カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって!

まずは、フローリングをドライシートでモップがけ。
カーペットにはブラシを当てる。

それから、掃除機をかけるんです。

家電が進化したこの世の中でも、掃除機にホコリ取りをすべて任せることはできないようです。

今回は、カーペットにブラシをかける掃除方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クローゼットの掃除をすると運気が上がる理由と掃除のコツを解説

クローゼットは収納には欠かせない便利なものですが、気がつくと洗っていない洋服もかけてしまっている人も...

髪の毛の掃除。フローリングに落ちている髪の毛を集める方法

髪の毛の掃除。 フローリングの床に掃除機を掛けたり、フロアーワイパーで集め終わった後すぐに見つ...

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い! でも、24時間換気なので切ることができない…。 温...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

ダニ対策のための布団乾燥機の効果と選び方について解説します

ダニ対策の方法はいろいろありますが、布団乾燥機はどうなのか考える人も多いのではないでしょうか。 ...

鏡の掃除には重曹!その効果と掃除方法について説明します

毎日の掃除に重曹を使っている人もたくさんいますが、実は鏡の掃除にも重曹が役に立ちます。中でも手垢など...

電子レンジの掃除と臭い取り。同時におこなうなら『クエン酸』

電子レンジの掃除には、やっぱり重曹なんですよね。 でも、イヤな臭いがするレンジには、掃除と臭い...

浴室の掃除を業者に依頼する場合の費用相場やメリットを徹底解説

仕事していると、浴室の掃除をしっかりとする時間がないという、主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

ダニを布団乾燥機で駆除しよう!マットレスのダニを駆除する方法

布団のダニ退治には布団乾燥機が有効ですが、マットレスのダニ退治にも効果的です。 布団にダニのいない...

下水詰まりの主な原因とは?水もれの原因になるため早めの対処を

トイレの水が流れにくいといった下水詰まりトラブル。 下水詰まりを解消するには、詰まりの原因を特定し...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

庭の落ち葉を効率よく掃除する方法や掃除のポイントをご紹介

庭掃除で意外と厄介なのが落ち葉。竹箒を使った掃除方法がメジャーですが、地面が砂利だったり柔らかい土の...

ガスコンロの掃除は重曹を使って油汚れも焦げ付きも落とそう

ガスコンロの掃除は苦手な人も多いと言われている箇所。そのため、油汚れなどもひどくなり、なかなか落とせ...

スポンサーリンク

カーペットの掃除にはエチケットブラシ!

衣類のホコリを取るにはエチケットブラシを使うように、カーペット専用のブラシというものも存在します。とくに毛足の長いカーペットは、ただ掃除機をかけただけでは、どうしても取り切れないホコリや髪の毛が残ってしまいますが、ブラシを使うことによって奥に入り込んだゴミを掻き出してくれるので、カーペット掃除にはブラシと掃除機を併用することをオススメします。

よくご家庭にあるT字型の粘着式テープ(いわゆるコロコロ)と同じような形状の、カーペット専用のエチケットブラシはとくに優秀で、コロコロとカーペットの上で転がすだけで、ホコリや髪の毛などのゴミが面白いように取れるスグレモノ。取れたゴミは本体内部に集められ、直接ゴミ箱に捨てるだけなので、コロコロのようにスペアを買い換える手間もありません。

コロコロと比べると少々お値段は張りますが、その効果は一目瞭然です。カーペットに限らず、布製のソファやクルマのシートなどにも使うことが出来るので、長い目で見ればかなり経済的ではないでしょうか?

カーペットの掃除に、なんと100均のシューズブラシが使える

そこまでお金はかけたくないけれど、もっと身近なものを利用して簡単にカーペットのお掃除をしたいと思う方も多いことでしょう。そんな方にオススメなのが、お子さんの上履きやスニーカーなどを洗う際に使うシューズブラシを使ったお掃除方法です。
100均でもさまざまな種類が販売されていますが、硬いブラシに柄がついた昔からあるタイプでOKです。カーペットを軽くなでるだけでも、ホコリや髪の毛がしっかりと取れるのを実感出来るでしょう。

ただし、シューズブラシの毛はとても硬いので、毛が引っかかって抜ける恐れのあるカーペットには使用することが出来ません。同様に、この方法は傷つきやすい材質のものには不向きですので、くれぐれもご注意を。

カーペットの掃除にペット用ブラシが大活躍!

