ワックスを床からはがす方法!剥離作業で仕上がりが変わります

ワックスを床からはがす方法!剥離作業で仕上がりが変わります

ワックスを床に塗る時、以前塗られていたワックスをはがす作業を行っているでしょうか。
はがす作業を省いてワックスを塗り重ねてしまうと、汚れが積み重なって黒ずんでしまいます。

効率よく作業を進めるためにも、ワックスをはがす作業は必要なのですが、どのようにしてワックスを床からはがすといいのでしょうか。
何度も塗り重ねてしまったワックスをはがすには?

ワックスをはがす作業はとても大変です。
自分で行うのが不安であれば、業者に依頼するのが一番でしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴槽の掃除方法は?簡単にできる浴槽掃除の方法や手順を解説

忙しい毎日を過ごしていると、お風呂の浴槽掃除を簡単に済ませたいと考えることもありますよね。浴槽掃除は...

浴槽のカビが取れないときの対処法やカビ取りのコツと予防対策

浴槽のカビが取れないときは、つい洗剤をつけてはゴシゴシとこすってしまいませんか? しかし、カビ取り...

玄関掃除に使用する洗剤と運気を上げる掃除の方法をご紹介します

気の入り口とも言われている玄関。しかし、普段は掃き掃除くらいしかしないという人の方が多いのではないで...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

仏壇の掃除の仕方を知りたい。仏壇を掃除してご先祖様に感謝を

仏壇とどのように付き合えばよいのか。 急に、仏壇との暮らしが始まると、仏壇に対して抵抗感を抱いてし...

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

風呂のブラシの収納の仕方はこれで解決。いつまでも清潔で長持ち

毎日使うお風呂の掃除ブラシ。どんな収納の仕方をしていますか? 床や棚の上にポンと置いた状態で、いつ...

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

浴槽のカビをキレイにするには重曹と酸素系漂白剤がおすすめ

浴槽のエプロン、外したことはありますか? 掃除しているのに、次々に発生する浴室の『カビ』 ど...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

【タイル掃除のコツ】トイレの床や壁についた汚れを落とす方法

トイレの便器の掃除は毎日していても、タイルの床や壁の掃除まではしない人の方が多いのでないでしょうか。...

シンク掃除に使用するスポンジは「使い捨て」が一番です

食器を洗うスポンジとシンクの掃除に使うスポンジを使い分けていると、置き場所に困るという人も多いのでは...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

庭の草むしりを簡単に行うためのコツと便利な道具を紹介します

庭付きの一軒家に憧れて購入したものの、手入れをしないうちに雑草だらけになってしまった人も多いのではな...

部屋の掃除を代行サービスに依頼する。単身でも家庭でも気軽に

部屋の掃除を代行してもらいたい! 現在、富裕層に限らず一般的な家庭でも家事代行サービスを利用す...

スポンサーリンク

ワックスを床に塗る場合は、以前塗ったワックスをはがす作業は必要

自分で床のワックスがけをする場合は、以前塗った古いワックスをはがす作業が必要です。
以前塗ったワックスが古くなると、ところどころ剥がれていたり、傷が付いていたりします。
その上から新しくワックスを塗ると仕上がりに凹凸ができたり、目の傷が目立ってしまったり、キレイな仕上がりにはなりません。
一度程度のワックスの重ね塗りですと見た目はさほどかわらないのですが、その繰り返しが何度も何年もと続いてしまうとキレイな床もキレイな印象はなくなってしまいます。

少々手間にはなってしまいますが綺麗な床にするためには古いワックスを一度全て剥がしてから新しいワックスを塗りましょう。

ワックスを床から簡単にはがす方法

床のワックスがけは自分で簡単にできるイメージですが、古くなったワックスをはがす作業はとても難しいというイメージをお持ちの方が多いです。
「床を傷つけてしまったらどうしよう」「手をつけても余計に汚くしてしまいそう」「大変そう」などマイナスなイメージがあると思います。

