パソコンの掃除について。ホコリ取り方法や注意点

パソコンの掃除について。ホコリ取り方法や注意点

パソコンの掃除をしよう!

パソコンは内部の熱を逃すのに『ファン』が回っています。

その『ファン』にホコリが溜まり、パソコンに熱がこもってしまうことがあります。

そんなときは、ファン周辺のホコリ取りをしなければなりません。

でも、分解掃除はハードルが高いですよね。
本気でパソコンの調子が悪いときには、業者に依頼するのが安全ですが、自分でできる範囲のことは自分でしたいですよね?

パソコンに溜まってしまったホコリを掃除しなければ、どうなるのでしょうか?
パソコンにホコリが溜まってしまうのは仕方がないこと。
自分でできる範囲でも、パソコンのホコリを取ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫! 大きなバケツは必要ありません...

ダニ対策できてる?畳はカラッと清潔に保ちましょう

ダニ対策の基本は『除湿』です。 ダニは湿気がこもっている場所が大好きです。 寝具はもちろ...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

便器の掃除は重曹の研磨作用でゴシゴシ綺麗に!トイレ掃除の方法

小さなお子さんがいるご家庭では、市販の洗浄力の強い洗剤で便器の掃除をすることが不安に感じることもある...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

壁のヤニの落とし方は?効果的な洗剤と掃除方法・ポイントを解説

壁についてしまった厄介なヤニを、綺麗に掃除したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 ヤニ汚...

庭の草むしりを簡単に行うためのコツと便利な道具を紹介します

庭付きの一軒家に憧れて購入したものの、手入れをしないうちに雑草だらけになってしまった人も多いのではな...

トイレタンクの掃除を業者に依頼する場合の費用の相場とメリット

トイレタンクの中も掃除した方がいいとはわかっていても、自分で掃除するのは自信がないという人も多いでし...

リモコン掃除は裏技を使ってキレイにしよう!やり方とコツを解説

毎日使っているテレビなどのリモコン。気がつくと、チャンネルボタンの隙間にゴミなどが入っていたり、手垢...

ダニの退治方法。まずは布団を清潔に保って。

ダニの退治方法を知りたい! 布団乾燥機やふとんクリーナーを使うのはとても有効ですが、その前に、...

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い! でも、24時間換気なので切ることができない…。 温...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

掃除の順番。掃除機をかける順番とホコリを出さない掃除方法

掃除には順番があります。 床を掃除するアイテムといえば ・掃除機 ・ホウキ ・フロアモッ...

スポンサーリンク

パソコンの掃除をしよう!パソコンのホコリ取りをしなければどうなるの?

パソコンの外側を見てみてください。
カードスロットやUSBポート、吸気口などにホコリは溜まっていませんか?
この部分にホコリがびっしり詰まっている方は、パソコン内部のファンにもホコリがたくさん溜まっている可能性があります。

パソコンは、外部から空気を吸い込むことで本体にこもった熱を冷却するので、吸気口やファンにホコリが溜まりすぎると、上手く冷却ができなくなってしまい、故障の原因となります。最悪の場合は、出火することもあるそうです。

パソコン内部の掃除は、分解掃除になるので、自分でやるのはなかなか難しいですね。
しかし、定期的に業者にお任せするというのも、現実的ではありません。
分解掃除を必要最小限に抑えるためにも、できる掃除は自分でおこなうようにしましょう。

ノートパソコンの掃除方法。内部のホコリ取りについて

ノートパソコンの掃除は、分解はしないで掃除をすることをおすすめします。
デスクトップパソコンに比べると、内部の構造が複雑になっているため、素人が分解すると故障につながることが多いようです。
内部のホコリ取りは、業者に依頼をしてやってもらうようにしましょう。
ここでは、分解なしで出来るノートパソコンの掃除方法について説明していきます。

【用意するもの】

  • エアダスター、またはブロアー
  • ハケ
  • 掃除機

●ノートパソコンの掃除その1「吸気口やUSBポートに溜まったホコリ取り」
吸気口やUSBポートなどに溜まったホコリは、ハケで落として掃除機で吸い取りましょう。

●ノートパソコンの掃除その2「キーボードのホコリ取り」
キーボードに溜まったホコリは、エアダスターまたは専用のブロアー(100均でも購入できます)を使ってホコリを除去します。

