頓の意味と上手に片付けをするコツ

「整理整頓」という言葉を聞いたことはありますよね。整理整頓とは、一体どんな意味の言葉なのか、ご存...

短期間で片付けをスムーズにする方法。キレイな部屋にするコツ

短期間で片付けをしたいときは、ポイントを絞ることで部屋の片付けがよりスムーズになりますよ。 ...

掃除や片付けで捨てることができない人へ!本当に大切な物とは

掃除や片付けをスムーズに行うためには、まずは不要な物を処分することが必要です。物で溢れかえったお...

一人暮らしの部屋の掃除のコツと簡単な方法について解説します

一人暮らしだと、どうしても食べることが先で部屋の掃除が後回しになってしまいますよね。 でも...

部屋の生活感を消すために!生活感のないリビングの作り方

ネットで見かけるステキやお部屋やインテリア雑誌で紹介されている部屋は、同じ主婦でも生活感がなく、おし...

No Image

エアコンの処分を無料で行う業者に注意!正しい処分方法とは

新しくエアコンを買い替える場合、不要となったエアコンを処分するための費用が高いことに驚く人も多いので...

片付け・収納のプロに学ぶ『整理整頓術』今の自分を見つめ直して

片付けや収納のプロに学ぶ『整理整頓術』。 でも、どんなに優れた方法でも、自分の思考が整理整頓で...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

整理整頓できない人の心理と特徴!片付けが苦手な人向け整頓術

自分は整理整頓が苦手だと感じている方はたくさんいると思います。 子供の頃からいつも親に「部...

ホットプレート焼肉で困る煙対策について!臭いの予防と対処法

家で焼肉をする時にはホットプレートを使って楽しむ方が多いと思います。しかし、室内で焼肉をする時に困る...

カーペットのクリーニング方法。セルフでキレイを保つには

カーペットのクリーニング方法について。 カーペットを自分でクリーニングするにはどうしたらよいの...

和室掃除の基本。毎日簡単に掃き掃除とホコリ取りをしましょう

和室の掃除、考えるだけで億劫になってもう、締め切ったままもう何ヶ月も掃除してないかも。 和室は、畳...

スポンサーリンク

部屋の掃除業者はどこまでしてくれる?

部屋の掃除業者は、素人が手に負えないようなレベルの汚れでも綺麗に磨き上げることができる、プロフェッショナル集団です。
掃除だけでなく、整理整頓やゴミ捨て、不要品の処分までしてくれるので、部屋の掃除を普段しない人にとってはまさに救世主ではないでしょうか。

すぐにでも頼みたいところですが、いったいどこに頼むことができるのでしょうか。
部屋の掃除業者の多くは、生前整理業者が請け負っています。
生前整理業者は、家の荷物の整理を一手に引き受けてくれる片付けサービスです。
生前整理はもちろん、遺品整理にも対応してくれる力強い存在。

生前整理業者がまず行うのは、ゴミや不要品の処分です。
部屋に溢れているゴミを仕分けし、不要品を使えるものと使えないものに分けてもくれます。買い取ってくれる場合もありますが、金額がつかないものでも処分してくれるので、自分で掃除をするよりも効率的に掃除をすることができます。

部屋の掃除をしてくれる業者によってこんな違いがあります

部屋の掃除を依頼できる掃除業者は、業者によってスキルに差があります。

散らかった部屋を片付けたいのですから、やはり業者選びで重視したいのが掃除や収納のスキルの高さです。
部屋掃除とうたいながらも、実際は不要品の回収をするだけということもあります。
部屋掃除はゴミや不要品を処分して終了ではありません。
その後生活しやすいような収納の工夫も必要になります。
部屋を片付けながら収納の方法も教えてくれる、整理収納アドバイザーの資格を持つスタッフがいるのかを業者に聞いてみるのもいいかもしれません。

