自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。

しかし、自転車処分にはいろいろな方法があり、その方法によって処分費用も違います。
今回は、自転車を処分方法と処分費用の目安について説明します。費用は安くても自分で自転車を持ち込まなければならない場合もあるので、良く考えて方法を選ぶようにしましょう。

また、処分の前に防犯登録を抹消することも必要になります。忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

部屋の換気扇はつけっぱなしに!電気代度外視のメリットとは

部屋の換気扇ってつけっぱなしにする方がいいってホント!? 室内の空気は循環させるほうが、建物に...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。 でも、何か...

フローリングの掃除に重曹を使用する場合には注意が必要です

いろいろな場所の掃除に使える万能洗剤「重曹」ですが、フローリングの掃除にも使用することもできます。 ...

掃除のほこり取りにおすすめなのは?グッズと使い方について

掃除はほこりにはじまりほこりに終わります。 ほこり取りをしなければ、いくら掃除機を掛けても、拭...

掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除の勉強。 壁を掃除する方法をレクチャーします。 掃除したい壁の『クロス』をチェックし...

部屋の壁紙にカビが生えた時の掃除方法とカビの除菌・予防方法

部屋の壁紙にカビが生えてしいまったら、健康面や衛生面が気になってしまうものです。 綺麗に掃除をして...

レンジの掃除はセスキにおまかせ!セスキでの掃除方法とメリット

電子レンジの中の汚れを綺麗に掃除したい時は、セスキ炭酸ソーダを使った掃除がおすすめです。 電子...

掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除には順番があります。 床を掃除するアイテムといえば ・掃除機 ・ホウキ ・フロアモッ...

デスクの整理整頓におすすめのグッズと収納のコツを教えます

毎日仕事に追われていると、デスクの上や引き出しの中を整理整頓をする時間もないという人も多いのではない...

部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

梅雨の時期になると、部屋のカビ対策に悩む人も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが「...

テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

新しいテレビを買うことになった場合、古いテレビは家電リサイクル法の対象となっているため正しく処分しな...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

スポンサーリンク

粗大ゴミとして自転車を処分する場合にかかる費用について

壊れてしまった自転車や、譲る先が見つからない自転車は、粗大ゴミで処分しようとする方も多いと思います。
しかし、どれくらいの費用がかかるのかがわからないと、不安でなかなか踏み出せませんよね。
ここでは、粗大ゴミで自転車を処分する時にかかる代金について大まかに説明していきたいと思います。

自治体の粗大ゴミは、各自治体で料金が異なるので、正確な金額はお伝えできませんが、だいたい300円~700円の範囲で自転車の回収を行ってもらえるようです。
ゴミに出す自転車が、子供用なのか、大人用なのか、三輪車なのか2輪車なのかによっても金額が異なるようなので、お住まいの自治体の料金表を確認してみて下さい。

1,000円以内でおさまるとわかれば、簡単に処分に出せるような気がしてきますよね。

自転車処分は指定場所へ持ち込むと費用は安くなります

住んでいる地域の近隣に、指定のゴミ処分場がある方は、自転車を持ち込んで処分してもらうことで、自治体の粗大ゴミに自転車を出すよりも安価に処分を済ませることが可能です。

ゴミ処分場では、ゴミの重さで金額が決定するので、10~20kg台の自転車であれば、200~500円の範囲で処分が可能です。(各自治体によって手数料は異なります。)

処理する費用は安価に済ませることが出来ますが、ゴミ処分場まで自転車を自家用車に積み込んで自分で運ばなければいけない点、処分場までの距離がある方はそれにガソリン代がかかるという2点がデメリットとしてあげられます。

それでも、自治体の粗大ゴミに出すよりは安く済むという方にはおすすめしたい方法です。

新しい自転車を購入するのであれば、処分費用は無料になる可能性も

壊れたり、古くなった自転車を処分して、新しい自転車を購入する、という方には、自転車屋に回収してもらう処分方法がおすすめです。古い自転車を回収してもらえるのであれば、処分費用は無料になりますし、とてもお得ですよね。

たいていの自転車屋で、自転車の回収はおこなってくれるようです。
しかも、壊れた自転車でも大丈夫なんです。
自転車を買う前に、購入予定のお店が、自転車の回収サービスをおこなっているかどうか確認しましょう。
ほとんどの場合が無料でおこなってくれるようですが、場所によっては1,000円程度の金額が発生するお店もあるようなので、代金がかかるのかどうかも、しっかり問い合わせてみましょう。

インターネットショッピングで自転車を購入した際にも、回収サービスがあるお店があるようです。
この場合は、配達してくれる宅配業者がそのまま古い自転車を回収していってくれるパターンが多いようです。
こちらも利用する前に、回収サービスの有無と、サービスを受けるときの流れを確認すると良いでしょう。

自転車を回収業者に引き取ってもらう場合は注意が必要です

専門の回収業者に自転車を引き取ってもらうという処分の方法もあります。
業者に依頼した場合には、業者が自宅まで自転車を引き取りに来てくれるので、自転車を運搬する手間が省ける点が最大のメリットです。

費用は、他の処分方法に比べると高めで、1,000~3,000円程度かかってしまいますが、お金よりも手間を省きたいという方には最もおすすめできる方法です。

回収業者はいくつも存在していますが、中には正しい方法で処分が行われず、回収した自転車を道端に放置するような悪徳業者もいるようです。
利用を検討する際には、自治体で許可を受けている業者を選ぶと間違いありません。
自治体のホームページに記載されている場合もありますが、ない場合は電話で自治体に直接確認すれば教えてもらうことができます。

また、良い業者かどうかを確認するときには、サイトのクチコミ情報も手がかりになりますので、悪い業者にあたらないためにも、事前確認はしっかりおこないましょう。

自転車を処分する時には防犯登録を忘れずに抹消しよう

これまで、自転車を処分する4つの方法についてお話してきました。

  1. 自治体の粗大ゴミ
  2. 指定のゴミ処理場への持ち込み
  3. 自転車屋の回収サービス
  4. 専門の回収業者に依頼する

 

4つの中から、自分のライフスタイルに合った方法を選んで適切に処分できるといいですね。

さて、自転車を処分する時に忘れてはいけあいのが、防犯登録の抹消です。
ここでは、防犯登録抹消の方法について説明します。

自転車を処分する前には必ず「防犯登録の抹消」を!

【必要なもの】

自転車・身分証明書・防犯登録の控えカード(なければ自転車の保証書)

抹消の手続きは、自転車を購入したお店、交番、警察署でおこなうことができます。
費用は自治体によって異なりますが、無料~200円程度でできるようです。
登録してから10年以上経った自転車は抹消の手続きが必要ない自治体もあるようなので、お住まいの地域に確認するようにして下さい。

抹消登録をしっかりおこなっておけば、処分したはずの自転車が不法投棄されたり、良くないことに使われたりしたときにも、こちら側に不利益なことは起こりませんので安心できますね。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事