リモコン掃除は裏技を使ってキレイにしよう!やり方とコツを解説

リモコン掃除は裏技を使ってキレイにしよう!やり方とコツを解説

毎日使っているテレビなどのリモコン。気がつくと、チャンネルボタンの隙間にゴミなどが入っていたり、手垢で汚れてしまっていませんか。

実はリモコンにも掃除が必要です。さらに手で触るものなので、雑菌もたくさんついているので除菌もした方が良いのです。

しかし、ボタンがいっぱいついているリモコンを掃除するのは面倒だと感じる人も多いでしょう。

そこで今回は、裏技を使ったリモコンの掃除方法や除菌方法について説明します。

ただし、実際に裏技を使って掃除する時には注意しなければいけないこともあります。デメリットについても理解した上で掃除するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴槽の掃除方法は?簡単にできる浴槽掃除の方法や手順を解説

忙しい毎日を過ごしていると、お風呂の浴槽掃除を簡単に済ませたいと考えることもありますよね。浴槽掃除は...

掃除の順番は曜日別に。効率よく家中まんべんなく掃除できる方法

掃除の順番を見つけて、効率的で負担にならない自分流の掃除方法を探しましょう。 曜日ごとに掃除す...

ほうきと掃除機どっちをメインにするかで迷っている方へのヒント

最近注目されている、ほうきを使ったお掃除生活。 気にはなっていても、掃除機を使い慣れている人に...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

クーラー掃除を自分で行うには?掃除方法とそのポイント

クーラーの掃除を業者に依頼するのではなく、自分で掃除をしようと考えている方も多いのではないでしょうか...

机を整理して仕事の効アップ!会社のデスクを整理整頓する方法

あなたの会社の机が散らかっているのなら、きちんと整理をしましょう。整理整頓されている机だと、仕事の効...

大掃除で窓を綺麗にする時に使いたいグッズと掃除の手順

大掃除こそ普段拭かない窓やサッシを綺麗にしたいものですが、適当に拭いて終わらせている方が多いのではな...

デスクを整理しておしゃれに見せるコツやアイテムをご紹介します

何気なく部屋に置いているデスク。 テスト勉強の時くらいしか使っていないという人も多いかもしれません...

車内の掃除のやり方と手順を徹底解説!女性でも簡単にできます

車内が汚いと、ドライブしていても気になってしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時は、夫...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

【レンジ掃除のコツ】頑固な焦げを簡単に落とす方法をご紹介

レンジは主婦にとっては欠かせないものの一つですが、しっかりと掃除する時間がない人の方が多いのではない...

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使...

プラスチックのゴミ箱の臭いを取る方法と臭いを吸着させないコツ

キッチンに置くゴミ箱の素材で多いプラスチックですが、難点は臭いを吸着しやすいことです。 生ゴミを入...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

スポンサーリンク

リモコン掃除に木工用ボンドを使用する裏技のやり方とデメリットについて

リモコンには、沢山の汚れが付いています。

一番多いのは手垢。手垢は黒いボタンのリモコンだとあまり目立ちませんが、毎日触っているリモコンは手垢だらけです。

そして、ホコリ。手垢や皮脂と混ざって付着することで、「フー」と息を拭いたくらいではびくともしない、こびりついた汚れになりますね。しかも、リモコンの隙間にどんどん入り込んでいくので、非常に掃除が面倒です。

リビングや食卓のテーブルに置かれたリモコンであれば、食べ物のカスや、醤油やスープなどの汁が付いている可能性もあります。

目に見える汚れの他にも、雑菌が付着しています。
雑菌の数は、何とトイレの5倍以上だとか…。
毎日使うリモコンなので、きれいに掃除をして大切に使いましょう。

リモコン掃除といえば、拭いたり、爪楊枝でボタンの間のゴミを掻き出したりするイメージを持つ方が多いかもしれません。
しかし今回は、知ったら誰もが試してみたくなるであろう、裏技的な掃除方法を紹介したいと思います。

使うのは、「木工用ボンド」です。

木工用ボンドを使った裏技リモコン掃除法

この掃除のメリットは、放置して置くだけでリモコンの隙間に入り込んだホコリやゴミまできれいに取り除くことが出来ること。ちまちました、細かい掃除は必要ないのです。
ただし、ボンドが乾くまで数日間じっと待たなければいけないこと、その期間リモコンが使えなくなること、ボンドの様子が気になって途中で触ったり、ティッシュで拭いたりすると、取り返しのつかないことになってしまうこと、などのデメリットもあります。

それを踏まえた上で、掃除の方法を紹介しますね。

 

  1. リモコンの電池を抜きます。
  2. リモコン全体(ボタンの上もまんべんなく)に木工用ボンドを塗布します。
  3. リモコンを安全な場所に置いて乾かします。
  4. 2日程放置した後、木工用ボンドが透明になって完全に乾いたのを確認してから、丁寧に剥がしましょう。
  5. ウエットティッシュや、布で水拭きをすれば完了です。

