庭の草むしりを簡単にしたい!草むしりのコツややり方を解説

庭の草むしりを簡単にしたい!草むしりのコツややり方を解説

庭に生えた雑草の草むしりを簡単に済ませる方法はないか、頭を悩ませている人もいますよね。
特に忙しく生活をしている人は、時間をかけずに簡単に済ませたいと考えるのではないでしょうか。

庭の草むしりを簡単に済ませたいときは、少しのコツや方法を知ることで作業の手間を減らすことができます。
コツを知って、簡単に草むしりを済ませましょう。

また、草むしりに費やす時間を減らしたいときは、草が生えにくい環境を作ることもポイントです。
草むしりをしたあとは、草が生えないようにして綺麗なお庭を保ちましょう。
ここでは、庭の草むしりを簡単にするコツや草むしりの方法、庭に草が生えにくくする環境作りについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

便器の黒ずみを重曹で落とす!エコ洗剤を活用したトイレ掃除方法

便器に黒ずみ汚れができてしまうと、見た目も良くない上にとても不衛生なトイレの印象になってしまいます。...

【タイル掃除のコツ】キッチンタイルについた汚れの落とし方

タイルは掃除しやすい素材だと言われていますが、キッチンのタイルは油や水垢などいろいろな汚れがつく場所...

玄関にほうきを収納。生活感を出さないほうきの収納方法

玄関掃除の必須アイテム『ほうき』 玄関に出しっぱなしにするのではなく、きちんと収納したいですよ...

落ち葉掃除の強い味方ブロワー!ブロワーの特徴や使用上の注意点

紅葉が終わった頃に庭を埋め尽くしてしまう落ち葉ですが、そのまま放置していては見た目が良くないし、かと...

レンジ掃除に重曹以外のものを使って頑固な汚れを落としましょう

キッチンや洗面台などいろいろな場所に使用できる「重曹」ですが、電子レンジの掃除 には重曹以外にもおす...

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではな...

浴槽のカビは掃除のコツと使い方の工夫や予防で快適キレイを保つ

浴槽のカビは簡単に掃除をするだけでは落としきれないことがあります。カビをきれいに落とすためには掃除に...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

便器の掃除は重曹の研磨作用でゴシゴシ綺麗に!トイレ掃除の方法

小さなお子さんがいるご家庭では、市販の洗浄力の強い洗剤で便器の掃除をすることが不安に感じることもある...

リモコン掃除にボンドを使用する方法と注意点について解説

家族みんなが触るリモコンは、気が付かないうちに手垢などの汚れがついてしまっています。そのため、リモコ...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

【ホワイトボード掃除方法】しつこい汚れを取るコツをご紹介

ホワイトボードを使い続けていると、文字がきれいに消えなくなってまた新しく買い替えるという人も多いので...

重曹を使った掃除!重曹スプレーの作り方と使用する場合の注意点

重曹を使った掃除方法は色々ありますが、一番手軽で掃除しやすいのは、やはり重曹スプレーを使った掃除方法...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

スポンサーリンク

庭の草むしりを簡単にしたいなら効率的に草むしりを

春になり暖かくなると庭や家の周りに草が生えてきます。
生え始めたと思ったらすぐに目立つほどまでになり、気になる近所の目、そして草が目に入るたびに「草むしりをしなければ」という憂鬱な気持ちでいっぱいです。
小さいお子さんの子育てや仕事をなど忙しいお母さん達にとって、その草たちは頭を悩ます原因の一つでもあります。

そんなお母さん達のために少しでも時間をかけずに、効率よく草むしりをする方法があります。

庭の草むしりをする時、多くの方は庭の広い場所から手をつけがちです。
それでは玄関先までの人目につく草まで、なかなか到達できません。
草むしりの終わりが見えなく草むしりを途中で放棄してしまうでしょう。
まず玄関先などのよく人目につく場所から始めましょう。
そのような場所はたいてい狭い場所になります。

人目につく狭い場所の草むしりは短時間で済ませられることがほとんどですし、近所の目も気にならなくなり、自分自身の気が楽になります。
それだけで生活をしている中で気分が変わってくるのです。

そして、狭い場を徐々に終わらせて行き、最後に難関の広い場所と草むしりを進めていくととても効率よく草むしりを進めていくことができます。

庭に草が生えてくる時期を遅くする草むしりのコツ

庭の草むしりをしても草はすぐに生えてきます。
しかし、簡単な方法で少しでも草が生えてくるのを遅らせることができます。

除草剤を撒く

草むしりをして綺麗になったら、庭に除草剤を撒きます。
除草剤は生えている草に対して撒くものと認識されていますが、除草剤の種類によっては草むしりを終えた土の状態でも撒けるものがありますので、説明書きを読んでから購入すると良いでしょう。
除草剤に含まれる薬剤の成分は強いです。
植木や花、家庭菜園中の食物などにかかると枯れてしまう事があります。
また、小さな子供やペットがいる家庭での使用は十分注意してください。