キーボードの手垢は、固く絞ったマイクロファイバークロスで拭きましょう。
手垢や食べ物のシミは、放置しておくと染み付いてしまうので、使ったらその都度拭くことをおすすめします。キーボードの隙間に水分が入ると故障の原因になりますので、必ずクロスは固く絞ってから使用するようにしてくださいね。

定期的に掃除をすれば、ホコリが溜まりにくい状態をキープできます。
こまめな掃除を心がけましょう。

デスクトップパソコンの掃除方法について。分解するなら写真を撮っておいて

デスクトップパソコンの掃除方法については、基本的にはノートパソコンで紹介した掃除方法と同じです。ノートパソコンの掃除その1、その2を参照して掃除を行って下さい。
デスクトップパソコンは、ノートパソコンに比べると比較的自分でも分解掃除がしやすくなっているので、その方法について紹介していきます。
ただし、扱い方によっては故障してしまうこともあるので、分解掃除をする際にはあくまでも自己責任で行ってください。

【用意するもの】

  1. ゴム手袋、または静電気防止手袋
  2. 掃除機
  3. ハケ
  4. エアダスター
  5. ピンセット
  6. ドライバー
  7. マイクロファイバークロス

 

デスクトップパソコンの内部に溜まったホコリ取り

  1. 掃除を始める前に、パソコンの電源を切って10分以上冷却しておきます。
  2. 体の中にたまった静電気を放出し、ゴム手袋を装着します。
  3. パソコンの配線を全て外します。不安な方は、外す前に写真を撮っておくと、掃除後の配線に悩みません。それからドライバーでカバーのネジを外して開けます。
  4. ファンに溜まった大きなホコリは、ピンセットで取り除き、周りの部品に当たらないように気をつけながら、ファンに着いた細かいホコリをエアダスターで落とします。
  5. 掃除機を弱運転にして、落ちたホコリを吸い取ります。
  6. 固く絞ったマイクロファイバークロスで、基盤や配線に当たらないように気を付けながら底面に溜まったホコリを拭き取ります。
  7. カバーを元に戻して完了です。

ファンのホコリが取れれば、冷却機能がしっかり働くようになります。
あとは、日頃からホコリを溜めないように、こまめな掃除をすれば大丈夫です。

パソコンは使うたびにエアダスターでホコリ取りをして

パソコンの内部にホコリが溜まってしまうと、掃除をするのも一苦労。
パソコンを長持ちさせるためにも、故障の原因になるホコリを溜め込まないように管理しましょう。

パソコンは、こまめな掃除が大切だということは、これまでも何度もお話してきました。パソコンは使ったらその都度掃除しホコリを取り除くことが理想です。
しかし、毎回掃除機やハケを使って掃除をするのは大仕事ですね。
この方法では、毎回するのは難しいと思います。

簡単なのは、エアダスターを使った簡単掃除。
パソコンを使い終わったら、キーボードや吸気口にシュッとスプレーするだけなので、簡単な流れ作業で掃除を完了させることができます。

パソコンの近くにエアダスターを置いておけば、1分もかからずにホコリ対策ができてしまうので、おすすめですよ。

パソコンのほこり取りをする前に、データはバックアップしておこう!

パソコンは、ショートしたり、落下させたりしなければ、なかなかそう簡単には故障はしませんが、万が一、データが紛失してしまったときのために備えて、掃除をするときには慎重に事前の準備をしておきたいです。

パソコンのホコリ掃除をする時には、事前にデータのバックアップをとっておくことをおすすめします。
バックアップさえとっておけば、もしもなにかの衝撃がパソコンに加わってしまったときにも、安心ですね。

パソコンのホコリ取りは、日頃の小さな掃除の積み重ねで、ぐんと簡単になります。
ぜひこれを参考にして、ホコリがたまりにくい、きれいなパソコンで趣味やお仕事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事