服を片付けるコツ!片付けしやすい持ち数の服にすることも大切

服を片付けるコツ!片付けしやすい持ち数の服にすることも大切

「服を片付けたいけどコツがわからない」「山積みの服をどうしたらいいのかわからない」そんな悩みありませんか?

クローゼットやタンスに入りきれないほどの服があると、どこにどの服があるのかもわからず、同じような服を買ってしまうことにもなります。

服を片付けるにはコツがあります!
これからご説明する方法で服を片付けて、お気に入りの服だけに囲まれた生活を目指しませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴室の掃除に重曹が効果的な理由とその掃除方法について徹底解説

毎日使う浴室とはいえ、掃除するとなるとなかなか大変。浴槽だけではなく、床や天井なども行うと時間もかか...

窓掃除に新聞紙がおすすめな理由と掃除方法について解説します

大掃除の時しか窓の掃除をしないという人も多いかもしれませんが、窓はホコリなどによって意外と汚れていま...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

外壁掃除!コケがついて緑色になった外壁をキレイにする方法

家の外壁にコケが生えてしまい、外壁の一部が緑色になってしまうことがあります。 見た目も悪いです...

玄関の床掃除のポイント、タイルの汚れを落とす方法

玄関を掃除する時、ほうきでササッと掃いて終わる事も少なくありません。 掃いて塵や埃を取り除くことは...

電子レンジ掃除で厄介な焦げ付きをしっかり綺麗に落とす方法

電子レンジ掃除で厄介なのが、なんといっても「焦げ付き」です。 布巾でこすってもなかなか落ちませんし...

掃除の順番は曜日別に。効率よく家中まんべんなく掃除できる方法

掃除の順番を見つけて、効率的で負担にならない自分流の掃除方法を探しましょう。 曜日ごとに掃除す...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

押入れに掃除機を収納するのもありだが一番は手に取りやすい場所

掃除機を押入れに収納しているご家庭も多いと思いますが、出し入れしづらいなど、不便なこともあるのではな...

階段の掃除。一段一段モップで掃除する方法が一番

階段の段数だけ角がある階段。 たくさんの四隅にはホコリがしっかりとたまります。 階段をキレイ...

部屋が綺麗な男性はどんな人?部屋を見ればその人の性格がわかる

お付き合いをして初めて男性の部屋を訪れた時、あまりにも部屋が綺麗で整理整頓されていると、「きっちりし...

下水の臭い。考えられる原因と自分でできる対策

下水の臭いが部屋中に充満! 不快な臭いとともに生活はできません。 そして、臭うということ...

庭の草むしりを簡単に行うためのコツと便利な道具を紹介します

庭付きの一軒家に憧れて購入したものの、手入れをしないうちに雑草だらけになってしまった人も多いのではな...

スポンサーリンク

服を片付けるコツは、服を片付けることだけに集中すること

片付ける・掃除をするという時に、複数箇所を同時に行おうとしていないでしょうか。

部屋の片付けついでにクローゼットの中を片付けよう。

しまいこんだ不用品の整理と服の整理をしよう。

本気で服を片付けたいと思ったら「服を片付ける」ということに集中するのが一番のコツです。

子どもたちに「テレビをみながら勉強しないの!」なんて言ったことありますよね。

同じように「今日こそ服を片付けてスッキリするぞ!」という気持ちがあるのなら、頭の中から余計なことを排除して、服の整理だけを考えて作業しましょう。

その時、アクセサリーやバッグなどの小物についても排除して、あくまでも「服だけ」を整理していくようにしてくださいね。

服を片付ける時は、持ち物をすべて外に出すことが上手くいくコツ

服を片付けるときのコツはとにかく全部出す!

服を片付けようとクローゼットや収納を開け、ひとつずつ取っておくべきか捨てるべきか…と考えるのでは無く、とにかく全ての服を山盛りにしてみてください。

多いと感じていても収納されている状態では、実際の全体量がつかみにくいものです。全ての服をひとまとめにしてみると、自分でも驚くほどの量になるのではないでしょうか。

全ての服を外に出すことによって、改めてデザインの同じような服が多いことや何年も着ていない服を発見できるでしょう。

捨てる・捨てないの判定は3秒で!

ひとつずつ手にとって思い出を反芻していては、いつまで立っても片付きません。手にしたら考えるのは3秒で十分。汚れ・痛み・流行に合わないなどはもちろん、今の自分の好みで着たいか着たくないかは直感が働くはず。

買った時に高価だったもの、ブランド物などはネットオークションなどで売ることにすれば無駄にはなりませんよね。

片付けの際に出る、手放せない服を整理するコツ

前項の「とにかく全部」という大仕事が無理なら、まず普段着ている服はそのままにして、着ていない服をどんどん外に出しましょう。

箱か袋を用意しておき「捨てるもの」と「譲る・売るもの」に分けて入れていきます。

捨てるものは次の可燃物の日に、そのままサヨウナラ。

家族や友人などに譲れそうなもの、リサイクルショップやネットオークションで売れそうなものは後日そのように処分しましょう。

迷った場合は「売るもの」に入れるか、どうしても手放す決心が使いないものをまとめておきます。クリアケースなど中身が見えるものにいれて、目につくところに置くといいでしょう。

すぐには処分できなくても、次の片付けで思い切って判断するようにしましょう。そのまま長く保管しないのも片付けのコツです。

服をすっきり綺麗に簡単に片付けるコツ

服の種類で定位置を設定

クローゼットやクリアケースに収納はしてあるものの服の種類が混じった状態だと、あちこち探しているうちにゴチャゴチャになりがちです。

タンスや引き出し収納であれば、肌着・下着や小物は上段に。際に切るときをイメージしてボトムスは一番下段に、トップスはその上にといった区分けで片付けておけば、コーディネートするときも近くで比較できるので見やすくなります。

さらに色や形の違いごとにまとめることを意識して収納すると探す時に便利です。

生地の素材や使用頻度で片付け方を変える

シフォンやサテンなどフワフワして畳みづらいものや、畳むと余計に場所を取る厚手のアウターはハンギング収納に適しています。

毎日着るものはいちいち畳んでなどいられないから掛けたほうがいいですね。

逆にセーターなど掛けておくと型崩れしたり伸びてしまいそうなものは畳んで片付けます。

この他、100円ショップなどの雑貨を活用して片付ける方法もいろいろあります。

ワンシーズン、アイテムごと5つの服で片付けしやすいクローゼットになる

そもそも服が片付けられないという場合、絶対数が多いというのが原因でしょう。

まず、人は最低限どれくらいの服が必要なのか考えてみましょう。

一つのアイテムにつき、洗い替えが必要と考えると最低2枚は必要です。さすがに1アイテム2枚だけでは不安ですから、更に1枚が予備。何かあった時にという安心のためにプラス1枚とすると4着が必要ということになります。

それでも思いがけず汚したら、破れたら…と1着追加しても5着です。

毎日着るブラウスやシャツは、1アイテム5着あれば樹分をいうことになりますよね。

各アイテムが5枚を目安にして傷んできたら買い換えるようにすれば、必要以上の服で溢れかえらずに済みます。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、トップスで2種類が5着、ボトムスで2種類5着、その他ワンピースやセーターなどで6着程度があれば、その組み合わせを変えるだけで100通り近い組み合わせが作れる計算です。

ついつい欲しくなってしまう服ですが、実際に購入したものをよく見ると色や形には似たものも少なくないはず。どうしても好みが出てしまうものです。

片付けられないとストレスになるより、厳選した服を少なく持つことで工夫できるオシャレを楽しみませんか?

片付けや洗濯に関してもグッと楽になりますよ。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事