重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

重曹をかけて掃除機で吸うと故障の原因にもなるため注意が必要!

子供が絨毯に嘔吐してしまうと、嘔吐処理はもちろん、処理した後の臭いも気になります。
臭いの除去方法として、重曹を直接かけて掃除機で吸うといった方法がありますが、掃除機が故障してしまったり、重曹が吸いきれずに絨毯に残ってしまうこともあるため、できれば避けたほうが無難かもしれません。

重曹は正しく使えば、汚れや臭い除去に効果的です。

重曹を使った掃除方法をご紹介しますので、掃除機で吸って故障させてしまう前に試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

机整理!ゴチャつく引き出しは指定席を決めて用途別にまとめよう

職場の机の引き出し、ちゃんと整理整頓できていますか? 机の引き出しがゴチャゴチャしていると、必...

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

便器の黒ずみはクエン酸パワーで綺麗に!消臭除菌効果も

便器にできた黒ずみ。 目にするだけで嫌な気分になりますが、黒ずみはクエン酸で綺麗に取り除くことがで...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

【換気扇の掃除の仕方】トイレの場合の注意点について教えます

トイレの掃除はしていても、換気扇までは掃除しない人の方が多いと言われています。 しかし、換気扇...

階段の基本的な掃除の仕方とコツを覚えてピカピカにしましょう

毎日上り下りする階段ですが、毎日掃除するという人は少ないのではないでしょうか。 しかし、階段は...

水垢の掃除にはクエン酸!お風呂の水垢をキレイにする方法

水垢の掃除にはクエン酸ですよね。 お風呂の水垢に悩まされている人は多いと思います。 クエ...

畳の掃除方法。正しい掃除でダニを発生させないようにするには

畳の掃除方法は、フローリングとは異なります。 掃除機の掛け方や、拭き掃除の方法をフローリングと...

風呂の大掃除をするのに必要な洗剤、道具について

風呂の大掃除に必要な洗剤や道具を紹介します。 浴室のパーツ別で汚れが違います。 お風呂場の掃...

車に使用するホコリ取りの選び方と車内のホコリ対策方法を解説

久しぶりに車に乗ってみると、車内のダッシュボードの上などにホコリがたまっていて気になる人も多いのでは...

大掃除は何日かかる?大まかな掃除の流れとやり方をご紹介

大掃除はだいたい何日かかるものなのでしょうか?平均的には、このくらいの日数で終わらせる人が多いようで...

スッポンがない!トイレ詰まり時に役立つ代用となるものをご紹介

スッポンを常備しているご家庭はおそらく少ないのでは? トイレはいつなんの拍子で詰まるかはわから...

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い! でも、24時間換気なので切ることができない…。 温...

スポンサーリンク

重曹を絨毯に振りかけて掃除機で吸うと、掃除機が故障してしまう可能性もある

万能洗剤である重曹は、洗浄力や消臭力も高くお掃除に大活躍します。

また、ナチュラル洗剤として環境や身体にも優しく、小さなお子様のいるご家庭でも扱いやすい重曹は、お掃除の際に欠かせないアイテムのひとつだと思います。

ただ、使う場所によっては使い方に注意しなければいけません。

特に、「絨毯」や「カーペット」へ使用する際には、「粉」のままで使用した後に「掃除機をかける」のは厳禁です!

掃除機の種類にもよりますが、粉の状態の重曹を掃除機で吸い込んでしまうと、掃除機のフィルターに重曹が詰まってしまい、故障に繋がる場合があるためです。

お子様がいるご家庭では、絨毯の上でお子様が嘔吐してしまった際の処理方法として、重曹を粉のまま振りかけて嘔吐物の水気を重曹で吸い取った後に、後処理を行う方もいらっしゃると思います。

