車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内は隙間も多く、ペットの臭いや子供たちの食べこぼしが車内に残り、自分たちではなかなか綺麗に掃除しにくいもの。

最近は車内掃除を専門に行っている業者もあるので、面倒だから依頼しようかと考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、車内掃除を業者に依頼した場合について、清掃の流れや作業時間、業者選びについて詳しくご紹介します。

業者に依頼すれば、気付かない部分も綺麗にしてくれるのは確かですが、その分費用は高くなります。
費用がネックであれば、自分で掃除することをおすすめします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴槽に生えたカビ取り方法!塩素系の洗剤でカビを綺麗に掃除

お風呂の浴槽にカビが生えてしまうと、不衛生な環境で入浴しなくてはなりません。健康面や衛生面を考えても...

拭き掃除の洗剤を手作り!いろいろな場所に使えます

家中の拭き掃除をしていると、あっという間に洗剤がなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。 ...

スッポンをトイレに収納するには?ケース付きスッポンはおすすめ

トイレが詰まった時に役立つラバーカップ、いわゆるスッポンですが、使った後の収納場所に困りませんか? ...

布団の処分費用を無料にする方法と注意点について解説します

新しい布団を買おうと思っても、古い布団をどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。 ...

タイルの掃除。お風呂場のタイル目地をキレイにする方法

タイルの掃除は大変ですが、見て見ぬふりをすると、取り返しの付かないことになってしまいます。 お...

ダニ対策できてる?畳はカラッと清潔に保ちましょう

ダニ対策の基本は『除湿』です。 ダニは湿気がこもっている場所が大好きです。 寝具はもちろ...

階段の基本的な掃除の仕方とコツを覚えてピカピカにしましょう

毎日上り下りする階段ですが、毎日掃除するという人は少ないのではないでしょうか。 しかし、階段は...

デスクを整理しておしゃれに見せるコツやアイテムをご紹介します

何気なく部屋に置いているデスク。 テスト勉強の時くらいしか使っていないという人も多いかもしれません...

布団に掃除機をかけてダニを吸い取るのは有効?ダニの駆除方法

毎日使用する布団は清潔な状態に保ちたいものです。 掃除機をかけてダニを吸い取ることで、ダニの駆除が...

冷蔵庫の掃除に使える洗剤は?掃除の頻度と日々のお手入れ方法

冷蔵庫の掃除にはどんな洗剤を使えばいいかお悩みの方もいるのではないでしょうか。 冷蔵庫の中には...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

書類の基本の整理方法を理解して、仕事ができる人間になろう

営業の仕事をしていると、日中はデスクにいないので書類を整理する時間がないという人も多いでしょう。しか...

部屋が綺麗だとなぜ落ち着かないのか、その裏に隠された心理

部屋が綺麗じゃないと落ち着かない!という人がいる一方で、部屋が綺麗だと落ち着かない!という人もいます...

服を片付けるコツ!片付けしやすい持ち数の服にすることも大切

「服を片付けたいけどコツがわからない」「山積みの服をどうしたらいいのかわからない」そんな悩みありませ...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

スポンサーリンク

車内掃除を業者に頼んだ時の清掃の流れと作業時間の目安

簡易的な掃除から念入りな掃除。内容によって料金と時間が変わる

日常的によく使う車は、きれいに使っているつもりでも、車内での食べかすやほこりなどで汚れてしまうことも多いですよね。

ペットを車に乗せて移動することが多い場合は、ペットの抜け毛がシートに残ってしまうこともあります。

車の外側は、洗車で簡単にキレイにすることができますが、車内の掃除は自分で行う人も多いのではないでしょうか。

私も、洗車は定期的に行いますが、車内の掃除は気が付いた時に落ちているゴミを拾ったり、シートのホコリを払うくらいで、徹底的な掃除をする機会はほとんどありません。

そうしているうちに、車内のホコリがシートの隙間など手の入らない部分に入り込んだりして、掃除機を使っても取れなくなってしまたので、業者に頼んだ場合どのような作業をしてくれるのかを調べてみました。

車内掃除を行ってくれるのは、洗車メニューがあるガソリンスタンドが一般的ですが、車内清掃のみを取り扱っている業者もあります。

車内清掃の料金プランは、ほとんどの場合車体の大きさによってランクが分かれているようです。

そして、掃除の内容によって、料金プランが分かれています。

簡易的なプランから、細かい部分まで念入りに掃除してくれるプランまで色々あります。
一番簡易的な車内清掃のプランでは、掃除機がけが主で、内部を簡単に水拭きで仕上げることが一般的です。

掃除機も業務用の物を使うので、家庭の掃除機ではなかなか取れないゴミや手が届かないところのゴミまでキレイにしてもらえます。

より丁寧な車内清掃では、フロアマットを洗浄したり、車内全体をクリーナーを使って掃除するといった細かい内容がプラスされることが一般的です。

掃除時間としては、簡易的な掃除で20~30分、念入りな掃除では2~3時間程度が多いようです。

車内のシートを取り外して、全体を隈なく掃除するプランの場合は、1日で終わらず、2~3日車を預けることもあります。

業者が行う車内掃除の種類とその方法

喫煙の臭いやペットの毛を取り除くのは難しい

車の外観はピカピカでも、車内の掃除はあまりしないという人も多いのではないでしょうか。

車内を自分で掃除する場合、コードレス掃除機があれば車内掃除は簡単ですが、一般的な掃除機を使う時には、掃除機の電源コードを家の中から引っ張るなど掃除をする前に手間がかかってしまうため、なかなか車内の掃除をする機会がないという人もいるでしょう。
そのような人には、車内掃除を業者に依頼する方法がおすすめです。

