窓の掃除【カビ】窓周辺のカビを掃除する方法とその手順

窓の掃除【カビ】窓周辺のカビを掃除する方法とその手順

窓の掃除って億劫ですよね。
見てみないふりをしていると、どんどん汚れていって、さらにカビまで発生!

窓周辺は、カビの大好物がたくさんあります。

窓周辺にカビを見つけてしまったら、早めに対処しましょう。
窓ガラスがピカピカだと、気分がスッキリしますよね?
カビだらけの窓はサヨナラして、ピカピカの窓辺にしましょう。

窓にできてしまったカビを掃除する方法と注意点をご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

洗剤を使いやすくポンプ式に。100均の「使える」詰め替え容器

買ったままの食器用洗剤はキッチンに置いておいても、生活感が気になるという方もいると思います。洗剤類の...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない...

玄関にほうきとちりとりを収納すると便利!収納のアイデアを紹介

玄関にほうきとちりとりを置くと、お客様が来たときの視線が気になってしまうことがあります。 玄関...

No Image

掃除を毎日することで運気アップ!そのためのコツを教えます

「毎日掃除すると運気が上がる。」ということは一度は耳にしたことはあるでしょう。 しかし、本当に...

風呂のシロッコファン換気扇の掃除方法や注意点・掃除頻度を解説

風呂のシロッコファン換気扇を掃除したいと思っても、手順がわからないと掃除をすることができません。 ...

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

部屋の換気扇はつけっぱなしに!電気代度外視のメリットとは

部屋の換気扇ってつけっぱなしにする方がいいってホント!? 室内の空気は循環させるほうが、建物に...

ほうきと掃除機どっちをメインにするかで迷っている方へのヒント

最近注目されている、ほうきを使ったお掃除生活。 気にはなっていても、掃除機を使い慣れている人に...

机を整理する収納術以外のアイデアを提案します

机の整理は必要ありません。 あなたの机にあるもので、毎日使うものだけを椅子の上にのせてみてくだ...

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

髪の毛の掃除。カーペットに落ちた髪の毛は掃除機では吸いにくい

髪の毛の掃除って、ホントに厄介なんですよね。 掃除をしても、必ずどこかに落ちている髪の毛。 ...

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。 特に、気をつけ...

電子レンジ掃除で厄介な焦げ付きをしっかり綺麗に落とす方法

電子レンジ掃除で厄介なのが、なんといっても「焦げ付き」です。 布巾でこすってもなかなか落ちませんし...

スポンサーリンク

窓の掃除で見つけてしまったカビをキレイにする方法

窓はあまり毎日掃除をする場所ではないので、窓を掃除した「たまに」にカビを見つけてしまうことが多いのです。

窓を掃除していたら窓にカビがちらほらと…

一般的な窓掃除は窓ガラスを綺麗にして、サッシの汚れを落としていくころですが、通常の掃除の仕方ではカビが完全に落ちることはありません。
掃除をすれば一見カビはとれますがカビの菌が同じ場所にすぐに生えてきます。
またカビは胞子を持ち、少しの風力でその胞子は舞います。
空気中での浮遊時間が長く人々の体内へ入り込みアレルギー症状を引き起こしたり、舞って散った先にまたカビを生やしてしまうのです。
そのためカビを見つけたらすぐにカビを除去する必要があります。

 

窓のカビの掃除方法

  1. 重曹水や薄めた中性洗剤で表面のカビやホコリを除去
  2. 塩素系漂白剤でカビ菌を除去
  3. 消毒用エタノールで防カビ対策を行う

 

ゴムパッキンやサッシは部分的に掃除がしにくいですので、使い古しの歯ブラシや綿棒など使いやすい道具を利用し隅々まできっちりとカビ菌を落としていきましょう。

カビに直接洗剤をスプレーして掃除をしない

窓のカビを掃除する時は、スプレー状の洗剤を使用することが多いです。
場所的にスプレー状の洗剤はとても便利ですよね。
しかし、スプレーをカビに向かって吹きかける時に注意しなければならないことがあります。