草をむしる時は根本から

庭の草は、種類によって簡単に根本から抜けるものとそうでないものがあります。
後者の場合、草の葉や茎しか抜けずに根っこが土の中に残ってしまいます。
草の生命力は強く根っこが残っていれば、お日様の陽や雨などの栄養をどんどん吸収しすぐに葉を生やします。
草むしりは必ず根本から抜くようにしましょう。
簡単に根から抜けない草はスコップなど道具を使用すると簡単に抜く事ができます。

砂利の使用

土部分に砂利を敷いて、土に日光が直接当たらないようにすると草が生えにくくなります。
しかし、砂利の量や場合によって砂利の隙間から草が生えてくることがあります。
それでも、広範囲に渡って草が生えてくるわけではないので、草むしりもしやすくなるでしょう。
庭や玄関先のアレンジをしながら草対策ができるので一石二鳥の方法です。

雑草の種類別・庭の草むしりを簡単に済ませる方法

庭の草は暖かくなる春に生え、夏にかけてぐんぐんと成長していくイメージがあります。これは春雑草といいますが、庭に生える草はそればかりではなく、秋に生え夏まで生き延びる草(秋雑草)や年中生え続ける草(多年草)があります。

それぞれの時期に合わせて草むしりをする必要がありますし、多年草が多く生えている庭ですと草むしりの時期という時期はなく、年中定期的に草むしりをする必要があります。いずれの草も必ず根から抜くことが草むしりのルールです。

草むしりをより簡単に済ませる方法と言えば、雨が降った翌日です。
雨が降った翌日は草や土が湿っている事が多く、汚れるという印象であまり草むしりをする人が少ないのですが、返って草むしりがしやすいのです。
なぜなら、雨で土が湿っているため根っこがしぶとい草に関しては、とても抜きやすくなる効果があります。
簡単に草むしりができますので、雨の日の翌日のタイミングを逃さずに草をむしりを行ってみてくださいね。

ですが、忙しいお母さん達はこのタイミングで草むしりができないことがありますよね。そんな場合は草むしりをする前に庭に水を撒くと良いですよ。

庭の草むしりを簡単に済ませたいなら除草剤の活用も便利

前述で、草が生えてくるのを少しでも遅らせる方法として、除草剤を使用する事を紹介しました。
除草剤はとても便利な商品ですが、通常の除草剤の場合は含まれる薬品の成分がとても強く、小さな子どもやペットがいる家庭、植木や花、家庭菜園の近くでの使用はあまりオススメできません。

しかし、除草剤の種類によっては成分がとても優しいものなどお子様やペットにいる家庭により適した商品もあります。

値段や効果はその商品により様々なのですが、使用するに越したことはありません。
「除草剤」という名前だけに草が生えてこないための商品ですが、必ず生えてこないといったわけではありません。
除草剤を使用してもその量や、撒いてからの期間の経過になどより草がどんどん生えたり、部分的に生えてきてしまうことがあります。
使用方法や効果のある期間などをよく読んでから、使用してくださいね。

除草剤を使用しないよりは、庭の草むしりも断然楽に簡単に済ませることができますよ。

庭の草むしりが終わったら草が生えにくい環境を作ろう

草むしりを極力したくない方は、除草剤の使用の他に草を生えにくくするシートの使用をオススメします。
草を生えにくくするシートを除草シートといいます。
除草シートは黒いものがほとんどですが、なぜかというと草の栄養となる日の光をより遮断できるのが黒色なのです。

黒のシートを庭に敷くことはあまり見栄えはよくないのですが、草を生えにくくするためにはとっておきの方法となります。

少しでも見栄え考えるのであれば、砂利を敷くことです。
砂利の種類も様々ですが自分好みの砂利で庭をアレンジがてら草対策を行う事ができます。
砂利の量としては、草が生えにくくしたい場所にギッシリ敷き詰める見栄えや草対策にもより効果があるでしょう。

それでも隙間から草が生えてきてしまうことがあるのですが、草むしりもとても簡単に済ませることができますよ。

これらの作業は少し手間がかかりますが、草むしりをより簡単に済ませるための方法です。草むしの憂鬱な気持ちを少しでも晴らせるよう、庭の手入れが重要です。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事