確かに重曹は消臭効果も高く、悪臭が気になる嘔吐後の処理には効果があります。

しかし、先述したような「絨毯」や「カーペット」など使用する場所によっては、思わぬトラブルを招くことになりますので注意しなければいけません。

掃除機が故障することも!嘔吐物の臭いを除去しようと重曹をかけるのは避けたほうが無難

上記でもご紹介したように、嘔吐物の処理として、重曹を粉のまま振りかけて掃除機で吸い取る掃除方法は掃除機の故障を招く可能性があります。

また、嫌な臭いが特徴の嘔吐物は、重曹を振りかけて掃除機で吸い込むと排気口から悪臭がしてしまう場合もありますので、嘔吐物処理の際には、重曹を使用するのは避けるのが無難です。

嘔吐物の嫌なニオイを完全に取り除きたい場合には、お金はかかりますが、専門業者やクリーニングなどお掃除のプロに頼るのも検討してみてはいかがでしょうか。

毛足の長い絨毯だと、掃除機でいくら吸っても重曹が取り切れないことも

様々なお掃除に重宝する「重曹」ですが、重曹を粉のまま絨毯に使うことは掃除機の故障を招く可能性があることはご理解頂けたと思います。

重曹は研磨剤としても活用できるほど「粒子が細かい」特徴があります。

そのため、掃除機を故障させるだけでなく、毛足の長い絨毯の場合には粒子の細かい重曹は絨毯の毛足に入り込んでしまい、掃除機では吸い取れなくなってしまう場合もあるため、注意しなければいけません。

ただ、重曹は正しく使えば、絨毯に残るニオイや汚れにとても効果があります。

以下にて重曹を使った絨毯の掃除方法をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

掃除機の故障を防ぐ、重曹を使った絨毯の掃除方法

それでは重曹を使った絨毯の掃除方法をご紹介します。

用意するもの

  • コロコロ(100均等で売られています)
  • 重曹
  • ぬるま湯(重曹を溶けやすくする為)
  • 雑巾

重曹で絨毯を掃除する前の下準備

まずは、絨毯についているホコリや髪の毛などのゴミを取り除いておきます。

こうしたホコリや髪の毛などのゴミは、拭き掃除ではキレイに取り除くことが難しいため、事前にしっかりと取り除いておくようにしましょう。

重曹を使った絨毯の掃除手順

  1. 重曹水を作ります。
  2. バケツ等の容器に重曹60gとぬるま湯2リットルを入れます。
    また、ぬるま湯の温度は熱くなりすぎないように注意し、人肌程度の温度のものを使用するようにしましょう。
  3. 次に重曹水の中に雑巾を浸し、固く絞ります。
  4. 絨毯を拭きます。
    雑巾が汚れたら、その都度洗うようにしましょう。
  5. 最後に乾いた雑巾で乾拭きして、しっかりと乾燥させます。

生乾きは、嫌な臭いの原因である雑菌の繁殖に繋がります。
必ずしっかりと乾燥させるようにしましょう。

普段の絨毯掃除は重曹スプレーがおすすめ

一度掃除をして、キレイなった絨毯をキープするためには、定期的なお掃除のほか「日頃のお掃除」も欠かせません。

日頃のお掃除の方法は、「重曹スプレー」を吹きかけるだけの簡単なお掃除です。

一度キレイにした絨毯はたったこれだけのことをするだけでも、絨毯の嫌な臭いの原因となるものを除去することができ、汚れや臭いを予防することができます。

重曹スプレーの作り方は、スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1杯を入れて、よく混ぜたら完成です。

後は、これを寝る前などに絨毯に吹きかけるように心がけましょう。

また、重曹は熱湯で溶かすと強いアルカリ性になる性質を持っており、肌荒れ等のトラブルを招く場合があります。

そのため、スプレーを作る際には必ず「水」または「人肌程度のぬるま湯」で作るようにしなければいけません。

中々掃除する機会が無い絨毯は、日頃のお掃除が清潔な絨毯を保つ鍵となります。

家族が心地よく過ごせるような絨毯にするためにも、これを機に「重曹スプレー」で毎日のお掃除を習慣化してみてはいかがでしょうか。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事