片付けを業者に依頼するのですから、費用はどうしてもかかります。
そこで節約対策にもなるのが、使わなくなった家電やコレクションの買い取りです。
不要品が売れればその分片付け費用にも回せて得なのですが、買取価格は業者によってバラバラなので注意が必要です。
不要品の価格をしっかり目利きできる業者を選ぶことが大切です。

部屋のゴミを処分し不要品の買取も済んだら、今度は何が必要なのかを選ぶ作業になります。部屋を散らかしてしまう人は、自分にとって何が必要で何が不要なのかを把握することがとても苦手です。
一緒に話し合いながら、丁寧に選り分けてくれる業者を選びましょう。

部屋の掃除を業者に頼むとどのくらいかかる?

部屋の掃除を業者に依頼した場合、費用はどのくらいなのでしょうか。その費用が一番気になります。

まず費用の相場ですが、ワンルーム・1Kで15,000~30,000円、1DK~2LDKで30,000~70,000円となります。
当然部屋が広くなるにつれて作業箇所も増えるため費用も高くなります。

また、居住中と空室でも価格が大きく異なるのが特徴です。
空室の場合は家に家具などがないため掃除もしやすく、住んでいる人がいないため作業時間帯も自由になることから費用は低めになっています。
居住中の自宅を掃除してほしい場合は、先程説明した相場から大体20~50%ほど加算した費用が目安になると言われています。

また、引越しと同様、部屋掃除の業者にも繁忙期がありますので、新年度を向かえる3月や年末大掃除時期の12月は予約が取りにくく、費用も高くなります。
もし繁忙期に依頼したい場合は、早めに予約すると安心でしょう。

部屋の掃除を業者に頼むときの目安とは

部屋の掃除業者に助けを求めるくらいですから、部屋に大量にゴミがある、一人で片付けるのが無理な量なことである場合が多いでしょう。
汚部屋と呼ばれている人は、他人に汚部屋に住んでいることが知られるのを嫌がる傾向があるため、なんとか自分だけの力で片付けようとします。
しかし、大量にゴミがある部屋を自分一人の力で掃除をするのは無理な話です。
時間と手間もかかりますし、大量のゴミは処分方法にも困ってしまいます。
不要品を一気に処分するためにも、ぜひプロに頼んでください。

また、仕事が忙しく部屋を片付けることができない人も業者に依頼した方が賢明です。
片付けない状態が続けば続くほど、どんどん部屋は汚部屋化してしまいます。
そうなるともう手が付けられない状態にまで悪化してしまいますので、ゴミ屋敷になる前に手を打つ必要があります。

引越しも依頼するタイミング。
不要品の買取や回収をお願いできますし、急な引っ越しでも即日対応の業者がありますので素早く作業してくれます。
引越しで大型家具や家電を手放す人は依頼するべきでしょう。

部屋の掃除を業者に頼むときの流れ

  1. 依頼者が業者に相談、見積もりをお願いする
  2. 必要ならば業者が現地へ出向いて状況を確認する
  3. 業者が見積もりを作成
  4. 内容を確認して問題がなければ正式に契約
  5. 片付け作業を開始
  6. 片付けをしながらゴミや不要品の処分を行い掃除をする
  7. 作業終了後は双方確認して完了

これが掃除業者に依頼した時の主な流れとなっています。
どの業者に依頼しようかと、複数の業者に見積もりを依頼することもあると思います。
見積もりを依頼した後で断るのは気が引けるという方もいると思いますが、そんなことはありません。
業者によってサービス内容や価格も違いますので、複数の業者に見積もりを依頼して、その時の対応なども考慮した上で依頼するといいでしょう。
最終的に依頼しないことにした業者には断りの連絡を入れることを忘れずに。

また、片付けをプロに依頼する際に気になるのが費用の面ですが、少しでも節約したいのであれば、やはり不要品を買取してもらう方が一番手っ取り早いでしょう。
部屋を片付ける良い機会だと捉えて、使わないものは思い切って処分し費用に当てましょう。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事