家がゴミ屋敷!実家がゴミ屋敷の時の対処法とゴミ屋敷になる理由

家がゴミ屋敷!実家がゴミ屋敷の時の対処法とゴミ屋敷になる理由

「久しぶりに実家に変えると家がゴミ屋敷になっていた」こんなお悩みを抱えている人もいますよね。小さい頃から住んでいた、慣れ親しんだ実家がゴミ屋敷になっていたら、どうやって片付けを行えば良いのでしょうか。

実家がゴミ屋敷になってしまった時、自分には何ができる?ゴミ屋敷になる原因は?

そこで今回は、自分の実家がゴミ屋敷になってしまった時の対処法と、ゴミ屋敷になってしまう理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳の掃除の仕方の基本のコツや注意点と汚れを防ぐお手入れ方法

畳の掃除の仕方については、絨毯やフローリングの掃除をするときよりも慎重に行う必要があります。 畳を...

掃除を楽しくする方法!面倒な掃除を楽しくして部屋を掃除しよう

掃除をするのが面倒でどうしても重い腰が上がらないという人もいますよね。掃除を楽しくする方法が分か...

畳の掃除機掛けの理想的な頻度を紹介。掃除機のかけ方やコツ

フローリングの床の場合はほこりがたまってきたらすぐにわかりますが、畳の場合はどうでしょう。 掃除機...

部屋の臭いの取り方は一つだけではありません。原因と対策について

部屋の臭いをなんとかしたい! もやっと臭う部屋の臭い。 ジメジメする季節になってくると、...

もったいないから捨てられないは断捨離の敵!捨てることで豊かに

部屋の片付けをしていると、「もったいないから捨てられない」という心理に片付けの邪魔をされてしまうは事...

【片付けの心得】捨てる小物かどうかの判断基準を自分で決めよう

断捨離を始めようと片付けを始めると、たくさんある小物を捨てるべきか捨てないべきか悩む人も多いでしょう...

部屋の臭いを消す消臭方法。簡単な方法や家にある物での消臭方法

部屋に入った瞬間に臭いが気になったことはありませんか? ご飯を食べる、布団やソファーで寝る、洋...

部屋の換気は冬こそ効果的な方法やメリットと必要な時間とは

部屋の換気は冬でも大切です。 しかし、窓を開けて換気すると冬は寒いですし、逆にそれによって暖房費が...

部屋の片付けは手順が大切!片付け下手さんでも片付けられる方法

片付けが苦手ですぐに部屋が散らかってしまう人はいませんか? 片付けをしようと思いながらもなかな...

【片付けの基本】捨てる洋服を選ぶ基準について理解しよう

「いつかまた着るかもしれない。」そう思って片付けないでいると、クローゼットがいっぱいになってしまいま...

掃除が苦手な人必見!基本的な部屋の掃除方法とコツをご紹介

部屋の掃除をしようと思っていても掃除が苦手で、いつの間にか部屋が汚くなってしまったという人も多いと言...

片付けと捨てるの違いについて。暮らしに溢れるモノと向き合う

片付けと捨てるは違います。 片付けは使ったものをもとの場所に戻してしまうことです。 暮ら...

捨てる・掃除する引き寄せの法則で運気をアップ!断捨離の方法

「断捨離」という言葉を聞いたことがある人もいますよね。実際に自分の部屋がなかなか片付かない・物がたく...

断捨離はいつか使うかもをやめればいいんです!物を捨てるコツ

断捨離とは、いつか使うかもと何故かいつまでも捨てられない物を捨てるところからはじまるのではないでしょ...

物を減らすコツ。単純に捨てればモノは減るけれど満たされない

物を減らすコツ。 あなたにとって『もの』ってなんですか? 生活を豊かにするためのツール?...

スポンサーリンク

家がゴミ屋敷!自分の実家がゴミ屋敷になった時の対処法

自分の家がゴミ屋敷で悩んでいる人もいますが、今増えているのが実家のゴミ屋敷問題です。
高齢となった親の住む家がゴミ屋敷化し、物に躓いて怪我をするのでは…と心配になるのです。
どうして高齢者の家がゴミ屋敷になってしまうのか。

原因として考えられるのが、体力の低下とゴミの分別があります。
物を片付けるにはある程度の体力が必要になりますし、ゴミの分別が昔よりも細かく指定されてるため、ゴミを出すのが苦手になってしまうのです。

可能であれば、ゴミの分別を定期的に手伝ったり、高齢者でも分かりやすいような工夫をしてあげましょう。
ただし、上から物を言ってゴミを捨てるよう支持するのはいけません。
あくまでも親の意思を尊重しながらゴミを捨てていきましょう。

〇〇しなさい、ではなく、一緒に〇〇しようかと言い方を替えるだけで受け止め方が違います。
もし自分の手で負えないような状況の場合は、費用はかかりますが業者に依頼するのも一つの手です。

家がゴミ屋敷に!片付けをする時に親に言ってはNGなことは?