スプレーはカビに向かってかけますが、跳ね返りや違う場所への飛び散りなどの危険性があります
特に塩素系漂白剤ならば肌に付着してしまうと荒れたり、衣類や家具に飛び散ってしまうと色落ちしてしまう可能性があります。

このような危険性があるため、できればキッチンペーパーや布、タオルに洗剤を湿らせそれをカビ部分に浸けたり、拭き取りをすることをオススメします。

また、スプレーを直接吹き掛ける場合は目より高い位置に吹き掛けるのはやめましょう。
目に入ってしまったり他の部分に付着してしまう可能性が大きくなるからです。

とても便利なスプレー状の洗剤ですが時に危険なことも伴いますので十分に注意して使用してください。

窓のゴムパッキンに潜むしつこいカビは一度でキレイにすることはできない

ゴムパッキンについている汚れはカビだけではなく湿気で水を吸ったホコリの固まりや小さなゴミなども付着していることがあります。

窓のカビがゴムパッキンまで潜んでしまった場合は1度の拭き掃除だけでは十分といえません。

まずこの汚れを落として行きます。
重曹水や薄めた中性洗剤を入れたスプレーを吹き掛けると汚れが柔らかくなり落ちやすくなります。
これはあくまでも表面の汚れを落としているだけでカビの掃除をしているわけではありません。
表面の汚れを落としたら、カビに絶大の効果があるといったらやはり塩素系漂白剤でしょう。
塩素系漂白剤でゴムパッキンに付着してあるカビを落とします。
前述でも説明したようにスプレーを直接吹き掛けるよりも布に湿らせながら落として行くほうが無難な方法と言えます。

仕上げに必ず消毒用エタノールで防カビ対策を行ってください。
ここまでするとカビが生えにくく、またカビが生えても生えてくるのを遅めることができます。

窓に限らずカビは1度では綺麗になりません。
こちらの場合は窓のカビ掃除の場合のやり方ですが、その場所にあったやり方でカビを綺麗にしていきましょうね。

【予防】窓にカビが発生しないようにするには

窓は外や室内の寒暖差によって結露がたまります。

窓のカビを綺麗に掃除したら、次にカビを窓に発生させないための予防方法を考えていきましょう。

自然に乾燥しけれない結露は窓のゴムパッキンにと溜まりカビが生えやすい環境を生み出してしまいます。
この繰り返しによりカビが生え、そしてまらカビの胞子が新たなカビを繁殖させカビが増えていき目に見えるまでに成長していきます。

カビを発見してしまった時点でカビの胞子はもう別の場所へと舞っていることでしょう。カーテンの裏や窓の下床など窓の付近も要注意してくださいね。

 

カビを生えさせないための予防として…

  1. 家の中の湿気をできるだけ取り除く
  2. 結露が出たら小まめに窓を拭いたり結露対策を行う
  3. 窓を開け換気を1日1回行い湿気の逃げ道を作る
  4. 定期的な窓掃除を行う(窓ガラス、サッシ、ゴムパッキンなど)

 

少しでもカビと対面しないよう、予防をしっかり行うことでカビを目にしがっかりした気持ちになることもありませんね。

窓周辺のカビを掃除する時に注意すること

窓のカビを掃除する際に、カビに効果のあるカビ取り剤(塩素系漂白剤)を使います。
使わない場合もありますが、カビ掃除に使う方が多いでしょう。

 

窓のカビ掃除に塩素系漂白剤を使用する時の注意点

塩素系漂白剤はとても強い臭いと成分でできています。
他の洗剤と混ぜ合わすことで有害な物質を作ってしまう恐れがあるため他の洗剤との使用は避けてください。
そして強い臭いで具合が悪く方がいます。
マスクをしたり換気を行いながら掃除をするなど対策を行ってください。
カビ以外の部分に付着してしまうと色落ちの可能性があります。
汚れても良い服、近くにある家具屋物は移動したりシートを被せたりなどしてください。小さお子様やペットなどがいてこのような強い成分を含んだ洗剤の使用に抵抗がある方は違う方法でカビ掃除を行うと良いでしょう。

そして洗剤に表記されている注意事項や使用方法を読んでから扱ってくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事