部屋の換気は冬こそ効果的な方法やメリットと必要な時間とは

部屋の換気は冬こそ効果的な方法やメリットと必要な時間とは

部屋の換気は冬でも大切です。
しかし、窓を開けて換気すると冬は寒いですし、逆にそれによって暖房費がかかってしまいます。
ですから、冬の換気をするときこそ、上手な効果的な換気方法や準備が必要になるのです。

ここでは、冬の正しい部屋の換気方法と冬の換気のメリットや時間、冬に部屋を換気するときの寒さ対策や窓が開けられないときでもできる換気のコツなどお伝えしていきます。

これで、冬でもスッキリと部屋の換気ができるので安心です。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【子供部屋の掃除方法】子供に掃除させるコツを教えます

いつもおもちゃでいっぱいの子供部屋。「片付けなさい。」と言ってもなかなか子供が自分から掃除してくれな...

ダニ駆除シートの効果とメリット・デメリットについて徹底解説

ダニ対策方法の一つとしてダニ駆除シートの使用を考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、気...

掃除が上手な人の特徴とは?家がキレイな人がしているコト

掃除が上手な人の特徴として、こんなことがあげられます。 掃除が出来ない人からすると、不思議に思える...

テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

新しいテレビを買うことになった場合、古いテレビは家電リサイクル法の対象となっているため正しく処分しな...

整理整頓できない人の心理と特徴!片付けが苦手な人向け整頓術

自分は整理整頓が苦手だと感じている方はたくさんいると思います。 子供の頃からいつも親に「部...

整理整頓とは?整理の意味・整頓の意味と上手に片付けをするコツ

「整理整頓」という言葉を聞いたことはありますよね。整理整頓とは、一体どんな意味の言葉なのか、ご存...

断捨離は長期戦でも効率的に!継続的に成功させるコツとは

断捨離をやってみると長期戦になり、思っていた以上にストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。 ...

畳の掃除機掛けの理想的な頻度を紹介。掃除機のかけ方やコツ

フローリングの床の場合はほこりがたまってきたらすぐにわかりますが、畳の場合はどうでしょう。 掃除機...

【洋服の収納術】クローゼットを上手に活用するコツを教えます

クローゼットはあるのに、ただ洋服をかけているだけだともっと上手に収納したいと思うこともあるでしょう。...

部屋の臭いの原因を理解して、いい匂いのする部屋に変えよう

一人暮らしをしていると、なんだか部屋が臭いと感じることもあるでしょう。 しかし、その臭いの原因...

和室掃除の基本。毎日簡単に掃き掃除とホコリ取りをしましょう

和室の掃除、考えるだけで億劫になってもう、締め切ったままもう何ヶ月も掃除してないかも。 和室は、畳...

寝室の理想的な掃除頻度とおすすめの掃除方法を徹底解説

寝室は寝るだけだし、汚れも目立たないからとあまり掃除をしないという人の方が多いかもしれません。 ...

部屋が臭い!カビが発生している場所を探して除菌しましょう

部屋の掃除をしているはずなのに、なんだかカビ臭いと感じることはありませんか。それは部屋のとこかにカビ...

整理整頓のコツ!キッチンは使いやすさを考えてスッキリと収納

キッチンにはたくさんの物がありますよね。 調味料や食料品のストック、調理に使うアイテムも引き出しを...

家がゴミ屋敷!実家がゴミ屋敷の時の対処法とゴミ屋敷になる理由

「久しぶりに実家に変えると家がゴミ屋敷になっていた」こんなお悩みを抱えている人もいますよね。小さ...

スポンサーリンク

冬の正しい部屋の換気方法について

天気の良い日であればいつでも窓を開けて、外の空気を取り込みたいものですが、冬の寒い日には少し躊躇してしまいますよね。
そこで、冬の換気についてメリットやデメリットを紹介したいと思います。

掃除機をかけたときに、ホコリ等のゴミが大量に取れている状態は良く見かけますよね?
それは、空気中に舞ったホコリやゴミが床に落ちて発生するものであって、もともとはふわふわ浮いているという状態なのです。
室内には、イエダニやハウスダストなどアレルギーの素になる物質もたくさん浮遊しているわけですから、やっぱり換気をして外の空気を取り入れたいものです。

まして乾燥する季節の代表的な冬ですので、あらゆるウイルスが浮遊していればなおさら空気が汚れていると言えるでしょう。

かと言って換気といっても、どの時間帯にどのくらい行なうことが適しているかなんてわかりませんよね。
ここからは正しい換気方法をお伝えします。

2方向の窓を開け対角線上になるよう空気の流れをつくる。

一つの大きな窓を「どーん」と開けてる人は多くないですか?
実は、間違いな方法です。
空気の流れを作るためには2箇所の対角線上にある窓を開けることで、室内の汚れた空気を屋外へ排出してくれる流れが発生するのです。