特に、車内に染み付いた喫煙による嫌な臭いや、ペットの臭い、シートの隙間に入り込んだ食べかすなどのゴミは、自分で取り除くことが難しいことも多いですよね。

中古で車を購入した時、以前の臭いが残っていてどうしても気になってしまうというケースもあります。

長年使っていてシートなどに染み付いた臭いやシミは、多少の掃除で気にならない程度にはなりますが、非喫煙者は少しの喫煙の臭いでも気になってしまったり、シートに残っていたペットの毛が原因でアレルギーを発症してしまうことがあります。

自分でやってみても難しいと判断した時には、業者に車内清掃を依頼してみると、自分では行き届かなかったところまでキレイになるので、満足したという意見が多いようです。

車内掃除を業者に依頼したい場合の選び方

明確な料金プランになっているかを確認

ガソリンスタンドに給油で立ち寄った際に、洗車もついでにやっていこうと洗車を一緒に行うこともありますが、車内清掃までは洗車よりも依頼する機会が少ない傾向があります。

理由としては、待ち時間がかかることや車内清掃なら自分ですることが出来るからということが大きいでしょう。

車にいながら、ドライブスルー形式で5分程度で行える洗車も増えているので、時間がない時でも”ついで”感覚で気軽に利用できる洗車と比べて、時間もかかり料金も安くはない車内清掃は、気軽に行くというよりは、時間がある時に行くことが多いですよね。

洗車と比べて、料金も高めの車内清掃を業者に依頼する場合、信頼できる業者をしっかり決めることが重要です。

とはいえ、始めて車内清掃を業者に依頼する場合は、信頼できるかどうかは初見では何を基準にすれば良いのか分からないこともあります。

ポイントは、車内清掃の料金プランがはっきりしていること、車内清掃に特化していることなどです。

ほとんどの場合は、車のサイズ別と車内清掃の内容により、あらかじめ料金が決まっています。

そのため、決められた料金で車内清掃を依頼できるので、安心感があります。

逆に、料金は実際に店舗で見積もりとなっている場合は、高めの請求になってしまう可能性も少なくありませんので、明確な料金プランになっているかを確認することは大切です。

車内掃除は業者に頼むと割高!費用を考えるなら自分で掃除した方がお得

自分で車内清掃をする方法

一般的な車の洗車は、車の表面の汚れを丸ごと洗うだけなので、セルフの洗車ではワンコイン程度でキレイにすることができます。

車内の清掃も、洗車と同程度で出来ると思ってしまいがちですが、車内清掃は、内部の拭き上げから、フロアシートの掃除機がけ、車内の窓拭きなど、外側の洗車と比べるとやるべき作業が多いため、必然的に車内清掃の料金は洗車よりも高くなります。

例えば、軽自動車の場合、簡易的な車内清掃を業者に依頼すると、1500~2000円の料金に設定されていることが一般的です。

料金プランを見ずに、「シートも取り外して丸ごと洗ってください」などと依頼すると、料金は跳ね上がり、3~5万円の請求になってしまうこともあります。

車内清掃に数千円~の出費は痛い…という場合は自分で掃除をした方が安上がりで済みます。

車内清掃に必要な道具は、コードレスクリーナーがあればとても便利です。

細いノズルを使えば、シート横の細い隙間に入ったゴミも取ることができます。

シートについたゴミを取るためのコロコロや、内部を拭くための雑巾も必要です。

フロアシートは、靴についた土などで汚れが多い部分なので、フロアシートに付いたホコリを外ではたき落とすための布団たたきがあると便利です。

シートに汚れがある場合は、中性洗剤を薄めた物で拭き取りましょう。

自分で掃除用具を準備して頑張れば、家にあるもので、お金をかけず車内をキレイにすることができます。

自分で車内掃除を行う場合のポイント

臭いの原因となる部分を意識して車内清掃をする

車内掃除は、車内に残る嫌な臭いやホコリっぽさが気になる時に行うことが多いですよね。

車内の臭いの原因は、車内に落ちた食べ物のカスや、喫煙による臭い、人の汗やペットの臭いなどがあります。

車内がなんとなく臭う時に、除菌スプレーを使ったり、モップで内部のホコリを取っても、臭いが取れないこともあります。

その原因は、シートの下や、座面の隙間など掃除で見落としがちだったり、手が届かないところに落ちているゴミが考えられます。

特に、気温が高い夏は、車内も高温に晒されてしまいます。

高温状態では、ホコリやゴミからさらに雑菌が繁殖してしまうこともありますので、こまめに掃除して、車内にゴミを残さないことが大切です。

車内清掃を自分で行う時は、このような見落としがちな部分こそ丁寧に掃除するように心がけましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事