【書類の整理方法】家の中をすっきりさせるためのコツをご紹介

【書類の整理方法】家の中をすっきりさせるためのコツをご紹介

学校からのプリントやレシート、そして家電などの取扱説明書など家の中にはいろいろな書類がありますが、いつの間にかぐちゃぐちゃになってしまっている人も多いでしょう。
また「とりあえずファイルに入れよう。」と入れたものの、どこに入れたのかわからなくなってしまうということもあるのではないでしょうか。

今回はそんな悩みを解決するために、家の中の書類の整理方法について説明します。

書類の整理をする前に、まずは保管する書類と捨てる書類を分けることから始めましょう。その選別方法についても説明します。

一度書類の整理をしてしまえば、後は簡単です。まずはしっかりと書類を整理しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

断捨離は長期戦でも効率的に!継続的に成功させるコツとは

断捨離をやってみると長期戦になり、思っていた以上にストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。 ...

掃除が上手な人の特徴とは?家がキレイな人がしているコト

掃除が上手な人の特徴として、こんなことがあげられます。 掃除が出来ない人からすると、不思議に思える...

【書類整理術のコツ】家庭の書類を整理するためにやるべきこと

毎日のように増え続ける書類。家庭の中でも領収書や取扱説明書などいろいろありすぎて、きちんと整理できな...

ダニ駆除を業者に依頼した場合の料金相場やメリットについて

ダニ駆除について考えた場合、自分でするよりも専門の業者に頼んだ方が良いと思うこともあるでしょう。 ...

断捨離はどこから始める?上手に断捨離する方法と注意点を解説

断捨離をして家の中を片付けようと思っても、一体どこから始めるのが正解かわからないという人もいますよね...

部屋のカビ臭い臭いは重曹の消臭剤で除去!臭いの原因と予防方法

部屋の中にカビ臭い臭いが充満していたら、毎日嫌な気分で生活をしなくてはなりません。お部屋に消臭剤を置...

畳の掃除の仕方の基本のコツや注意点と汚れを防ぐお手入れ方法

畳の掃除の仕方については、絨毯やフローリングの掃除をするときよりも慎重に行う必要があります。 畳を...

部屋の掃除はどこから始める?効率よく部屋をきれいにしよう

いつの間にか汚くなってきた部屋の掃除をいざ始めようと思っても、どこから手をつけていいのか迷ってし...

部屋を綺麗に保つコツ。最低限以下までモノを減らす意識を持つ

部屋を綺麗に保つコツ。 部屋を綺麗な状態で使い続けたい。 やろうと思わなくても、片付いた状態がキ...

壁も掃除。掃除方法やほこりの取り方、便利なアイテムを紹介

ほこりといえば電化製品や床や家具についているというイメージがありますが、壁や天井にもほこりはついてい...

【洋服の収納術】クローゼットを上手に活用するコツを教えます

クローゼットはあるのに、ただ洋服をかけているだけだともっと上手に収納したいと思うこともあるでしょう。...

部屋の掃除を業者に頼むといくら?事前にしておくべきコトとは

部屋の掃除を業者に頼むときには、どのような流れとなるのでしょうか? 業者に部屋の掃除を頼む...

テレビを処分するには「リサイクル料」という費用がかかります

テレビは粗大ごみとして処分することができません。 家電リサイクル法によりリサイクル費用を支払わ...

短期間で片付けをスムーズにする方法。キレイな部屋にするコツ

短期間で片付けをしたいときは、ポイントを絞ることで部屋の片付けがよりスムーズになりますよ。 ...

掃除や片付けで捨てることができない人へ!本当に大切な物とは

掃除や片付けをスムーズに行うためには、まずは不要な物を処分することが必要です。物で溢れかえったお...

スポンサーリンク

家での書類の整理方法は、まず保管するかどうかの選別から始めよう

家の中が散らかってしまう原因は家庭によって様々です。
しかし1枚のプリントでも、整理せず溜めていけば収納に困ってしまい、家が散らかってしまう原因にも成りかねないでしょう。
書類を整理する場合、書類がある程度まとまってから整理したいと思う場合もあります。
しかしある程度まとまってしまうと、過去の書類の中には必要な書類であったかどうかを忘れてしまう可能性もあるのです。

書類はすぐに整理するように習慣づける

書類の整理の第一歩は保管するべき書類なのか、処分する書類なのかの選別から始めます。
書類が出た都度に必要なものかどうかを判断することは簡単です。
しかし書類を置くスペースやファイルなどがある場合にはそこに収納して置き、年末に大掃除しておくと言う場合もあるでしょう。
その場合はまず家にある全ての書類を集めてください。
この時冷蔵庫に貼ってあるプリントなど家中にあるすべての書類を準備しましょう。
書類を準備したら、選別を開始して行きます。
重要なものかどうかを判断できないと言う場合があります。
その場合には必要かどうかの判断基準を予め考えておくと、簡単に書類の選別をすることができます。
例えばダイレクトメールなどは不要なものですし、契約書関係は最も重要で捨ててはいけないものです。
中には選別するかどうか判断できない書類も出てくるでしょう。
そのような書類はある一定期間保存し、不要になれば破棄するように決めましょう。
判断基準を決めることで選別の時間を短縮できます。