親世代は、物を大事に使うことを前提に生活してきました。
そのため子から見て「これ本当に使うの?必要?」という物でも、「使う」と言うものです。
物を捨てるという発想がないのです。

それを見るとつい「いつか使うかもしれないって言ったって、どうせ使わないんだから捨てなさい」と言ってしまいます。
これはNG。
否定するのだけはやめましょう。
親が使うといった物に対しては「じゃとりあえずここに入れておこう」と一時保管する場所へ移動させて誘導してあげるのです。

物がない時代を生き抜いてきた高齢者は、物がたくさんあって困るという考え方をもちません。
片付けをする時は、そういった考えを持っている親を主体にして話すことが大切です。
「片付けをしてあげている、こんなに物を遺されても私が困る」というのではなく、「片付くとハサミも取りやすいね」など、片付くメリットを伝えるといいでしょう。

片付けの時に「こんなに散らかっていたら通帳もわからない。どこなの?」など、お金のことを聞くのもNGです。
親によっては、お金しか心配していないのかとショックを受けてしまいます。
片付けをしながら老後につなげて話していくとスムーズでしょう。

家がゴミ屋敷に!実家がゴミ屋敷になってしまう理由

先程も触れましたが、昔と違い今はゴミの分別が細分化されています。
また地域にもよりますが、決まった曜日や時間帯に決まった種類のみゴミを出さなければならないなど、相当細かくルール化されています。

燃えるゴミに不燃ごみ、缶や瓶にペットボトルはそれぞれ指定のゴミ袋に入れなければなりませんし、粗大ごみに関しては、回収業者に連絡して専用のシールを購入し貼って出すという作業まであります。
若い人ならすぐに理解しやすいものでも、高齢者で初めての作業となるとかなり面倒な作業です。

加えて体力の低下や思考の低下、配偶者との別れなど色々な状況が重なり、ゴミを出すまでの一連の行動ができなくなってしまうのです。
掃除して片付けをすることで出るのがゴミなわけですから、ゴミの前に掃除や片づけといった段階も踏まなければならないのです。

いずれ片付けようと思っているうちに、どんどん物が溜まり、最初は寝室や台所だけだったのがリビングにも溢れ、廊下やお風呂場、玄関までもが物でいっぱいになってしまうのです。家の中で収まりきれないものがやがてベランダなど家の外に溢れ出し、ようやくゴミ屋敷として問題が見えるようになるのです。

家がゴミ屋敷だとデメリットが!対策は?

ゴミ屋敷にメリットはなに一つありません。デメリットでしかないのです。
ゴミで溢れた部屋は不衛生で体にも悪いですし、精神面にも悪影響でしかありません。
ゴミ屋敷に住んでいるという劣等感、周辺住民に迷惑を掛けているという負い目もあります。

一度自宅がゴミ屋敷になってしまうと、それを改善するために何から始めればいいのかが分からなくなります。
ゴミ屋敷までなるとゴミの量も膨大なため、一度に捨てるのも難しく、第三者の手を借りるしかありません。
自力で片付けることができれば一番いいのですが、ゴミ屋敷の片付けは思っている以上に大変な作業です。

一人での作業が困難な場合は友人知人に頼むというのも方法の一つですが、ゴミ屋敷の住人の多くは、ゴミ屋敷だということを知られたくなく、恥ずかしいという気持ちがあります。

ゴミの量や範囲によって費用は異なりますが、可能であればやはり専門業者に依頼すべきでしょう。
ゴミの処分方法や収納方法はもちろん、精神的な面でも配慮してくれるため問題も改善しやすいのです。

家がゴミ屋敷!自分で掃除ができるレベルはどのくらい?

「ゴミ屋敷」という言葉はいつから生まれたのか。
ゴミ屋敷をテーマにしたテレビ番組も登場し、ゴミ屋敷という言葉が広く知れ渡って身近なものになりました。

ゴミ屋敷が生まれてしまう原因は様々ですが、多忙や病気などで掃除ができなくなってしまうこともあります。

家が業者に依頼するほどのゴミ屋敷なのか、自分で処理できる範囲なのか知るためには、どのくらいのレベルなのかを判断する必要があります。

もし今の状態が3DK以上の広さで家中にゴミが散乱し、庭にまでゴミが溢れ、キッチンやお風呂など水回りが全く機能してない状態であれば、すぐに専門業者に掃除を依頼するべきです。

なんとか生活ができ、キッチンや洗面所やトイレといった水回りが機能し、3DK以内の広さの家であれば、頑張ればなんとか片付けが可能だということです。

ただ、汚れが酷く汚れに適した道具がない、精神的に片付けができない場合は専門家へ依頼するべきでしょう。

掃除でものを捨てるコツカテゴリの最新記事