玄関のインテリアの邪魔にならない!掃除道具の収納方法

玄関のインテリアの邪魔にならない!掃除道具の収納方法

玄関の掃除道具は玄関にあると、汚れに気がついた時にすぐに掃除ができて便利ですよね。

しかし掃除道具の収納には注意点があります。またおしゃれな玄関を目指している方は、掃除道具が雰囲気を台無しにしてしまう場合もありますよね。

そこで玄関のインテリア、雰囲気に邪魔にならない掃除用具、収納方法についてご紹介をいたします。また使い勝手を重視した収納についてもご紹介をしますので、玄関の掃除用具の収納にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

車内の掃除のやり方と手順を徹底解説!女性でも簡単にできます

車内が汚いと、ドライブしていても気になってしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時は、夫...

レンジの掃除はセスキにおまかせ!セスキでの掃除方法とメリット

電子レンジの中の汚れを綺麗に掃除したい時は、セスキ炭酸ソーダを使った掃除がおすすめです。 電子...

庭木の手入れを業者へ依頼する場合の費用や注意点について解説

お庭が自慢の一軒家に住んでいても、庭木の手入れを自分で行うことは大変です。仕事をしている人であればな...

【シンク掃除のコツ】ピカピカにするための掃除方法を解説

使い始めの時はピカピカだったステンレスのシンク。時間が経つと水垢などの汚れによってどうしてもくすんで...

【バルコニー掃除のコツ】一戸建ての場合の掃除方法を徹底解説

バルコニー付きの一戸建てに住み始めたものの、いつの間にかバルコニーが汚れてしまっていませんか。 ...

タンスへの収納数がアップする洋服のたたみ方と収納術をご紹介

洋服がどんどん増えていくと、タンスに全部収納できなくなってくることもあるでしょう。 そんな時は...

便器の黒ずみに効果のある洗剤とそれを使用した掃除方法を解説

掃除してもなかなか取れない便器の黒ずみ。どんな洗剤を使えば黒ずみを落とすことができるのか悩んでしまう...

掃除の頻度。どこまでを掃除とするの?主婦の家事について

掃除の頻度とか、掃除の時間とか、掃除の工程とか… 主婦(結婚している女性)なら、掃除をしないと...

お風呂の洗剤がなくても代用できるものとその掃除方法

お風呂の掃除をしようと思った時に専用の洗剤を切らしていることに気づくと、掃除することをあきらめてしま...

掃除をして部屋を片付ける方法!まずは物を捨てる勇気をもとう

掃除が苦手で上手く片付けられないという人は、片付けの方法を知らないからです。 片付けの方法を知って...

ガスコンロは掃除方法が重要!頑固な汚れも綺麗になる掃除方法

油汚れで困るガスコンロは、掃除方法や掃除グッズ、手順だけでなく、汚れの箇所や材質に合わせた洗剤、お掃...

【窓掃除のコツ】サッシは洗剤を使用しなくてもきれいになります

普段はなかなかできない窓のサッシの掃除。 しかし、サッシはホコリやゴミがたまりやすい場所であり、結...

下水詰まりの主な原因とは?水もれの原因になるため早めの対処を

トイレの水が流れにくいといった下水詰まりトラブル。 下水詰まりを解消するには、詰まりの原因を特定し...

外壁掃除!コケがついて緑色になった外壁をキレイにする方法

家の外壁にコケが生えてしまい、外壁の一部が緑色になってしまうことがあります。 見た目も悪いです...

スポンサーリンク

玄関に掃除道具を収納する際の注意点

玄関は、家の顔とも呼ばれるように、玄関を見れば、そのお宅がわかるとも言われています。第一印象で最も大切なのが玄関と言っても過言ではありません。

そんな玄関ですから、常に綺麗にしておきたいという気持は良く分かります。

だからといって、掃除道具を常に玄関に出しっぱなしにしておく、見える場所に雑然と出しておくというのは、どうかと思います。綺麗にしておきたいはずの玄関が台無しになってしまいます。

玄関掃除の必需品と言えば、「ほうき」と「ちりとり」ですよね。ほうきを玄関の床につけて置いておけば、いずれ穂先が曲がってくせづいてしまいます。今は曲がっていなくても、後にこうなってしまうこと目に見えています。

