流し台の掃除方法!サビを綺麗に掃除してピカピカのキッチンに

流し台の掃除方法!サビを綺麗に掃除してピカピカのキッチンに

流し台にできてしまったサビ汚れ。綺麗に掃除をして、ピカピカのシンクを取り戻したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

サビついた流し台だと見た目も良くありませんし、不衛生な感じがしてしまうものです。
ここでは、流し台のサビをメラミンスポンジや重曹を使って掃除する方法についてお伝えします。

食品を取り扱う場所であるキッチンのサビは、安心安全に綺麗にしたいもの。掃除の方法をチェックして、流し台の輝きを取り戻しましょう。

また、サビができないようにする日頃のお手入れについてもご紹介します。そちらも併せて確認して、ピカピカの流し台を保ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳掃除にはクエン酸が効果的!その掃除方法と注意点について

エコな掃除洗剤として人気のクエン酸ですが、実はカビ防止にもなるため畳の掃除にも使えます。 しか...

車内の掃除のやり方と手順を徹底解説!女性でも簡単にできます

車内が汚いと、ドライブしていても気になってしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時は、夫...

スッポンがない!トイレ詰まり時に役立つ代用となるものをご紹介

スッポンを常備しているご家庭はおそらく少ないのでは? トイレはいつなんの拍子で詰まるかはわから...

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

掃除の頻度の平均が知りたい。気になる回数と場所別の掃除の頻度

最近忙しくてなかなか掃除の時間がとれないと感じることはありませんか? 他の人はどの位の頻度で掃除を...

机の整理整頓で仕事の効率がアップ!今すぐ試したい整理整頓術

仕事場の机はしっかり整理整頓できていますか?散らかった状態で仕事をしていませんか? よく部屋が...

下水の臭いが上がってくるときは業者に頼むべき?対処方法を紹介

洗濯機を置いている脱衣所から下水の臭いがしてくるときは業者に頼んだほうがいいのでしょうか? 臭...

フローリングの掃除に重曹を使用する場合には注意が必要です

いろいろな場所の掃除に使える万能洗剤「重曹」ですが、フローリングの掃除にも使用することもできます。 ...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

壁のヤニ汚れには「セスキ」!その効果と掃除方法について解説

気になる壁のヤニ汚れによる黄ばみ。 元の白い壁に戻したいと掃除をしても、なかなか落ちないことに悩ん...

掃除頻度は一人暮らしだとどのくらいが理想?お風呂編

就職を機に一人暮らしを始めて掃除をする機会も増えますが、お風呂好きな人にとって気になるのが、お風呂掃...

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

掃除の頻度は?赤ちゃん家庭の掃除頻度と育児中の掃除術

赤ちゃんがいるご家庭で悩むのが、掃除の頻度。 ほこりが気になるから毎日掃除機をかけたいけど、掃除機...

部屋が綺麗だとなぜ落ち着かないのか、その裏に隠された心理

部屋が綺麗じゃないと落ち着かない!という人がいる一方で、部屋が綺麗だと落ち着かない!という人もいます...

部屋の臭いを消す芳香剤は置き場所がポイント!芳香剤選びのコツ

気になる部屋の臭いを今すぐ消したい!そんな時に効果的なのが「芳香剤」です。 最近は店頭に色々な...

スポンサーリンク

流し台の軽いサビはメラミンスポンジで掃除ができる

流し台についてしまったサビ、スポンジで擦っただけでは取れないこともあり、諦めてしまっていはいませんか?

一見落とすことができないように見えるサビでも、その度合によっては簡単に落とすことが可能なんですよ。

まずはついたばかりのサビの落とし方についてご紹介をいたします。

流し台についてしまったばかりのサビ、使い終わった缶類などを放置して、ついてしまったもサビなどは、まだ流し台の表面に付着したばかりの状態です。

この様にサビついたばかりの状態なら、表面のサビ汚れをメラミンスポンジを使用して落とすことができます。

サビ部分をメラミンスポンジを使用して、こすり洗いをしてみてください。

これで落とすことができない場合は、サビ汚れの付着が進んでいると考えられますので、次の方法を試してみましょう。

流し台のサビは重曹も掃除できる

メラミンスポンジを使っても落としきれなかったサビ汚れ。次は重曹を利用して掃除をしてみます。

方法はとっても簡単です。

  1. 重曹はそのまま気になるサビ部分にふりかけて、メラミンスポンジを使用してこすり洗いを行います。
    重曹は水に溶かさずに使用することで軽度の研磨効果を得られるので、サビ汚れにも効果があるのです。
  2. メラミンスポンジだけでは落とすことができなかったサビ汚れも、重曹の研磨効果を利用してキレイにしましょう。
    メラミンスポンジがない場合は、ラップやアルミホイルを丸めてスポンジ代わりに使用してください。