学校から家へ持ち帰るプリントなどの整理方法

ご家庭にお子さんがいる場合には、学校関係の書類が増えてくるでしょう。
学級通信などのプリントも日々の子どもの成長を記載していると思うと、なかなか処分することができないものもあります。
しかし学校で配布されるプリントの中にも、親が提出しなければいけないプリントだったり、お知らせのみが書かれているものと重要度は分けられていくでしょう。
学校に提出するべきプリントの場合には、自分の目に見えるところに貼って置くことをオススメします。
例えば100円ショップなどでも購入できるコルクボードに貼っておけば、提出期限が過ぎてしまうという危険性を回避することができますし、不要になれば処分することも簡単です。

提出済みの書類を重ねてコルクボードに貼らないように注意

提出期限がない書類の中でも一定期間保存するものと重要度が高く保存するべきものに分けてファイリングをしておきましょう。
重要度が高い書類は予定表や行事のお知らせなどです。
このような書類はすぐに見ることができるようにファイリングも工夫しましょう。
1枚1枚がすぐ見えるようなファイルにすると使いやすいでしょう。
学校関係の書類のファイルはまとめて一箇所に置くように心がけてください。
学校関係の書類を探す場合にはその場所に行けばすぐに探すことができて、手間を省くことができます。

書類整理が苦手な人は「個別フォルダー」を使ってみよう

書類の整理が苦手だと感じる人は実は多いのです。
自然に書類の山が出来てしまうと言う人もいるのではないでしょうか。
書類の整理が苦手な人は書類は全てファイルにいれたり、書類専用の箱にいれて終わりと言う整頓をしています。
一箇所に書類が集まっているので、満足してしまうのです。
ただファイルに入れるだけの収納では、自分が欲している書類を探す時にどこにあるのか分からなくなってしまう危険性があります。

書類が探しやすくなることを目的としたフォルダーの使い方

ファイルに入れると言う収納方法には変わりがありませんが、その使うファイルに工夫をします。
オススメなのは個別フォルダーです。
個別フォルダーとは穴を開けたりなどの手間なく、書類を挟むだけで良いファイルのことです。
この個別フォルダーを使うことによって、フォルダーの中身が通常のファイルを使うよりも見やすくなります。
オススメの収納は、1つの個別フォルダーに全てを入れるのではなく、種類別にフォルダーを分けることです。
フォルダーの色を変えたりラベルを貼ると、どのファイルには何が入っているのか明確化できるのでオススメです。
また自分で書類を入れる時にもファイルの中身が明確的に分かることによって、収納もしやすくなるでしょう。

家の書類をすっきりさせるおすすめの整理方法をご紹介します

書類の管理は奥様がやるものと思っている方がいます。
しかし書類が必要になると、いつも子どもや旦那様が自分に書類の置き場所を聞いてくることが煩わしいと感じてしまいませんか。
書類が家に点在していれば、当然書類を管理している人しか書類のある場所を把握することができません。
しかし書類が点在していると家は片付きませんし、整理した本人ですらどこに何があるのかを把握できなくなってしまう問題もあるのです。
そこで家の中にある書類をスッキリと収納してみてはいかがでしょうか。

ボックスとファイルで書類を一箇所に収納

例えば大きなボックスに学校関係の書類と書いて、ファイルの中に学校関係の書類を入れて下さい。
ボックスを棚に入れておけば、どんな書類がどこにあるのかすぐに分かります。
学校関係の書類だけではなく、家関係の書類や説明書なども同様にボックスとファイルを使って収納することによって分かりやすくなるでしょう。
ファイルも家族によって色分けしてみるとよく分かります。
例えば学校関係の書類も子どもが数人いる場合は一緒にしてしまうと分かりづらくなってしまうでしょう。
子ども別に色を分けることによって、すぐにほしい書類を探すことができるはずです。
このように自分の家で使いやすいボックスとファイルを使って、独自のファイル仕訳をするととても収納は簡単になります。

書類のファイル棚を作ることによって、自分以外の人もすぐに欲しい書類を取り出せることができるのはメリットです。

家の書類整理をした後は、書類を増やさないようにしよう

書類の整理をすると家がスッキリします。
整理して最初のうちは、このスッキリとした状態を保っておきたいと努力することでしょう。
しかし時間が経つとその努力を忘れてしまい、再び書類が散らばってしまうと言う可能性も考えれます。
時間が経過しても、書類の整理はいつもするように心がけてください。
書類を山にして、後から整理しようとする考えはいけません。これではすぐに以前の状態に逆戻りしてしまうでしょう。
整理しようと思っていても、毎回毎回どの書類はどのファイルに入れようかと悩み考えていたら、そのうちファイリング自体が面倒になってしまうかもしれません。
ファイル仕訳を小分けにしていると面倒になってしまいがちなので、もう少し簡単に大まかなファイル仕訳に変更するといいかもしれません。
また書類をファイリングする際に、既にファイルの中に入っている書類は必要なものかそれとも処分することができるのかどうかをチェックするのも綺麗に収納する方法の一つです。
学校関係の書類なども、ファイリングする際に以前の行事のものであれば処分するなどとするとスッキリとした書類整理をすることができるでしょう。

書類整理のコツカテゴリの最新記事