冬は部屋を換気することで結露を防ぐことができる

冬場の悩みといえば何と言っても結露問題。

結露がひどければひどいほど黒カビが発生したり、最悪虫も発生してしまうこともあります。
なぜ結露防止になるかというと、暖房や調理によって室内と室外では温度差が生じます。
その温度差が大きくなればなるほど結露が発生するので、室内の空気を室外へ逃し、少しでも屋外の空気を取り込むだけで結露の防止ができるというわけなのです。

主婦の大敵でもある結露問題は、ご家庭によってはとっても深刻なものですよね。
タンスの隅などにも湿気がたまり、衣類や書籍などダンボールに保管していたものがびしょびしょになってしまった…なんて話しは何度も聞いたことがあります。

そうならないためにも、小まめに換気を心がける必要があります。

かといって、寝室など結露の起こりやすい空間は窓が1つしかない場合があるので対角線をとって空気の流れをつくることが難しいですよね。

部屋の換気をする上での結露防止になる方法をお伝えします

結露問題に活躍するのが「扇風機」の存在です。
扇風機は、暑い夏の日だけの利用ではないんですよ。
空気の流れを作ってくれるの、湿気が溜まりやすい場所や空気が悪いな…と思う場所には扇風機を回して空気を循環させる方法も結露防止の一つと言えるでしょう。

冬に部屋の換気をするときの効果的な時間とは

冬は雪も降るしとっても寒いですよね。
せっかく部屋の温度が温まったのに、窓を対角線上にあけることで一気に室内の温度は低下してしまいます。

どの時間帯に換気することが一番好ましいのか?

  • 日中の一番気温の上がる時間帯

目安としては、正午~2時位までがベストでしょう。
勿論、晴れた日に実行することをオススメします。
雪の降ってる日に無理して換気して風邪を引いてしまっては、室内の空気が良くなっても嬉しくないですよね。
そういう理由もふまえて、極端に室内の温度が下がらない日差しのある日中がオススメ出来る時間帯とも言えるのです。

冬の換気には部屋を寒くさせない方法や寒さ対策を

どうしても寒いのが苦手で、窓を開ける勇気が出ない人にオススメな方法がいくつかありますので参考にしてみて下さい。

窓を全開にしない

大きな窓を対角線上にガッチリ開ける…なんて想像してませんでしたか?
確かに空気の流れはバッチリですが、せっかく温まった室内が極寒になってしまいます。あくまでも室内の空気が外に出るということが目的ですので、辛い時は少しだけ開ける、半分だけ開ける、といったように工夫しながら換気を試みて下さい。

換気扇を利用する

室内の空気を外に出してくれる存在なのが「換気扇」です。
どうしても窓を開ける勇気が出ない場合は、換気扇を回してみましょう。
換気扇なら若干室内温度は下がるものの、さほど生活に影響がでることもないからです。

長時間で1度ではなく短時間で何度でも

換気時間はどのくらい必要だと思いますか?冬に30分や1時間も換気してたら寒くて凍えてしまいます。
しかも、その後の空気がまた蓄積されることから、効率の良い換気方法とは言えないでしょう。そこから考えてみても、例えば5分の換気を3回行なう方がその都度溜まった悪い空気を外へ出すことが出来るので、よっぽど効率の良い換気方法と言えるのです。

窓が開けられなくても部屋を上手に換気しましょう

室内の空気が汚れている気がするけど、対角線上に窓が無い、又は窓自体無いというアパートや部屋も少なくないと思います。
そんな家の人は換気をあきらめるべきなのでしょうか?

いえいえ!方法はまだあります。
どんな状況でも換気する方法はありますので、ぜひ参考にして下さい。

サーキュレーターや扇風機を利用しよう

窓は無くても、家に扇風機が無い人は少ないと思います。
上記でも簡単に説明していますが、空気の流れを作るということがとても重要なので、例えば扇風機を回して空気を循環してみて下さい。
それだけでも新鮮な空気はどこからともなく入ってきます。

冬季間の換気について色々お伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
私自身寒いのが苦手で、なかなか換気する環境とは無縁の生活を送っていましたが、日中の明るい時間の屋外の空気はなんとも言えないほどよい空気に思えます。
それじゃなくても日照時間の少ない冬ですので、季節の中では暗いイメージさえある冬です。
少しでも快適に生活できるよう、様々な換気方法を取り入れてよりよい毎日を過ごしてくださいね。

部屋の掃除のコツカテゴリの最新記事