最初はフワフワとした手触りが気持ちよかったカーペットも、使っていくうちにだんだんと毛が潰れて手触りが悪くなってしまうものですよね。そんな時にオススメなのが、ペットの抜け毛取り用ブラシです。こちらも100均のペットコーナーでも手軽に購入することが出来るので、ちょっとお試しで使ってみるのにもオススメです。

ペットの毛並みを整えることを目的として作られたペット用ブラシは、ブラシの部分がごく細い金属で出来ていて、とても丈夫です。このブラシでお掃除をすることで、ブラシにホコリや髪の毛が引っかかり、簡単に取り除くことが出来ます。さらに、毛足の長いカーペットは毛の絡まりを解き、毛足の短いラグマットなども、潰れた毛を浮かせて元のフワフワ感を取り戻すことが出来るので、まさに一石二鳥のお掃除グッズだと言えるでしょう。

この方法でお掃除をしていると、カーペットの表面にゴミが浮いてくるので、その都度コロコロを使って取り除きながら作業をすると良いでしょう。

カーペットにブラシを掛けたら、丁寧に掃除機を掛けましょう

ブラシを使ってカーペットの毛に絡みついたホコリや髪の毛を取り除いたら、いよいよ掃除機の出番です。ブラシを使ってゴミを取り除いたのだから、むしろ掃除機を使う必要はないのでは?と思うかもしれませんが、ブラシだけではやはり、細かいゴミまでは完全に取り除くことが出来ません。そればかりか、カーペットに潜むダニの死骸やフンを取り除くには、やはりこまめに掃除機をかける必要があるのです。

掃除機は、奥に向かって進むよりも手前に引く際により吸引力が大きくなりますので、奥から手前に引きながらゆっくりと掃除機を動かすことで、より多くのゴミを吸い取ることが出来ます。さらに、カーペットの毛流れに逆らうようにして、倒れた毛を起こす感じで吸い取っていきます。

先にブラシで奥の方のゴミを掻き出すことで、それだけラクに吸い取ることが出来ます。急いで力強くヘッドを押し付けながら掃除機をかけるよりも、あまり力はかけずにゆっくりと念入りにかけるようにしましょう。

カーペット掃除でブラシの代用品になるのは『ゴム手袋』

食器洗いやお風呂掃除などで使う機会の多いゴム手袋、どのご家庭にも1つはあるのではないでしょうか?先ほどのブラシの代わりに、実はこのゴム手袋があれば簡単にカーペットのお掃除が出来るのです。

新しいものを用意しなくても、ご家庭で使い古したものでOK。なんなら指先に多少穴が空いたものでも大丈夫です。
使い方はいたって簡単。片手にゴム手袋をはめて、カーペットの端からなでるように軽くこすっていきます。こうすることで、ゴム手袋に静電気が溜まり、カーペットの毛に絡みついたゴミを吸い付けてくれるのです。カーペットをこする際は、クルクルと小さな円を描くように手を動かすのがポイントです。さまざまな方向に動かすことで、静電気が溜まりやすくなり、より多くのゴミを取り除くことが出来ます。

もちろん、ゴム手袋を使ってゴミを取り除いたあとは、しっかりと掃除機をかけましょう。

洗濯可能なカーペットであれば、年に数回は丸洗いするのが理想ですが、なかなか簡単には出来ませんよね。カーペットをよりきれいな状態で保つには、月に1回程度は全体を拭き掃除するのも良い方法です。雑巾に拭き掃除専用の洗剤を入れた水を含ませて硬く絞り、カーペット全体を叩くように拭いたら、乾くまで干しましょう。

日頃からのお手入れ次第で、カーペットをより長持ちさせることが出来ますので、まずはこまめにお掃除をして、きれいな状態を維持したいものですね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事