 

時間はかかりますが、木工用ボンドに汚れが沢山くっついて取れるので、1回でピカピカになります。
乾いたボンドが、まるでリモコンが脱皮したかのようにきれいに剥がれるのが面白くて、癖になりそうです。

裏技を使ってリモコンを掃除する時に気をつけること

木工用ボンドを使ったリモコンの掃除方法は、いかがでしたか。
面白そう!やってみたい!と思いますよね。
ぜひ、時間に余裕のある方は、やってみてください。

さて、リモコンを掃除するときには、上記の掃除の方法でもすでに触れていますが、「掃除をする前にリモコンの電池を抜くこと」を忘れないで下さい。
リモコンが入ったまま木工用ボンドを塗ってしまうと、誤作動が起きる可能性があります。また、故障の原因になることもないとは言い切れませんので、注意してほしいです。

時間をおいて、しっかり乾燥させた後、丁寧に木工用ボンドを剥がせば問題ないとは思うのですが、稀にボンドが隙間に入り込んでしまうことがあるかもしれません。
もしも、ボンドがしっかり乾ききっていなくて残ってしまった場合には、濡れた布巾やウエットシートで拭き取って下さい。
乾いた木工用ボンドが詰まってしまったときには、爪楊枝を使って掻き出しましょう。

この2点に注意すれば、裏技は確実に成功すると思われます。
ぜひ、挑戦してみて下さい。

リモコンの手垢は重曹を使って掃除しましょう

木工用ボンドがない場合、または木工用ボンドを使った掃除方法は不安だという時には、簡単に、重曹を使って基本の拭き掃除をしましょう。

水拭きだけで済ませていた方も多いかもしれませんが、リモコンについた手垢や皮脂汚れなどの酸性の汚れには、重曹を使うと効果的です。
重曹は家中のさまざまな掃除に役立つので、常備している方も多いのではないでしょうか。

それでは、掃除方法です。

【用意するもの】
掃除機(ハンディタイプが便利です)・重曹・スプレーボトル・綿棒・爪楊枝・布

【掃除の前に】
スプレーボトルに水200mlと重曹小さじ2杯を入れて混ぜ、重曹水を作っておきましょう。

【掃除の手順】

  1. リモコンの電池を抜きます。
  2. 掃除機の細いノズルを使ってリモコンの表面のホコリを吸い取ります。
  3. 固く絞った布に重曹水をスプレーして、リモコン全体を拭きます。
  4. ボタンの間に入ったゴミやホコリを爪楊枝で掻き出します。
  5. 重曹水を含ませた綿棒で、ボタンの間を拭きます。
  6. 再度、リモコン全体を重曹水をスプレーした布で拭きます。
  7. 最後に水拭きをし、乾拭きで水滴を全て拭き取ったら完了です。

リモコンの内部に水分が入り込まないように、布や綿棒は、固く絞ってから使うようにしましょう。
木工用ボンドを使った掃除方法よりは多少の手間と時間がかかりますが、きれいになります。

リモコンの除菌もできる裏技的グッズをご紹介します

リモコンの掃除には、専用の便利なグッズがあります。
粘着式のクリーナーで、スライムのような形状をしています。
このクリーナーは、凹凸のある場所にしっかりフィットして、ゴミやホコリを密着させて取り除くので、パソコンのキーボードやテレビのリモコンなどの掃除にはとても役に立ちます。
しかも、汚れをとってくれるだけではなく、除菌もしてくれるというので、優れものですね。

粘着力がなくなるまで、繰り返し使うことが出来るので、木工用ボンドで時間を掛けて掃除をするのはちょっと…。という方にはおすすめしたい商品です。

リモコンの汚れ防止のためにラップを使いましょう

リモコンは、汚れても水洗いが出来ないですし、掃除にも手間がかかります。
一度リモコンをきれいに掃除したら、リモコンが汚れないようにしっかり予防をしましょう。

専用のリモコンカバーを使えば、見た目も良く、シリコン素材のものは水洗いができて繰り返し使えるので便利ですが、ここでは自宅にあるものを使ってリモコンの汚れを防止する方法を紹介します。

使うのはキッチンで使う「ラップ」です。
リモコンにラップを巻き付けたら、ドライヤーの温風を軽く当てて、リモコンにフィットさせましょう。

リモコンをラップで包んだことで、汚れはつかなくなりますし、いつでもキッチンにあるラップを使うので、定期的に貼り替えるのも簡単です。

汚れたリモコンは、1回の掃除を念入りに頑張って、ラップで包んでしまいましょう。
これで、掃除の手間がかかる家電が一つ減りますよ。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事