他の食器洗い用スポンジと違い、重曹を吸収することがないため、重曹の粒子を生かしてサビ落としに役立てることができます。

またラップやアルミホイルは接地面がしっかりとしていて、汚れを落とすことに向いている素材の一つなのです。

重曹と一緒に使用して、両方の良い点を生かしてサビ取りに役立ててくださいね。

流し台のサビを重曹で掃除する手順

流し台のサビに重曹が効果を発揮するということをご紹介しました。

そこで流し台のサビ取り、掃除の手順を詳しく説明していきます。

  1. サビがついてしまった流し台全体の汚れを落とします。普段どおりに流し台の掃除をして水を拭き取ってください。他の汚れはキレイにしてサビ汚れだけにしましょう。
  2. サビ汚れの部分に重曹を粉のままふりかけます。
  3. メラミンスポンジ、又は丸めたラップやアルミホイルを利用して、円を描くようにしてサビ部分を擦ってください。
  4. サビ汚れが無くなったと感じたら、水でしっかりとすすぎ洗いをします。他の場所へサビがうつらないようにしましょう。
  5. 水分を乾いた布巾で拭き取ったら終了です。

この様に重曹で使用してサビ汚れの掃除をしても、サビを落としきれない場合は少し頑固なサビ汚れになってしまっている可能性大です。

ホームセンターやドラッグストアなどでは、サビ取り専用洗剤が販売されていますので、そちらを使用してサビ取りをすることを考えてみてください。

流し台がサビてしまう原因

流し台のほとんどはステンレス製、ステンはサビると言ういう意味で、レスは「ない」を意味するため、それが合わさる「ステンレス」はサビないを意味するものです。

ではサビないはずのステンレス製の流し台に、サビがついてしまうのはなぜなのでしょうか。

考えられる理由の1つ目は「もらいサビ」です

耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ステンレス自体にサビが生じたのではなく、他の金属のサビがステンレスに付着してしまった状態です。

この場合はサビ汚れが付着しただけなので、ついたばかりであればメラミンスポンジや、重曹を使って表面のサビ汚れをキレイにすることが可能です。

例えばヘアピンや缶類などに水が付着し、そのまま放置をしているとすぐにサビが生じます。そうするとステンレスやプラスチックにもサビ汚れが、ついてしまうというわけです。

次に考えられる理由は傷から水分が入り込みサビになってしまう場合です。

ステンレスの流し台は、全てが錆びにくい素材でできているわけではありません。表面を錆びにくい素材で覆っているのです。

そのため深い傷が入り、そこに水分が入り込んでしまうとサビが生じます。また表面の素材が剥がれてしまった場合も同じ様にサビが出てしまうのです。

流し台のサビを予防する方法

上記した流し台がサビてしまう原因がわかると、予防方法に対しても明確になります。

まずはもらいサビについて、もらいサビは他の素材のサビが流し台に移ってしまうことが原因ですから、流し台にサビがつくような素材を置かないことです。

汚れたものはすぐに洗って、水分を拭き取り元の場所やゴミ箱へと移します。

また水分がサビの原因ともなりますので、流し台を使用した後は水分をしっかりと拭き取ることも予防の一つです。これは水垢防止にもなり流し台をピカピカに保つために有効な方法ですね。

そして流し台自体にサビが生じる場合は表面の傷や、表面の素材を剥がしてしまうことが原因でした。

流し台を洗う際には、傷がつきやすいスポンジやクレンザーの使いすぎには注意をしましょう。

また塩素系漂白剤もステンレスの表面を溶かしてしまう恐れがありますので、使用する頻度や使い方については、充分に塩素系漂白剤の使用注意の部分を確認して使うようにしてください。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事