穂先が曲がってしまうと、見た目が悪いだけでなく、実際にも使いにくいでしょう。ホコリ等、細かいものは、上手く集めることができません。

ほうきを玄関に置く場合には、吊るして収納するという方法がベストです。

とは言え、目につく場所、玄関の真ん中にどんと鎮座するように吊るしてあるのは、やはりちょっと違和感があります。見栄え的にも良くありません。

逆に、隠そうとするばかり、取り出しにくく使いにくい場所に置いてしまっては、掃除したいとき、汚れたときにすぐに使用することはできないでしょう。

よって、使いやすく見えにくい場所に収納することが掃除道具にとって、一番よい位置と言えそうです。

玄関の掃除道具、使いやすさを重視した収納方法

玄関の掃除道具の収納方法としては、使いやすさを重視するのが賢明です。

しかし、玄関にあると便利な用品は、ほうきやちりとりだけではありません。傘や鍵など、玄関にあると便利なものは色々あります。掃除道具だけでなく、色々なちょっとしたものを収納したいというのであれば、ワイヤーネットを利用してみてはどうでしょうか。

壁にかけるフックを2つ以上平行にとりつけ、そこにワイナーネットを引っ掛けるだけです。S字フックを使用すれば、あらゆる物を引っ掛けることができます。

ワイヤーネットを設置するスペースがないという人もいるでしょう。そんなときは、壁に取り付けるフックに、直接、掃除道具を吊るすという方法も良いでしょう。壁に跡が残りにくいフックというのも存在します。そのようなものであれば、賃貸でも使用しやすくなるでしょう。

高さは、立って手を伸ばした時に触れやすい場所がおすすめです。使いやすさを重視すると、この高さがベストと言えます。

玄関の掃除道具は隠す収納もおすすめ

玄関の掃除道具は、使いやすい場所に収納するのが良いとは言え、やはり掃除道具が玄関を入ってすぐに目についてしまうというのは、見た目的にも良くありません。掃除道具なのですから、程よく隠すというのが理想的です。

下駄箱の扉を開けてみてください。扉の裏、あいていませんか。ここを活用しない手はありません。粘着フックを扉の裏につけてみましょう。そこにほうきやちりとりを収納してみてください。

扉を閉じると、ほうきは見えないので、上手に隠しながら収納するこことができます。タオルハンガーのような物をつけて、S字フックで吊るしても良いかもしれません。
傘をかけることもできますよ。

吊るせるような穴や紐が、ほうきについていないというような場合は、モップホルダーを使ってみましょう。モップホルダーは100円ショップでも購入することができます。柄の部分をしっかりとホールドしてくれるので、浮かせて収納することができます。

下駄箱の扉自体が鉄製で、裏にマグネットがつくような場合は、マグネットフックを使用して収納するのも良いでしょう。

玄関のインテリアに合ったおしゃれな掃除道具

玄関に隠す場所などない、しかし、すぐに使えるようにしたい、使いやすさは重視したいというのであれば、掃除道具を見せる収納にしてしまうというのも一つの方法でしょう。
掃除道具を見せる収納にするには、ほうきやちりとりなどの、掃除道具自体にこだわることが大切になります。玄関の雰囲気や色にあった掃除道具を選ぶことで、玄関で目についても違和感がなく、更にインテリアの一部として溶け込んでくれるでしょう。

ほうきというインテリアを飾るという、意識を持つことです。

ナチュラルな玄関であれば、天然素材のオシャレなほうきがおすすめです。職人が手間をかけて手作りしたほうきであれば、多少根が張っても、使いやすさは抜群であること、間違いなしです。こだわりの掃除道具が、こだわりの玄関を更に引き立ててくれるでしょう。ほうき選びはとても重要になってきます。

デザイナーによってデザインされたモダンなちりとりとほうきのセットもあります。置いておくだけで、その佇まいに、洗練された印象を受けるでしょう。

玄関の掃除道具を収納する便利グッズ

玄関に掃除道具を収納したいというのであれば、便利なグッズを利用しない手はありません。

その掃除道具がどのようなものなのかによっても収納場所が変わってきます。色合いが合わないもの、掃除機能だけを重視したものであれば、下駄履の中や裏に収納して、かくしてしまうというのが一番よい方法です。

基本的には、ほうきは吊るして収納したほうがよいので、そんなときこそ、100円ショップのフットなどを、上手に利用してみましょう。

インテリアショップ等では、オシャレでありながら機能的なほうきやちりとりも販売されています。ちりとりと一緒になっていて、そのまま自立するというものも人気があります。そんなオシャレな掃除道具であれば、収納せずにみせておきたいですよね。

お気に入りのほうきが見つからないという場合は、インターネットなどを利用して探してみるのも良いでしょう。

玄関のほうきやちりとりは、一度購入すれば、それほど頻繁に買い換えることはありません。ぜひこだわって探してみるというのはどうでしょうか。

もし、それほど掃除道具にこだわりがないのであれば、こだわって収納するというのは、大切です。

玄関は、家の顔です。玄関がオシャレな家は、室内もオシャレなはず。そう思わせるととができるのが玄関なのです。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事