しかし、床のワックスを剥がすことは時間と手間は少々かかりますが自分でも簡単にできる作業です。

床のワックスをはがす作業

  1. 剥離剤を床に垂らしスポンジやヘラで全体に広げます。
  2. 広げたら5~10分ほど時間を起きます。
  3. 剥離剤によってワックスが剥がれドロドロしてきますので濡れた雑巾で拭き取ります。拭き取りはベトベトがなくなるまで繰り返し行います。
  4. 拭き取り後は新しいワックスを塗る前にしっかりと乾燥させましょう。水気が残っているとワックスがのらないことがあります。

一度に床全体を作業してしまうと全ての作業を終える前に剥離剤が乾いてしまうことがあります。
それを防ぐために範囲を区切りながら作業を進めていきましょう。

ワックスを剥がす作業と塗る作業を1日でやろうとすると、できないことはありませんが時間もかかり大変です。
日を分けてしっかりと乾燥させ仕上げる事でキレイな仕上がりになります。急ぎではない限り余裕を持ってゆっくり作業を行いましょう。
また天気の良い日がチャンスですね。

何度も塗り重ねてしまったワックスを床からはがす方法

何度も塗り重ねをした床のワックスは剥離剤だけでは綺麗に剥がせないことがあります。
便利なアイテムを使用し綺麗に剥がしてから新しいワックスを塗りましょう。

ワックスが綺麗に剥がれない場合

「剥離剤を分布→時間を置く→水拭き→乾拭き乾燥」とこの作業は代わりありませんが、時間を置いて水拭きする前に使わなくなったカードや金属ベラ(スクレーバー)をしようして削りとるとスムーズに剥がれ作業することができます。

この場合は、金属ベラについたワックスと剥離剤を入れる容器や拭き取るための古新聞、そしてすぐに捨てられるゴミ袋を用意しておくと便利です。

剥離剤は強い成分ですので肌に付着すると荒れてしまう可能性があります。

気兼ねなく作業するためにはゴミ手袋やマスクの装着、汚れても良い服で作業してください。

ワックスをはがす作業を失敗してしまう原因

剥離剤を使用し床のワックスを剥がす時にこんな失敗談があります。

剥離剤を使用後、数時間経ってから床の素材が沿って浮き出てきてしまう

これは床の素材に合っていない剥離剤を使ってしまったこと。
水拭きする際に水分が多く床の素材が水分を吸収してしまい、乾燥とともに素材が沿ってしまったこと。
この2つが原因と考えられます。

一度こうなってしまった床の素材は元に戻らないので完全にワックスを剥がす作業を失敗してしまったと言えます。

エコな家は、素材もエコタイプのものを使用されることが多いため水分があまり得意ではない素材を使用することがあります。

このような失敗がないよう床の素材と、剥離剤の成分をチェックして作業を行ってください。

ワックスをはがす作業は大変!業者に依頼するのもあり

ワックスを剥がす作業は自分でできるものですが、ワックスがけの作業よりもはがす作業の方が手間がかかりますね。
自信がない、時間がない、プロの綺麗さを求める、このような場合は業者に依頼しても良いでしょう。

床の素材や剥離剤の成分知識もないとなると作業する気もなかなか起きないですよね。
業者の手にかかれば、あっという間にそして綺麗に作業を終えられますよ。
古いワックスを何度か重ね塗りする場合は剥がす作業は年に何回もないですよね。
料金は発生しますが年に一回の業者依頼、そして綺麗に早く仕上げてくれるなら損ではありません。

業者選択にあたって失敗がないよう、一度見積もりをしてもらってから検討するとよいでしょう。
何件か当たって自分にあった対応や料金を見定めて決めることも失敗ない業者選びの手です。

床のワックスを剥がす作業を業者依頼か自分で行うか自分にあった方法を選択しピカピカな床にしましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事